FC2ブログ

「シリアスマン」 コーエン兄弟

E1298622919015_4.jpg


「あなたに起きることすべてをあるがままに受け入れなさい」ラビ

ユダヤのフォークロアの「Dybbuk」(悪霊)にもとづく寸劇が冒頭でイーディシュ語で語られる。悪霊にとり憑かれた物語。コーエン兄弟の作品の登場人物たちは、これまでも雪だるま式に不運に見舞われ、転がり落ちて行く人々が多かった。それはみんな、悪霊にとり憑かれた人たちなのかもしれないと思えてくる。

そして時代は1967年代のアメリカのミッドウエスタン、ミネソタのユダヤ系の学校でのヘブライ教室へと移る。授業中にジェファーソン・エアプレインの「Somebody to Love」を聴いている少年はひょっとしたらジョエル&イーサン・コーエンたちだったのかもしれない。

そう、これはユダヤ人コミィニティの狭い共同体が描かれる映画だ。われわれが窺い知るのことない特殊なコミュニティ。コーエン兄弟の出自そのものであるこのアメリカの田舎の閉鎖的ユダヤ人コミュニティ。好きも嫌いも、浸透も反発も含めて、これがコーエン兄弟が育った環境なのだろう。ヘブライ語の授業に子ども達は退屈しきっている。ロックや西部劇に子ども達は夢中であり、マリファナを吸い、けっして敬虔なユダヤ教徒ではない。それでもカリスマ的なラビ(僧侶)たちが共同体には存在し、成人式を受ける子どもをユダヤ社会のみんなが祝福する。

無宗教的世界に生きる我々日本人には、とっつきずらい映画である。だから公開が1年も遅れたのだろう。ユダヤ的コミュニティやユダヤ教について、よく知らない私もわからないところがたくさんある。それでも、この奇妙でなんの解決もされないまま投げ出される不幸の数々の滑稽さに、共感できるところがいろいろあって僕は面白かった。


途中、歯医者の話が出てくる。歯の裏側にヘブライ文字で「助けて」というメッセージを見つけるという話である。冒頭の悪霊のエピソードと同様に、なにもその意味は説明されない。ラビからその話を聞いた大学教授ラリー・ゴプニック(マイケル・スタールバーグ)も「だからどうしたの?」と訪ねるが、ラビは「それだけだ」と答えるのみ。エピソードの意味は何もない。冒頭の「あなたに起きることすべてをあるがままに受け入れなさい」という言葉を思い出す。どんな理不尽で不条理で不思議なことが起きようとも、「受け入れる」しかないのだ。東欧の同じユダヤ人作家のカフカの『変身』のザムザのように。

落第の韓国人の学生から賄賂をもらって拒否すると父親に訴えられると言われ、ユダヤ人嫌いの狩りの好きな隣人とのトラブルが起こり、ラリーの兄アーサー(リチャード・カインド)は変態の引きこもりで、ギャンブルによって警察沙汰になる。子供達も好き勝手で家庭はバラバラだ。あげくに妻に突然離婚を言い出され、相手は友人のサイ・エイブルマン(フレッド・メラメッド)。ラリーはなぜか家を出てホテル住まいを強いられる。交通事故まで起きて、なんでこんなに真面目に生きているのに、不運が次々と襲い掛かるのだ?とラリーは思う。そりゃそうだろう…。

主人公のラリーは物理学者であり、「シュレティンガーの猫」の量子力学の不確定性原理の授業をする。「観測されるまであらゆる確率は不確定」なのであり、その不確定性のパラドックスの中で我々は生きている。兄のアーサーはユダヤ人が得意な数字で何かを解釈し、未来を予測しようとしている。カバラ数秘術みたいなものなのか?それでギャンブルをしてお金を手に入れたりしちゃいます。いずれにせよ、この不可解な世の中を、何らかの形で解釈しようとしているのです。

しかし、世界の不可解さを何一つ解釈などできはしない。数学でも物理でも神秘思想でも。すべては「神の御心のままに」なのか。我々は「あるがままに受け入れる」しかないのか?

ラリーは最後に、ワイロの見返りとして落第が決まった生徒の成績に手を加える。運命に自ら手を加えるのだ。イヴがヘビにそそのかされて禁断の実を食べてしまった原罪と同じようにそれは罪なのか。ラスト、暗い空に巨大竜巻が迫り、健康診断の結果の悪い知らせのようなものが入って映画は終わる…。


宗教という共同体で救われるかどうかは分らない。ユダヤ教の教えが語るように「神の御心のままに」受け入れることができるのか?この映画では答えはない。ただ悪霊にとり憑かれたように、不運が次々と襲いかかってくるだけだ。

人生はいつだって理解不能の出来事の連続だし、解決など簡単にできはしない。笑うしかない不運もあるだろう。理不尽に問い詰められたり、友や妻に裏切られたり、事故にあったり…。それでもあるがままに受け入れて生きるしかないのだ。今回の震災だってきっとそうなのだ。われわれは、受け入れて前に進むしかない。不正をせずに。理解不能なこの世の中であろうとも。何かのメッセージを受け取り、生きて行くのだ。よりましな暮らしになるように。



製作年 2009年
製作国 米
原題 A SERIOUS MAN
監督・脚本・プロデューサー: ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン
撮影監督: ロジャー・ディーキンス
音楽: カーター・バーウェル
キャスト:マイケル・スタールバーグ、リチャード・カインド、フレッド・メラメッド、サリ・レニック、アーロン・ウルフ、ジェシカ・マクマヌス、アダム・アーキン

☆☆☆☆4
(シ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

「SOMEWHERE」 ソフィア・コッポラ

110117_SOMEWHERE_sub2.jpg

この映画を観ていて、なんだかせつなくて泣けてくるのは、俺が娘の父親だからか…。

かけがえのない時間が誰にでもある。二度と取り戻すことのできない時間が。そんな愛おしく美しい時間を描いているソフィア・コッポラの感性は、やはり只者ではない。あのプールの水の中でおどける二人。青い空と雲。プールサイドで寝そべる二人の至福の時間。あの時間を描くためにこの映画は撮られたのだろう。

映画は対立も葛藤も描かれない。淡々とハリウッド・スターのジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)の派手な日常が描かれる。フェラーリで走り回り、ホテルの部屋にポールダンスの女の子を呼び、踊りを観ながらも眠ってしまう自堕落な日々。そんな時、別れた妻のもとで暮らしていた11歳の娘クレオ(エル・ファニング)をしばらくの間、預かることになる。クレオが初々しく美しい。フィギアスケートをするクレオ、それを見つめる父。イタリアのホテルの部屋のプールではしゃぐクレオ。朝、目覚めたら父親の横に女がいて、不機嫌になるクレオ。父と娘の微妙な関係がドラマとしてではなく、さりげない空気として描かれる。

この映画は、女性の感性に満ちている。人間関係の葛藤や対立を物語として描くのではなく、人物たちに寄り添うように静かに見つめているその空気が、なんとも愛おしく切ない映画だ。娘と過ごした過去の時間を思い出してしまった。

プールサイドで二人が戯れる場面の音楽がとてもいい。(ストロークス「I'll Try Anything Once」)
ストロークス「I'll Try Anything On」

撮影は、ガス・ヴァン・サント作品でおなじみのハリス・サヴィデスだそうです。モノローグ的な映像がとてもいいです。

この映画に対して、セレブの親子の閉じられた関係の映画でしかないというような指摘がある。確かにそのとおりだと思う。ソフィア・コッポラという監督は、『ヴァージン・スーサイズ』でも『マリー・アントワネット』でも閉じ込められた少女たちや女性を撮ってきた。閉じ込められた部屋での繊細な感性。この映画の少女もまたホテルの部屋に閉じ込められている。外に対して開かれていないし、内閉している。そこには他者との関係の葛藤や地獄がない。たぶん、それはこれから彼女が向かうであろう道なのだ。ソフィア・コッポラは、この映画で父との関係を描き、これから部屋を出て、外へと向かうのだろう。この関係の地獄が渦巻いている荒野へ。この少女のように、母や父に別れを告げて、荒野へと歩き出す…。そんな次回作を期待したい。

英題: SOMEWHERE
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年4月2日
監督・脚本・製作: ソフィア・コッポラ
製作: G・マック・ブラウン / ロマン・コッポラ
製作総指揮: フランシス・フォード・コッポラ / ポール・ラッサム / フレッド・ルース
撮影監督: ハリス・サヴィデス
音楽: フェニックス
キャスト:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス

☆☆☆☆4
(サ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 家族

「ハーブ&ドロシー」 佐々木芽生

1008491_01.jpg

マンハッタンに暮らす現代アートコレクション夫婦のドキュメンタリー。1LDKのアパートに4000点もの現代アートをコレクションしている老夫婦の話だ。

この老夫婦の人柄がとにかくいいのだ。「金のためにコレクションをしているのではない」と、どんな高値がついても一切コレクションを売らなかったというハーブの信念。それを尊敬している奥さんドロシーとの関係。とてもうらやましい関係だ。ハーブも「ドロシーがいなかったら、ここまでコレクションは出来なかった」と言う。共感しあえるパートナーがいるということのなんという幸福。職場では孤独でも、彼にはドロシーがいた。

ドキュメンタリーとは、出ている人が魅力的であれば成立するのだ。4000点もの現代アートを集めているその事実の凄さとは別に、彼らが好きなことに人生のすべてを賭けて楽しんでいるその姿に僕らは感動するのだ。



原題 HERB & DOROTHY
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 クレストインターナショナル
上映時間 87分
監督 佐々木芽生
出演 ハーバート・ヴォーケル
ドロシー・ヴォーケル
チャック・クロース
ロバート・マンゴールド
リンダ・ベングリス

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ドキュメンタリー アート ☆☆☆☆4

「フード・インク」 ロバート・ケナー

1008543_01.jpg

アメリカの「食」事情に正面から切り込んで、問題を告発したドキュメンタリー。結論ありきで誇張した演出で見せるようなイヤらしいプロパガンダ的なドキュメンタリーではなく、真面目にアメリカの食産業を牛耳る大企業の問題点を告発していて、好感が持てる。さぞかし、いろいろなプレッシャーがあったことだろう。

それにしてもアメリカは凄いことになっている。資本主義社会が行きつく果ては、こういうことになってしまうのだろうか?大量生産、大量消費、農業の効率化、オートメーション化、さらに移民を使った人件費の抑制、科学の力による遺伝子組み換えや抗生物質、農薬・化学肥料による生産性・採算性の向上。

アメリカの食肉会社は大手の数社で握られているという。ファーストフードに流通させる大量のひき肉。安定需要に安定供給。牛が広大な敷地を持つ牧場ならぬ生産工場に集められ、超高速のラインで処理されていく。食は農業ではなく、工業だ。さらに大量生産で作られる安価なコーンを飼料に入れることで、本来草を食べる草食動物である牛の内臓には負担がかかり、抗生物質を飲ませることで、O-157などの危険な大腸菌を持つようになる。そして、超高速のラインで完全に消毒されないで消費者にわたるケースもあるのだとか。ハンバーガーを食べてO-157の食中毒で死亡した男の子の話が出てくる。さらにひき肉工場でアンモニア消毒していたり、もうその裏側は恐ろしいことになっているのだ。しかも、これらの食肉業者の大企業が政治家と癒着していたりして、食の安全が守られていない。添加物などの表示も不透明だったりするようだ。

肉会社の大企業は、生産者に設備投資をさせて借金で縛りつけ、自分たちのやり方を押し付ける。大量の鶏舎では、動くこともできない状態で飼料を与え続け、鶏は歩くことさえできずに足が折れてしまう。従来の1/2の期間で2倍のサイズの鶏を育て、消費者が大好きな胸肉を大きく効率よく作るのだ。

鶏も牛も豚ももはや生き物ではない。モノとして工場ラインに乗せられ殺され、加工され流通される。そこには、命の尊厳など微塵もない。家畜は食料の材料でしかない。どれだけ効率よく生産できるか。しかも肉の解体作業などは移民などに低賃金でやらせる。あの工場のラインで運ばれていくニワトリたちの姿は、恐ろしいを通り越して漫画のようですらある。

アメリカの農場の30%はコーン畑だという。コーンは家畜の飼料だけではなく、ジュース、ケチャップ、ダイエット甘味料、スナック菓子などあらゆる食品の原料として使われている。そのコーンは遺伝子組み換えで効率よく大量に作られたものであり、アメリカも日本もそのラベル表示の義務はないというのだ。

オーガニックで栽培していたり、昔ながらの農場で鶏や豚に放牧で草を食べさせている生産者が救いのように出てくる。消費者の求めるものが変わらないと、この巨大な食のシステムは変わらない。安いことには理由があるのだ。貿易自由化によって、アメリカの巨大農業でメキシコの農業が壊滅して、メキシコの農業者は移民として工場生産者になっていった。グローバル化による功利主義の果てには強いモノだけが勝つのだ。そして、この大量生産、大量消費の安さの裏側の怖さに気付かないと、世界の食の事情はとんでもないことになる。オーガニックもブームになって流通に乗るようになったが、これも儲けるための戦略だったりする。ちゃんと消費者が見きわめないと、騙されかねないのだ。

ちょっとアメリカのファーストフードや食べ物が恐ろしくて食べられなくなるかもしれない。
日本がこうならないためにも、地産地消、地域の生産者と消費者の信頼関係を大事に築いていくしかないのだ。食は経済だけの問題ではなく、命をつなぐものなのだから。


製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 アンプラグド
監督 ロバート・ケナー
出演 エリック・シュローサー,マイケル・ポーラン

☆☆☆☆4
(フ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ドキュメンタリー

「トゥルー・グリット」コーエン兄弟

TG-06136R_jpg_rgb-300x200.jpg

一作ごとに作風を変えるコーエン兄弟は大の映画好きだ。あらゆる映像手法を駆使して、人間の馬鹿らしさや滑稽さや愚かさや強い信念や深い哀しみを描いてきた。映画のことを知りつくしている二人。彼らの最高傑作は『ファーゴ』であることは誰もが認めるところだろう。かと思うと『ビッグ・リボウスキ』や近作『バーン・アフター・リーディング』のような突拍子もない滑稽で不思議で楽しい映画も作る。そんなコーエン兄弟が西部劇という体裁をまとった少女の冒険ファンタジー&ロードムービーを作った。

『ノーカントリー』では、逃げる男と追う殺人鬼、理不尽で理由なき圧倒的な暴力そのものを描いたのに対して、この映画は正反対にわかりやすくストレートに、父の仇である犯人を追う少女の「真の勇気」(トゥルー・グリット)を描いて見せた。少女のまっすぐな思いと勇気に、飲んだくれの保安官(ジェフ・ブリッジス)と犯人を追いかけているテキサス・レンジャー(マット・デイモン)の2人のオヤジが巻き込まれていく。少女マティ役のヘイリー・スタインフェルドの生意気な感じと強い眼差しがいい。少女のまっすぐな意思がこの映画の推進力だ。

さらに二人の男と一人の少女との微妙な三角関係のロードムービーとしても楽しめる。男2人と1人の女の旅モノと言えば『明日に向かって撃て!』や『冒険者たち』などを僕は思いだす。それら映画の雰囲気とは全く違うが、旅の過程で少女と2人の男の関係が変わっていくあたりは同じだ。

ラストの幻想的な星空の下を馬が駆けるシーンは、コーエン兄弟らしい幻想的なファンタジーだ。少女の冒険活劇の最後でオヤジたちは必死になる。人間とともにある馬の疾走が映画の全編を通して印象的な映画だ。

いつもひねりの効いたコーエン兄弟の作品としては、ストレートでまっとう過ぎる展開に物足りなさは感じるが、少女の意志の強さとともに二人の男のサポートぶりが楽しい。ラストの登場する40歳になった少女の凛とした感じもいい。これは復讐劇という体裁を整えているが、事件そのものを描いていないので、その意味合いはうすい。どちらかというと少女の冒険と旅の物語なのだ。
ジョン・ウェイン主演の名作西部劇「勇気ある追跡」(1969)のリメイク。


コーエン兄弟「ノーカントリー」
コーエン兄弟「バーン・アフター・リーディング」


製作国:アメリカ 
製作年:2010年
原題:True Grit
監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、ロバート・グラフ、デビッド・エリソン、ポール・シュウェイク、ミーガン・エリソン
原作 チャールズ・ポーティス
撮影 ロジャー・ディーキンス
音楽 カーター・バーウェル
出演:ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ヘイリー・スタインフェルド、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー

☆☆☆☆4
(ト)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 西部劇

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カーペンター
ジョン・カサヴェテス
ジョン・フォード
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロバート・アルドリッチ
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今泉力哉
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
白石和彌
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
40位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2019年ベスト5
    「ジョーカー」
      「よこがお」
        「真実」
          「バーニング」
            「ブルーアワーにぶっ飛ばす」
              次点、「さよなら くちびる」

            2018年ベスト10
            <洋画>
              「スリー・ビルボード」
              「正しい日、間違えた日」(2015)
              「希望のかなた」
              「顔たち、ところどころ」
              「ラブレス」

            <日本映画>
              「万引き家族」
              「寝ても覚めても」
              「きみの鳥はうたえる」
              「モリがいる場所」
              「カメラを止めるな」


            2017年ベスト10
            <洋画>
              「パターソン」
              「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
              「誰のせいでもない」
              「ありがとう、トニー・エルドマン」
              「オン・ザ・ミルキー・ロード」
              「パーソナル・ショッパー」
              「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
              「マリアンヌ」
              「婚約者の友人」
              「セールスマン」

            <日本映画>
              「散歩する侵略者
            /予兆 散歩する侵略者」
            「三度目の殺人」
            「南瓜とマヨネーズ」
            「光(大森立嗣)」
            「息の跡」
            次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
            次点「幼な子われらに生まれ」
            次点「バンコクナイツ」


          2016年ベスト10
          <洋画>
            ダゲレオタイプの女
            マイ・ファニー・レディ
            キャロル
            シング・ストリート 未来へのうた
            リザとキツネと恋する死者たち
            グッバイ・サマー
            サウルの息子
            マジカル・ガール
            ブリッジ・オブ・スパイ
            手紙は憶えている
          <日本映画>
            淵に立つ
            クリーピー 偽りの隣人
            海よりもまだ深く
            ふきげんな過去
            SCOOP!
            永い言い訳
            オーバー・フェンス
            ディストラクション・ベイビーズ
            葛城事件
            湯を沸かすほどに熱い愛
            次点この世界の片隅に


          2015年ベスト10
          <洋画>
            やさしい女
            さよなら人類
            さらば、愛の言葉よ
            毛皮にヴィーナス
            雪の轍
            愛して飲んで歌って
            サンドラの週末
            サイの季節
            インヒアレント・ヴァイス
            ソニはご機嫌ななめ

          <日本映画>
            海街dairy
            岸辺の旅
            FOUJITA
            百円の恋
            この国の空


          2014年ベスト10
          <洋画>
            エレニの帰郷
            グランド・ブタペスト・ホテル
            罪の手ざわり
            ウルフ・オブ・ウォールストリート
            ジャージー・ボーイズ
            インサイド・ルーウィン・デイヴィス
            6才のボクが、大人になるまで。
            フランシス・ハ
            ウォールフラワー
            ある過去の行方

            <日本映画>
            そこのみにて光輝く
            ニシノユキヒコの恋と冒険
            紙の月
            Sventh Code
            私の男


              2013年映画ベスト5
          <洋画>
            1、「愛、アムール」
            2、「ホーリー・モーターズ」
            3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
            4、「いとしきエブリデイ」
            5、「ムーンライズ・キングダム」
            ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

            <日本映画>
            1、「共喰い」
            2、「さよなら渓谷」
            3、「恋の渦」
            4、「リアル 完全なる首長竜の日」
            5、「Playback」(2012年)


            2012年映画ベスト10
          <洋画>
          2、「少年と自転車」
          3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
          4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
          5、「きっと ここが帰る場所」
          6、「ドライヴ」
          7、「風にそよぐ草」
          8、「恋のロンドン狂騒曲」
          9、「おとなのけんか」
          10、「別離」
          次点 「裏切りのサーカス」
        番外
          「永遠の僕たち」
          「J・エドガー」
          「家族の庭」

        2、「かぞくのくに」
        3、「演劇1&2」
        4、「夢売るふたり」
        5、「アウトレイジビヨンド」
        番外 「ヒミズ」


      2011年映画ベスト10
      2,「愛の勝利を」
      3,「ブルーバレンタイン」
      4,「愛する人」
      5,「クリスマス・ストーリー」
      6,「トゥルー・グリット」
      7,「SOMEWHERE」
      8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
      9,「エリックを探して」
      10,「シリアスマン」
      次点,「エッセンシャル・キリング」

    2,「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター