FC2ブログ

「灼熱の魂」ドゥニ・ビルヌーブ

灼熱

レバノン出身のカナダ人劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲を映画化。ギリシャ悲劇の中東の現代版ともいうべき作品。原作の劇作家はレバノン内戦を経験したそうで、設定は架空の中東の国になっているが、レバノン内戦がモチーフになっている。砂漠の民たちの泥沼の宗教と民族の抗争。それはいまだに続いている。このあまりにも出来過ぎの物語的な運命の悲劇も、現代に続く抗争を考えると、そんなこともあるかもしれないというリアリティを帯びてくる。暴力の連鎖、民族や部族の閉鎖性と対立、そして宗教をめぐる争い。そんな地で生きていくことの困難さに思いめぐらす。家族が普通の家族でいられない悲劇・・・。とてもよく出来た映画なのだが、どこか作り物めいた感を僕はぬぐいきれなかった。

冒頭、足首に3つの印がある髪を刈られている少年の眼差しから始まる。レディオヘッドのけだるい音楽とどこかの中東の国の意味あり気な少年の眼差し・・・、これは現地の映画ではないことがわかる。音楽のつけ方がどこか作為的なのだ。この映画はまぎれもないカナダの映画なのだ。中東の映画ではない。あくまでも西側の先進国側から作られた映画なのだと思う。

現代のカナダに住む双子の姉弟に伝えられる母の遺言。死んだと思っていた父、存在を知らされていなかった兄を姉と弟がそれぞれ探して手紙を渡せ、と。墓碑銘を入れるのは、その後だという奇妙な母の遺言に従い、姉と弟の旅が始まる。観客も二人とともに現代のカナダから中東へ、過去の旅をしながら母の波乱の人生と父と兄をめぐる衝撃の事実を知る。

とてもよく出来たミステリーだ。物語にグイグイと引き込まれる。そして驚きのラストに誰もがアッと驚き言葉を失う。1+1=1という残酷な事実。それでも暴力の連鎖を断ち切るがごとく示される母の愛に観客は感動する。う~ん、いい映画なんだけれど、どうも僕には出来すぎな物語であることに、やや物足りなさを感じた。

プールの水が印象的に描かれる。母が秘密を悟り気絶する場面、一人泳ぎながら母へと思いをめぐらす姉、父の秘密を知った姉と弟が激しく泳ぎ、姉弟が抱き合う場面。現実が暴力に満ち、手がつけられない「火」(タイトル=Incendiesは火の意味があるそうだ)であるならば、「水」はそれを鎮める役割を果たす。そして静かに真実を明かす。あるいは母なる胎内の羊水か・・・。

姉は母が生まれた部落を訪ね、言葉が通じない女性たちに母のことを聞く。そして母の名前を出したとたんに分からない言葉で激しく彼女たちに言いたてられる場面がある。言葉が理解できなくても、部族を裏切った怒りの炎は今も続いていることを示すシーンだ。キリスト教徒の娘が異教徒との男と恋に落ち、二つの宗教の抗争に人生が引き裂かれていく。対立は憎しみを呼び、暴力の連鎖は止まらない。キリスト教徒であるはずなのに、イスラム教の組織に加担し、キリスト教右派の重要人物を殺害する。人々はそれぞろの組織や宗派の間を行き来しつつ、運命に翻弄される。ギリシャ悲劇と同じ父と母と子の悲劇。

演劇的な物語でありながらも、映像はドキュメンタリー的手法で武装グループのバス襲撃場面や狭い街角で暮らす市井の人々をリアリティをもって描き出す。カメラは虚構ドラマのように安易に切り返したりせずに、引きのカメラで登場人物をとらえ続ける。その映像の方法論には好感が持てる。たが、やっぱり物語が出来すぎなのだ。これならドキュメンタリー的手法に徹して現実の社会問題を描いた『ゴモラ』の方が面白かった。


原題: Incendies
製作国: 2010年カナダ・フランス合作映画
配給: アルバトロス・フィルム
監督: ドゥニ・ビルヌーブ
原作: ワジディ・ムアワッド
脚本: ドゥニ・ビルヌーブ
キャスト: ルブナ・アザバル、メリッサ・デゾルモー=プーラン、マキシム・ゴーデット、レミー・ジラール

☆☆☆☆4
(シ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

「エル・トポ」アレハンドロ・ホドロフスキー

ELTOPO.jpg

70年代、次々とこの世に産み落とされたカルト・ムービー。その頂点に君臨し〈最高の完成度そして最もクレイジー〉と評される伝説的作品が、「エル・トポ」である。
なんの宣伝もされないまま、真夜中に上映された本作は、瞬く間に当時のニューヨークを熱狂の渦に巻き込み、歴史的ロングランを記録。アンディ・ウォーホール、ミック・ジャガー、デニス・ホッパーといった当時の最先端を行くアーティストたちを魅了し、自ら4度も劇場に足を運ぶ程本作に惚れ込んだジョン・レノンは、その配給権を買い取るまでに至る。
寺山修司の絶賛を受け、本作が日本初公開されたのは1972年のメキシコ映画祭。その後15年の歳月を経て1987年、ついに一般公開。日本でのカルト・ムービーを牽引する大ヒットを記録。そして今回、製作40周年デジタルリマスター版として23年ぶりの劇場公開となる。(公式HPより)


こんな風に書かれていると観ないいわけにはいかないじゃないですか。

暴力と殺戮の繰り返し。圧倒的な血の海。死体の累々とした山。山賊の首領の男根を切り捨て、強さとは何かを追い求めた男は、禅問答のような撃ち合いを繰り返し、強さの無意味さを感じる。
後半は一転、洞窟に閉じ込められたフリークスたちの救世主として、トンネルを掘り続ける。さらには町で小人の女と道化をしながら資金集めまでする。町では差別と虐殺と性の饗宴とインチキ宗教が繰り広げられていた。神は人を欺くトリックとして利用され、町の人々は偽の神に熱狂する。信じる者は救われると叫びながら、インチキな奇跡に熱狂。好き放題の欲望のまま性と暴力の限りを尽くす。そして皮肉にも、洞窟から脱出したフリークスたちは町で大量殺戮されるのだ。

まぁ、なんとも凄まじい映画である。少年がなぜか裸で登場し、おびただしい血と死体の山が画面を覆う。乾いた砂漠を舞台に繰り広げられる寓話のような暴力と宗教と性の物語。さらにはフリークスたちが大集合。1970年に作られた当時の時代のパワーを感じる。とことんタブーに挑戦し、常識を覆すようなアンチテーゼ、カウンターカルチャーの勢いのようなものを感じた。


英題: EL TOPO
製作年: 1969年
製作国: アメリカ/メキシコ
日本公開: 2010年9月25日
監督・脚本・美術: アレハンドロ・ホドロフスキー
製作: アレン・クライン
撮影: ラファエル・コルキディ
キャスト:アレハンドロ・ホドロフスキー、ブロンティス・ホドロフスキー、デヴィッド・シルヴァ、ポーラ・ロモ、マーラ・ロレンツォ、ロバート・ジョン

☆☆☆☆4
(エ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 暴力

「瞳の奥の秘密」ファン・ホゼ・カンパネッラ

hitmomi.jpg

人には忘れられない過去がある。その過去はその人にとってはいつでも現在なのである。人の思いの強さが伝わってくる映画だった。

ある事件によって時間が止まってしまった男がいる。ある過去の思いに囚われて、その過去から前に踏み出せぬ男もいる。その二人の男の強い愛の思いが最後まで観客の心を揺さぶる。とてもよく練られた脚本、ヨーロッパ映画のような成熟した演出と役者たち。見応えのある映画だった。

殺されし血だらけの女、そしてホームで見送り追いかけ走り出す女。二人の女が男の書こうとしている小説のイメージとして冒頭に示される。それはいつまでも忘れられない男の過去だ。書くことで彼は過去にケリをつけようとしているのだ。物語は刑事裁判所で働いていたベンハミン(リカルド・ダリン)がかつての上司イレーネ(ソレダ・ビジャミル)を訪ね、「小説を書くのならこの壊れたタイプライターを使いなさい」と彼女から渡されるところから始まる。25年前の壊れたタイプライターとともに、現在は過去に引き戻される。忘れられない過去の殺人事件が回想されていく。

駅で犯人を探し続ける夫。そして駅のホームでの別れのシーン。多くの映画の舞台装置として使われてきた駅が印象的に描かれる。いかにも映画的だ。また彼らが働く刑事裁判所の建物や部屋も歴史のある趣のある場所で、この映画の重厚なイメージに貢献している。サスペンスという形をとりながらも、これは愛の物語である。忘れられない過去は、今なお抱き続ける愛でもある。

一方、妻を殺されし夫は、妻の面影をどんどん忘れてしまう過酷な時間と闘いながら、無理やり自分を過去につなぎとめているかのようだ。彼は自ら時計を止めてしまったのだ。前に進むことを拒否してしまった男…それはそれで空虚で切ない。

過去に思いを置き去りしてきたベンハミンは、小説を書くことで、過去の事件をもう一度たどることで、かつての彼らの今を見る。そして、彼は空虚な現在を埋めようと、過去に決着をつける。やっと時計を進めるかのように、イレーネの部屋を訪ねて映画は終わる。

原題:El Secreto De Sus OJos
監督:ファン・ホゼ・カンパネッラ
脚本:エドゥアルド・サチェリ、ファン・ホゼ・カンパネッラ
撮影:フェリックス・モンティ
音楽:フェデリコ・フシド
キャスト:リカルド・ダリン、、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディノ、ホセ・ルイス・ジョイア、ギレルモ・フランチェラ

製作国:2009年スペイン・アルゼンチン合作映画
上映時間:129分

☆☆☆☆4
(ヒ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : サスペンス

「ルドandクルシ」カルロス・キュアロン

rudo.jpg

「天国の口、終りの楽園。」の脚本家カルロス・キュアロンがメガホンをとり、同作の主演コンビ、ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナを再び起用。あの映画は、懐かしい光と影の美しく輝かしい青春映画だった。2人の役者もまだ初々しく、みずみずしかった。

しかし、今回は残念ながらその輝きはない。ありがちな定型のキャラクター。富と栄誉と欲望とその果ての挫折。兵士の首を蹴ったことから始まったサッカーというスポーツ。スポーツは戦いであり戦争だ。兄と弟の戦い。人生の戦い。サッカーというスポーツを通してのその栄光と挫折は、いかにもメキシコでありそうな話だが、これといって語るべき内容がない。

男たちは戦うことと遊ぶことが好き。サッカーにゲームに賭博に女。女の人たちはコミュニケーションを築いて地道に生活する。あるいは現実的に成功する男に次々と乗り換える。そんな典型的な男と女たち。
メキシコの男たちも母親の愛情を得ることを争うように競うことにちょっと驚いた。イタリア男のマザコンぶりはよく聞くが、メキシコでも母の愛は偉大なのね~。

原題:Rudo y Cursi
監督・脚本:カルロス・キュアロン
キャスト:ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、ギレルモ・フランチェラ、ドロレス・ヘレディア、アドリアナ・パズ、ジェシカ・マス
撮影:アダム・キンメル
美術:エウへニオ・カバイェーロ
製作国:2008年メキシコ映画

☆☆☆3
(ル)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

「キャラメル」

081205_caramel_main.jpg

レバノンのベイルートで作られた映画。宗教戦争が繰り返され、我々には遠く馴染みのない国・レバノン。中東のパリとも呼ばれるこの国で、美しき女性監督によるエステサロンを舞台にした女性たちのそれぞれの生き方が描かれた。そこには、男たちのキナ臭い争いはない。女であることにこだわり、女であることを捨てられない女たちの映画だ。

タイトルになったキャラメルとは、砂糖とレモンと水をキャラメル状になるまで煮詰めたムダ毛脱毛用のペーストを指し、甘く美味しい砂糖でも、人に傷みを与えるものになりえるという意味が込められているらしい。口の中で舐めたりするシーンは官能的。一方、甘くスイートでありながら、ビターで脱毛するシーンはなかなか激しい。特に、不倫相手の妻への脱毛シーンは怖かったです。

結婚間近の女性が、処女膜再生手術までして、処女にこだわるイスラム社会の男尊女卑ぶりにはビックリ。イスラム世界の独特な倫理観が描かれたか思うと、不倫に悩む哀しき女性も描かれたり、キリスト教とイスラム教が混在するレバノンの社会は、なかなか理解しづらい。それでも、女心はやっぱり万国共通。男を思う気持ちと嫉妬と独占欲と老いへの恐れは変わらない。老いらくの恋や介護問題や男の興味のない女性などの話題も入れながら、女性たちのための女性たちの映画。

それは、争いばかり繰り返す男社会へのアンチテーゼでもあり、女性監督からの女性たちへの共感と応援歌とも見える。『シリアの花嫁』にも頑固な男たちに比べて、しなやかな女性たちが描かれていた。それぞれ宗教や価値観が違っても、協力し合いながら、ともに生きる女性たちが明るくしたたかで美しかった。


原題:Caramel
監督:ナディーン・ラバキー
脚本:ナディーン・ラバキー、ジハード・ホジェイリー、ロドニー・アル=ハッダード
キャスト:ナディーン・ラバキー、ヤスミーン・アル=マスリー、ジョアンナ・ムカルゼル、ジゼル・アウワード、アーデル・カラム、シハーム・ハッダード、アジーザ・セマアーン
撮影:イブ・サフナーウィー
音楽:ハーレド・ムザンナル
美術:シンシア・ザハル
製作国:2007年レバノン・フランス合作映画

☆☆☆3
(キ)

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 人生

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カーペンター
ジョン・カサヴェテス
ジョン・フォード
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロバート・アルドリッチ
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今泉力哉
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
白石和彌
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
40位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2019年ベスト5
    「ジョーカー」
      「よこがお」
        「真実」
          「バーニング」
            「ブルーアワーにぶっ飛ばす」
              次点、「さよなら くちびる」

            2018年ベスト10
            <洋画>
              「スリー・ビルボード」
              「正しい日、間違えた日」(2015)
              「希望のかなた」
              「顔たち、ところどころ」
              「ラブレス」

            <日本映画>
              「万引き家族」
              「寝ても覚めても」
              「きみの鳥はうたえる」
              「モリがいる場所」
              「カメラを止めるな」


            2017年ベスト10
            <洋画>
              「パターソン」
              「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
              「誰のせいでもない」
              「ありがとう、トニー・エルドマン」
              「オン・ザ・ミルキー・ロード」
              「パーソナル・ショッパー」
              「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
              「マリアンヌ」
              「婚約者の友人」
              「セールスマン」

            <日本映画>
              「散歩する侵略者
            /予兆 散歩する侵略者」
            「三度目の殺人」
            「南瓜とマヨネーズ」
            「光(大森立嗣)」
            「息の跡」
            次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
            次点「幼な子われらに生まれ」
            次点「バンコクナイツ」


          2016年ベスト10
          <洋画>
            ダゲレオタイプの女
            マイ・ファニー・レディ
            キャロル
            シング・ストリート 未来へのうた
            リザとキツネと恋する死者たち
            グッバイ・サマー
            サウルの息子
            マジカル・ガール
            ブリッジ・オブ・スパイ
            手紙は憶えている
          <日本映画>
            淵に立つ
            クリーピー 偽りの隣人
            海よりもまだ深く
            ふきげんな過去
            SCOOP!
            永い言い訳
            オーバー・フェンス
            ディストラクション・ベイビーズ
            葛城事件
            湯を沸かすほどに熱い愛
            次点この世界の片隅に


          2015年ベスト10
          <洋画>
            やさしい女
            さよなら人類
            さらば、愛の言葉よ
            毛皮にヴィーナス
            雪の轍
            愛して飲んで歌って
            サンドラの週末
            サイの季節
            インヒアレント・ヴァイス
            ソニはご機嫌ななめ

          <日本映画>
            海街dairy
            岸辺の旅
            FOUJITA
            百円の恋
            この国の空


          2014年ベスト10
          <洋画>
            エレニの帰郷
            グランド・ブタペスト・ホテル
            罪の手ざわり
            ウルフ・オブ・ウォールストリート
            ジャージー・ボーイズ
            インサイド・ルーウィン・デイヴィス
            6才のボクが、大人になるまで。
            フランシス・ハ
            ウォールフラワー
            ある過去の行方

            <日本映画>
            そこのみにて光輝く
            ニシノユキヒコの恋と冒険
            紙の月
            Sventh Code
            私の男


              2013年映画ベスト5
          <洋画>
            1、「愛、アムール」
            2、「ホーリー・モーターズ」
            3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
            4、「いとしきエブリデイ」
            5、「ムーンライズ・キングダム」
            ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

            <日本映画>
            1、「共喰い」
            2、「さよなら渓谷」
            3、「恋の渦」
            4、「リアル 完全なる首長竜の日」
            5、「Playback」(2012年)


            2012年映画ベスト10
          <洋画>
          2、「少年と自転車」
          3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
          4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
          5、「きっと ここが帰る場所」
          6、「ドライヴ」
          7、「風にそよぐ草」
          8、「恋のロンドン狂騒曲」
          9、「おとなのけんか」
          10、「別離」
          次点 「裏切りのサーカス」
        番外
          「永遠の僕たち」
          「J・エドガー」
          「家族の庭」

        2、「かぞくのくに」
        3、「演劇1&2」
        4、「夢売るふたり」
        5、「アウトレイジビヨンド」
        番外 「ヒミズ」


      2011年映画ベスト10
      2,「愛の勝利を」
      3,「ブルーバレンタイン」
      4,「愛する人」
      5,「クリスマス・ストーリー」
      6,「トゥルー・グリット」
      7,「SOMEWHERE」
      8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
      9,「エリックを探して」
      10,「シリアスマン」
      次点,「エッセンシャル・キリング」

    2,「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター