FC2ブログ

「マチネの終わりに」平野啓一郎(文春文庫)

初めて平野啓一郎氏の小説を読んだ。彼の新聞などのコメント、文章を読むたびに気になっていたのだ。

この小説は、イケメン男といい女の観念的恋愛すれ違い小説だ。イケメンのインテリ天才ギタリスト、知性があって、ユーモアもあって、機知に富み、天才肌のクラシックギタリスト、蒔野聡史。そして世界を飛び回る美人ジャーナリスト、小峰洋子。イラクなど戦地の取材もし、人道的であり、社会に対して真摯で誠実に向き合う記者である。彼女も才能あるクロアチアの映画監督と日本人の女性との間に生まれた何か国語も話せるハーフであり、グローバルに活躍できる才女である。そんな甲乙つけがたい美男美女カップルの話なんで、ちょっと鼻につく。誰も近寄れないような才能と美しさ。知的な会話は、二人だけが共有できる別次元であったりする。そういう人たちの周りには、才能のない凡人たちの嫉妬と羨望ばかりが浮きあがる。洋子のフィアンセのリチャードも、蒔野のマネージャー三谷もまた、そんな凡庸な脇役にしかなれない。

蒔野が洋子との最初の出会いの時に語ったセリフ。
「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでいる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去は、それぐらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」という「過去は未来によって変えられる」というテーマが何度も繰り返される。時間という観念は、一方的に未来に向かっ流れているだけではないということが、この小説のテーマといえるかもしれない。

脇役たちによる羨望と嫉妬によって、完璧な美男と美女は、なかなか結び付かない。そこには、自立した男と女の相手への配慮と自分のプライドがある。人間は欠点だらけの不完全な存在である。そのことが、人を惹きつけるし、呼び寄せもする。人に甘えたり、人を頼ったり、そんな人間らしい愚かさをお互いに受け入れること、そこに愛というものも生まれるのかもしれない・・・なんて思った。

登場人物というものは、作家自身を投影しているもののような気がする。平野啓一郎氏のほかの小説を読んでいないので、なんとも言えないのだが、不器用でどんくさい頭の悪いブ男は、あまり登場しないんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

「忘れられたワルツ」絲山秋子(河出文庫)

2011年3月11日東日本大震災以降、ふつうのことがふつうでなくなってしまった世界、2011年から2013年に発表された絲山秋子の短編集。相変わらず奇妙な話ばかりである。奇妙な人物たちばかりというべきか、いや、奇妙な出来事ばかりというべきか。とにかく風変わりな短編集である。

「タカちゃん、神を見たって言ってました」「・・・すれ違うときにものすごい大勢の人が歩いているような靴音がしたそうです。それで、あれはほんとうの神だって」・・・「どんな顔してたかって聞いたんです。そうしたら覚えてないって。ゆでたまごみたいにつるんとしてたけれど、靴音にびっくりして顔は覚えていないと言ってました」(P181「神と増田喜十郎」)

「私は鉄塔が好きだった」「鉄塔には自分の目的しかない。関係ない人に用事は一切ないのだった。部外者は相手にしない。そこが毅然として好きだった」(P97「ニイタカヤマノボレ」)

なんだろう。うまく社会やまわりに合わせることができない人たち。「恋愛とはすなわち雑用である」という会社の女の子(「恋愛雑用論」。「強震モニタ走馬灯」では、「離婚したから遊びに来ませんか」と昔の同級生の家に遊びに行く女同士の話。日本列島の地震モニタを監視し続ける友人。恩師の先生の葬式のために雪道で車を走らせる男がドライブインでオーロラを見せる装置を運ぶ女との出会いを描いた「葬式とオーロラ」。アスペルガー発達障害だと彼氏に言われた女の子「ニイタカヤマノボレ」。得意先の会社に行くはずが、知らない街に電車で降り立った上司と部下の「NR」。母の不在の秘密を追いかけている姉と、語学勉強で現実逃避をしている父と痒みの発作が収まらない女の子・風花の家族の物語「忘れられたワルツ」。それから、女装する増田喜十郎が死んだ友人の妻と女同士で温泉旅行に行く話など。どれもとりとめもなく、ちょっと不思議で、ちょっと世の中からズレていて、世界の片隅で、ちょっとした人生の秘密が垣間見られるような物語たち。気になる作家です。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

「薄情」絲山秋子(河出文庫)

絲山秋子という作家は、なんか面白くて何作か読んでいる。「ばかもの」「エスケイプ/アブセント」「ニート」「海の仙人」など(レビューあり)、いずれもパッとしないダメダメ男女が登場する。決してカッコいい男女は登場しない。グダグダな日常を過ごし、愚かで冴えない人間たちだ。その描き方が、なんだかいいのだ。決して、勇気をもらえたり、感動があるわけではない。それでも、小説に登場する人物たちのダメさ加減が人間っぽいのだ。

この「薄情」もまた、パッとしない宇田川静生という神主として跡を継ぐことは決まっているが、まだ猶予があり、嬬恋でキャベツ収穫のバイトをしたり、温泉で風呂洗いをしたりしながら、モラトリアム的な日常を送っている男の話だ。群馬県高崎市という地方都市であることがこの小説では重要だ。東京の國學院大學を出て、高崎に戻ってきた男。東京から来た芸術家、鹿谷さんから「田舎者」とは思われたくない。かといって宇田川は郷土愛があるわけでもなく、地方と都会の「間」にいる存在だ。「堅気とそうでないもの」、「大人と子供」、「自由と不自由」の「間」。「辺境」、「境界」という言葉がたびたび登場するが、地方でも田舎でもどちらでもない中途半端な場所を好む。都会の無関心も、田舎の窮屈さもどちらも嫌いであり、ほどほどの距離感、人間関係、それが鹿谷さんの「変人工房」に集まる人々の関係であり、宇加川はその場所に居心地の良さを感じる。出入り自由な窮屈ではないコミュニティ。

それが鹿谷さんと同級生の蜂須賀の不倫関係を知ることによって、途端に「変人工房」は、居心地の悪い不自由な場所に変わってしまう。鹿谷さんは田舎で忘れられ、都会に戻り、蜂須賀は田舎の窮屈な人々の目に晒されながら生きていくしかない。

神主は「イレモノ」であり、「笹舟」であり、宇田川も車に蜂須賀やヒッチハイクの少年の乗せたりしながら、ゆらゆらと生きている。車は宇田川そのもののようでもある。人と人との距離感は難しい。宇田川は恋人ができたと思ったら、彼女に裏切られる。「辺境」に生き、「間」をうろうろし、高崎周辺の風景と同一化するようでもある。そういう存在に絲山秋子は惹かれるのだろう。幸福でも不幸でもない、敵でも味方でもない曖昧な存在が、人と人との関係には必要なんだろう。二人の田中さんという正体不明の探偵の存在も面白い。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

「さざなみのよる」木皿泉(河出書房新社)

※木皿泉とは、1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻・鹿年季子(めがときこ)による夫婦脚本家。初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、「野ブタ。をプロデュース」、「Q10」、「富士ファミリー」など。初の小説「昨夜のカレー、明日のパン」は2014年本屋大賞2位。

「小国ナスミ、享年43歳」。この小国ナスミという女性の死をめぐるそれぞれの物語。これが泣けてくるのです。地下鉄の通勤時に、お店で、ボロボロとおじさんが涙を流しながら読んでいる。恥ずかしいったらありゃしない。だけど、泣けてきちゃうんです。歳をとって涙もろくなったものだ。それでも、「死ぬこともそんなに悪いことでもないのかも」なんて気にもなってくる。いや、「自分は彼女(小国ナスミ)のように、みんなの心の中に居続けるような生き方をしているだろうか、誰かに何かを伝えているだろうか」と、疑わしくもなってきてしまうのです。

基本は、小国ナスミの家族の物語です。ナスミは、姉の鷹子との小さい頃の姉妹喧嘩を思い出しながら、「お姉ちゃん、死ぬときは、負けも勝ちも、もうどうでもよくなるんだよ。知ってた?」と思いながら、姉との遊びの思い出(想像の井戸にどちらの石が先に落ちるかを競うゲーム)で、自分が先に死ぬことで姉との約束、「ぽちゃん」と小さくつぶやいて死んでいく。

姉の鷹子は、妹のナスミが「死ぬのはいいんだけど、連載漫画の続きが読めないのが、くやしい」と言っていたのを思い出し、妹の死の枕元で、漫画の最新号を読み続ける。

「おんばざらだるまきりくそわか」という楽になる呪文を妹の月美は唱え、「生きとし生けるもののなかに、自分も入っていることの幸せ」をナスミから教えらる。夫の日出夫は、自分のことを「キ」という字に喩えていたナスミとの思い出と、「と」みたいな人と結婚したらいいよ、とのナスミの携帯動画メッセージに涙する。そのほか、母からのダイヤモンドの贈り物の話は、ナスミの涙となり、死後の目となる。

それぞれのナスミという女性をめぐるエピソードは、本当にいい。生きることは、寂しくて孤独で一人だと思っても、誰かとともに生きることであり、死ぬこともまた、誰かとともにあり続けることである。誰かからの思いは、別の誰かに伝わり、つながっていく。さざなみのように。そして、哀しみの涙は、ダイヤモンドになり、死者の目となり、時には「折れた歯」さえも誰かの宝物になる。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

「青が破れる」町屋良平(河出文庫)

先ごろ芥川賞を『1R1分34秒』で受賞した町屋良平のデビュー作『青が破れる』(第53回文藝賞)が文庫本で出ていたので読んでみた。芥川賞受賞作と同じようにボクシングをやっている青年が主人公だ。

ボクシングをやっているシュウキチ、友人のハルオ、ハルオの彼女、難病で余命少ないとう子さん、シュウキチがピザ屋のバイトで知り合った子供のいる主婦、夏澄さん、シュウキチよりもボクシングの才能のある梅生、この4人の青春物語だ。青春といってもさわやかさはない。青春期の中途半端さや死と生の境界のなさ、あるいはボクシングでスパークリングをしているときの肉体感覚、そして登場人物たちの何者にもなりきれない「空っぽさ」・・・などが絶妙な間合いで描かれていて、好感が持てる作品だ。

「高くて青い空」がとう子さんの口から語られる。ハルオの彼女、̪死も近いという彼女を初めて病院に見舞った場面が印象的だ。「あななたちにも健康がどうでもよくなった人間のすがすがしさと生きやすさをわけてあげたいわ」と彼女の口から語られる強がりに、シュウキチも読者も言葉がない。やや文学的わざとらしさも感じられる言葉だけれど、空の突き抜けるような「青さ」が、死と繋がっているイメージは効果的だ。一方で、「夜」はシュウキチのランニングとともにある。あるいは夏澄さんの子供が家出して、シュウキチと香澄さんが子供の待っている公園に行く場面も印象的。シュウキチは夏澄にディ-プキスをするが、コーラでうがいをされる。夜のそれぞれの孤独と寂しさ。

死にかけたとう子さんが一時退院して、4人で夜のドライブをする場面がいい。映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』を思い出した。あてもなく行きついた先は夜の湖だったし。

誰かと何かを共有する忘れられない思い出があって、それは取り返しのつかない何かである。そんな一度きりのせつなさが沁みる小説だ。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
63位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2018年ベスト10
<洋画>
    「スリー・ビルボード」
    「正しい日、間違えた日」(2015)
    「希望のかなた」
    「顔たち、ところどころ」
    「ラブレス」

<日本映画>
    「万引き家族」
    「寝ても覚めても」
    「きみの鳥はうたえる」
    「モリがいる場所」
    「カメラを止めるな」


2017年ベスト10
<洋画>
    「パターソン」
    「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
    「誰のせいでもない」
    「ありがとう、トニー・エルドマン」
    「オン・ザ・ミルキー・ロード」
    「パーソナル・ショッパー」
    「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
    「マリアンヌ」
    「婚約者の友人」
    「セールスマン」

<日本映画>
    「散歩する侵略者
/予兆 散歩する侵略者」
    「三度目の殺人」
    「南瓜とマヨネーズ」
    「光(大森立嗣)」
    「息の跡」
    次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
    次点「幼な子われらに生まれ」
    次点「バンコクナイツ」


2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター