「ヘヴンズ ストーリー」瀬々敬久

ヘヴンズ

ある殺人事件をきっかけに絡み合い、つながり合っていく20人を超える登場人物たちの全9章からなる物語。4時間38分の大作だ。死と再生、罪と罰、復讐と哀しみ、怪物と人形、自然と死生観など、神話的なスケールで描かれるこの巨大な物語は、とても見応えがあり、意欲作だ。ただ、やや強引とも言える人物関係の脚本、さらにやや観念的で監督の意図的なものが見え隠れしてしまうところが残念だ。力作であり、意欲的な作品でありながら、ちょっと頭でっかちになりすぎた作品のような気がする。

冒頭は人間に怪物が棲みついた説話が山と仮面を使って語られる。山を背景に遊ぶ子供たちが印象的だ。そして、最初のエピソードで、幸福な家族は、緑のなかにあるなんの変哲もない団地を「楽園」と呼ぶ。しかし、その家族は突然殺され、楽園を奪われた少女(寉岡萌希)の哀しみを軸に様々な物語が錯綜していく。同じように妻と幼子を殺された夫(長谷川朝晴)の復讐を誓う涙の姿に、少女は死ぬことではなく、生きる決意をする。少女にとって、その復讐を誓う男はヒーローになった。

鉱山が閉山して、廃墟になった東北の団地が印象的に何度か使われる。桜の季節から冬の廃墟の団地の映像への転換は美しい。復讐代行業を副業にしている警官(村上淳)が依頼された男(佐藤浩市)を始末する場面。かつて「雲上の楽園」と呼ばれた場所。この同じ場所で、記憶を失った人形師(山崎ハコ)もまた死んでゆく。天国にいちばん近い楽園としての廃墟。

家族が集う場所としての楽園の団地と、失われた廃墟となった死に近い楽園が対比的に使われる。いや地上の楽園である団地はすべて夢でしかないかのようだ。少女(寉岡萌希)がかつてのヒーロー(長谷川朝晴)を海辺の団地に訪ねていくエピソードがあるが、そこでの新たな妻と子と暮らしている団地でのささやかな幸福は、少女の訪問によっていともたやすく壊れてしまう。地上の団地は、復讐代行業をやっている父を失った子供が一人荒れ果てた部屋で暮らしているように、この映画ではいつも空っぽだ。

最初の少女のエピソードで、防波堤で少女が苛められ追い詰められるシーンで、海中からの映像が使われる。水の際は、この世とあの世との境であるかのように。そしてイラストのカモメとともに別のエピソードにつながれ、船で人々が行き交うのを毎日眺めている少年(復讐代行業の男の息子)が登場する。船もまた別世界である海の彼方から人を行き来させるためにあるのだ。

海や山が死と結びついている。あの世とこの世の境。その際を、その境を人々はさまよいながら、死と再生を見つめる。自らの怪物性と怒りと哀しみを抱えて。母の似姿を感じて衝動的に殺してしまった少年(忍成修吾)も、復讐代行業の男(村上淳)も、楽園から突き落とされた少女(寉岡萌希)も。人形師(山崎ハコ)は記憶を失いながら、自らが少年の人形と化していく。

少女である寉岡萌希が、だんだん大人っぽくなっていく。不安気な幼い顔から強固な意志を持った眼差しへと変化していく。映画を通じて確かな時間が流れていることを実感でき、それがこの映画を支えている。怪物である人間そのもの、そして自らの内にある怪物を、死を生を見つめてきた少女は、愛しきものの死に立会い、少年は新たな命の誕生に立ち会う。このへんのラストの赤ちゃん誕生のエピソードはやや図式的であり、なんか強引で興醒めだった。



製作年 2010年
製作国 日本
監督: 瀬々敬久
脚本: 佐藤有記
音楽: 安川午朗
撮影: 鍋島淳裕 / 斉藤幸一 / 花村也寸志
キャスト:寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコ、菜葉菜、栗原堅一、江口のりこ、大島葉子、佐藤浩市、柄本明、吹越満、片岡礼子、嶋田久作、菅田俊、光石研、津田寛治、根岸季衣、渡辺真起子、長澤奈央、本多叶奈、諏訪太朗、外波山文明

☆☆☆☆4
(ヘ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

「告白」中島哲也

0390d57f-s.jpg

去年の話題作、やっと観ました。これ原作も話題になっていて読んだけど、テクニック的にはよく構成されている本で一気に読ませる語りだったけど、僕には特に面白くもなかったのです。だから、映画も公開時に観なかったたんだけど、やっぱり中島監督がどうあれを映像化したのかが知りたくて、観ました。

「告白」湊かなえ ブックレビュー

結論から言うと、やっぱり面白くなかったです。あんな単純な人物造型でいいの?母と息子の愛情物語という単純な動機付けはあまりにも陳腐だけれど。

ただ松たか子はよかったですね。あの難しい教師役を見事に演じていました。中島監督の映像もいつも通りの冴え渡る映像感覚で、この重い物語をスタイリッシュにカッコよく切り取っていてさすがだなと思いました。でも僕はやっぱり「嫌われ松子・・・」の方が好きですね。雪だるま式悲劇を戯画化して笑いに転化してしまうほどのパワーがあの作品にはあったけど、この映画はそこまで軽やかじゃない。その原因は原作の単純さにあるんだと思うんだけど、なぜこれを映画化したかったのか・・・。もう少し脚本いじれなかったのかなぁ~。

犯人Aや松たか子の最後の「なんてね」は自らの行動の戯画化、相対化して、行動そのものを冗談のような曖昧なものにしてしまう。原作にあれあったかなぁ・・・。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』のみーくんがつぶやく「嘘だけど」と似たようなものである。

物語自体がそれぞれの語りが中心なので、虚実入り混じったものになる。観客の観かたによって結末の考え方もいかようにもなる。そのへんの構成や工夫は面白い。よく出来ているけれど、根幹になっている物語が単純過ぎると思うのです。もっと動機的なものを曖昧なものにしたほうが、子供たちの何を考えているかわからない恐ろしさが出たと思うんだけど。

製作国:日本
製作年:2010年
配給:東宝
上映時間:106分
監督:中島哲也
製作:島谷能成、百武弘二、吉田眞市、鈴木ゆたか、諸角裕、宮路敬久、喜多埜裕明、大宮敏靖
原作:湊かなえ 『告白』(双葉社刊)
脚本:中島哲也
撮影:阿藤正一、尾澤篤史
美術:桑島十和子
編集:小池義幸
音楽プロデューサー:金橋豊彦
主題歌:レディオヘッド 『Last Flowers』
キャスト:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛

☆☆☆3
(コ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : サスペンス

「食堂かたつむり」富永まい

『ウール100%』の富永まい監督。小川糸の原作の不思議な食のファンタジーを映像化する人としては最適だったかもしれない。富永まい監督のキッチュでファンタジックな映像がマッチしていた。イラストや映像加工は良かったと思う。似たようなタイトル『つむじ風食堂』よりはよっぽどいい。

現実離れしたこの物語は突っ込みどころ満載だが、まぁ寓話である。豚のエルメスを食べちゃうあたりがこの原作&映画の醍醐味である。映画でリアルに見せられると、ショックもあるが、命をいただくことを大胆にサラッとファンタジーで見せている。ラストの扉に当たって死んだ鳩を食べちゃって声が出るあたりは笑っちゃいましたけど。そこに命への祈りがない、軽すぎると言ってもファンタジーなんだから…。ただやっぱりこのテの原作の映像化は難しい。本としては楽しめたが、この突拍子のなさが映像で見るとリアルになって、人物たちの心が響いてこない。それに癒し的な食の映画にはやや食傷気味だ。

「食堂かたつむり」小川糸 ブックレビュー

製作国:2010年日本映画
配給:東宝
上映時間:119分
監督:富永まい
製作:三宅澄
原作:小川糸
脚本:高井浩子
キャスト:柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和

☆☆☆3
(シ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : ファンタジー

「ゲゲゲの女房」鈴木卓爾

gegege.jpg

漫画・水木しげるの妻・武良布枝が夫婦の歩みを記した自伝を映画化。テレビドラマは見なかったので、比較はできないけれど、宮藤官九郎の水木しげる役はなかなかいい感じ。吹石一恵も頑張っている。

母が突然現れても妻の吹石一恵には見えなかったり、妖怪も出てきたりで、映像的な遊びも随所に。漫画家モノは貧乏話が定番だが、つげ義春のように悲惨で暗く、いじましい感じではそれほどなく、微笑ましい程度だ。貧乏で餓死した青年の話や、税務署が年収が少なすぎないかと疑問に思って訪ねてくる場面で怒るシーンなどあるが、それほどその生活の厳しさは、観客に響いてこない。どこか楽天的なのだ。「戦後は終わった」と高度経済成長へと向かう時代の一方で、こういう生活もあったのだろう。一種の貧乏からの成功脱出物語なのだが、戦争で片手を失った男が、目に見えないものを信じて妖怪を描き続ける水木しげるの存在の面白さが際立つ映画だ。どことなくほのぼのとして、貧乏も二人で生きれば、また楽し…みたいな感じすらある。妖怪ダンスも楽しげだ。

ムーンライダーズのエンディングテーマはよかったなぁ~。

製作国:2010年
日本映画

監督:鈴木卓爾
原作:武良布枝
脚本:大石三知子
撮影:たむらまさき
美術:古積弘二
編集:菊井貴繁
音楽:鈴木慶一
キャスト:吹石一恵、宮藤官九郎、坂井真紀、村上淳、宮崎将、唯野未歩子、夏原遼、平岩紙、柄本佑、鈴木慶一、寺十吾、徳井優、南果歩

☆☆☆3
(ケ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

「海炭市叙景」熊切和嘉

T0009328.jpg

村上春樹、中上健次らと並び評されながら、文学賞に恵まれず、1990年に自らの命を絶った不遇の小説家・佐藤泰志。「海炭市叙景」とは彼の故郷である函館市を海炭市として舞台にして、そこに生きる人々を描いた連作小説集。それを、北海道の帯広出身の熊切和嘉監督が映画化した。函館市民の手によって企画され、有志によりお金が集められ、多くの市民も参加してロケが行われたという奇跡的な映画。エンドロールの協力者の名前の圧倒的な数は、感動的でさえある。まさに函館市民の熱意と力によって成立した映画である。

熊切和嘉監督は、デビュー作の「鬼畜大宴会」は観ていないのだが、「空の穴」、「アンテナ」、「ノン子36歳(家事手伝い)」と観ており、とても力のある若手監督として注目していた。いつも登場人物たちとの距離感が絶妙で、決して過剰に肩入れするのではなく、安易に夢やハッピーエンドを描くのでもなく、いつも冷静に静かに遠くから見つめている感じがいいのだ。

そしてこの「海炭市叙景」は、まさに函館という地方都市に生きる人々のサマを静かに淡々と描いているという意味で、とても優れた映画になっている。20年前に書かれた小説の映画化なのに、今の時代の閉塞感と驚くほど似通っている。

冒頭、少年が曇ったガラスを手でこすると、ピントが窓ガラスから外の景色へと移り、霞んだ函館の街が写し出される。とても印象的なファーストカットだ。そして造船所であるドッグの事故が知らされ、学校から病院へ向かう兄と妹の廊下でのバックショットから、目覚ましベルの音で時間が移り、その兄と妹が二人きりで生活している朝の部屋へと変わる。そんな風にして、エピソードがつながっていく。ドッグが一部閉鎖になり、大量に従業員が解雇され、仕事を失った兄(竹原ピストル)は妹(谷村美月)と大晦日の夜に初日の出を見に行く。この最初の兄と妹のエピソードが、年末の侘しさもあって、なんとも哀しくせつない。ロープウェイの待合室でいつまでも兄のことを待つ妹のシーンがいい。

さらにプラネタリウムで働く夫(小林薫)と水商売に働きに出ている妻(南果歩)と一人息子の家族の不協和を描いたエピソードでは、最後の雪に車がはまり動けなくなる場面で、夫のやるせなさ、どん詰まり感がよく出ている。立ち退きを拒否し続けている老婆は、素人らしいのだが、タバコと猫を巧く使いながら、やや台詞まわしには難があったが、存在感は素人ならではの迫力だ。また親からガス会社を引き継いだ2代目社長の加瀬亮の家族の物語もリアルで、行き詰っている苛立ちが見事だ。奥さん役の子供への虐待妻も素人の女性だそうで、驚きの存在感だ。事務所の職員の女性の感じもいい。最後の市電の運転手の父とうまくいっていない息子(三浦誠己)のエピソードでは、場末のスナックのシーンが妙に明るくていい。このスナックのシーンは「ノン子36歳(家事手伝い)」でも、熊切和嘉監督は見事に描いていたのが思い出される。

5つのエピソードからなる市井の人々の哀しみや行き詰まり、閉塞感がなんとも切なくリアルに描かれていて、それをどこにでもありそうな寂れた地方都市で描いている。冬の函館の寂しさや侘しさの描かれ方が背景としてとてもマッチしている。夜の寂れた繁華街や再開発され大型電気店が見える中で取り残されたボロい家、プラネタリウムで働く夫婦の団地の階段や部屋の様子などロケーションが見事だ。ガス会社の社長宅は逆に新しく生活感がなく、家庭の冷たさがよく出ている。

そしてこの映画の特徴は、乗り物だ。時代から取り残されつつある大型タンカー船や夜の路面電車、そしてバス、最後はフェリーから見える海からの函館山が印象的だ。テレビから初日の出で行方不明になった男のニュースが流れる。崖から回収できない死体を一度海に落としてから回収したというニュースは、一層、哀しみの情景の海として映し出される。生も死も包み込んで、風景はいつだってそこに静かに冷徹に横たわっている。そして、夜の路面電車に乗っている登場人物たちは、いったいどこへ行くのだろうか?

行き場のない哀しみを抱え、かつての幸せを夢見つつ、時代に翻弄されながら、もがきつつ悩みつつ、夜の路面電車に揺られながら、どこまでもどこまでも彷徨い続けるのだろうか?

製作年: 2010年
製作国: 日本
監督: 熊切和嘉
原作: 佐藤泰志
脚本:宇治田隆史
撮影:近藤龍人
音楽:ジム・オルーク
美術:山本直輝
キャスト:谷村美月、竹原ピストル、加瀬亮、三浦誠己、山中崇、南果歩、小林薫

☆☆☆☆☆5
(カ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆☆5

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
85位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター