「台北ストーリー」エドワード・ヤン

taipei.jpg

エドワード・ヤンの1985年長編2作目。台湾での公開時に4日間で上映打ち切りとなり、日本では公開されないまままだった。エドワード・ヤン生誕70年、没後10年となる2017年に、マーティン・スコセッシによって4Kデジタルリストア版で修復され、劇場初公開が実現した。

あらゆる面で完成された『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』に比べると、やや荒削りな部分もあるが、随所に映像センスがキラリと光るシーンがいっぱい。『恐怖分子』もスタイリッシュで素晴らしい映画だったが、やはりエドワード・ヤン監督作品は全部観たいと思った。

「アメリカだって、万能薬じゃない。儚い夢さ」と女に言う男は、野球少年の栄光の過去から離れられない。女は「すべては変った。あなたは置き去りよ」と男に言う。いつまでも踏ん切りがつかずに台北でぐずぐずしている男。そして過去の友人と関わりあい、トラブルに巻き込まれていく。一方、未来へ向いて進もうとする女は、男とアメリカへの移住を持ちかける。恋人たちのすれ違いの映画である。しかし、劇的な展開があるわけではなく、ストーリー的にはまったりとして淀んでいる。前半はやや退屈だ。しかし後半はどんどん引き込まれていく。アメリカ・日本・中国・台湾。どこへ行くことも出来ず、台北でもうまくいかずに距離が少しずつ離れていく男と女。そして衝撃のラスト。

冒頭は新しい部屋を見る男女のシルエットから始まる。家具をどこに置くかなど、女は希望に満ちている。一方、男は「内装に金がかかりそうだ」と言い、バットの素振りをしつつどこか投げやりだ。アメリカの大リーグやニュース、日本のカラオケやCM、広島戦の野球中継、巨大な富士フィルムの電飾看板も登場する(この巨大電飾看板の前でのシルエットシーンも素晴らしい!)。アメリカや日本の文化が流れ込み、経済成長しつつ変貌する台北。成功したものもいるが、男のアリョンは昔ながらの布問屋で働き、パッとしない。野球仲間の友人も妻に逃げられ、子供を抱えて貧困そのもの。一方、女のアジンは不動産会社で働くバリバリのキャリアウーマンであり、アメリカ移住を夢み、ディスコで仲間と遊び続けている。バイクで台湾総統府の夜のイルミネーションを疾走する場面も象徴的で美しい。女性のアジンは変りつつある台湾そのものであり、男のアリョンは、変わらない古くからある台湾でもある。

二人の距離は埋まらない。「変わること」も「変らないこと」もどちらにも「万能薬」などないのだ。その空虚感・閉塞感のようなものが、ラストの悲劇とともに、救急車で運ばれるアリョンの姿がロングショットの映像で描かれる。タバコをふかしながら警官と談笑する救急隊員。オープニングと同じように、新しいビルで事業を始めるパートナーの夢を聞くアジン。時代の変化が二人を飲み込んでいく。

主演した盟友ホウ・シャオシェンは、既に「風櫃(フンクイ)の少年」「冬冬の夏休み」などを発表していた有名監督だったが、エドワード・ヤンのために自宅を抵当に入れてまで製作費を捻出し、完成へとこぎつけたと言われている。奇跡的な成り立ちで完成した台北の街の変化そのものを映画にした台湾ニューシネマである。


原題 青梅竹馬 Taipei Story
製作年 1985年
製作国 台湾
配給 オリオフィルムズ
上映時間 119分
監督:エドワード・ヤン
製作:ホウ・シャオシエン
脚本:エドワード・ヤン、チュー・ティエンウェン、ホウ・シャオシェン
撮影:ヤン・ウェイハン
音楽:ヨーヨー・マ
キャスト:ツァイ・チン、ホウ・シャオシエン、ウー・ニェンツェン、クー・イーチェン、リン・シュウレイ、クー・スーユン、ウー・ヘイナン、
メイ・ファン、チェン・シューファン、ライ・ダーナン

☆☆☆☆☆5
(タ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆☆5

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」エドワード・ヤン

C8ob7qRXcAAP19M.jpg

長い。236分。3時間56分。ほぼ4時間である。デジタルリマスター版ということで、見逃していた幻の傑作を観た。若くして亡くなったエドワード・ヤン監督は、リバイバル公開で『恐怖分子』を一昨年観ただけだが、本当に素晴らしかった。もう一度観たい。全作品が観たくなる才能あふれる監督だ。

さてこの『牯嶺街少年殺人事件』は少年たちの群像劇だ。 1959年、国民党政府とともに台湾に渡った数百万の中国人(外省人)たち。「未知の土地で動揺する両親の姿に少年たちは不安を覚え、グループを結成して自己を誇示しようとした」という時代背景が字幕で説明される。

エドワード・ヤンの映像は、まず圧倒的な光と闇の美しさだ。夜間学校が舞台となるだけに、映画のほとんどが夜のシーン。その光の描き方がとにかく美しいのだ。必要以上に照明をたかず、闇が効果的に演出されている。そして明滅する光、懐中電灯の光、人物の顔さえハッキリと映し出さない闇。不良グループ同士の抗争場面(ハニーの復讐)でも、刀や短刀で切り裂かれる場面の闇は圧倒的で、一瞬光が明滅し、血が描かれる。

さらに音の使い方が素晴らしい。主人公の少年シャオスー(小四)が、少年グループのボスのハニーが死んでから、久しぶりに登校してきたシャオミン(小明)を見つけ、彼女に自らの思いを告白する場面がある。カメラは友達に別れを告げて彼女のもとに走るシャオス―を移動撮影で追いかけつつ、校内で練習している吹奏楽部の演奏がずっと響き続けている。そして彼が彼女に「自分が君を守る」と思いを告げる場面で、吹奏楽部の演奏が一瞬途切れ、彼の告白がその場にこだまする。なんという素晴らしいシーンだろう。

エルビス・プレスリーの歌う少年の声とともにアメリカの新しい空気が街に流れ、一方で中国から渡ってきた父親たちの不安と苦悩も描かれ、父親は思想統制のためか尋問を繰り返される。国歌斉唱で不動の起立をする場面や海兵隊に行っていたハニーという少年の存在、そして厳しい受験のことなど、当時の変わりつつある台湾の時代の不安が描かれている。

しかし描写は度々省略され、特に前半は少年たちがいっぱい出てきて、なおかつ画面が暗いため、なかなか人物関係が把握できない見にくさがある。それぞれのエピソードの場面が最後まで、きっちり描かれないことも多く、観客の想像に委ねる場面も多い。それでも前半の少年たちの抗争劇の走りや動きが素晴らしい。闇が多く支配する学校や映画スタジオ、たまり場を少年たちは走り回り、暴力をぶつけ合う。

後半は、シャオミンとシャオス―をめぐる男女関係に物語が移行していき、家族と友と恋が中心に描かれていく。シャオス―にとって、美少女シャオミンは最後まで謎である。まさにファム・ファタール。青春映画としてもラストはせつない。

この4時間の作品は、二つの映画を見せられたようなボリュームである。それでも、画面のフレームの使い方や音の演出や光と闇の効果など、あらゆる面において映画的輝きがあり、画面いっぱい想像的豊かさに満ちている。ちょっと長かったが、あらためてじっくり見直したい映画である。


原題:牯嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day
製作年 1991年
製作国 台湾
配給 ビターズ・エンド
日本初公開 1992年4月25日
上映時間 236分
監督:エドワード・ヤン
製作:ユー・ウェイエン
製作総指揮:チャン・ホンジー
脚本:エドワード・ヤン、ヤン・ホンヤー、ヤン・シュンチン、ライ・ミンタン
撮影:チャン・ホイゴン
美術:エドワード・ヤン、ユー・ウェイエン
編集:チェン・ポーウェン
音楽:チャン・ホンダ
キャスト:チャン・チェン、リサ・ヤン、ワン・チーザン、クー・ユールン、タン・チーガンダ

☆☆☆☆☆☆6
(ク)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 人生 ☆☆☆☆☆☆6

「恋恋風塵」ホウ・シャオシェン(候孝賢)

m_E6818BE6818BE9A2A8E5A1B5032jpg-75bd7.jpg


ホウ・シャオシェン(候孝賢)の傑作『恋恋風塵』をやっとデジタル・リマスター版で映画館で観た。台湾に地方都市、十分に住む若い男女のみずみずしい青春物語。カメラは地方都市の豊かな自然と都会の台北に働きに出てきた青年と少女の姿を寄り添うように見つめ続ける。決してドラマチックな展開があるわけではなく、様々な思いを抱えながら生きていく姿を淡々と描き続けるのだ。カメラは神の視点から二人を描写するのではない。モノローグのように、あくまでも彼らのそばにいるかのように、撮りつづける。だから、男の子ワンの姿と一方で女の子ホンは・・・というような同時進行でそれぞれを描くやり方はしない。描写は時に省略され、時間は飛躍する。だから、ストーリーが分かりにくかったりする。あくまでも観客の方で、描かれなかった部分は想像しながら見ることを要求されるのだ。カメラの長回しも多く、それだけに画面の隅々から伝わってくる映画的想像性が豊かであり、映画は物語を語るためにあるのではなく、そこに生きている人物を空間そのものとして捉えるものであり、そんな映画的魅力に満ちている。

たとえば、台北でワンの仕事のバイクを盗まれたあとの顛末(賠償金のことなど)は詳しく描かれず、列車の二人とホームでの別れる場面、一人故郷の十分に帰るホンと故郷に帰らず海辺でボーっとしているワンが描かれるだけだ。重要な場面である映画の後半、ワンの兵役で別れ別れになった二人も同時には描かない。台北に残された女の子ホンがワンのことをどう思い、何があって、郵便配達人の男と結婚することになったかは一切描かれないのだ。ホンからの手紙を待ち、兵役仲間たちの誘いを断り、遊びにも行かない兵役中のワンの孤独のみが描写される。だからこそ、フラれたワンの哀しみが観客の心に沁み、ラストの故郷の十分の美しき風景が感動的なのだ。

そして、なんといっても風景や空間を捉えるカメラが素晴らしい。冒頭のトンネルの闇と光、青々とした山々の豊かな緑と風、そして電車内の若い二人、さらに駅を降りて線路沿いを歩く十分の田舎の風景、野外映画のスクリーン、夕景の山々と田舎の集落など・・・幼なじみの二人を描写する素晴らしいオープニンゲである。また、都会の台北と故郷の十分とを繋ぐ列車、駅が効果的に何度も描かれる。二人が台北の駅で再会する場面で、故郷からのお土産をホンが盗られそうになり、ワンが取り返す長いロングショット、駅のホームでの何度かの別れのシーン等々。駅のホームと列車は、二人の空間的な距離と接近を効果的に描いている。さらに映画館の看板が描かれている2階や、ホンが勤めている裁縫所の覗き窓のような階段のある外の世界との接点、ホンが働く印刷工場にしても配達所にしても、故郷の家々にしても、常に空間は外とつながっており、その境界に人物がいることが多い。密室の空間は兵役中のワンの描写ぐらいで、いつも二人は外の世界=街とともにいる。空間はいつも開かれているため、町の空気や賑わい、あるいは故郷の豊かな自然がいつも画面から伝わってくるのだ。この時代は、田舎も都会も空間は個別の密室ではなく、外に開かれていた。だからこそ人と人との風通しが良かったのかもしれない。そんなふうにも思えた。

そして光と影が美しい。二年目の夏、二人でお盆の時期に故郷に帰った時の野外映画上映会、そしてホンが手作りしたシャツをワンが着て、少し大きいと言う恋人たちの心が交錯する場面の光と影の美しさ。戸外と室内との接点である空間を描くことで、つねに光と影が効果的に描かれている。1950年代~60年代頃の日本の田舎と都会のような懐かしき風景がここ台湾にある。これはどこの国や地域でも通過した懐かしき時代であり、そんな時代の男の子と女の子の普遍的な姿なのだ。だからこそ、誰にでも懐かしく感じるし、共感できるのだろう。

ラストのじいさんの言葉、今年は台風のためにイモが不作だと、ただただ山々を見上げながら嘆いている。どうしようもないものはどうしようもないのだ・・・と孫に語りかける言葉はとても優しい。


原題 戀戀風塵 Dust in the Wind
製作年 1987年
製作国 台湾
配給 熱帯美術館
日本初公開 1989年11月11日
監督:ホウ・シャオシェン
脚本:ウー・ニェンツェン、チュー・ティエンウェン
撮影:リー・ピンビン
美術:リュウ・チーホァ
音楽:チェン・ミンジャン
キャスト:ワン・ジンウェン、シン・シューフェン、リー・ティエンルー、チェン・シュウファン、リン・ヤン、メイ・ファン

☆☆☆☆☆5
(レ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 ☆☆☆☆☆5

「恐怖分子」エドワード・ヤン

KYOFUBUNSHI_main.jpg

優れた映画というのは冒頭の数分を観ただけでわかる場合が多い。それだけ、冒頭の数シーンには、映画監督のセンスが表れる。そして、この「恐怖分子」はまさにそういう映画だ。冒頭の数分間を観ただけで、これはただならぬ映画だと思った。

テールランプが光る朝方の街。そこにパトカーのサイレンが鳴り響く。そのサイレンはある男女の部屋の中からも聞こえ、男は外を観る。白いカーテンの揺らめきと朝の空気、やがて遠くで聞こえるピストルの乾いた発砲音。道路に倒れる男。窓から突き出される銃を持った手、犬の鳴き声、逃げ出す男たち、カメラのシャッター音、足を引きづりながら逃げるショートカットの女、雨どいから水の滴る音・・・。音が繋がりながら、違う場所のそれぞれの映像が次々と繋がっていく。

全く関係のない中年の夫婦と若い恋人たちの2組の男女、そしてショートカットの混血の少女が思いもよらぬ形で結びついていくこの映画に描かれる台湾の台北という都市の閉塞感とその不穏な空気の伝染ぶりに驚かされる。誰もいない部屋の窓ガラスが割れる音。部屋の揺らめく白いカーテンの風。あるいは路上に倒れる人。暗室と化した真っ暗な部屋の男女。夕陽の街。そして壁一面の写真が風に揺れる瞬間のなんという美しさ。医師である男が勤める研究棟のある病院のオレンジ色の窓ガラスの幾何学的な風景。夫婦が住む無機質な部屋。扉、窓、部屋がそれぞれ印象的に描かれる。そして小説と写真、いたずら電話というフィクションの力が関係を歪め、不安は伝染し、破滅へと導いていく。

多くの言葉は語られなくても、映像のサスペンスが見事につながっていくのだ。追いつめられた男の銃はどこに向かうのか。血の飛沫とともに私たちはこの美しく非情で鮮烈な映画に打ちのめされる。かつて観たエドワード・ヤンの「牯嶺街少年殺人事件」がもう一度観たい。そして、未見である「エドワード・ヤンの恋愛時代」「カップルズ 」「ヤンヤン 夏の想い出 」が観たい。どこかでエドワード・ヤン監督特集のやってくれないものだろうか。


原題:恐怖分子 The Terrorizers
製作年:1986年
製作国:香港・台湾合作
配給:フルモテルモ、コピアポア・フィルム
日本初公開:1996年
監督:エドワード・ヤン
製作:リン・トンフェイ
脚本:エドワード・ヤン、シャオ・イエ
撮影:チャン・ツァン
美術:ライ・ミンタン
編集:リャオ・チンソン
音楽:ウォン・シャオリャン
キャスト:コラ・ミャオ、リー・リーチュン、チン・スーチェ、クー・パオミン、ワン・アン、マー・シャオチュン、ホアン・チアチン、リウ・ミン


☆☆☆☆☆5
(キ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「ソニはご機嫌ななめ」ホン・サンス

ソニ

ホン・サンスは男と女の世界を皮肉を込めて淡々と描く。フランス・ヌーヴェルヴァーグのエリック・ロメールの正当な後継者だと思う。加瀬亮が出演している新作「自由が丘で」をうっかり見逃してしまったが、その前作であるこの作品は観ることができた。

まったく笑える映画だ。人をくったようなワンシーンワンカット。ホン・サンスはズームやパンも使いながら、ワンカット長回しが好きなのだ。それもクレーンやドーリーなど移動撮影を多用するカッコいいワンカットではなく、まるで素っ気ないワンカットだ。この映画では、出会いのシーン(公園が多い)をワンカットで撮ったかと思うと、あとはほとんどお店でお酒を飲んでいる男女を横から2ショットで撮影するだけ。顔の表情の切り返しやアップは全くなく、ただただ二人の会話を横から撮りつづける。まったく時間もお金がかかっていない映画だ。芝居はワンカット長回しなので、何度かリハーサルをしたうえでの撮影で、役者はそれなりに台詞を覚えるのが大変かもしれないが、おそらくそんなにロケ日数もかけずに撮影できた映画だろう。

そんな安上りの映画だからと言って、決して内容はチープな映画ではない。人間そのものの愚かさや狡さや下心や不安や絶望や希望や自分でもわからない不確かさが描かれている。見ていて特に浮き彫りにされるのは、男の愚かさだ。一人の女性をめぐる4人の男の物語だ。魔性の女とも言える男たちを惑わすカワイイ女、ソニ。しばらく姿をくらましていたソニがアメリカ留学の推薦状をもらうために教授に会いに来る。そこで大学教授、元カレ、そして先輩の映画監督の3人の男がソニと再会し、それぞれ酒を飲みながら、ソニに惹かれていく。元カレはよりを戻そうと必死だし、大学教授は推薦文をソニのために書き直し、先輩の映画監督も思わせぶりなソニに簡単に参ってしまう。

ソニはそれぞれの男たちが自分に好意を持っていることを知りながら、巧みに男たちと絡む。3人の男たちは、ソニのことをお互いに語り合い、ソニの魅力を語り、ソニに会いたがる。結局、最後は公園で3人の男がソニを探しながら鉢合わをするのだ。

カワイイ女には男は弱い。ソニが自分に好意を見せるとすぐにまんざらでもない感じになり、もっと深い関係になろうと悶々とする。まったく男というやつは、単純でバカみたいだ。その点、ソニは何を考えているのかわからない。本当にアメリカ留学したいのか、田舎に帰りたいのか、映画を撮りたいのか、大学教授を好きなのか、もっと自信を持ちたいのか、ずっと自分探しをしているのか、観客も最後までソニのことがよくわからない。謎の女とその女に振り回される3人の男。そういう男目線の映画である。そんな男女を皮肉を込めて描いていて、それがなんだか面白いのだ。


原題:Our Sunhi
製作年:2013年
製作国:韓国
配給:ビターズ・エンド
上映時間:88分
監督:ホン・サンス
脚本:ホン・サンス
撮影:パク・ホンニョル
編集:ハム・ソンウォン
音楽:チョン・ヨンジン
キャスト:チョン・ユミ,イ・ソンギュン,キム・サンジュン,チョン・ジェヨン

☆☆☆☆4
(ソ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag :

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
85位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター