「サウダーヂ」富田克也 

E382B5E382A6E38380E383BCE38382EFBC95-thumbnail2.jpg

去年公開された日本映画で比較的評判が良かった『サウダーヂ』をやっと観る。面白かったけど、とにかく長い!

山梨県甲府市。都市部ではなく郊外の地方都市に進む空洞化と不況の波。アジアからだけではなくブラジル移民も多く、ちょっとした無国籍的移民都市である。そんな町の様々な現実をそのまま切り取って見せている。そこには作為的なものがあまり感じられない。物語をあえて作っていないのだ。だから、当然ダラダラと長くなる(2時間47分!)。とにかく登場人物がダラダラとグタグタと喋っている。それをワンシーンワンカットのように、引きの画面のまま切り返しなどせずに撮っている。だからドラマっぽくない。作られた映像、嘘っぽく見えないのだ。たいした物語も起きない。衝突や葛藤はちょっとばかりはあるけれど、それもちょっと仕掛けた程度だ。基本的には、冒頭のラーメン屋での土方の二人の会話のように、とりとめもない日常会話がカメラの前で繰り返されるのだ。当然、あえてドラマ的な進展もないグタグタ会話をカメラの前で演じさせるのだ。有名な役者も出ていない。そこが面白いとも言えるし、この映画のつまらなさとも言える。だから退屈といえば退屈だ。

シャッター通り商店街と大手資本の郊外型スーパーの進出、不況でどんどん仕事が減っていく土方仕事、パチンコ業界にさえ不況が押し寄せている。ブラジル移民の存在に苛立ち、行き詰まり右傾化していくラッパー、日本で金儲けをしようと地球の裏側からやってきたブラジル移民も仕事がなく故国へ帰るしかない現実、パブで働き日本国籍を取得して金が必要だと言うタイ女性と、金とは違う何かを求めてタイに行こうと女性を誘う男、大麻やヤクの蔓延、美と健康の金儲け商売と政治家・・・などなど、日本の不況と病巣が地方都市に縮図となってあぶりだされている。その人々の日常的な姿を作為的にならずにそのまま撮っているのがあくまでも面白い。ただそれだけでもある。

地方都市とラッパーを描いて、引きの画面が多いという意味で 『SRサイタマノラッパー』の入江悠との共通点もある。この監督が今後どのような映画を撮っていくのか、注目したい。


2011年日本映画
監督:富田克也 
脚本:相澤虎之助 富田克也 
エグゼクティブ・プロデューサー:笹本貴之 
プロデューサー:伊達浩太朗 富田智美
撮影:高野貴子  
編集:富田克也 高野貴子 
出演:鷹野毅 伊藤仁 田我流(from stillichimiya) ディーチャイ・パウイーナ 
尾愛 工藤千枝 デニス・オリヴェイラ・デ・ハマツ イエダ・デ・アルメイダ・ハマツ 
野口雄介 村田進二 stillichimiya
制作:空族/『サウダーヂ』製作委員会
2011/167min/35㎜/カラー

☆☆☆☆4
(サ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

「八日目の蝉」成島出

semi.jpg

原作を忠実に映画化した印象。赤ちゃんを誘拐した哀しき女・永作博美と子供の逃亡物語と、その少女が成人し、自らの過去を取り戻す井上真央の二つの物語を同時に、それぞれの場面をシンクロさせながら描いているのが見やすかった。原作では、前半の誘拐劇と後半の成人した女の子の物語がそれぞれ描かれていたが、映画は同時進行で、時間を超えて場所が重なり合う。エンジェルホームや、フェリー乗り場や、海や空、島の風景が。

小豆島の美しい自然に囲まれた懐かしき日本の原風景がいい。蝉や虫たちの声、森や空や海が、この映画の息詰まる哀しさや閉塞感を解放し、ホッとさせてくれる。夕暮れの棚田に村人たちの松明の炎が点々と灯る夏祭りが美しい。彼女の哀しみの逃亡劇を終わらせるキッカケとなる場面だけに、この場面の夢のような美しさはとても重要だったと思う。

井上真央につきまとう猫背の小池栄子が巧い。癖のあるしゃべり方も良かった。また田中哲司や劇団ひとりなどのダメ男たちもはまり役だった。ラストの写真屋の主人の田中泯の存在感にはいつもながら驚かされる。

赤ちゃんを誘拐するなんて…なんてヒドイ女!と思わせる物語なのに、その女の哀しみの母性に感動させられてしまうのは、原作の女性を見つめる目の確かさだろう。素直に感動できる良心的な映画になっていると思う。

原作レビュー
角田光代「八日目の蝉」

製作国:2011年日本映画
配給:松竹
上映時間:147分
監督:成島出
原作:角田光代
脚本:奥寺佐渡子
キャスト:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン

☆☆☆3
(ヨ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag :

「探偵はBARにいる」橋本一

tanntei.jpg

最近、男2人が出てくる映画が多い。こういう映画を「バディ映画」と言うのだという。主人公が男2人一組で活躍する映画。テレビドラマ「相棒」が流行りだが、古くは「傷だらけの天使」の萩原健一と水谷豊。カッコ良かったなぁ。大好きなテレビドラマだった。映画では、この映画と同じような探偵っぽい便利屋「まほろ駅前多田便利軒」の松田龍平と瑛太があった。松田龍平がかぶっているのだ。この映画ととてもよく似ている。そのほか妻夫木聡×松山ケンイチの「マイ・バック・ページ」、「あしたのジョー」の矢吹丈を演じる山下智久と、ライバルの力石徹役・伊勢谷友介。「バディ映画」として僕がすぐ思い出すのは、アメリカンニューシネマの「真夜中のカーボーイ」や「イージーライダー」「明日に向かって撃て!」「スケアクロウ」などだ。男二人の友情が、ヒロインとの関係よりも強いのだ。いつも二人が文句を言い合いながらケンカをし、距離をもちながら信頼し合っている絶妙なコンビネーションが面白いのだ。

さて、この映画だが、東直己の原作がしっかりしていたのもあって十分楽しめました。よく知っている札幌ロケなので、あぁ、あそこか…などとロケ地に思いをめぐらせながら楽しむことも出来ました。ただ、殺人現場となった旧西武デパート横の路地は、ススキノじゃないけどなぁ…なんて余計なことが気になったりしてしまいました。

大泉洋のハードボイルド探偵ものというのがクールさがないだけにどうかという気もしていた。微妙にやや漫画チックな劇画調スラップスティックなドタバタ感のある探偵ものだった。とても大泉洋はチャンドラーの探偵フィリップ・マーロウにはなれやしない。ニヒルではなく、いつでもどこか笑えるのだ。まぁ、探偵はいろいろだ。ちょっと間抜けでドジな探偵、決してクールでカッコ良くはない。それはそれで彼のキャラクターを楽しめばいいのかもしれない。

冒頭、カルメン・マキが登場したのにまずニンマリ。彼女の唄は大好きだった。「カルメン・マキ&OZ」はよく聴いてました。久しぶりの登場でうれしかったです。エンディングのテーマ曲も歌ってましたね。

それから配役の中で一番光っていたのは、有薗芳記。情けないオヤジがまさにはまり役。映画の中で効いてました。彼のダメ男ぶりの存在がとても効果的で泣けてきましたね。

ややスローモーションを多用している演出がちょっと気になりました。ただエンターテインメント映画として、十分飽きずに楽しめました。電話の相手がすぐ読めてしまう展開も残念。ファム・ファタールとしての小雪の存在が鍵だけど、僕はやや物足りなかったなぁ。


製作国:2011年日本映画
配給:東映
監督:橋本一
原作:東直己
脚本:古沢良太、須藤泰司
音楽:池頼広
企画:香月純一、森田潔
撮影:田中一成
キャスト:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、桝田徳寿、野村周平、カルメン・マキ、中村育二、阿知波悟美、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸

☆☆☆3
(タ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ハードボイルド

「あぜ道のダンディ」石井裕也

ダンディ

「川の底からこんにちは」で俄然注目された若手監督・石井裕也。女優・満島ひかりと結婚したことでも話題になったが、この作品も彼の力がキラッと光る佳作だ。なんていったって主演が三石研なのだ。この地味なキャスティングで映画を成立させてしまうのだから凄い。しかも面白いのだ。これは、世の父親たちに捧げる応援歌であり、僕も父親なので思わず、共感して涙してしまった。

彼のオリジナル脚本であるところも素晴らしい。セリフのやりとりのセンスがいいのだ。なかなか笑えるテンポと間合いのセリフ。苦虫を噛み潰したような無愛想な中年男・宮田淳一(光石研)と親友真田(田口トモロヲ)とのやりとりがまずいい。最初の場面の仕事仲間の藤原竜也の呼びかけに無視し続ける光石研の演出から見事だ。そして、小道具の帽子の使い方もニンマリしてしまう。さらに息子や娘たちとの会話、やりとりにも面白さがある。「お父さん、安月給なのに・・・私・・・」と自分の不甲斐なさに涙する妹。そんなに「安月給、安月給言うな」とたしなめる兄。この場面はとてもいい。実の娘には何も言えないのに、援助交際するよその娘には説教できるあたりにも笑える。(「跳べ、メス豚、跳べ!」)

この映画は、そういうセリフのやりとりの面白さがすべてだ。決して劇的な展開の物語があるわけではない。クスッと笑えるセンスが絶妙なのだ。クライマックスのウサギのダンスもいい感じだ。

田口トモロヲがとてもやさしい気の弱い友を演じていて、素晴らしい。このキャスティングで、このレベルの映画を撮れてしまう石井監督の手腕には脱帽だ。ダメ男、ダメ女を描くのがとても彼はうまい。そのどん底ぶりを笑いに転化させて、人間そのものの魅力を引き出し、観客に共感させてしまう演出力・描写力は見事な力だ。人と人との関係、間合いを描くのがうまい監督なのだ。


製作国: 2011年日本映画
配給: ビターズ・エンド
監督・脚本: 石井裕也
撮影: 橋本清明
音楽: 今村左悶、野村知秋
主題歌: 清竜人
キャスト: 光石研、森岡龍、吉永淳、西田尚美、田口トモロヲ、山本ひかる、染谷将太、綾野剛、螢雪次朗、藤原竜也、岩松了

☆☆☆☆4
(ア)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 家族

「劇場版・神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」入江悠

ロックンロール

『SR サイタマノラッパー』で映画ファン、音楽ファンを熱狂させた新鋭・入江悠監督作。人気バンド“神聖かまってちゃん”の名曲群をモチーフとした、オリジナル脚本による青春群像劇となっているそうだ。

神聖かまってちゃんはネットで評判になっているバンドだそうだ。よくは知らなかったたが、「ロックンロールは泣き止まないっ」の曲だけは聴いたことあった。
「ロックンロールは泣き止まないっ」

映画は、神聖かまってちゃんのコンサートまでの1週間をめぐって、それぞれのドラマとして描いている。神聖かまってちゃんを引きこもり応援ソングとして売り出そうとする業界との軋轢に悩むマネージャー、プロの棋士になろうとするパンクな女子高生(二階堂ふみ)の彼氏や家族との関係、シングルルマザー(森下くるみ)として男の子を育てながら、昼は清掃業、夜はショーダンサーとして働く毎日の苛立ち、その男の子は保育園で神聖かまってちゃんをPCで聴いて問題を起こす・・・それぞれの悩みや葛藤が神聖かまってちゃんのライブに向けて収斂していく物語。

『SR サイタマノラッパー』では引きのワンカット画面で、冷静に若者たちの葛藤を描いた入江悠だが、この映画はやや作り過ぎの感がある。物語として保育園の子供たちの描写にやや無理があるような気がする。実際に園児たちにも彼らのロックンロールが人気だとすれば、僕の認識不足だろうが・・・。プロ棋士を目指す女子高生の物語は、うまく描かれていたような気がするし、ダンサーのシングルマザーの物語がもう少し面白ければ、もっといい映画になったのにと思う。

ネットで人気なバンドの現代性とそれぞれの物語がもう少し絡み合っていたら・・・と思ったりした。

監督・脚本・編集 入江悠
撮影 三村和弘
音楽 池永正二
主題曲/主題歌 神聖かまってちゃん
キャスト:二階堂ふみ、森下くるみ、宇治清高、三浦由衣、坂本達哉、野間口徹、堀部圭亮、神聖かまってちゃん

☆☆☆3
(ロ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 音楽

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
60位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター