「はなればなれに」ジャン=リュック・ゴダール

はなればなれに


映画を撮るヨロコビに満ちたチャーミングで幸福なるこの映画を、映画館の暗闇で観られる幸せを噛みしめつつ、久しぶりに観賞。アンナ・カリーナの躍動する身体、その可らしさを随所に堪能できる映画だ。

英語教室で髪をおろしたり、休憩時間に舌を出してキスをしようとする場面。そして、あの有名なカフェでの3人のダンスシーンのなんという楽しさよ。Q・タランティーノが夢中になったのはよくわかる。そのカフェでは、3人の坐り位置がぐるぐると入れ替わる演出もまた面白い。1分間沈黙を守るゲームを3人でやると、ノイズそのものもカットアウトされ、映画はまったくの無音になるお遊び。こっそりオディール(アンン・カリーナ)のコーラにリキュールを入れちゃうアルチュール(クロード・ブラッスール)と帽子をかぶる寡黙な二枚目フランツ(サミー・フレイ)。この男2人と女1人のトライアングル・ラブの関係は、トリュフォーの『突然炎のごとく』や、ロベール・アンリコの『冒険者たち』など、様々な映画や文学に使われている基本的なパターンだが、個人的には大好きなものが多い。

ルーブル美術館をゲリラ撮影で3人に走らせた場面は、『突然炎のごとく』で3人が走る陸橋のシーンでも繰り返さたのかと連想させられる。オディールが二人に送られて家に帰ってから、「買物してくるわ」と言って屋敷の裏の林を抜け川を渡って、再び彼らのもとに駆けつけるアンナ・カリーナの躍動とミシェル・ルグランの音楽もまたウキウキとしてくる。フランツとアルチュールのビリー・ザ・キッドを真似た拳銃に撃たれるごっこ遊びは、ラストで本当の死として繰り返される。遊びのような強盗ごっこが、本当の殺人事件になってしまう感じは、まさに『勝手にしやがれ』など初期のゴダール映画の定番だ。フィクショナルな映画的死。

当時夫婦だった、ゴダールとアンナ・カリーナが設立した製作会社「アヌーシュカ・フィルム」の第1弾作品。音楽は『シェルブールの雨傘』など有名なミシェル・ルグラン。車、ピストル、美女、大金、遊び、踊り、歌、走る、朗読や引用、そして殺人・死・・・。映画的道具立て満載で、ラストの南への逃避行は、後の『気狂いピエロ』へとつながっていく。

やっぱりアンナ・カリーナが出ている初期のゴダール映画は、本当に楽しく、テンポと躍動感があって大好きだ。


原題:Bande a part
製作年:1964年
製作国:フランス
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:2001年2月3日
上映時間:96分
監督:ジャン=リュック・ゴダール
原作:ドロレス・ヒッチェンズ
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
撮影:ラウール・クタール
音楽:ミシェル・ルグラン
キャスト:アンナ・カリーナ,クロード・ブラッスール,サミー・フレイ,ルイーザ・コルペイン

☆☆☆☆☆☆6
(ハ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 青春 ☆☆☆☆☆☆6

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」ケネス・ロナーガン

マンチェスター

評判の映画ということで観に行った。なるほど、静かな抑えた演出の映画で好感が持てる人間ドラマに仕上がっている。描かないことで描こうとしている。決定的なドラマチックな場面は描かれない。過去に起きた悲しい出来事をめぐる喪失と再生の映画だ。

ボストン郊外で便利屋として暮らすリー(ケイシー・アフレック)は、どこか感情を抑圧して屈折して生きている。そこに兄の死を知らせる電話があり、故郷の街マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。映画は全体を通して寒々しい。ボストン郊外の雪と、海沿いの冬の故郷の街も灰色で色調は暗い。過去の映像は最初無造作に挿入されるので、少し混乱するが、次第にそのテンポにも慣れ、細かい説明は省かれるが、物語はいたって単純だ。

故郷に戻ってきたリーのことを街の人々が、「あの噂の男が帰ってきた」という風に白い目で見る描写があるので、どれだけの卑劣な犯罪行為をリーがかつてこの街でしたのだろうと思うのだが、それほどのことではない。「過去にいったい何があったのか?」という興味を引っ張るためのやや誇張した演出が感じられたが、それ以外は淡々と映画は進む。

時折、断片的に挿入される過去の様々なシーンが効果的。リーの家族、釣りから帰ってきたリーと病気の妻のランディ(ミシェル・ウィリアムズ)、そして可愛いい子どもたち。あるいは甥とパトリック(ルーカス・ヘッジズ)と釣りをするリーや、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の船上の3人。ジョーの心臓の病気が病院で告げられるシーンでは、その事実を受け止めきれないジョーの妻の行動は不自然で、アル中のようにだらしなく寝ている姿も描かれる。人のいいジョーの妻がなぜあそこまで壊れてしまったのかは、やや消化不良な印象が残った。

そして、あの悲しい出来事があった夜。深夜まで友達と酒を飲んで大騒ぎしているリーとヒステリックに怒る妻。しかし、決定的な場面は描かれない。その夜、彼がどんな風にして家を出たのか。あるいは、あの悲しい出来事の後で、妻のランディがリーを罵る修羅場は描かれない。どんなふうに夫婦が壊れていったのか?観客は想像するしかない。

そんな悲しい過去があったことで、人間的な感情を押し殺して生きて生きたリーが、甥のパトリックを後見人に兄の遺言で指名される。そして、叔父と甥の交流が始まる。死んだ兄からの弟と息子へのメッセージ。家族を失った弟、母と父を失って傷ついている息子。喪失の哀しみを抱えた二人の男が、次第に心を取り戻し、気持ちを通わせていく再生のドラマだ。ラストの現実的な選択。叔父と甥のボールを使ったやりとりはなかなかいい。ラストだけ冷たい冬の風景に、あたたかい光が射したように感じられた。


原題:Manchester by the Sea
製作年:2016年
製作国:アメリカ
配給:ビターズ・エンド、パルコ
上映時間:137分
監督:ケネス・ロナーガン
製作:ケネス・ロナーガン、キンバリー・スチュワード、マット・デイモン、クリス・ムーア、ローレン・ベック、ケビン・J・ウォルシュ
脚本:ケネス・ロナーガン
撮影:ジョディ・リー・ライプス
美術:ルース・デ・ヨンク
衣装:メリッサ・トス
編集:ジェニファー・レイム
音楽:レスリー・バーバー
キャスト:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード、C・J・ウィルソン、グレッチェン・モル、マシュー・ブロデリック、アンナ・バリシニコフ、ジョシュ・ハミルトン、テイト・ドノバン、スーザン・プルファー、
ロバート・セラ、トム・ケンプ

☆☆☆☆4
(マ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆☆4

「午後8時の訪問者」ダルデンヌ兄弟

午後8時

ダルデンヌ兄弟は、現実的に厳しい状況の中に登場人物を置く。その厳しい状況で犯す過ち、犯罪や偽り、あるいは失業など、登場人物たちがその状況を克服するための行為を追いかける。どのように心理的に葛藤し、悩み、苦しみ、罪悪感を感じ、そこから抜け出せるか、その心理サスペンスを描く。しかも淡々と手持ちカメラでその人物を執拗に追いかけるのだ。客観的なドラマとしてではなく、ドキュメンタリーのように、ある人物を追い続ける。貧しさから赤ちゃんを売る『ある子供』でも、移民の偽装結婚を描いた『ロルナの祈り』でも、孤独な少年と疑似家族を描いた『少年と自転車』でも、失業の現実と職場の仲間との葛藤を描いた『サンドラの週末』でも、手法は同じだ。

この映画はサスペンスのような日本タイトルとポスターイメージになっているが、決してサスペンス映画ではない。人を助ける使命のある女医が、診療時間が終わった午後8時に、診療所の扉を開けなかったばかりに、ひとりの女性を見殺しにしてしまったという物語である。女医は、自らの行為の後悔と良心の呵責から、被害者である女性の身元を探ろうとし、さまざまな真実が明らかになっていく。ちょっと危険な目にも合うが、この女医は強い意志の下に行動する。その動機が、「あの時、扉を開けなかったから」というだけで、ここまで行動するのか?という疑問は少しある。やや強引な感じもする。静かに女医の気持ちにカメラが寄り添いつつ、辛抱強く被害者と、彼女と関わった人々の秘密を明らかにしていく。そして、自らの言葉で傷つけてしまった研修医の青年をも立ち直らせようとする。

音楽は一切なし。当然、サスペンス的娯楽的要素はない。近作『サンドラの週末』でも同じだった。そういう娯楽性を求めると、ちょっとしんどい映画だ。だけど、人間というものの心理の深みを見つめようとするダルデンヌ兄弟の仕事ぶりには、やはり敬意を持ってしまう。人間の罪深さを、いつでもやさしく見つめ続けているのだ。

冒頭、患者の気持ちに同調し過ぎる研修医の青年に、医者としての威厳を示すように、「診療時間が終わったのだから扉を開ける必要はない」とキッパリと言い、これから移る予定の大きな病院の歓迎パーティーに出る女医ジェニーは、仕事とプライベイトのけじめをつけるタイプのようだった。挨拶の途中でかかってきた携帯電話には出ない。しかし、事件が起きた後、彼女はあらゆる場面で中断させられる。携帯電話に、次々と診療所にやってくるドアフォンの音に。遂には診療所に寝泊まりまでするようになるのだ。

扉が開けられず殺された黒人女性は、ヨーロッパから締め出された移民を象徴しているのかもしれない。自分たちの都合で、扉を開けないことは、移民を受け入れず、ヨーロッパから締め出す行為と重なる。

いつだって、誰だって、自分が大切だし、むやみに人を傷つけたくはない。それでも、さまざまな瞬間で、自分のことよりも大切にしなければいけないことはあり、人を追い出し、傷つけ、締め出してしまう間違いも犯すこともある。問題は、そのような過ちをしてしまったあとに、どう自分と向き合い、どう悩むかなのかもしれない。そんなことをダルデンヌ兄弟はいつも私たちに静かに問いかけてくる。

原題:La fille inconnue
製作年:2016年
製作国:ベルギー・フランス合作
配給:ビターズ・エンド
上映時間:106分
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、 リュック・ダルデンヌ
製作:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ、ドゥニ・フロイド
製作総指揮:デルフィーヌ・トムソン
脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
撮影:アラン・マルクーン
美術:イゴール・ガブリエル
衣装:マイラ・ラメダン・レビ
編集:マリー=エレーヌ・ドゾ
キャスト:アデル・エネル、オリビエ・ボノー、ジェレミー・レニエ、オリビエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネ

☆☆☆☆4
(ゴ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「未来よ こんにちは」ミア・ハンセン=ラブ

未来

『あの夏の子供たち』がとても良かったので、フランスの若き女性監督ミア・ハンセン=ラブの新作を観に行った。『EDEN エデン』『グッバイ・ファースト・ラブ』は未見である。この作品で、2016年・第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞。

フランス人らしい女性哲学教師を演じるのがイザベル・ユペール。「40を過ぎると女なんて生ゴミよ」などという過激なセリフも出てくるが、男女ともに自立心の強いフランスらしい映画だ。ミア・ハンセン=ラブ監督自身の両親も哲学者だったらしいが、この映画の登場人物は、哲学の先生の夫婦、そして優秀な教え子など哲学談議が盛んに出てくる。イザベル・ユペール演じるナタリーは、高校でジャン=ジャック・ルソーなどを教えており、「自分の頭で考えることをできる」若者を育てようとしている。高校では、失業を増やす政策に反対する学内ストが行われたりしているが、ナタリーは政治的に無関心。かつての五月革命に夢中になった熱さはない。夫のハインツ(アンドレ・マルコン)は、カントやショウペンハウエルなどを研究しているらしく、どこかわが道をゆく風情。そしてナタリーの一番のお気に入りの教え子ファビアン(ロマン・コリンカ)は、アナーキストの仲間たちとともに現実を変革する哲学を志向しているらしい。

冒頭、ブルターニュのシャトーブリアンの海が見える墓に家族で参り、バカンスを過ごす場面が描かれる。哲学者夫婦の家族は仲睦まじく見える。ナタリーは、パリで日々、母(エディット・スコブ)の介護と哲学の授業に追われ、忙しき日常が描かれる。しかし、25年間連れ添った夫に突然、「好きな女性が出来た。離婚したい」と切り出される。「死ぬまで一緒にいると思っていた」ナタリー。映画は、そんなナタリーの日常を淡々と追いかける。

夫と離婚して一人になったナタリー。夫の実家のあるバカンスをいつも過ごしていたブルゴーニュの海辺の庭を思い、ふと涙をする。夫とその相手の女性が歩くところをバスの窓から見つけたりする。認知症が進んだ母を施設に入れ、教え子のファビアンが仲間と過ごすフレンチ・アルプス近くのヴェルコール山の別荘にも行く。そして母は孤独のうちに死に、娘には子どもが産まれ、孫ができる。死と新しい命の誕生。

高校の授業は、パリの緑豊かな公園で行われ、海辺のブルゴーニュの青い海や、フレンチ・アルプスの山あいの美しき森など自然はふんだんに描かれる。50代女性の人生の孤独と輝く美しきフランスの自然。夫との突然の離婚、母の介護と死、若者たちとの哲学授業、教え子との淡い恋心と距離をとりつつ過ごす時間。そして孫の誕生と、新たに形を変えていく家族。そこに劇的なドラマは何一つない。夫との関係も、家族の関係も、母との確執も、教え子とのアバンチュールもない。何もドラマは起きない。淡々と時間が過ぎていくだけだ。悲劇も喜劇もない過ぎゆく時間。ゆっくりと老いが進み、死が近づく。自立した50代の女性は、未来を思い、静かに草原の中で佇む。母とともに過ごしてきた黒猫のパンドラのように、一人で孤独で、気丈で、誰も頼らず、どこまでも自由だ。


原題:L'avenir
製作年:2016年
製作国:フランス・ドイツ合作
配給:クレストインターナショナル
上映時間:102分
監督:ミア・ハンセン=ラブ
製作:シャルル・ジリベール
脚本:ミア・ハンセン=ラブ、サラ・ル・ピカール、ソラル・フォルト
撮影:ドニ・ルノワール
美術:アンナ・ファルゲール
衣装:ラシェール・ラウー
編集:マリオン・モニエ
キャスト:イザベル・ユペール、アンドレ・マルコン、ロマン・コリンカ、エディット・スコブ、サラ・ル・ピカール、ソラル・フォルト、エリーズ・ロモー、リオネル・ドレー、グレゴワール・モンタナ=アロシュ、リナ・ベンゼルティ

☆☆☆☆4
(ミ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「パーソナル・ショッパー」オリヴィエ・アサイヤス

foxzerojp-img421x600-14945770251albwl9443.jpg

奇妙な映画である。『夏時間の庭』のオリヴィエ・アサイヤス監督。ホラーのようでもあり、サスペンス風展開もあり、スピリチュアルなものとアート(表現)の関係を描いたようでもある。「見えるもの」と「見えないもの」。ネットとの「見えない存在」とのメールの会話。

冒頭はまさにホラーである。黒沢清の『ダゲレオタイプの女』を思い出す。パリの古い屋敷に霊的存在がいるかどうかを女性が一晩泊まり確かめる。どうやらその家は、その女性の双子の兄が死んだ家らしい。闇。誰もいない空間。ギシギシと鳴る床音。階段。夜の闇に開け放つ窓。彼女は霊を呼び寄せようとしているかのようだ。

主人公のモウリーン(クリステン・スチュワート)は、セレブな有名人の衣装やアクセサリーなどを買物する「パーソナル・ショッパー」という仕事をしている。そして彼女は霊媒師でもあり、同じ霊媒師だった死んだ兄からの「サイン」を待っている。恋人がオマーンにいるにもかかわらず、一人黙々とパリで買い物をし、美しい衣装を用意する。そんな彼女のもとに、ケータイにメールが届くようになる。彼女のことをすべて知っているかのような謎のメールが。死んだ兄からの「サイン」を待っている彼女は、その謎のメールに囚われ、乱されていく。「別の人間になりたいか?」。モウリーンの秘かな欲望をメールは刺激し、雇い主の女性キーラの衣装や靴を身に纏い、彼女は別の人間になろうとする。そして、その雇い主の家で殺人事件まで起きてしまうのだ。

ホラー映画として始まり、スピリチュアルな霊と芸術のエピソードが語られる。抽象画の創始者とされる女性画家ヒルマ・アフ・クリントは霊の力で描いていたらしいし、文豪のヴィクトル・ユゴーもまた降霊術にハマっていたという。死後の霊的世界とのコンタクトと芸術。そして、シャネルやカルティエなどセレブなファッションの世界の現実。彼女は雇い主のキーラともなかなか会えず、「見えない存在」に指図されているようである。

そして、携帯の謎のメールが届くようになり、「見えない世界」からのメッセージは、現代のIT社会とも重なり、物語はサスペンス映画となる。謎のメールの差出人は誰か?家に届くホテルの部屋のカード。古い屋敷、雇い主キーラの豪華な部屋、そして自分の部屋、さらに謎のホテルの部屋。この映画で、部屋の空間は大きな意味を持っている。空間に人は囚われる。

そして、キーラが殺され、怖くなってモウリーンが身を寄せた兄の恋人の家で、兄の霊が現れる。落下して割れるグラス。犯人が見つかり、事件が解決した後に、モウリーンは恋人のオマーンの山の小屋を訪れる。その部屋で、再び霊が彼女を迎える。その霊は兄なのか、別の霊なのかわからないまま、映画は唐突に終わる。

なんなのだろう?殺人事件の犯人は明らかになるのだが、その事件そのものは全く説明されず、モウリーンとの謎のメールについても、その詳細は描かれないまま。監督はサスペンスの仕掛けを利用したが、その種明かしには全く興味がなく、「見えないものからのメッセージ」にしか関心がないかのようだ。

「見えないもの」「霊的世界」が、空間に潜んでいる。「見えないもの」に導かれて、人は行動する。囚われてしまう。現実世界と霊的世界。現実の自分ともう一人の自分。その間に私たちは生きている・・・。


原題 Personal Shopper
製作年 2016年
製作国 フランス
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 105分
監督:オリヴィエ・アサイヤス
製作:シャルル・ジリベール
脚本:オリヴィエ・アサイヤス
撮影:ヨリック・ル・ソー
美術:フランソワ=ルノー・ラバルテ
衣装:ユルゲン・ドーリング
編集:マリオン・モニエ
キャスト:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガー、シグリッド・ブアジズ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、タイ・オルウィン、アンムー・ガライア、ノラ・フォン・バルトシュテッテン、バンジャマン・ビオレ、オードリー・ボネット、パスカル・ランベール

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 サスペンス 幽霊 ☆☆☆☆4

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
88位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター