「婚約者の友人」フランソワ・オゾン

婚約者

フランソワ・オゾンの新作は、どうしても観たくなってしまう。フランソワ・オゾンの企みに、いつも騙されたくなるのだ。人間観察がシニカルで、決して安易なハッピーエンドにはしない。皮肉を込めた登場人物への眼差しは、微妙な距離感があって、そこが面白いのだ。人間の面白さを冷静に見つめている。

さて新作は、モノクロとカラーを織り交ぜた1919年、ドイツが舞台のドイツとフランスが戦火を交えた時代の映画だ。エルンスト・ルビッチの『私の殺した男』(未見)の原作としても知られるモウリス・ロスタンの戯曲を大胆に翻案してオリジナルストーリーとして昇華させたそうだ。

ミステリー仕立てになっているので、多くを語れないのだが、モノクロ画面がまず美しい。フランスとの戦争に行ったドイツ人婚約者を失った女性アンナ(パウラ・ベーア)の視点を中心に映画は描かれる。その婚約者の墓に、花を手向け、涙を流しているフランス人青年がいた。彼は、婚約者フランツの友人なのか?アドリアン(ピエール・ニネ)と名乗る美青年は何者なのか?という謎を軸に物語が展開していく。

フランス軍に息子を奪われた両親の思い、あるいはフランスへの敵意を持っているドイツ人たち。一方、フランツという婚約者は、フランス詩人ヴェルレーヌが好きで、アンナとはリルケの詩集を買い求めに来ていた本屋で出会ったというエピソードも紹介される。フランスとドイツ。隣り合う国同士で、文化的な接点もありながらも、戦場で戦わなければならない隣国の兵士たちの理不尽さ。
アンナはフランスに戻ったアドリアンを探しに、ドイツからフランスに向かう。そのフランスで見る戦争直後の傷ついた兵士たち、あるいは慰霊を目的にカフェで歌われるフランス国歌。最後にアンナを待ち受けていた試練。婚約者の失った哀しみと同時に、謎の男アドリアンへ惹かれる自分との葛藤、そしてその思いを吹っ切ってまでやってきたフランスでの現実。オゾンの企みに、観客は人生の皮肉を感じる。時間のちょっとしたズレ。すれ違い。運命に皮肉。

哀しみに沈んだモノクロ画面から、カラー画面に代わる瞬間の心が色づいていくような浮き立つ感覚。その映像が見事だ。アンナがフランスの旅の途中で、乗った列車の向かいの席の恋人たちとの姿とか、最後のパーティー場面の残酷さ、駅での別れのシーンなど、アンナのせつない気持ちが伝わってくる。フランソワ・オゾンの映画にあっては、男は美しく描かれもするが、どこか身勝手な印象がいつも残る。


原題 Frantz
製作年 2016年
製作国 フランス・ドイツ合作
配給 ロングライド
上映時間 113分
監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン
撮影:パスカル・マルティ
美術:ミシェル・バルテレミ
衣装:パスカリーヌ・シャバンヌ
音楽:フィリップ・ロンビ
キャスト:ピエール・ニネ、パウラ・ベーア、エルンスト・ストッツナー、アントン・フォン・ルケ、マリー・グルーバー、シリエル・クレール、ヨハン・フォン・ビューロー、アリス・ド・ランクザン

☆☆☆☆4
(コ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 戦争 サスペンス ☆☆☆☆4

「ブレードランナー2049」ドゥニ・ビルヌーブ

ブレードランナー2049

1982年公開のリドリー・スコット監督のSF傑作『ブレードランナー』の続編が35年を時を経て公開。前作の舞台が2019年。今から2年後の世界で驚くが、なによりも近未来の描かれ方が当時はカッコ良かった。新宿の歌舞伎町のようなネオンと猥雑感。ずっと降り続く雨。ビカビカの近未来ではなく、薄汚れた町がそのまま残る未来都市。この映画の影響を受けて、多くのSF漫画やアニメが量産された。人造人間レプリカントとそれを見つける捜査官ブレードランナー。誰がレプリカントで、誰が人間なのか。その葛藤と愛。それが、設定を30年後の2049年を舞台にして、ふたたび雨と雪が降り積もる暗くジメジメとした近未来が描かれる。

冒頭は乾ききった砂漠と夥しい数のソーラーパネルの空撮。そして農業を営むハウスの数々。この映画では、屑鉄が捨てられ、放射能で汚染された廃墟となった地方の町と高層ビル群と車が空を飛び交う前回同様の歌舞伎町的ネオン街の薄汚れた町が描かれる。共通するのは、煙った雨の描写。今回は雪が効果的に使われる。決して美しい未来(色)はない。美しい緑や虫たちは、架空の幻想イメージでしかなく、現実はうす暗く、空気は汚れ、町は薄汚く荒んでいる。

レプリカントは心を持つようにプログラムされ、かつて反乱を起こした旧型レプリカントは改良を加えられ、心を持つ新型が再び世界を機能させている。そして、旧型のレプリカントを探して解体するためブレードランナーが探し回る。今度のブレードランナーKを演じるのは、「ラ・ラ・ランド」で器用さを見せたライアン・ゴズリング。硬軟ともに演じ分けられる二枚目だ。そして、前作のデッカード捜査官のブレード・ランナーを演じたハリソン・フォードも登場する。レプリカントだったレイチェルとデッカードの逃げた二人のその後の物語が明らかにされる。

物語は単純だ。レプリカントの子孫繁栄を夢みる神になりたい男ウォレスの野望とラブという凶暴な女性レプリカント、そしてブレードランナーKとその上司の人間の優位性を揺るぎのないものにしようとする仕事、さらに過去のブレードランナーのデッカードとレプリカント・レイチェルの奇跡の妊娠が明らかにされ、人間、旧型レプリカント、従順に設計された心を持つ新型レプリカント、そして身体を持つことが出来ない人工知能ホログラムAIの彼女など、それぞれの心と埋め込まれた記憶と叶わぬ夢と絶望が描かれる。この映画は、すでにさらなる続編を計画している展開になっており、映画はさらに続く。物語は、小気味よく展開するわけではなく、どちらかというと「記憶」や「ココロ」をめぐるエピソードが描かれ、もったりとした印象。Kのアイデンティティ探しの旅と内省的な記憶をめぐる物語。映像表現は素晴らしく、見応えがあるが、展開はそれほど面白くもない。


原題 Blade Runner 2049
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 163分
監督:ドゥニ・ビルヌーブ
原作:フィリップ・K・ディック
原案:ハンプトン・ファンチャー
脚本:ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
撮影:ロジャー・ディーキンス
美術:デニス・ガスナー
衣装:レネー・エイプリル
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ハンス・ジマー
キャスト:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルビア・ホークス、ロビン・ライト、マッケンジー・デイビス、
カーラ・ジュリ、レニー・ジェームズ、デイブ・バウティスタ、ジャレッド・レト、バーカッド・アブディ

☆☆☆3
(フ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : SF ☆☆☆3

「彼女がその名を知らない鳥たち」白石和彌

鳥たち

人間というものが、いかにゲスでくだらなくて愚かな存在であることを再確認する映画。汚くて下劣ぶりを発揮している阿部サダヲ、イケメンのつるっとしたゲス男ぶりが見事な松坂桃李、打算的なクズ男としてこれまたピッタリの竹之内豊、そして共感度ゼロと宣伝コピーにもある嫌な女、十和子を演じた蒼井優。みんな素晴らしい。チョイ役ながら不気味な存在感があった醜悪なエロじじい国枝を演じた中嶋しゅうも良かった。そんなクセモノ揃いの役者たちを見事にまとめあげた白石和彌監督の演出力もいい。『凶悪』でもピエール瀧、リリー・フランキー、山田孝之などの個を見事に引き出していた。

「共感度0%、不快度100%、でも、まぎれもないの物語」というキャッチコピーがついているように、共感できない下劣で弱く愚かな人間たちばかりが登場する。ラストにそれなりの展開があり、ネタバレになるので多くは語れないが、の物語であるのも確かだ。ただ、いびつで歪んだとでも言おうか・・・。人は孤独で哀しい。それでも人をすることを止めない。それだけが、生きる力にもなるのだから。

映画の前半に、クレーマーである十和子(蒼井優)に、百貨店の時計売り場のイケメン主任・松坂桃李が自宅に替わりの時計を持って来る時、いきなり彼女にキスをする場面がある。この強引とも言える突然のゲスな展開に、ついていけるかどうかが映画鑑賞の分かれ目のような気がする。そこから映画は一気にゲスで下劣な展開になっていく。お互いの「孤独」が惹かれ合ったと、あとで述懐する松坂桃李だが、やはりあの展開は無理があるような気がする。いかに十和子がイケメンに弱く、物欲しそうな顔をしていたとしても、松坂桃李が欲まみれの軽薄ゲス男だとしても。ただ、男と女が結びつくのは、そんなものなのかもしれない。もう一人のクズ男、竹之内豊が、車に十和子を乗せたのも、そんな「孤独」が惹き合ったとして描かれる。の欲望を中心に、どんどん自分を見失っていく男と女。そんなことも含めたの愚かさこそを自覚するためにも価値のある映画かもしれない。

原作とどう違うか分からないが、時間軸を含めた展開の構成も良かったと思う。

製作年 2017年
製作国 日本
配給 クロックワークス
上映時間 123分
監督:白石和彌
原作:沼田まほかる
脚本:浅野妙子
撮影:灰原隆裕
照明:舟橋正生
編集:加藤ひとみ
音楽:大間々昂
キャスト:蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅう、竹野内豊

☆☆☆☆4
(カ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ☆☆☆☆4

「甘き人生」マルコ・ベロッキオ

甘き人生

イタリア人にとって母親の存在は大きい。フェリーニの女性崇拝も、ある種のマザコンであり、そのマザコンであることを隠そうともせずに、男性たちはマンマを追い求め、女性のなかにマンマ像を探す。カトリックの聖母マリア信仰のせいなのか、男性には誰でもその傾向があるが、イタリアは文化として母親第一主義である。たぶん。

それでこの映画であるが、息子が小さい頃に亡くした母を追い求める話である。母親との甘美な想い出だけを大切に抱えつつ、母親がなぜ突然、自分の前からいなくなったのか少年には理解できない。「死んだ」と父親から説明されても信じない。家で葬儀も行われるのだが、棺桶の中には母はいないと訴える。少年にとって、母の不在を埋めるために助けを求めたのは、テレビの恐怖ドラマで母と一緒に見たベルファゴールという怪人である。幻のベルファゴールだけを心の支えとし、少年は孤独に生きる。父親からは、母の死は心筋梗塞だったと伝えられ、なんとか受け入れようとするが、友達には母はニューヨークにいると嘘をついたりする。そして少年は友達の母にも母の幻を求める。そんな少年がいつしか大人になり、心を閉ざしながら孤独に生き、やがてパートナーを見つける。父が死に、かつて住んでいた家を整理することになって、母のアルバムをめくりつつ、伯母に母の死の真相を聞くという物語だ。

落下という垂直運動が映画の大きなモチーフになっている。水泳の高跳び込みをテレビで見て少年が真似をし、最後の方でパートナーがプールで高飛び込みをするのをただ見つめる場面がある。あるいは科学の重力の教科書を読んでいて、父のナポレオンの胸像をアパートの上から落としてしまう場面。「人を殺す気か」と父から怒られるが、母の不在とともに少年の孤独は癒されぬままだ。そんな落下のモチーフが最後に母の死の真相とともに明らかにされる。

少年が立ち直るきっかけになったのは、父に連れて行ってもらった目の前のスタジアムで行われていた地元のトリノのサッカーチームの応援だった。少年はサッカーに夢中になり、いつしか母の死を心の底に閉じ込めていく。サッカージャーナリストから新聞記者になった少年は、「母親の憎み、母なんていなければいいのに」という新聞の人生相談の投書に回答する文章を書く。今まで閉ざしていた母への思い、を素直に書いたその文章が世間で大きな話題なる。母への思いこそが、人生のすべてであるかのような。

母の死についての真相も、ミステリアスな展開なので、もっと複雑なものなのかと思ったら、単純なものだった。それではなぜ母は少年を見捨てたのか、今ひとつ腑に落ちない。母が何を考えていたか、その悩みの深さは描かれない。あくまでも、少年の目を通した母像だ。橋の上から花束を落とす母。バスの窓の外をぼーっと見続けていた母。家の中でかくれんぼをして、見つからなくて不安になり、隠れていた段ボール箱の中に一緒に入った甘美な思い出。少年の一方通行的な美しき母への思いを、ヨーロッパ的な陰影ある光と影の映像で綴った映画。


原題 Fai bei sogni
製作年 2016年
製作国 イタリア
配給 彩プロ
上映時間 130分
監督:マルコ・ベロッキオ
原作:マッシモ・グラメッリーニ
脚本:バリア・サンテッラ、エドゥアルド・アルビナティ、マルコ・ベロッキオ
撮影:ダニエーレ・チプリ
美術:マルコ・デンティチ
音楽:カルロ・クリベッリ
キャスト:バレリオ・マスタンドレア、ベレニス・ベジョ、バルバラ・ロンキ、グイド・カプリーノ、ニコロ・カブラスマッシモ、ダリオ・デル・ペーロ、ロベルト・ヘルリッカ、ファブリツィオ・ジフーニ、エマニュエル・ドゥボス

☆☆☆3
(ア)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆3

「動くな、死ね、甦れ!」ビターリー・カネフスキー

動くな

驚いた!圧倒的な子どもたちの動きの躍動感、走り、逃げ、駆けまわる。そして喧騒とがなり声。台詞をなぜあそこまで大声でがなり立てるのか。まるで、がなり立てないと生きてられないかのように、貧しい生活の中で生きるのに必死な大人たち。そんな大人たちにかまわれぬまま、イタズラを繰り返す主役の少年の表情とそれを見守る生意気な守護天使の少女。その二人の圧倒的な存在感の素晴らしさ。さらに後半の逃避行と転落の予感・・・。そして衝撃のラスト。う~ん。これはトリュフオーの「大人はわかってくれない」ともビクトル・エリセの「ミツバチのささやき」とも違った意味での、少年と少女の孤独な魂の冒険映画である。

蓮實重彦が「『動くな、死ね、甦れ!』は、かけねなしの傑作でありこれを見逃すことは生涯の損失につながるだろう」とまで言っている映画。是枝裕和監督も「<ドキュメントとフィクション>の境界、 それに対するカネフスキーの眼差しとアプローチは、観るものに確かな刺激と感動をもたらす。」とコメントを寄せた。こんな評判を聞きつけて、見過ごすわけにはいかなかった。

1990年、カンヌ国際映画祭に出品された54歳の新人監督ヴィターリー・カネフスキーの作品。8年間無実の罪で投獄されていた経歴を持つ彼は、旧ソ連の炭鉱町・スーチャンでの少年時代の記憶をスクリーンに甦らせた。ほとんど素人同然の役者たちで、ドキュメンタリーのように映画は荒々しく日常を切り取る。

白黒映画で、ぬかるみの湿った土の上で泥だらけになって子どもたちが動き回って遊んでいる。第二次大戦直後の闇市のような貧しい炭鉱町の生活。雪も降る冷たく暗い町。戦後の混乱と生活苦。そして、日本人の強制収容所が近くにあり、日本の民謡「南国土佐を後にして」、「五木の子守唄」、「炭坑節」が突然に日本語で歌われ、ギョッとする。強制労働をさせられている日本兵も登場するし、火あぶりで処刑される場面も映し出される。妊娠したらここから出られると、捕虜となっている15歳の少女が男に抱いてくれと懇願し、そんな場面を少女が訳知り顔で少年に「あなたはわからないでしょ」と言う場面もある。また、配給の小麦粉を泥と混ぜて食べる狂った元学者も登場する。終戦直後の泥だらけの貧しさと狂気。

闇市のようなところで少女の真似をしてお茶を売り始める少年。そのお茶売りで手にしたお金も、母には「盗んだでしょう」と咎められ、せっかく手に入れたスケート靴は盗まれ、取り返しに行くと大人に追いかけらる。少年はいつも孤独だ。そんな時に、助けてくれるのが幼なじみの少女だ。二人は走り、逃げる。少年の母は忙しく、男といちゃつく時間はあるが、少年にはちっとも構ってくれない。雪の校庭でのスターリン統制下の厳しい行進練習。そんな時でも、トイレにイースト菌をばらまいて道を糞尿まみれにしたり、少年はいつも何かを仕出かす問題児だ。挑戦的な眼差しが印象的。そして、ついには列車をイタズラで脱線させてしまい、町にいられなくなる。

映画の後半は、炭鉱町の喧騒から静かな逃避行に。少年は、近郊の町で一度は警官に捕まるも逃げ出し、窃盗犯罪グループと行動をともにする。しかし、知り過ぎたと命を狙われてしまう。そんな少年の前に、またしても幼なじみの少女が突然現れる。都合よすぎるのだが、少年と少女は離れられない運命にあるかのようだ。走り、逃げる二人。汽車に乗り、線路を故郷の町まで歩く。憎まれ口を叩きながらケンカばかりしていた少年と少女が、少しずつ成長していく。初恋以前のような二人の関係。そして、カメラは肝心な場面を映さずに、ある残酷な結末を用意していた。ラスト、監督の声が画面にかぶさる。そういえば、冒頭も「みんな準備はいいか? 始めよう。」と監督のかけ声で始まった。まさに、監督の記憶の再現とも言える映画なのだ。

原題 Zamri, umri, voskresni!
製作年 1989年
製作国 ソ連
配給 gnome
日本初公開 1995年3月18日
上映時間 105分
監督:ビターリー・カネフスキー
脚本:ビターリー・カネフスキー
撮影:ウラジミール・ブリリャコフ
美術:ユーリー・パシゴーエフ
編集:ガリーナ・コールニローバ
音楽:セルゲイ・パネビッチ
キャスト:パーベル・ナザーロフ、ディナーラ・ドルカーロワ、エレーナ・ポポワ

☆☆☆☆☆☆6
(ウ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆☆☆6

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
60位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター