FC2ブログ

「タクシー運転手  約束は海を越えて」チャン・フン

実話の映画化である。1980年5月、韓国の光州で起きた軍による民衆蜂起への大弾圧事件、光州事件が描かれている。1979年10月26日、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が暗殺され、18年にわたる軍事独裁政権が終わった。しかし軍部がクーデターで事実上、政権の実権を握ると、軍事政権の復活を警戒する学生らの民主化デモは韓国全土に拡大した。軍の実権を握っていた全斗煥は、戒厳令を発令し、金大中や金泳三ら民主的政治家を連行した。そんな時、光州事件は起きた。南部の光州市で蜂起した学生や一般市民を弾圧しようと軍が次々と銃を向けたのだ。韓国軍も民衆も同じ韓国の国家を歌いながら、衝突したそうだ。韓国国旗を掲げつつ。そんな蜂起する市民たちを応援したのが地元のタクシー運転手たちだったそうだ。

映画はそんな政治的な話をまったく感じさせないせこいダメ親父のタクシー運転手をソン・ガンホが演じ、能天気な鼻歌まじりの運転と町中で騒ぐデモの学生たちへの悪態から映画は始まる。しっかり者の小さな娘と二人暮らし。家主の息子に娘がいじめられても、家賃を滞納していて文句も言えない情けないオヤジ。外国人を光州に連れて行って戻ってくれば大金が手に入るという話を聞いて、欲に目がくらんで、他の運転手のお客を盗むのだ。それがドイツ人記者だった。

光州に着いてからの民衆と軍の攻防は全く別の映画だ。ジャーナリズムとは?自由とは?国家とは?なぜ同じ国民同士でこれほど残酷な行為が行われるのか?政治的衝突がシリアスに描かれ、戦いのために命を懸ける市民たち、同志の絆や友情が描かれる。

1980年でまだこんなことが起きていた韓国の現実をあらためて認識しつつ、韓国軍の非人道性をかなり一方的に描かれている。極端な「正義」の名の下に盲目に従う人間の愚かさ、怖さを感じた。言うまでもなく、ソン・ガンホという役者がいなかったら、これほど感動的な映画になっていなかっただろう。圧倒的な存在感だ。恐るべし、ソン・ガンホである。


2017年製作/137分/G/韓国
原題:A Taxi Driver
配給:クロックワークス
監督:チャン・フン
脚本:オム・ユナ
撮影:コ・ナクソン
音楽:チョ・ヨンウク
キャスト:ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン、ユ・へジン、リュ・ジョンヨル

☆☆☆☆4
(タ)
スポンサーサイト



テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 社会 暴力 実話 ☆☆☆☆4

「夜の浜辺でひとり」ホン・サンス

ホン・サンスの映画はいつも同じ。ほとんど固定カメラのパンやズームを使いながらの長回し。会話劇である。

監督のと不倫スキャンダルによりソウルからハンブルグにやっててきた女優ヨンヒ(キム・ミニ)が女友達と会話するだけの前半。女友達の交友関係と知り合いながら、「ここに住もうかしら」などと話しつつ、元監督の彼が来るのを待っている。そして、夜の浜辺で元恋人への未練がましい恋しい思いをポロっと呟く。そして長い浜辺のワンカットのパンで示される映像は、ヨンヒが元恋人に担がれるように連れ去られていく唐突で非現実的な映像で終わる。

後半は韓国に戻ったヨンヒが旧友たちと再会する。女友達を待っていたヨンヒは映画館で先輩の男友達に会い、女友達含めて4人で酒を飲む。酒飲みシーンが多いのはいつものホン・サンスの特徴。酒に酔いながら本音がぶつかり合う。この女優のヨンヒは酔いが回ると絡んで強い口調で突っかかっていく。かわいい顔していながらも気の強い口調で食ってかかる場面はこの映画の見どころ。かわいい女を求めるだけの男の狡さに詰め寄るのだ。さらに酔って女友達とキスしたりする。

翌日、浜辺でヨンヒが寝転がっていると、元恋人の監督の助監督がやってきて、次の映画のロケハンに来ていると告げる。そして監督もホテルにいるという。監督含めたスタッフと飲む場面があり、またしてもヨンヒは酔って絡む。不倫の男女のどうでもいい話なんだけど、なんだか人間臭さがリアルに描かれるのがホン・サンス節だ。愚かでバカでささやかでおしき人生なり。

この映画では、部屋の外のベランダにヘンな男がいるのに誰も何も言わなかったり、夢の話など非現実的な幻想が唐突に画面に現れる。人の心の複雑さを単調なカメラワークと会話劇のなかに描き出す。長回しのワンカットが多用されるため、演劇的な緊張感があり、現実と幻想の境目のなさが映画の見どころでもある。


2017年製作/101分/G/韓国
原題:On the Beach at Night Alone
配給:クレストインターナショナル
監督・脚本:ホン・サンス
撮影:キム・ヒョング パク・ホンニョル
編集:ハム・ソンウォン
キャスト:キム・ミニ、ソ・ヨンファ、クォン・ヘヒョ、チョン・ジェヨン

☆☆☆☆4
(ヨ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「彼女が消えた浜辺」アスガー・ファルハディ

イランのアスガー・ファルハディ監督はいつも難問を登場人物たちに突きつける。第59回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した作品。「別離」、「ある過去の行方」、「セールスマン」。どれも夫婦や家族でトラブルがもち上がり、そのトラブルのために家族や夫婦が喧嘩し、揉めて、言い争う。それはいつも究極の問いのような難問なのだ。そんな人間たちの苦悩と混乱を厳しく見つめながら、冷静に描き出す監督だ。夫婦や家族、親族間の緊密な絆はイランならではの強さを感じる。

この映画はバカンスにやってきた数組の家族の物語。離婚したばかりの男友達に美しい女性エリを紹介しようと連れてきたのだが、誘った女性以外はほとんど彼女のことを知らない。予約のトラブルで浜辺の古い別荘に泊まることになるのだが、みんなでエリとその男性を冷やかしつつバカンスが始まる。しかし、翌日、子供の一人が海に入って遊んでいたとき、大人たちが見ていない一瞬のすきにその子供が溺れて波にさらわれてしまうのだ。最後に子供を「見ていてね」と言われたエリは、別の子供たちと凧を上げていて目を離していたのだ。必死になって大人たちみんなで海におぼれた子供を救出しているいちに、エリの姿が消えてしまう。子供は無事救出されたのだが、今度はエリがいない。子供を助けようとして海に溺れたのか、それとも1泊で帰りたがっていたエリは、みんなに別れも告げずに勝手に帰ってしまったのか?大人たちは見つからないエリをめぐって言い争いを始める。事件起こる直前の凧揚げのカットは、何度もエリのカットが積み重ねられる。その不自然さが、映画の転換点を映像で示している。

なぜ彼女を誘ったのか?そもそも彼女の本名は?彼女は勝手に帰るような女性なのか、彼女のことを何も知らないのだ。残されたバッグや携帯、そして昨夜の彼女とのやり取りをみんなで思い出しながら、それぞれが勝手な推理をしだす。海に溺れたのか、帰ったのか?遺体が上がらないまま、彼女の謎は深まっていく。電話していた相手は誰なのか?母親は旅に出ていることすら知らないらしい…とか彼女の存在そのものがあやふやになってくる。一人の人間の突然の不在をめぐって、存在の謎が浮かび上がり、家族間で言い争いがエスカレートしていくのだ。浜辺の別荘に泊まるかを決める時も、みんなでどういう態度をとるかを決める時も、ひとりひとり意見を聞いて多数決をするのが面白い。

映画は結局はストンと話のオチをつけるのだが、ひとりの人間の謎をめぐる混乱の物語として面白い。婚約者が来るので、みんなで口裏を合わせてみたり、本当と嘘、何を秘密にして、何を守るのか。死者の誇りを守るのか、自分たちの過ちを明らかにせずに守るのか。誰が悪いわけでもなのに、嘘をつかなくてはならなくなるシチュエーション、本当のことを伝える難しさ。現実というのはいつも難しい問いを私たちに突き付けてくるものだ。


2009年製作/116分/G/イラン
原題:About Elly
配給:ロングライド
監督・脚本:アスガー・ファルハディ
撮影:ホセイン・ジャファリアン
キャスト:ゴルシフテ・ファラハニ、タラネ・アリシュスティ、シャハブ・ホセイニ

☆☆☆3
(キ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : サスペンス 家族 ミステリー ☆☆☆3

「音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ! !」三木聡

わざわざ見るほどでもないほどのバカバカしさ。
阿部サダヲのパンク野郎と声の小さな吉岡里帆のヘンテコ恋物語の奇天烈さを楽しめるかどうかかな。

三木聡ワールドも飽きてきたなぁ。
「転々」や「亀は意外と速く泳ぐ」、「インスタント沼」などよりもキレはない。
内輪世界のグダグダ感は「図鑑に載ってない虫」同様にあまりにもヘンな人たちばかりで飽きてくるのだ。

☆☆☆3
(オ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : コメディ 音楽 ☆☆☆3

「グエムル 漢江の怪物」ポン·ジュノ

アジア初のアカデミー賞作品賞ほか監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門の受賞となった韓国映画界にとって快挙となった「パラサイト 半地下の家族」のポン·ジュノ監督作品。この監督は同じなんだなと思った。彼が大事にしているのは、圧倒的な活劇の推進力、熱量なのだ。その元となるものは、家族や親族のつながり、絆、愛情というシンプルなものである。そこは、明らかに日本映画とは違う韓国人のエネルギッシュさがあり、儒教的文化とも言える家族愛の強さがある。「母なる証明」も息子の無実を信じる母の執念の映画だった。

この映画は、「パラサイト」と同じように家族、親族が力を合わせ、一体となって困難、障害、敵を突破する物語である。その熱量こそが映画の魅力であり、細かなリアリティなどどうでもいいのだ。この映画の警官たちや病院関係者たちのご都合主義的間抜けさはたいした問題ではない。アメリカ人や米軍を皮肉をこめて戯画化されているところがポン·ジュノなりの社会性かと思う
(実際に在韓米軍による多量の毒物を漢江に放流した事件があったらしい)。
「パラサイト」の格差社会の社会性もその程度であり、あの映画でも「臭い」をめぐるリアリティは雑なところもある。そんな細かなツッコミどころを、展開の熱量で突破してしまう力業が彼の映画の魅力なんだろう。

そしてなによりも庶民的な家族愛のパワーにこそ、その物語の推進力を持っていくあたりがポン・ジュノ監督の真骨頂なのだと思う。

製作国:2006年 韓国/上映時間:120分
原題:The Host
配給:角川へラルド映画

監督: ポン・ジュノ
製作総指揮: チョ・ヨンベ 、 キム・ウテク 、 ジョン・テソン
脚本: ポン・ジュノ 、 ハ・ジョンウォン 、 パク・チョルヒョン
音楽: イ・ビョウ
出演者: ソン・ガンホ 、 ピョン・ヒボン 、 パク・ヘイル 、 ペ・ドゥナ 、 コ・アソン 、 イ・ジェウン 、 イ・ドンホ 、 ユン・ジェムン 、 キム・レハ 、 パク・ノシク


☆☆☆3
(ク)

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
91位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2019年ベスト5
    「ジョーカー」
      「よこがお」
        「真実」
          「バーニング」
            「ブルーアワーにぶっ飛ばす」
              次点、「さよなら くちびる」

            2018年ベスト10
            <洋画>
              「スリー・ビルボード」
              「正しい日、間違えた日」(2015)
              「希望のかなた」
              「顔たち、ところどころ」
              「ラブレス」

            <日本映画>
              「万引き家族」
              「寝ても覚めても」
              「きみの鳥はうたえる」
              「モリがいる場所」
              「カメラを止めるな」


            2017年ベスト10
            <洋画>
              「パターソン」
              「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
              「誰のせいでもない」
              「ありがとう、トニー・エルドマン」
              「オン・ザ・ミルキー・ロード」
              「パーソナル・ショッパー」
              「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
              「マリアンヌ」
              「婚約者の友人」
              「セールスマン」

            <日本映画>
              「散歩する侵略者
            /予兆 散歩する侵略者」
            「三度目の殺人」
            「南瓜とマヨネーズ」
            「光(大森立嗣)」
            「息の跡」
            次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
            次点「幼な子われらに生まれ」
            次点「バンコクナイツ」


          2016年ベスト10
          <洋画>
            ダゲレオタイプの女
            マイ・ファニー・レディ
            キャロル
            シング・ストリート 未来へのうた
            リザとキツネと恋する死者たち
            グッバイ・サマー
            サウルの息子
            マジカル・ガール
            ブリッジ・オブ・スパイ
            手紙は憶えている
          <日本映画>
            淵に立つ
            クリーピー 偽りの隣人
            海よりもまだ深く
            ふきげんな過去
            SCOOP!
            永い言い訳
            オーバー・フェンス
            ディストラクション・ベイビーズ
            葛城事件
            湯を沸かすほどに熱い愛
            次点この世界の片隅に


          2015年ベスト10
          <洋画>
            やさしい女
            さよなら人類
            さらば、愛の言葉よ
            毛皮にヴィーナス
            雪の轍
            愛して飲んで歌って
            サンドラの週末
            サイの季節
            インヒアレント・ヴァイス
            ソニはご機嫌ななめ

          <日本映画>
            海街dairy
            岸辺の旅
            FOUJITA
            百円の恋
            この国の空


          2014年ベスト10
          <洋画>
            エレニの帰郷
            グランド・ブタペスト・ホテル
            罪の手ざわり
            ウルフ・オブ・ウォールストリート
            ジャージー・ボーイズ
            インサイド・ルーウィン・デイヴィス
            6才のボクが、大人になるまで。
            フランシス・ハ
            ウォールフラワー
            ある過去の行方

            <日本映画>
            そこのみにて光輝く
            ニシノユキヒコの恋と冒険
            紙の月
            Sventh Code
            私の男


              2013年映画ベスト5
          <洋画>
            1、「愛、アムール」
            2、「ホーリー・モーターズ」
            3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
            4、「いとしきエブリデイ」
            5、「ムーンライズ・キングダム」
            ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

            <日本映画>
            1、「共喰い」
            2、「さよなら渓谷」
            3、「恋の渦」
            4、「リアル 完全なる首長竜の日」
            5、「Playback」(2012年)


            2012年映画ベスト10
          <洋画>
          2、「少年と自転車」
          3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
          4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
          5、「きっと ここが帰る場所」
          6、「ドライヴ」
          7、「風にそよぐ草」
          8、「恋のロンドン狂騒曲」
          9、「おとなのけんか」
          10、「別離」
          次点 「裏切りのサーカス」
        番外
          「永遠の僕たち」
          「J・エドガー」
          「家族の庭」

        2、「かぞくのくに」
        3、「演劇1&2」
        4、「夢売るふたり」
        5、「アウトレイジビヨンド」
        番外 「ヒミズ」


      2011年映画ベスト10
      2,「愛の勝利を」
      3,「ブルーバレンタイン」
      4,「愛する人」
      5,「クリスマス・ストーリー」
      6,「トゥルー・グリット」
      7,「SOMEWHERE」
      8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
      9,「エリックを探して」
      10,「シリアスマン」
      次点,「エッセンシャル・キリング」

    2,「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター