「七人の刑事~二人だけの銀座」今野勉(TBS/1967年)

札幌国際芸術祭のプロジェクトの一つで「狸小路TV」というのがある。そのなかの「根源的なTV表現を発見する」というテーマでテレビマンユニオン最高顧問、今野勉氏の4本の作品の上映とトークイベントが札幌で行われた。

東京オリンピックの開会式があった土曜日と月曜日までの間に起きた、ある精神病理学者とその妻との沖縄での戦争の記憶をめぐるドラマ『土曜と日曜の間』(1964年)はとても刺激的だった。「戦後が終わった」と言われ、高度経済成長へとまっしぐらに進みだした東京オリンピックが開催された1964年。開会式が始まった浮かれた日本のある土曜日から数日間、忘れられた沖縄の忌まわしき戦争の記憶が浮かび上がってくるドラマだ。日本人の誰もが忘れたふりをしている沖縄の地上戦。それを今野勉は精神病理学者と妻との間に起こる記憶喪失のドラマとして描き出した。印象的なカメラワーク。映画的とも言えるそのドラマのクオリティに圧倒された。ドラマが時代を告発し、格闘していた。

さらに驚いたのは、『七人の刑事~二人だけの銀座』だ。これはまさにアメリカン・ニューシネマのようだ。理不尽な暴力。刑事たちに犯人と間違えられた海辺に遊びに来ていた若者たちは、その理不尽の暴力の腹いせに、まったく関係のない田舎の漁師とその彼女を痛めつけ、そのまま彼女を都会へと連れ去ってしまう。彼女を誘拐されたと田舎の漁村から東京に出てきた青年(寺田農)は、刑事たちに「お前らのせいだ」と責任を訴える。レギュラーの「七人の刑事たち」は、必死になって若者たちと連れ去られた彼女(吉田日出子)の行方を探す。

ビデオではなくフィルムによるオールロケだったために、このドラマは残っていたという。当時のビデオで撮影されたほとんどの作品は、消されて上書きされたという。「一回性の放送」という宿命のもと、テレビドラマはこの時代、次々と消されていった。特に古いドラマは、現在ほとんど残されていない。

フィルムであったために奇跡的に残った今野勉演出のこの『七人の刑事~二人だけの銀座』は傑作なのだ。脚本は佐々木守。大島渚とも仕事をし、『ウルトラマン』も書いている。『七人の刑事』で今野勉は、歌謡曲を下敷きにして何度もドラマを作ったらしい。そんな歌謡曲シリーズの一本だ。このドラマで、「二人だけの銀座」の歌謡曲が流れて来る場面はゾクゾクする。女を都会に探しに来た男は、女に裏切られたことを知り、デパートでナイフを購入する。そして銀座の街を失意の下に歩きながら、さらに女の行方を探す。「二人だけの銀座」の歌詞が虚しく響く。男は女を殺すつもりなのか?都会に寝返った女を。男の無念さとやるせなさが心に突き刺さる。しかし、ラスト、男は通りすがりの別の見知らぬ通行人を刺す。不条理で理不尽な殺人だ。このドラマでは、直接的には無関係な者が理不尽な暴力にさらされる。それは、復讐という形で仕返しされるのではなく、まったく別の無関係な人に向けられる。その繰り返しだ。刑事たち⇒都会の若者たち⇒漁師の若者⇒銀座の通行人。「無差別殺人のはしり」とも言える不条理な暴力がこの時代に描かれていた。

銀座のオールロケが素晴らしい。台詞を徹底的に削ぎ落とし、刑事たちの聞き込みや、若者たちを見つけて尾行する場面が長く続く。当時の流行歌を歌う若者たちの衣装・風俗、顔つきもいい。退屈で享楽的で刹那的な雰囲気がよく出ている。そして漁村から出てきた寺田農の怒りに満ちた目。それを映像のテンポで見せていく。さらに時代を象徴する歌謡曲と追いつめられた男の無念さ。素晴らしいドラマを見せてもらった。こういう過去の貴重で素晴らしいドラマが、アーカイブでいつでも見られないのはなんとも残念だ。
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

劇団マームとジプシー「ΛΛΛかえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと―」藤田貴大 作・演出

マームとジプシー10周年Anniversary Tourの一つとして札幌公演で上演された演目。北海道、伊達市出身の藤田貴大が26歳で岸田戯曲賞を受賞した「かえりの合図、」「待ってた食卓、」(2011)を軸に、藤田の生家である祖母の家が区画整理によってなくなった出来事をテーマに描いた「ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。」(2012)のモチーフを加え、「家族・家」をテーマに再編集した作品・・・とパンフレットには書いてある。今回、10周年ということで過去の作品を再構成した4つの演目を札幌で上演したうちの一つである。

ここで何か書いておかないと、記憶の彼方に忘れ去られてしまいそうなので、備忘録も兼ねてレビューを書く。動作と台詞の繰り返しが特徴だとされているマームとジプシーは、以前から観たいと思っていた劇団である。又吉直樹と藤田貴大の対談などNHKの番組でも取り上げられ、今、最も注目されている劇団の一つといえるだろう。しかも、、北海道伊達出身の劇作家・演出家である。楽しみにしていた。

海沿いの列車に乗っている二人の少女の語りと台詞で始まる。舞台はシンプルなものだけ。教育文化会館の大ホールの舞台にまず客は案内される。客席が舞台に作られているのだ。簡素な舞台を3方から取り囲むように客席が作られ、本来のホールの客席は使われず、幕が閉じられ見えないようになっている。(最後にその幕が開いて無人の客席が見える仕掛けがある。)

海沿いを走る列車がどこかの田舎の駅(伊達駅を思わせる)に到着し、少女たちが降り立つ。そこで、町の人々が交差していくのだが、何度も台詞やアクションが繰り返される。時間も過去が挿入され、かつてこの田舎を出て行った姉が駅から旅立った時のことなども演じられ、「この駅からどれだけの人が旅立て行ったのだろう」などと語られる。人々が交錯する駅。そして、少女たちを迎えに来た叔父さんや従妹がやってくる。舞台は角度を変えて何度か演じられる。家(食卓)もまた、親戚や家族、そして近所の他者も含めて人々が交錯する場所だ。

それはまるで記憶を再生しているような感じだ。繰り返される台詞は、映像が巻き戻されるように役者たちはくるりと回転して、演じ直される。この芝居は、ある家族の記憶に関する物語だ。そして記憶は何度も再生され、演じられる。かつて、食卓を囲んで賑やかにケンカしながら大騒ぎしつつ、過ごした時間。その家族の記憶。姉妹たちが家から出ていき、長男一人が家に残り、その家が街の区画整理で取り壊されることになる。消えてしまう家、かつての食卓。バラバラになっていく家族。父の死。それでも再生される家族の食卓の記憶。それぞれの記憶。

明らかに東北の震災を意識した作りになっている。海に飲みこまれてしまった人たち。「自分たちではどうにもならないこと」。失われる家は、震災でなくなってしまった家とも重なる。消えてしまうものと、変らないもの。家族の記憶は食卓とともにある。帰る場所としての家、食卓。それが、無くなってしまい、記憶の彼方のものになったとしても、変わらずそこにある。きっと。それぞれの心のうちに。そんな、誰にでも必要なあたたかい食卓の記憶。帰る場所の大切さをあらためて思った。それは、懐かしくせつない大切な記憶だ。現実には失われてしまったけれど、その大切なもの。それが自分自身の家族の記憶に重なったとき、なんだか涙が出てきた。

形を変えてズレつつ繰り返されながら、記憶は何度も反芻される。その家族の記憶、再生される記憶こそが、生きていく未来の力になるのかもしれないと思った。

作・演出:藤田貴大
音楽:石橋英子
衣装:suzuki takayuki
出演:石井亮介、萩原綾、尾野島慎太郎、川嶋ゆり子、斉藤章子、中島広美ほか

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

「海辺の生と死」越川道夫

umibe.jpg


奄美・加計呂麻島の風土、島唄、島尾敏雄とミホの運命的な出会い、満島ひかり主演という要素で、気になって観に行った。

やや満島ひかりの体当たりの熱演に映画全体が引っ張られ過ぎた印象。特攻隊の朔隊長(永山絢斗)の軍隊での場面が極端に描かれていない。だから、そこに戦時中という緊迫感が感じられない。しかも海軍の特攻隊員だったにもかかわらず。夜に軍隊を抜け出して、浜辺で島の女トエ(満島ひかり)と逢引きを重ねる朔隊長の苦悩と葛藤があまり描かれていないのだ。だから、どこかのんびりとした島で出会った男女のの物語としか思えない。

出撃命令と死を思いとどまった朔隊長とトエの描写も曖昧だ。トエが竈の火を焚き、朝食の支度をする日常へ戻っていくのはいいとしても、海辺での死を目前にした極限状況の二人のの形でありながら、全体に緊張感がなく、単調で、長く感じられた。

製作年 2017年
製作国 日本
配給 フルモテルモ、スターサンズ
上映時間 155分
監督:越川道夫
原作:島尾ミホ、島尾敏雄
脚本:越川道夫
脚本監修:梯久美子
プロデューサー:清野恵里子、財前健一郎
撮影:槇憲治
照明:鳥羽宏文
美術:沖原正純
編集:菊井貴繁
音楽:宇波拓
キャスト:満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、秦瀬生良、蘇喜世司、川瀬陽太、津嘉山正種

☆☆☆3
(ウ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 戦争 ☆☆☆3

「ありがとう、トニ・エルドマン」マーレン・アーデ

トニ・エルドマン

第69回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。ドイツで大ヒットを記録したという父と娘のヒューマンドラマ。

親子というものは、なんと面倒くさく、厄介で、温かいものなのか。キャリアウーマンで、なんでも完璧にこなすデキる女である娘に、父は「幸せなのか?」と問いかける。仕事に追いかけられ、人生を楽しむ余裕がないように見えたからだ。そんな娘と対照的な父親は、いつもイタズラが大好きな子供のようなキャラクター。「ユーモアを忘れるな」と娘の仕事関係の人間に忠告する場面があるが、父親にとって「ユーモア」こそが、人生の楽しみなのかもしれない。人を笑わせたり、喜ばせたりする遊び心。ブーブークッションで娘を子供のころから笑わせ続けてきたのだろう。そんな父親は、娘が大人になっても変らない。冗談を言い、娘を笑わせようとするが、娘はそんな父親を見るたびに、苛立ち、鬱陶しくてしょうがない。仕事で成功することに、心のすべてが支配され、父親のユーモアを受け容れる余裕がないからだ。

父親が娘の誕生日パーティーで、毛だらけの化け物の仮装をして現れる場面がいい。壊れかけていた娘の心は、かつての父と娘に戻り、化け物の仮装の父に抱きつく。父のくだらないお節介は、本当に厄介でしつこい。その鬱陶しさこそが、父のであり、親子の関係なのだ。音楽をほとんど使わず、しつこい父親の娘へのつきまといに、やや長いかなとも思うが、父親役のペーター・シモニスチェクがいい味を出している。


原題 Toni Erdmann
製作年 2016年
製作国 ドイツ・オーストリア合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 162分
監督:マーレン・アーデ
脚本:マーレン・アーデ
撮影:パトリック・オルト
美術:ジルケ・フィッシャー
編集:ハンケ・パープリース
キャスト:ペーター・シモニスチェク、サンドラ・フラー、ミヒャエル・ビッテンボルン、トーマス・ロイブル、トリスタン・ピュッター、ハデビック・ミニス、ルーシー・ラッセル、イングリッド・ビス、ブラド・イバノフ、ビクトリア・コチアシュ

☆☆☆☆4
(ア)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆☆4

「三度目の殺人」是枝裕和

20170421-sandomenosatsujin.jpg

試写会で観賞。

家族のあり方、疑似家族も含めた家族的コミュニティを描き続けてきた是枝裕和監督が、法廷サスペンス劇を作った。冒頭、役所広司が男を後ろから殴り殺す場面から始まる。そして遺体に火をつける。殺人場面から始まるこの映画は、その殺人犯の弁護を引き受けることになる弁護士の福山雅治と殺人犯の役所広司の法廷劇である。

犯人役の役所広司の得体の知れなさがいい。さらに力の抜けた感じの福山雅治もいい。刑務所の接見室で顔を合わせながら何度も会話を交わす二人。被害者の娘である広瀬すずは、物言わぬ印象的なまっすぐな瞳がいい。広瀬すずが自らの父親との忌まわしき関係を福山に告げる場面、公園で見上げる木々の葉たちとその風に揺れる葉音が印象的だ。

真実は藪の中。何が本当なのかは分からない。法廷は「真実を明らかにする場所ではない」。「真実などどうでもいい。依頼人の利益になるかどうかが大事なんだ」と言う功利主義的な弁護士の重盛(福山雅治)。「依頼人への共感や理解さえ必要ない」と言い放っていたのだが、次第に、依頼人である三隅(役所広司)に興味を持ち、本当のこと、真実を知りたくなる。三隅と重盛がガラス越しに手を重ねる場面が印象的だ。三隅は重盛の娘のことを感じ取る。重盛は、妻とうまくいかなくなり、あまりかまってやれず、万引きをする娘のことが気になっている。是枝監督得意の家族のモチーフが、この映画でも重要である。殺人犯・三隅にとって、被害者の娘の咲江(広瀬すず)は、自分の娘代わりだったのか。父との不幸な関係の代理を三隅に求めていた咲江と、小さい頃雪で遊んだ娘との思い出を胸に、罪滅ぼしのように疎遠になった娘の代理として、咲江を可愛がっていた三隅。それぞれがそれぞれの代理の父と代理の娘。

結局、何が本当に起きたことなのかハッキリしない。三隅は、咲江のことを思って彼女の父を殺したのか。あるいは咲江自身が父を殺したのか?三隅は、咲江に裁判で辛い告白をさせないために、「ほんとうは自分は殺していない」などと証言を変えたのか?謎が謎のまま残る。

最後の重盛(福山雅治)と三隅(役所広司)の対面は必要だったのか。さらに三隅が謎をかける。自分が「人の役に立てた」とすれば「いい話」だと。「器」だと三隅のことを表現した重盛は何を思ったのか。三隅は咲江(広瀬すず)の傷と哀しみを感じ取った「器」だったのか。手を重ねて人の心を読み取ったように。人の感情と共鳴する「からっぽの器」。母役の斉藤由貴も複雑な心を抱える大人の晦渋が出ている。それぞれの人物が、単純な設定ではなく、心の奥行きがあるところが面白い。

家族のあり方を描き続けてきた是枝監督が挑んだ法廷劇。真実とはなにかを問う。それぞれの真実があり、それぞれの本当がある。そして家族の中にもまた、それぞれの真実があり、それは家族といえどもお互いに理解できない壁がある。家族でじゃない方が家族のようになれる関係。人と人との間に横たわる深い闇、あるいは壁。それを知るためにどこまで人のことを知ろうとすべきなのか。人と関わるべきなのか。

北海道の広がりのある雪の俯瞰、そして見上げる美しき緑の木々などの映像を挿入しつつ、行き詰まる密室の接見室や法廷でのやり取りが見事なサスペンスを作りだしている。

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東宝、ギャガ
監督・脚本・編集:是枝裕和
撮影:瀧本幹也
照明:藤井稔恭
録音:冨田和彦
美術監督:種田陽平
音楽:ルドビコ・エイナウディ
キャスト:福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介、市川実日子、松岡依都美、橋爪功、斉藤由貴、吉田鋼太郎

☆☆☆☆☆5
(サ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : サスペンス 法廷 ☆☆☆☆☆5

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター