「ゴダール・ソシアリスム」ジャン=リュック・ゴダール

T0009548a.jpg

80歳のJ=L・ゴダール最新作である。う~ん、手ごわい・・・。
あらかじめ解釈されることを拒否しているかのような断片、映像や音のノイズの羅列。なんなんだ~!?

海の映像から始まり、青い闇に浮かぶ豪華客船の美しいデッキの映像があるかと思えば、船内のディスコやカジノなどの荒れたデジタル映像、ネットの猫たちの映像やオデッサの階段を始め戦争などの数々の白黒映像や古いフィルム。さらに音の割れた爆音ノイズや風の雑音など、断片的に無造作に途切れ途切れに挿入される。そして引用の言葉たちの数々や音楽。

これらの雑多な音と映像が並列的に配置されている。音と映像が何かを構築するわけでもなく、物語に奉仕するわけでもない。本来ならばもっと整音されたり、捨て去られるようなノイズである音や映像がそのまま拾われ、編集され、並べられているのだ。そこには快楽も美しさも陶酔もない。暴力的なまでに無造作に投げ出されている。音と映像、これはイメージのソシアリスムか?

「お金は社会のもの」「水と同じ」という声とともに、黒々とした海面が映し出される。そして圧倒的な白い波しぶき。地中海を進む豪華客船ゴールデン・ウェブ号を舞台に繰り広げられる第1楽章<こんな事ども>。船はアフリカを捨て北へ向かう。『望郷』のペペル・モコのように。それはヨーロッパの歴史そのものなのか。スペインの消えた黄金の謎。黄金の時計。あふれる金持ちたちと働く黒人たち。様々な映像と音の洪水。そこには過剰さがある。金と同じように映像と音が雑多に溢れている。

続いて<どこへ行く、ヨーロッパ>というタイトルとともに描かれる第2楽章は、一転して、静かにフランスの片田舎の4人家族と動物たち(ロバとラマ)、その家族が住むガソリンスタンドを選挙取材のために訪れるTVクルー。大人と子供、取材する側とされる側が対置される。ロバと青い空と赤い車が印象的だ。

第3楽章は<われら人類>とクレジットされ、エジプト、パレスチナ、オデッサ、ギリシャ、ナポリ、バルセロナと船が寄港した各地と人類の歴史をたどっていく。古代ギリシャで始まった民主主義と悲劇は、争いを生んだ。それは戦争やヒットラーの独裁政治で模倣し続ける。ドイツ、ユダヤ人、パレスチナ。

「民主主義と悲劇はアテネにおいて結婚した。ただ一人の子供は、内戦だ」

金が水のように溢れるこの世界(ヨーロッパ)は、果たしてどこへ向かうのであろうか?民主主義を生み出したのは古代ヨーロッパだが、幾何学のゼロを発明したのはアラブ人だとか。原点と未来。幻想と幻滅。
黒い海原を走る豪華客船は、白い波しぶきを立てながら、われらを乗せて、映像と音のノイズが並列的に溢れるイメージの自由と平等の世界へ。それこそ、デジタル画像で撮影された「フィルム・ソシアリスム」なのか。

「国家の夢は、一人でいること。個人の夢は、二人でいること」

「光はなぜある?闇があるから」



英題: FILM SOCIALISME
製作年: 2010年
製作国: フランス/スイス
日本公開: 2010年12月18日
上映時間: 1時間42分
配給: フランス映画社
監督: ジャン=リュック・ゴダール
監督部・撮影: ファブリス・アラーニョ / ポール・グリヴァス
監督部: ルーマ・サンバール / アンヌ=マリー・ミエヴィル / ジャン=ポール・バタジア
サウンド: フランソワ・ミュジー / ガブリエル・アフネール
製作: ルート・ヴァルトブルゲール / アラン・サルド
キャスト:マチアス・ドマイディ、ナデージュ・ボーソン=ディアーニュ、ジャン=マルク・ステーレ、アガタ・クーチュール、マリー=クリスティーヌ・ベルジェ、カンタン・グロセ、モーリス・サルファティ、オルガ・リャザーノワ、ドミニク・ドヴァル、ルーマ・サンバール、パティ・スミス、レニー・ケイ、エリアス・サンバール、クリスチャン・シニジェ、カトリーヌ・タンヴィエ、マリーヌ・バタジア、ギュリヴェール・エック、エリザベート・ヴィタリ、アイ・アイダラ

☆☆☆☆4
(コ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 社会派

「ベンダ・ビリリ!もう一つのキンシャサの奇跡」

33202.jpg

アフリカのコンゴで、手作りの三輪車型車椅子で路上生活をしながら演奏活動を続けるスタッフ・ベンダ・ビリリ。“内面(の精神)を見よ“というバンド名を持つ彼らを、5年間に渡って記録したドキュメンタリー。

どんな障害を抱えていようが、彼らは特別じゃない。当たり前のように楽器を弾き、当たり前のように音楽を楽しむ。さらに彼らはそのリズム感において卓越した才能まである。そのことに僕らは差別を超えて勇気づけられる。

彼らが障害者であることで、ここまで世界的な人気になったことは間違いのない。彼らが普通のコンゴのストリートの黒人たちだったら、ここまで注目されはしない。彼らが路上の障害者であったからこそ、フランス人スタッフに見出され、撮影され、CDが発売され、映画になり、世界的にも大きな反響を呼んだ。そのことは否定できない。そんな彼らの路上の障害者たちのサクセスストーリーに人々は感動する。そこに観客もコンサート会場の聴衆も熱狂する。

それにしても彼らはタフだ。そのタフな現実から逃げずに、音楽をトコトン楽しんでいる。ポリオで障害者になった自分を歌詞にして歌っている。悲惨で厳しい現実を明るく陽気に力強く。舞台の上で彼らが陽気に当たり前のように体をくねらせ、ダンスをし、パワフルな演奏をし続けることに、僕らも当たり前のようにその楽しさを受け入れる。いつしか彼らが障害者であることさえも忘れてしまう。それこそは、彼らの強さであり、逞しさなのだ。

僕らは「かわいそうな人たちを見る目」で障害者を見ている限り、そこには差別的な目線しかない。彼らが障害者であることは事実であり、そのことは否定しようがないことだ。それでもそのことを特別扱いしないで、当たり前のこととして彼らの音楽そのものに感嘆できた時、初めて関係は対等になれる。

気になるのは、彼らが突然成功してしまったがために、彼らの人生が悪い方向へ狂ってしまわないことを願うのみだ。多くの金や名誉を突然手に入れ、人気者になることで、彼らがその後どのような人生を歩んでいるのかが気になった。突然宝くじに当たったようなものだから。もう元のような路上生活者には当然戻れない。彼らは変わらざるを得ない。そのことで彼らの欲望から、争いや諍いが生まれないことを願いたい。パパ・リッキーからストリートの子・ロジェに、父から子へ、どのように彼らの精神が受け継がれるのか?彼らの内面が、シンプルに「音楽を楽しむこと」に向けられ続けることを祈りたい。



製作年 2010年
製作国 仏
原題 BENDA BILILI!
時間 87分
監督 ルノー・バレ
フローラン・ドラテュライ

☆☆☆3
(ヘ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 音楽

「シルビアのいる街で」ホセ・ルイス・ゲリン

siruvia.jpg

とても風変わりな映画である。誰にでもおススメできる映画ではない。物語を期待する人には、とことん裏切られる。そう、ここには何も物語は語られない。男が過去に出会った女の影を求めて彷徨うだけだ。ストーカー的な追跡劇。男の見つめる視線と見つめられる女の顔、顔、顔。カフェのガラス越しの顔、路面電車越しにフィルムのコマ落としのように映る女の姿。そう、これは映画的感性に満ちた映像と音のドラマなのだ。

「シルビアのいる街で」は音が過剰な映画だ。そして街角に配置されたエキストラたちの日常的な身振り。リアルな現実の街でありながら、巧みに作られたイメージ。男の視線となって現われるシルビアの妄想は、やがて街そのものがシルビア=イメージとなる。不思議な映画です。


フランスの古都ストラスブールは、縁があって、たまたま去年の冬に訪れた。古い街並みと路面電車の静かな街。フランスとドイツの文化が混ざりあった古都。映画の中で教会の鐘が鳴り響くが、まさにあのままだ。映画を観ながら、ストラスブールの街の中を、彼とともに歩きまわっている感じがした。迷路のような路地を。石畳を歩く足音、声、街で聴こえてくる音楽、さまざまな喧騒。自転車が通り、おばさんが歩き、花売りのビッコの男、ライターやベルトを売る男、タバコをもらおうとする女、サッカーボールを蹴る子供、路上で座り込むおばさんが瓶を転がす。ゴロゴロと転がる瓶の音。路地がいつまでも長いカットで写される。女が歩き、男が追いかける。

シルビアを追いかける青年の視線の映画であるけれど、描こうとしているのは街そのもののようだ。写されるのは街角の路地。そこに生きている人々、顔。さまざまな音。そう、これはエキストラたちを歩かせ、カフェで会話をさせ、停留所に立たせ、巧みに計算されつくした嘘のようなリアルな街の姿なのだ。リアルだけれど、イメージの世界。現実はイメージとなる。

青年はカフェで女のさまざまな顔を描く。カフェで会話をしているさまざまな女性たちの表情をカメラはとらえ続ける。彼の視線として。絵を描くことはイメージだ。そしてシルビアもまたイメージだ。6年前に彼が会ったという女のイメージは、街のさまざまな場所で立ち現われてくるようだ。路面電車の停留所のさまざまな人々。女性のポスター。彼が見つめ続ける視線。ラスト、路面電車に窓に浮かび上がる女性の顔は、シルビアなのか。追いかけたあの女性なのか。そもそもシルビアなどという女性は存在するのか。

尾行するストーカー的追跡劇で、彼が彼女のすぐ後ろを歩いているのをカメラは前からワンカットで捉えるシーンはドキドキした。見る者と見られる者を交互にカットバックさせながら距離の視線を描いてきた映像が、あの場面は一つの画面に二人が緊密に収まる。その距離感が見る者に緊張を強いる。

風に女の髪がなびく美しいシーンがある。その美しき映画的瞬間にハッとする。

20100817021413.jpg

映画とは視線なのだ。その視線が切り取るフレーム。そしてそのフレームの中を人が出たり入ったりしながら、音が通り過ぎる。音がそのフレームの世界をより際立たせる。そこに映画的緊張と至福の美しさが一瞬立ち現われる。その瞬間こそ、映画的な魅力なのだ。

とは言っても、もうちょっと物語があってもいいよなぁ~。


原題:Dans La Ville De Sylvia
監督・脚本:ホセ・ルイス・ゲリン
製作総指揮:ルイス・ミニャーロ、ガエル・ジョーンズ
撮影:ナターシャ・ブレイア
美術:マイテ・サンチェス
編集:ヌリア・エスケーラ
キャスト:グザビエ・ラフィット、ピラール・ロペス・デ・アジャラ、ターニア・ツィシー
製作国:2007年スペイン・フランス合作映画

☆☆☆☆4
(シ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag :

「ミックマック」ジャン=ピエール・ジュネ

T0008646.jpg

「デリカテッセン」で衝撃的な美術と映像とそのブラックなエスプリで驚かせてくれたジャン=ピエール・ジュネは、「ロスト・チルドレン」、そして大ヒット作「アメリ」、さらに大作「ロング・エンゲージメント」と変化してきたわけだけれど、どちらかと言うと原点に戻った感じの作品。「デリカテッセン」や「ロスト・チルドレン」ほどのブラックさはないけれど、彼が好きな世界をとことん楽しんで作っている感じがいい。

なんといっても奇妙奇天烈な登場人物たちがまず楽しい。おなじみの常連怪優・ドミニク・ピノンのギネス記録を持つ人間大砲を始め、頭に銃弾が入った男に、ギロチンで死にそこなった男、ことわざオタクの民俗学者やガラクタ発明家、即座に計算できる女、料理番のお母さん、そしてなんといっても軟体女(ジュリー・フェリエ)がいい。フェリーニの「道」のジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)を思わせるようなくりくりした目とあの体はどうなってるの?本当なの?という曲芸的な軟体ぶり。

少し漫画チックでもあるキャラクターがデフォルメされた楽しさ。そんな特異な登場人物たちが集まるあのガラクタの城はまるでサーカス小屋だ。夢の城。そこには、社会からはじき出された哀しさと可笑しさと夢と挫折と希望があふれている。笑いとペーソス。この映画はただただ、そんな彼らを楽しむ映画だ。痛快ドタバタファンタジー活劇とでも呼ぶべき楽しさだ。このテイストはフランス映画ならではという感じがする。ちょっとブラックで皮肉がきいている笑いのエスプリ、キュートでアート的でもあるオシャレな世界観。とてもアメリカ映画が真似できる世界ではないと思うのだ。そんな小粋なフランス映画の楽しい楽しい皮肉たっぷりの痛快活劇を皆さんご堪能あれ。



英題: MICMACSA TIRE-LARIGOT
製作年: 2009年
製作国: フランス
日本公開: 2010年9月18日
監督・脚本: ジャン=ピエール・ジュネ
脚本: ギョーム・ローラン
撮影: テツオ・ナガタ
音楽: ラファエル・ボー
キャスト:ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエ、オマール・シー、ドミニク・ピノン、ジュリー・フェリエ、ニコラ・マリエ 、ヨランド・モロー、ジャン=ピエール・マリエール

☆☆☆☆4
(ミ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ファンタジー

「パリ20区、僕たちのクラス」 ローラン・カンテ

100219_paris20_main.jpg

生徒たちが何より素晴らしい。リアリティあふれる教室が見事に再現されている。フィクションとは思えないリアリティさだ。そして、ラストがまた素晴らしい。「金八先生」のように、何かが解決するわけでも、わざとらしい結末の物語にするわけでもなく、リアルな現実がそのまま提示される。一年間の授業を終えて、それぞれ学んだことを生徒たちが発表した後に、ある女生徒の重い一言。サッカーで遊ぶ先生と生徒たちの声、そして誰もいない教室。現実がゴロンと投げ出される。

先生という職業は格闘技だとつくづく思った。先生と生徒の1対24の真剣勝負の闘いだ。刻々と関係が変化し、言葉と言葉の激しい応酬。時には生徒に言葉尻を捉えられ、先生も感情的になったりもする。これだけ真剣に向き合っている先生でも、すべての生徒は救えない。そこには規則があり、多数決があり、人種を含めた多様な生徒たちすべてを受けれることは出来ない現実がある。まさに社会の縮図がここにあるのだ。その関係のダイナミズムがこの教室に見事に再現されていることに拍手を送りたい。

最後の問題の女生徒が、プラトンの「国家」を読んだと話すシーンがあるが、ここだけやや作為的な印象を受けた。ラストの黒人の女の子の一言も作為的なんだけれど、この映画を終わらせる方法としては素晴らしい作為だったと思う。

それにしても、生徒の評価を下す先生たちの職員会議に、生徒代表を同席させるというシステムにはどんな意味があるのだろう?現実のシステムなのだろうけれど…理解できない。生徒がいる場で、あんな風に個々人の生徒の評価を話し合うこと自体が問題だ。生徒の評価もすべて客観的にオープンにしてしまうという考え方なのだろけれど、生徒の個人的に資質のことにまで言及するのなら、他の生徒の前で話すべきではないだろう。そこにはデリケートな問題が含まれる。生徒代表といえども、それを冷静に判断する力はまだないと思うのだが…。この部分だけ納得できなかった。


製作年 : 2008年
製作国 : フランス
原題 ENTRE LES MURS
時間 128分
監督 : ローラン・カンテ
原作 : フランソワ・ベゴドー
出演 : フランソワ・ベゴドー

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
56位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター