「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」リチャード・リンクレイター

eburi.jpg


リチャード・リンクレイターは『6才のボクが、大人になるまで。』が面白かった。ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマだった。一方、ジャック・ブラック主演の学園ものの快作『スクールオブ・ロック』のような作品もある。この映画はどちらかというと、『スクール・オブ・ロック』の学園ものに近い青春グラフティだ。バカバカしいほどだ。まぁ、このバカバカしさこそが若者の特権であり、この時期にしかできないことなのだ。だから、このバカさ加減こそ愛すべきかけがえのない時間とも言えるだろう。

ただ、どうにもくだfらない。大学野球部の寮に入部して、大学が始まるまでの数日間のドタバタを描いているのだが、この体育会系ノリにどうにもついていけなかった。私自身、高校時代は野球部に身を置き、大学時代はそれとは正反対の映画や演劇の世界にドップリと浸かった者だから、体育会系的なノリはよく理解している。理不尽な上下関係や体力自慢や勝負ごとにこだわる単純さ。考えていることは、力比べと性欲のことばかり。大学時代のナンパばかりしていた同級生に辟易していたもので、女のケツばかり追いかけている彼らの単純さは、わかるけれど、あんまり面白くは観れなかった。

まぁ、登場人物たちはそれぞれ個性的に描かれ、面白おかしくオトナの入り口に立つ青春群像は描かれている。それだけの単純で痛快な映画だ。淡い恋心も懐かしくもある。


原題 Everybody Wants Some
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 117分
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター
撮影:シェーン・F・ケリー
美術:ブルース・カーティス
音楽監修:ランドール・ポスター、メーガン・カリアー
キャスト:ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ、グレン・パウエル、ワイアット・ラッセル、オースティン・アメリオ

☆☆☆3
(エ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 ☆☆☆3

「ジャニス リトル・ガール・ブルー」エイミー・バーグ

320 (1)

10代の頃、ジャニスの歌声が衝撃だった。しゃがれた泣き叫ぶような声が胸に響いた。洋楽で初めて買ったアルバムが「パール」だったかもしれない。自分を持てあまして、将来のことも、今の自分もわからないまま、エネルギーばかりがありあまっていて、それをどうしていいか分からなかった頃・・・、そんな時に、ジャニスの歌声はなんだかしっくりきた。ジャニスと一緒に叫べるものなら叫びたいような気持だった。

ジャニスを好きになって、同じような系統の日本の女性シンガーが好きになった。カルメン・マキ&OZ、金子マリ、浅川マキ。声に特徴のあるブルース&ロックが好きだ。男なら、上田正樹、憂歌団。嗄れ声で言えば、トム・ウェイツ!

話がそれてしまったが、だから、このドキュメンタリーはどうしても観なくてはいけないと思っていた。最近、エイミー・ワインハウスも若くして亡くなって、『AMYエイミー』というドキュメンタリーも公開された。エイミー・ワインハウスの歌声も好きだったけれど、ジャニスほどの思い入れはなかったので、ドキュメンタリー映画は観ていない。ジャニスもエイミーも死んだのは27歳。おなじようにクスリをやっていた。

ジャニスは保守的な町のテキサスで生まれた。そしてとことんイジめられたらしい。ルックスでもイジめられ、白人なのに黒人ブルースを歌ってイジめられた。そして、保守的なテキサスから自由を謳歌しているサンフランシスコへ。ジャニスは次第に認められるようになった。この映画は、彼女が家族に宛てた手紙が数多く出てくる。彼女が成功しても、あまり快く思わなかった保守的な両親。唯一、妹はジャニスを慕っていたらしい。成功した後に、故郷に帰って同窓会に出る場面がテレビカメラで映し出されるが、そこでの同窓生の反応も冷たいのが観ていて痛い。彼女はステージ以外ではどこでも孤独だった。ステージだけが彼女の居場所だった。彼女の泣き叫ぶような歌声は、自らの孤独の叫びだった。そして、多くの孤独な人々の胸に響いた。

クスリをしばらくやめていた彼女が、久々にやって亡くなった時、彼女の恋人だった男の電報が彼女の死んだ翌日に来たと言うのもなんだかせつない。


原題 Janis: Little Girl Blue
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ザジフィルムズ
上映時間 103分
監督:エイミー・バーグ
製作エイミー・バーグ、アレックス・ギブニー
撮影:パウラ・ウイドブロ、ジェナ・ロッシャー
編集:ブレンダン・ウォルシュ、マヤ・ホーク、ビリー・マクミリン
音楽:ジョエル・シアラー
ナレーション:キャット・パワー
キャスト:サム・アンドリュー、ピーター・アルビン、デイブ・ゲッツ、クリス・クリストファーソン、カントリー・ジョー・マクドナルド、ボブ・ウィアー、デビッド・ドルトン、クライブ・デイビス、ディック・キャベット、ローラ・ジョプリン、マイケル・ジョプリン

☆☆☆☆4
(シ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ドキュメンタリー 音楽 ☆☆☆☆4

「ハドソン川の奇跡」クリント・イーストウッド

ハドソン川

ご存知の通り実話である。2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化された・・・と資料にある。

クリント・イーストウッドはこのところ実話のヒーローの映画化が続く。『インビクタス』は南アフリカのマンデラ大統領、『J・エドガー』はFBI初代長官のジョン・エドガー・フーバー、『ジャージー・ボーイズ』は1960年代のポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」、そして『アメリカンスナイパー』は、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルの自伝の映画化である。実話のヒーローたちである。イーストウッドなりに英雄、有名人の一面性を伝説的に取り上げるのではなく、苦悩も含めた人間性を掘り下げて描いている。ただ、実話なだけに限界もある。実話以上のことは描けない。だから、どこか物足りなくもある。そして、今作も見事に航空機事故をめぐる人間ドラマを描いているのだが、それ以上のものはない。実話でヒーローである以上、それ以外は描けない。

何が言いたいかというと、実話ヒーローものは、その人物の凄さに感銘はするのだけれど、やはり成功物語であり、そこは変えようがない。もちろんその実話の重みはあるし、現実に成し遂げたことの凄さ、そのタフさや人間性に感動はする。ただ、そこに限界も感じるのだ。その点、『J・エドガー』は単なるヒーロー物語じゃなく、その人物の毒や謎も描いていただけに面白かった。

さて、この『ハドソン川の奇跡』だが、まさに奇跡的に冷静な決断を瞬時に下した機長の実話だ。物語のなかで、その決断が本当に正しかったのか、事件後に国家運輸安全委員会から疑われ、空港に引き返せたのにも関わらず、機長は無謀にもハドソン川に水上着陸を強行し、無駄に乗客を危険な目に遭わせたのではないか?と疑問が提出され、検証が行われる。それがこの映画のドラマである。英雄は本当に英雄だったのか?ほかの選択肢を切り捨てただけではないのか。結果としては、全員無事だったけれど…、それは幸運だっただけではないのか。

つまり、選択肢の問題である。人生の選択肢において、何が正しかったのか?検証が行われる。シミュレーターで当時の飛行機の動きを再現する。別の人間がシミュレーターを操縦し、空港に引き返すことが本当に出来なかったのか?と。

ここで現実は再現可能なのか?という問題に突き当たる。いくら機械的に当日のデータを打ち込んだところで、現実そのものは再現できない。あくまでも近似値が再現されるだけだ。ここでは、心理的葛藤の時間がシミュレーターの操作では考慮されていないと機長から指摘される。あらかじめ空港へ引き返す前提での操作である、と。両翼のエンジンが停止し、空港へ戻ると判断し、高度や障害物など、さまざまな条件を考慮し、悩み、水上着陸するのだと判断を下すまでの心的葛藤の時間がないと。そして、協議の末、その時間を35秒は必要だと考え、航空操作のシミュレートはやり直される。それで機長の疑いは無事晴れるのだが、これが疑いが晴れなかったらどうなっていたのだろうか?と考えてしまう。映画的には、ハッピーエンドでスッキリするのだが、それがこの映画の限界なのである。

そもそも人生において、「正しい選択肢」というものはあるのだろうか?あるいは客観的真実というものはあるのだろうか?黒沢明の『羅生門』は、芥川龍之介の『藪の中』を原作とし、ある事件についての3人の証言が食い違うという話だ。誰の言っていることが真実か、誰にも分からないという物語だった。事実とは、それぞれの視点を通したそれぞれの事実があるだけだ。起きた事実関係は同じでも、それがどのような事実だったのかは人それぞれによって違う。印象も違えば、見え方も違う。偏見や思い込みもあり、証言が食い違う場合もある。この航空事故は、35秒の空白の時間を考慮することで、機長の判断は「正しかった」と証明されたわけだが、それが15秒なら証明されなかったかもしれない。何が「正しい」選択だったか、可能性は憶測できたとしても、確実な「正しさ」など誰にもわからないはずだ。

空白の35秒は、機長の身体的個人差である。別の機長だったら、空港に戻った方が正しい選択だったかもしれない。身体的偏りとともに、人は判断し、選択し、生きている。人が違えば、選択肢も違うのは当たり前だ。誰にとっても「正しい選択」などない。より可能性が広がる選択肢はあるし、ある程度、データから類推することはできる。ただ、それはあくまでも類推でしかないし、可能性でしかない。人生の選択において、「絶対」はない。選んだ以上、確信を持って前に進めるかどうかも影響する。副機長は「ゲームじゃないんだ!155人の命を背負っているんだ!」と叫ぶ。そこで強調されるのは、心的誇りや責任や葛藤であり、個々の身体性だ。

身体性と強靭な意志にこだわり続けてきたクリント・イーストウッドにおいて、実話の強烈なヒーロー物語に惹かれ、その人間性を描くのは、ある意味必然なのかもしれない。しかし、そこに事実の限定があり、どこか一面的な物語にしてしまっているような気がする。人間は闇を抱え、多面的で複雑であり、人生の選択もまた一つではないという混乱と闇こそ描いてくれないと、物足りない映画になってしまう。イーストウッドは『グランド・トリノ』でやりきった感があるのだろうか?年齢のわりに多作だし、元気で驚くのだが、最近の彼の映画は職人的で安心して観れるのが、ちょっと物足りない。


原題 Sully
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 96分
監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド、フランク・マーシャル、アリン・スチュワート、ティム・ムーア
製作総指揮:キップ・ネルソン、ブルース・バーマン
原作:チェズレイ・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロー
脚本:トッド・コマーニキ
撮影:トム・スターン
美術:ジェームズ・J・ムラカミ
音楽:クリスチャン・ジェイコブ。ザ・ティアニー・サットン・バンド
キャスト:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、クリス・バウアー、マイク・オマリー、アンナ・ガン、ジェイミー・シェリダン

☆☆☆3
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「ヘイル、シーザー!」コーエン兄弟

hail20caesar20youtube02.jpg

いつも楽しませてくれるコーエン兄弟の新作。『ファーゴ』や『バーバー』『ノーカントリー』『トゥルー・グリット』などシリアスな見応えある作品を数多く作っているが、たまに軽いナンセンスなコメディタッチの映画でも楽しませてくれる。古くは『ビッグ・リボウスキ』なんて大好きな映画なのだが、最近でも『バーン・アフター・リーディング』もブラッド・ピッドのお間抜けぶりなど楽しませてくれた。今回もその軽いタッチのドタバタコメディである。しかし、あまりいい評判を聞かなかった。

なるほど、たしかにテンポが悪い。いつもの次から次へと転がっていくような雪だるま式展開がない。登場人物も多く、それぞれ個性的でアクの強いキャラばかりなので楽しめるのだが、なんだかまったりしている。小気味いい巻き込まれ型の展開がないのだ。

楽しめるのはそれぞれの個性的キャラクター、そして50年代の夢のハリウッド、スタジオ・システム全盛のセットや衣装や動きの躍動感だ。俯瞰で撮ったミュージカルの水中ショーは素晴らしい。人魚のスカーレット・ヨハンソン演じる色気たっぷりのわがまま女優。さらにチャニング・テイタム演じる水夫たちのダンスナンバーは、軽快そのもの。まさにジーン・ケリーとフランク・シナトラへのオマージュだ。そして、馬乗りや投げ縄が得意で「歌うカウボーイ」、西部劇スター(アルデン・エーレンライク)が台詞をまともに言えなかったり、映画監督レイフ・ファインズの演出の苦労や名前のやり取りなども楽しい。さらにティルダ・スウィントンが演じ分けた双子の記者もモデルがいるそうだ。主役のハリウッドの舞台裏でトラブルを解決する何でも屋ジョシュ・ブローリンや、撮影中に誘拐されるシーザー役のジョージ・クルーニーの間抜けなスターもいい感じだ。

だけど、ハリウッド・テンと呼ばれた赤狩りの対象になった脚本家10人によるハリウッドスター誘拐事件がドタバタ・コメディになっていないのだ。共産主義者たちの描かれ方はふざけたもので、ソ連の潜水艦が現れる場面などまさに嘘っぽくて笑っちゃう感じ。『ベンハ-』のようなローマ史劇『ヘイル!シーザー』でのイエス・キリストの描かれ方で、ユダヤ、カトリック、プロテスタント、イスラム、ギリシャ正教など各宗派を読んで議論する場面もあるが、すべての宗教を相対化している(茶化している)ようでさえある。

1950年代の夢のハリウッドへのオマージュ。すべては作り物。夢物語。赤狩りの暗い空気さえも、宗教の確執も笑い飛ばしている。その虚飾の夢の裏側には、シビアな現実のトラブルの連続だ。その夢のためにトラブルを解決するリアリストは、航空会社から転職を誘われ、仕事をどうするか悩んでいる。そんな何でも屋のドタバタな一日とスター誘拐事件を軸に展開されるのだが、それぞれのエピソードがただの羅列にしかなっていないし、登場人物を巻き込んでいかないので、全体として平坦な印象なのだ。次回作に期待しよう。


原題:Hail, Caesar!
製作年:2016年
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
上映時間:106分
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー
製作総指揮:ロバート・グラフ
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
撮影:ロジャー・ディーキンス
美術:ジェス・ゴンコール
衣装:メアリー・ゾフレス
編集:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
音楽:カーター・バーウェル
キャスト:ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、チャニング・テイタム

☆☆☆3
(ヘ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : コメディ ☆☆☆3

「スポットライト 世紀のスクープ」トム・マッカーシー

spotlight_trailer.jpg

隠された真実を暴くというジャーナリストたちの真面目な映画である。テンポよく、弁護士、被害者、裁判記録、関係者への聞き込みといった取材で、彼らが動き回る姿が描かれる。隠蔽した側の教会内部やエロ神父たちや被害者家族などを描くことをあえてせずに、ジャーナリストたちだけを追いかけているところがシンプルで見やすい。

決して大きな妨害や圧力がかかる訳でない。だから大きな確執や葛藤は描かれない。過去の自分たちがやり過ごしてきた事実に向き合うことになったり、教会側の弁護士たちとの人間的なやり取りが少し描かれる程度である。ジャーナリストたちのそれぞれの個人的な家族などの物語も、そう多くは描かれない。淡々と、隠された真実を確かめ、裏どりし、追求していく姿がまっすぐに描かれていく。エロ神父個人の問題よりも教会そのものの組織体質を問題にしているだけに、赤裸々な人間的な葛藤などの描写は少なくなる

だから、観客は記者たちとともに記事が表に出るまでを、じっくりと息を詰めて見ることになる。9.11同時多発テロも事件追及の最中に描かれ、新聞社のリアリティも描いている。だから、記事が掲載された朝の達成感とともに、被害者からの電話の殺到に現実の事件の根深さを確認することになる。そしてラストのクレジットされた町の多さの現実にも驚かされる。

現代社会とカトリック教会の制度的矛盾、神父の性的不満から来る性的児童虐待、心理的疾患。テロ事件など大きな不幸が起きたときに、宗教は心のよりどころとなる。宗教は死や社会の不安除去のために必要なシステムである。一方で、中絶や同性愛、独身を貫かなければいけない神父など性をめぐるカトリック教会の考え方と現代社会との大きな隔たり・ズレが、今後ますます深刻な問題となっていくのであろう。


原題:Spotlight
製作年:2015年
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
上映時間:128分
監督:トム・マッカーシー
脚本:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー
撮影:マサノブ・タカヤナギ
美術:スティーブン・H・カーター
音楽:ハワード・ショア
キャスト:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーブ・シュレイバー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、
スタンリー・トゥッチ、ビリー・クラダップ、ジェイミー・シェリダン

☆☆☆☆4
(ス)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 社会派 ☆☆☆☆4

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
56位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター