「3人のアンヌ」ホン・サンス

アンヌ

韓国の映画界にあってまさに異色なホン・サンス。まるで韓国映画らしくない。激しい情念の映画ではない。そう、これはフランス・ヌーヴェルヴァーグだ。まさにエリック・ロメールの映画そのものだ。ホン・サンスこそはエリック・ロメールの正当たる後継者だ。

繰り返される海辺のバカンスの恋話。この映画では、同じキャストが海辺のペンションを舞台にしたいくつかの男女の物語を演じる。アンヌという名前の3人人の女性を同じイザベル・ユペールが演じる。成功したフランスの映画監督、恋人に会いに来る浮気中の人妻、そして離婚したばかりの女性。彼女にちょっかいを出す韓国人男性と妊娠中の妻。あるいは海辺の若きライフガード。有名な映画監督。それぞれがそれぞれのシチュエーションでフランス人女性アンヌと絡み合う。同じように繰り返される台詞。と嫉妬。若き肉体への欲望。言葉の壁を越えたコミュニケーション。さびれた海辺で繰り返される男と女のすれ違いや恋物語。海辺のペンペンションという場所が、さまざまな物語を生む。その男や女たちのささやかな心のさざ波がなんともおしくなる映画だ。

あっ、ライフガードが海を横切るように泳ぎ、それを浜辺のアンヌが見詰めている場面、僕はつげ義春の「海辺の叙景」を思い出す。さすがにホン・サンス、つげ義春は読んでいないよなぁ。


原題:In Another Country
製作年:2012年
製作国:韓国
配給:ビターズ・エンド
監督:ホン・サンス
脚本:ホン・サンス
撮影:パク・ホンニョル、チ・ユルジョン
編集:ハム・ソンウォン
キャス:イザベル・ユペール、ユ・ジュンサン、チョン・ユミ、ユン・ヨジュン、ムン・ソリ、クォン・ヘヒョ、ムン・ソングン

☆☆☆☆4
(サ)
スポンサーサイト

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : ☆☆☆☆4

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」ジョニー・トー

20100528120457.jpg


「ザ・ミッション/非情の掟」「エグザイル/絆」のジョニー・トー監督が、フランスの国民的スター、ジョニー・アリディを主演に描くフィルム・ノワールだそうだが、どうも何が面白いのかピンを来なかった。やたらと多いスローモーション。男たちの命を賭けた約束の物語。だけどちっとも響いてこなかった。

マカオに暮らす愛娘の家族を何者かに殺された初老の男・コステロ(ジョニー・アリディ)は、重体の娘から犯人の手がかりを聞き出し、復讐を誓う。コステロは偶然出会った殺し屋3人組に、犯人を探し出し、暗殺するよう依頼するが…。

この殺し屋3人とコステロとの復讐の約束。約束っていっても偶然知り合って、金で雇っただけの話なんだけど。この映画の肝は、娘家族のための復讐を果たそうとしている男(コステロ)そのものが、記憶を無くしてしまうというところだ。過去に頭に入れられた銃弾のために。殺しの動機であるはずの怨念そのものが、失われてしまう。それでも復讐を果たすべきなのか?恨みが記憶から消滅し、宙吊りにされた復讐。復讐の依頼を受けた殺し屋たちは、その復讐の相手が自分たちのボスであることがわかり、複雑な状況に追い込まれながらも「乗りかかった舟」とばかりに復讐を果たす。自らの命を危険に晒しながらも。このへんの微妙な心理描写がどうも浅い。だから、彼らの心情が響いてこない。コステロと殺し屋3人組の友情と言うべきものの描かれ方が、モノ足りない。銃を解体する時間を競う食事シーンがあったぐらいか。そういえば、コステロが匿われた女と子供たちの海辺の食事シーンもあった。一緒に食事をすることこそが、仲間であり友情のしるしなのだというばかりに。

香港のジョニー・トー監督をこれまで観ていないので、なんともいえないけど、ゴミが舞う銃撃戦や月明かりの森や雨の街中での銃撃シーンにそれなりの美意識が感じられる。だが、なんだかカッコつけているだけという感じがした。最後のコステロはたった一人なのに全然やられないし…。銃撃戦そのものの美しさに酔いたい監督なのかもしれない。やたらハードボイルド風な邦題に、やや肩透かしな感じ。


原題:Vengeance 復仇
製作国:2009年香港・フランス合作映画
配給:ファントム・フィルム
上映時間:108分
監督:ジョニー・トー
脚本:ワイ・カーファイ
撮影:チェン・シウチョン
音楽:ロー・ターヨウ
キャスト:ジョニー・アリディ、シルビー・テステュー、アンソニー・ウォン、ラム・カートン、ラム・シュー、サイモン・ヤム

☆☆☆3
(ツ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 暴力

「映画は映画だ」

鬼才キム・ギドク製作・脚本の下、これまでギドク作品の助監督を務めてきたチャン・フンが初メガホンを取った作品だそうだ。キム・ギドクが作ったら間違いなくもっと面白かっただろう。

映画のフィクションのヤクザと現実のヤクザが重なる。現実と虚構の交錯。この発想の面白さが生かされていない。単純な2大スターの映画作りの裏側のドタバタのエンターテインメント作品でしかない。特に書くことナシ。

製作国:2008年韓国映画
上映時間:113分
監督:チャン・フン
脚本:キム・ギドク、チャン・フン、オク・チンゴン、オー・セヨン
撮影:キム・ジテ
美術:リー・ヒュンチュウ
音楽:ロー・ヒョンウー
キャスト: ソ・ジソブ、カン・ジファン、ホン・スヒョン、コ・チャンソク、ソン・ヨンテ、チャン・ヒジン

☆☆☆3
(エ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 暴力

「ノーボーイ・ノークライ」 キム・ヨンナム

20090529003fl00003viewrsz150x.jpg


脚本が「ジョゼと虎と魚たち」「天然コケッコー」の渡辺あやということで気になって見た。妻夫木聡と「チェイサー」のハ・ジョンウの共演で贈る日韓合作ドラマ。監督は「ドント・ルック・バック」の新進気鋭のキム・ヨンナムということだが、初めてである。

おんぼろボートに寝そべる男の俯瞰。反射する太陽。そこに携帯電話が鳴る。韓国から日本へ密輸品をおんぼろボートで運ぶヒョング(ハ・ジョンウ)。気だるい始まりだ。日本でその密輸品を迎える闇組織の手下・亨が妻夫木聡だ。「ヨボセヨ」と声をかける。「それは電話の挨拶だ」と呆れるヒョング。ある時、密輸品の代わりに荷物が「人間」になる。縛られた女…。
こんな風にしてサスペンス風に映画は始まるが、中盤から話はガラリと変わっていく。

亨がどんな家族を抱えているかをヒョングは知らされる。その家族が足枷となり、恋人と結婚さえできないことを。老いた認知症の母と、売春婦のような妹(ヒョングの相手をした女)、そして父親が違う3人の子供と病気の3男は金がなくて医者にも診せられない。一方、ヒョングは幼い頃、母は弟を連れて自分の前から姿を消した。自分だけが捨てられた…。いなくなった母への思い。どうして俺だけの捨てられたのか…。そんなヒョングの思いは、ラスト家族を守るために自分を犠牲にしようとする亨を見て、自分も母を救うために行動する。

この映画は、そんな家族への思いに満ちた男たちの物語だ。家族がいるために、どうしようもなく身動きができない男と、家族に捨てられたために何かを失った男。家族は足手まといでもあり、望郷でもある。渡辺あやの脚本は、そんな対照的な男たちの相克関係をうまく描いている。ショッピングセンターのカラオケ大会に飛び入りで参加して、二人で「アジアの純真」を歌うシーンがいい。

原題:THE BOAT NO BOYS, NO CRY
製作国 日本/韓国
公開情報 劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月 2009/08/22
監督: キム・ヨンナム
プロデューサー: 久保田修 イ・ジュンホ
脚本: 渡辺あや
撮影: 蔦井孝洋
美術: 磯田典宏
音楽: 砂原良徳
出演: 妻夫木聡、ハ・ジョンウ、貫地谷しほり、チャ・スヨン、イ・デヨン、徳永えり、柄本佑、あがた森魚

☆☆☆3
(ノ)


テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 人生

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター