「未来よ こんにちは」ミア・ハンセン=ラブ

未来

『あの夏の子供たち』がとても良かったので、フランスの若き女性監督ミア・ハンセン=ラブの新作を観に行った。『EDEN エデン』『グッバイ・ファースト・ラブ』は未見である。この作品で、2016年・第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞。

フランス人らしい女性哲学教師を演じるのがイザベル・ユペール。「40を過ぎると女なんて生ゴミよ」などという過激なセリフも出てくるが、男女ともに自立心の強いフランスらしい映画だ。ミア・ハンセン=ラブ監督自身の両親も哲学者だったらしいが、この映画の登場人物は、哲学の先生の夫婦、そして優秀な教え子など哲学談議が盛んに出てくる。イザベル・ユペール演じるナタリーは、高校でジャン=ジャック・ルソーなどを教えており、「自分の頭で考えることをできる」若者を育てようとしている。高校では、失業を増やす政策に反対する学内ストが行われたりしているが、ナタリーは政治的に無関心。かつての五月革命に夢中になった熱さはない。夫のハインツ(アンドレ・マルコン)は、カントやショウペンハウエルなどを研究しているらしく、どこかわが道をゆく風情。そしてナタリーの一番のお気に入りの教え子ファビアン(ロマン・コリンカ)は、アナーキストの仲間たちとともに現実を変革する哲学を志向しているらしい。

冒頭、ブルターニュのシャトーブリアンの海が見える墓に家族で参り、バカンスを過ごす場面が描かれる。哲学者夫婦の家族は仲睦まじく見える。ナタリーは、パリで日々、母(エディット・スコブ)の介護と哲学の授業に追われ、忙しき日常が描かれる。しかし、25年間連れ添った夫に突然、「好きな女性が出来た。離婚したい」と切り出される。「死ぬまで一緒にいると思っていた」ナタリー。映画は、そんなナタリーの日常を淡々と追いかける。

夫と離婚して一人になったナタリー。夫の実家のあるバカンスをいつも過ごしていたブルゴーニュの海辺の庭を思い、ふと涙をする。夫とその相手の女性が歩くところをバスの窓から見つけたりする。認知症が進んだ母を施設に入れ、教え子のファビアンが仲間と過ごすフレンチ・アルプス近くのヴェルコール山の別荘にも行く。そして母は孤独のうちに死に、娘には子どもが産まれ、孫ができる。死と新しい命の誕生。

高校の授業は、パリの緑豊かな公園で行われ、海辺のブルゴーニュの青い海や、フレンチ・アルプスの山あいの美しき森など自然はふんだんに描かれる。50代女性の人生の孤独と輝く美しきフランスの自然。夫との突然の離婚、母の介護と死、若者たちとの哲学授業、教え子との淡い恋心と距離をとりつつ過ごす時間。そして孫の誕生と、新たに形を変えていく家族。そこに劇的なドラマは何一つない。夫との関係も、家族の関係も、母との確執も、教え子とのアバンチュールもない。何もドラマは起きない。淡々と時間が過ぎていくだけだ。悲劇も喜劇もない過ぎゆく時間。ゆっくりと老いが進み、死が近づく。自立した50代の女性は、未来を思い、静かに草原の中で佇む。母とともに過ごしてきた黒猫のパンドラのように、一人で孤独で、気丈で、誰も頼らず、どこまでも自由だ。


原題:L'avenir
製作年:2016年
製作国:フランス・ドイツ合作
配給:クレストインターナショナル
上映時間:102分
監督:ミア・ハンセン=ラブ
製作:シャルル・ジリベール
脚本:ミア・ハンセン=ラブ、サラ・ル・ピカール、ソラル・フォルト
撮影:ドニ・ルノワール
美術:アンナ・ファルゲール
衣装:ラシェール・ラウー
編集:マリオン・モニエ
キャスト:イザベル・ユペール、アンドレ・マルコン、ロマン・コリンカ、エディット・スコブ、サラ・ル・ピカール、ソラル・フォルト、エリーズ・ロモー、リオネル・ドレー、グレゴワール・モンタナ=アロシュ、リナ・ベンゼルティ

☆☆☆☆4
(ミ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「パーソナル・ショッパー」オリヴィエ・アサイヤス

foxzerojp-img421x600-14945770251albwl9443.jpg

奇妙な映画である。『夏時間の庭』のオリヴィエ・アサイヤス監督。ホラーのようでもあり、サスペンス風展開もあり、スピリチュアルなものとアート(表現)の関係を描いたようでもある。「見えるもの」と「見えないもの」。ネットとの「見えない存在」とのメールの会話。

冒頭はまさにホラーである。黒沢清の『ダゲレオタイプの女』を思い出す。パリの古い屋敷に霊的存在がいるかどうかを女性が一晩泊まり確かめる。どうやらその家は、その女性の双子の兄が死んだ家らしい。闇。誰もいない空間。ギシギシと鳴る床音。階段。夜の闇に開け放つ窓。彼女は霊を呼び寄せようとしているかのようだ。

主人公のモウリーン(クリステン・スチュワート)は、セレブな有名人の衣装やアクセサリーなどを買物する「パーソナル・ショッパー」という仕事をしている。そして彼女は霊媒師でもあり、同じ霊媒師だった死んだ兄からの「サイン」を待っている。恋人がオマーンにいるにもかかわらず、一人黙々とパリで買い物をし、美しい衣装を用意する。そんな彼女のもとに、ケータイにメールが届くようになる。彼女のことをすべて知っているかのような謎のメールが。死んだ兄からの「サイン」を待っている彼女は、その謎のメールに囚われ、乱されていく。「別の人間になりたいか?」。モウリーンの秘かな欲望をメールは刺激し、雇い主の女性キーラの衣装や靴を身に纏い、彼女は別の人間になろうとする。そして、その雇い主の家で殺人事件まで起きてしまうのだ。

ホラー映画として始まり、スピリチュアルな霊と芸術のエピソードが語られる。抽象画の創始者とされる女性画家ヒルマ・アフ・クリントは霊の力で描いていたらしいし、文豪のヴィクトル・ユゴーもまた降霊術にハマっていたという。死後の霊的世界とのコンタクトと芸術。そして、シャネルやカルティエなどセレブなファッションの世界の現実。彼女は雇い主のキーラともなかなか会えず、「見えない存在」に指図されているようである。

そして、携帯の謎のメールが届くようになり、「見えない世界」からのメッセージは、現代のIT社会とも重なり、物語はサスペンス映画となる。謎のメールの差出人は誰か?家に届くホテルの部屋のカード。古い屋敷、雇い主キーラの豪華な部屋、そして自分の部屋、さらに謎のホテルの部屋。この映画で、部屋の空間は大きな意味を持っている。空間に人は囚われる。

そして、キーラが殺され、怖くなってモウリーンが身を寄せた兄の恋人の家で、兄の霊が現れる。落下して割れるグラス。犯人が見つかり、事件が解決した後に、モウリーンは恋人のオマーンの山の小屋を訪れる。その部屋で、再び霊が彼女を迎える。その霊は兄なのか、別の霊なのかわからないまま、映画は唐突に終わる。

なんなのだろう?殺人事件の犯人は明らかになるのだが、その事件そのものは全く説明されず、モウリーンとの謎のメールについても、その詳細は描かれないまま。監督はサスペンスの仕掛けを利用したが、その種明かしには全く興味がなく、「見えないものからのメッセージ」にしか関心がないかのようだ。

「見えないもの」「霊的世界」が、空間に潜んでいる。「見えないもの」に導かれて、人は行動する。囚われてしまう。現実世界と霊的世界。現実の自分ともう一人の自分。その間に私たちは生きている・・・。


原題 Personal Shopper
製作年 2016年
製作国 フランス
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 105分
監督:オリヴィエ・アサイヤス
製作:シャルル・ジリベール
脚本:オリヴィエ・アサイヤス
撮影:ヨリック・ル・ソー
美術:フランソワ=ルノー・ラバルテ
衣装:ユルゲン・ドーリング
編集:マリオン・モニエ
キャスト:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガー、シグリッド・ブアジズ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、タイ・オルウィン、アンムー・ガライア、ノラ・フォン・バルトシュテッテン、バンジャマン・ビオレ、オードリー・ボネット、パスカル・ランベール

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 サスペンス 幽霊 ☆☆☆☆4

「カフェ・ソサエティ」ウディ・アレン

カフェ

1930年代ハリウッド黄金時代を背景に、きらびやかな社交界(カフェ・ソサエティ)に身を置くことになった青年の恋や人生を描いたロマンティック・コメディ。まずなによりも、ハリウッドの社交界のきらびやかさや女優たちの美しき衣装を楽しめばいい。ウディ・アレンのナレーションでテンポよく展開されるストーリー。そして美しき女優たち。ちょっとほろ苦い大人の恋の物語である。ズブズブと目先の欲望に溺れていく不愉快な不倫映画になっていないところがいい。恋のワクワク感とちょっとビターな人生の皮肉が味わえる。

ニューヨークから出てきたイモ臭い青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)の役回りはいつものウディ・アレンだ。そして、プールのある豪邸で繰り広げられるパーティーや美女たちが華やかに描かれる一方、ちょっとしたたかで個性的なボビーのユダヤ人家族が描かれるのが面白い。ハリウッドのショービジネスで成功した叔父(スティーブ・カレル)や、暗黒街のギャングになる兄。虚飾のショービジネスと裏社会で成功したユダヤ人がサラリと描かれる。

叔父と人関係にあり、ボビーが恋する秘書のヴエロニカにクリステン・スチュワート。皮肉な恋の三角関係がまず描かれる。ヴェロニカとの結婚を諦め、ハリウッドのゴシップや自慢話に嫌気がしてニューヨークに戻り、ギャングの兄のナイトクラブの支配人となり、店を成功させ、そこで出会ったのが、もう一人のヴェロニカ、ブレイク・ライブリー。ひとりの男とふたりのヴェロニカ。後半は、再び、最初に恋したヴェロニカと再会し、ボビーの気持ちが揺れ動く。

ストーリーはたいしたことはない。華やかな世界の虚飾性とその裏側のシンプルな恋心。この映画は、そんな皮肉な恋物語をただただ楽しめばいいのだ。


作品データ
原題 Cafe Society
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 96分
監督:ウディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、スティーブン・テネンバウム、エドワード・ワルソン
製作総指揮:アダム・B・スターン、マーク・I・スターン、ロナルド・L・シェ
脚本:ウディ・アレン
撮影:ビットリオ・ストラーロ
美術:サント・ロカスト
衣装:スージー・ベンジンガー
編集:アリサ・レプセルター
ナレーション:ウディ・アレン
キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー、スティーブ・カレル、コリー・ストール、パーカー・ポージー、ケン・ストット、ジーニー・バーリン、サリ・レニック、スティーブン・クンケン、アンナ・キャンプ、キャット・エドモンソン

☆☆☆☆4
(カ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「台北ストーリー」エドワード・ヤン

taipei.jpg

エドワード・ヤンの1985年長編2作目。台湾での公開時に4日間で上映打ち切りとなり、日本では公開されないまままだった。エドワード・ヤン生誕70年、没後10年となる2017年に、マーティン・スコセッシによって4Kデジタルリストア版で修復され、劇場初公開が実現した。

あらゆる面で完成された『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』に比べると、やや荒削りな部分もあるが、随所に映像センスがキラリと光るシーンがいっぱい。『恐怖分子』もスタイリッシュで素晴らしい映画だったが、やはりエドワード・ヤン監督作品は全部観たいと思った。

「アメリカだって、万能薬じゃない。儚い夢さ」と女に言う男は、野球少年の栄光の過去から離れられない。女は「すべては変った。あなたは置き去りよ」と男に言う。いつまでも踏ん切りがつかずに台北でぐずぐずしている男。そして過去の友人と関わりあい、トラブルに巻き込まれていく。一方、未来へ向いて進もうとする女は、男とアメリカへの移住を持ちかける。恋人たちのすれ違いの映画である。しかし、劇的な展開があるわけではなく、ストーリー的にはまったりとして淀んでいる。前半はやや退屈だ。しかし後半はどんどん引き込まれていく。アメリカ・日本・中国・台湾。どこへ行くことも出来ず、台北でもうまくいかずに距離が少しずつ離れていく男と女。そして衝撃のラスト。

冒頭は新しい部屋を見る男女のシルエットから始まる。家具をどこに置くかなど、女は希望に満ちている。一方、男は「内装に金がかかりそうだ」と言い、バットの素振りをしつつどこか投げやりだ。アメリカの大リーグやニュース、日本のカラオケやCM、広島戦の野球中継、巨大な富士フィルムの電飾看板も登場する(この巨大電飾看板の前でのシルエットシーンも素晴らしい!)。アメリカや日本の文化が流れ込み、経済成長しつつ変貌する台北。成功したものもいるが、男のアリョンは昔ながらの布問屋で働き、パッとしない。野球仲間の友人も妻に逃げられ、子供を抱えて貧困そのもの。一方、女のアジンは不動産会社で働くバリバリのキャリアウーマンであり、アメリカ移住を夢み、ディスコで仲間と遊び続けている。バイクで台湾総統府の夜のイルミネーションを疾走する場面も象徴的で美しい。女性のアジンは変りつつある台湾そのものであり、男のアリョンは、変わらない古くからある台湾でもある。

二人の距離は埋まらない。「変わること」も「変らないこと」もどちらにも「万能薬」などないのだ。その空虚感・閉塞感のようなものが、ラストの悲劇とともに、救急車で運ばれるアリョンの姿がロングショットの映像で描かれる。タバコをふかしながら警官と談笑する救急隊員。オープニングと同じように、新しいビルで事業を始めるパートナーの夢を聞くアジン。時代の変化が二人を飲み込んでいく。

主演した盟友ホウ・シャオシェンは、既に「風櫃(フンクイ)の少年」「冬冬の夏休み」などを発表していた有名監督だったが、エドワード・ヤンのために自宅を抵当に入れてまで製作費を捻出し、完成へとこぎつけたと言われている。奇跡的な成り立ちで完成した台北の街の変化そのものを映画にした台湾ニューシネマである。


原題 青梅竹馬 Taipei Story
製作年 1985年
製作国 台湾
配給 オリオフィルムズ
上映時間 119分
監督:エドワード・ヤン
製作:ホウ・シャオシエン
脚本:エドワード・ヤン、チュー・ティエンウェン、ホウ・シャオシェン
撮影:ヤン・ウェイハン
音楽:ヨーヨー・マ
キャスト:ツァイ・チン、ホウ・シャオシエン、ウー・ニェンツェン、クー・イーチェン、リン・シュウレイ、クー・スーユン、ウー・ヘイナン、
メイ・ファン、チェン・シューファン、ライ・ダーナン

☆☆☆☆☆5
(タ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆☆5

「火花」 又吉直樹(文春文庫)

芥川賞受賞作が文庫本になっていたので読んでみた。悪くない。なるほどよく出来ている。自分にはないものを持っている先輩への思い。そして、先輩の彼女の母性への感謝。漫才(笑い)への純粋な思考など、何者にもなりえない中途半端さを無理せず書いている印象。自分の立ち位置に近い世界を、素直にしかし凡庸でもなく、丁寧にそれぞれの心情や描写の工夫など、読んでいて厭味がない。次回作も読んでみようと思った。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
40位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター