FC2ブログ

「暗殺のオペラ」ベルナルド・ベルドルッチ

ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」に収められている「裏切り者と英雄のテーマ」が原作。北イタリアの架空の町が舞台。ファシストによって暗殺された町の英雄の父の死の真相を探るために、息子のアトスは町を訪れる。謎めいた街の空気。口を閉ざす人々。父の愛人だった女性にアリダ・バリ。父と息子の二役をジュリオ・ブロージが演じる。英雄と瓜二つの息子。過去と現在が行きつ戻りつ、反ファシズムの父の協力者であった町の3人に会ううちに意外な真実にたどり着く。反ファシズムの英雄として死ななければならなかった父の死の真相。

謎めいた田舎町の空気。何かありそうな村の人々。絵画的映像の美しさ。色彩の設計。ややまったりとした展開で、ファシズムが支配的な町で、ムッソリーニ暗殺計画が4人の男たちによって企てられる。それがなぜ失敗に終わり、父は殺されなければならなかったのか。そんな息子による謎解きで展開するのだが、『暗殺の森』のようなワクワク感や妖しさはない。のっぺりとした田舎町の謎めいた映像美とオペラ。赤いスカーフをいつも身に着けている英雄アトスのダンスシーンも印象的に描かれる。時空を超えた架空の町に迷い込んでしまったような混乱。反ファシズムの英雄物語が必要とされただけであり、真実は別のところにあった。ただアトスという英雄の心理的葛藤や苦悩のようなものが描かれていないので、なんだかよくわからない。なぜ裏切ったのかが分からないまま。まさにボルヘスの寓話であり、謎めいた空気だけが印象に残る。線路に生えた雑草は、この町が過去に取り残されたままであることを語る。


1970年製作/99分/イタリア
原題:Strategia del ragno
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1979年8月4日
監督:ベルナルド・ベルドルッチ
原作:ホルヘ・ルイス・ボルヘス
脚本:ベルナルド・ベルトルッチ マリル・パロリーニ エドゥアルド・デ・グレゴリ
撮影:ビットリオ・ストラーロ フランコ・ディ・ジャコモ
音楽:ベルディ シェーンベルク
キャスト:ジュリオ・ブロージ、アリダ・バリ、ピッポ・カンパニーニ、、ティノ・スコッティ

☆☆☆3
(ア)
スポンサーサイト



テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : サスペンス 幻想 ☆☆☆3

「暗殺の森」ベルナルド・ベルドルッチ

学生時代に見て以来、40年ぶりぐらい久しぶりに見た。ファシズムを描いた映画として、この『暗殺の森』は、ずーっと印象深く記憶に残っている名作だ。ルキノ・ヴィスコンティの『地獄に堕ちた勇者ども』とともに。テロリストの映画と言えば、ポーランドの『灰とダイヤモンド』のマチェックが印象深いが、この映画のマルチェロは、テロリストというわけでもない。どちらかというとテロリストにさえなれなかった体制同調者でしかないのだ。反ファシズムの恩師クアドリ教授から、「君はファシストに見えない」と言われたように、マルチェロは中途半端な存在でしかなかった。

この映画の素晴らしさは、生の歓びに満ちた音楽と美しきダンスシーン、そして霧と雪の森での死の世界、暗殺場面だ。妖艶な生との美しさと冷徹な死の世界。その二つの相反する世界が見事に重なり合い、ともに描かれているところだろう。

あらためて見ると、ロケ地となった建物などの場所の様式的な映像美が印象的だ。大臣執務室の大理石で覆われた巨大な空間、机の上での大臣の情事、マルチェロの父が入っている病院施設の仰々しさ、母が暮らす屋敷と庭の落ち葉の量、新婚妻とセックスする列車でのエロティシズム、さらにドミニク・サンダの圧倒的な美貌と存在感、ステファニア・サンドレッリと女二人で踊るダンス、そして二人の衣裳。あの圧倒的なダンスシーンは、フェリーニの『81/2』のダンスを思い出す。ファシストと反ファシストが同じ空間にいて、大きな踊りの輪ができる。生と死の饗宴。死の気配に満ち、裏切りが潜む美しき場面だ。そのダンスシーンの翌日、霧と雪の中を進む車、車内のマルチェロの青白い顔。そして、雪の森での殺人場面。車が止まった後の森の中の沈黙の間。車の窓越しの助けを求めるドミニク・サンダと見殺しにするマルチェロ。まったく立場が異なる場所にいるマルチェロとドミニク・サンダの前日のし合う場面と翌日の死で相対する二人。運命に翻弄され殺す側と殺される側の緊張感ある対峙こそが、この映画のアンビバレントな魅力を放っている。

マルチェロの幼少期の的トラウマが、彼の人生を苦しめた。「普通でありたい」という気持ちが、体制に同調することを求め、ファシストの道を選んだのか。マルチェロは、テロリストとして自ら手を下すわけでもなく、かといって体制に反発する意志も行動力もない。あくまでも受動的であり傍観者だ。最後にムッソリーニが倒れ、時代がひっくり返った時、マルチェロは、ファシスト時代の盲目の友を「ここにファシストがいるぞ!」と非難する。少年時代に殺したと思っていた男娼と再会し、彼は混乱する。プラトンの洞窟の光と影の比喩が、クアドリ教授との会話の中でも語られるが、マルチェロこそは、洞窟の影(幻影)に人生を翻弄されてきた男である。自らの的トラウマから男と女の間で揺れ、時代の大きなうねりの中で、居場所を見つけられずに彷徨い続けた男の哀しさと孤独がここにある。



1970年製作/110分/イタリア・フランス・西ドイツ合作
原題:Il conformista
配給:コピアポア・フィルム
監督・脚本:ベルナルド・ベルドルッチ
原作:アルベルト・モラビア
撮影:ビットリオ・ストラーロ
編集:フランコ・アルカッリ
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
キャスト:ジャン=ルイ・トランティニャン、ドミニク・サンダ、ステファニア・サンドレッリ、ピエール・クレマンティ

☆☆☆☆☆5
(ア)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 戦争 社会 人生 ☆☆☆☆☆5

「告白小説、その結末」ロマン・ポランスキー

新型コロナウィルスのおかげで、映画館になかなか行けず、家でHDDに録画している映画ばかり見ている。そんなんでポランスキーの最近の作品を見た。ロマン・ポランスキーは不安やサスペンスを描くのがうまい。閉鎖的空間に閉じ込められ、限られた登場人物の関係が息詰まるような感じ、歪んでいく不穏な空気。そう、『水の中のナイフ』とか名作ですよね。『反撥』、『袋小路』、『ローズマリーの赤ちゃん』。この映画も後半、田舎の屋敷で二人だけ生活が次第に不穏な空気に満ちていく。殺されてしまうかもしれないというサスペンス。外は雨。ポランスキーはよく雨を使う(『ゴーストライター』とか)。その雨によって、余計に閉じこめられる陰鬱なムードを描くのだ。

物語は、エルという怪しげな女性が登場するのだが、最後までこの女の正体がよくわからない。本当に実在した女性なのか、小説家の想像の人物なのか、解釈はいろいろあるだろう。たまたまちょっと前に見たベルナルド・ベルドルッチの『ドリーマーズ』でデビューしたエバ・グリーンが出ていて、この怪しい女を見事に演じている。小説家の生活に知らず知らずのうちに入り込んで、支配していく様子が怖い。嫌な感じの怖さなのだ。小説家演じるエマニュエル・セニエ(ポランスキーの妻)とエバ・グリーンのほとんどが二人芝居である。演劇的ともいえる密度。見ていてなぜこれほどすんなり仲良くなっていくのか不思議な感じもあるのだが、後から考えるとやはり想像上の人物ということか。人間の不確実さ、危うさ、混乱や恐怖を描き続けてきたポランスキーらしい作品。


2017年製作/100分/
製作:フランス・ベルギー・ポーランド合作
原題:D'apres une histoire vraie
配給:キノフィルムズ
監督:ロマン・ポランスキー
原作:デルフィーヌ・ドゥ・ビガン
脚本:オリヴィエ・アサイヤス、ロマン・ポランスキー
撮影:パベル・エデルマン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
キャスト:エマニュエル・セニエ、エバ・グリーン、バンサン・ペレーズ

☆☆☆3
(コ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : サスペンス ホラー ☆☆☆3

「ドリーマーズ」ベルナルド・ベルドルッチ

1968年のパリ、5月革命で学生のデモ隊が騒いでいた。シネマテーク・フランセーズの創立者アンリ・ラングロワが更迭されたことに映画監督や俳優たちが抗議の声を上げ、シネマテーク擁護委員会が結成され、その決定が覆されたという時代背景がある。ジャン・ピエール・レオもデモで演説している様子が映し出される。

シネフィルと言える映画マニアの一卵双生児の姉イザベル(エバ・グリーン)と弟テオ(ルイ・ガレル)、そしてアメリカ人青年マシュー(マイケル・ピット)がそんなラングロワ事件の騒ぎの中で出会う。そして親が旅行に行って不在となった双子のアパートの部屋で、3人は映画ゴッコ遊びをして興じる。そして、3人の男女の悪ふざけは次第に的にエスカレートしていく。

いろいろな映画な何度も引用される。ルーブル美術館を走り抜けるゴダールの『はなればなれに』の劇中の3人を真似する場面、『勝手にしやがれ』のジーン・セバーグが「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」と言いながら新聞を売るシーンも挿入される。そのほか、グレタ・ガルボの「クリスチナ女王」、フレッド・アステア、ニコラス・レイ、バスター・キートン、そしてロベール・ブレッソンの『少女ムシェット』のぐるぐる回って川に落ちる悲しきラストシーンまで、映画へのはふんだんに表現される。そのほか引用映画は、サミュエル・フラー『ショック集団』、ハワード・ホークス『暗黒街の顔役』、チャップリン『街の灯』、『フリークス』、『トップ・ハット』などだ。また、ジャニス・ジョプリンやジミ・ヘンドリックス、ドアーズ、ボブ・ディラン、そしてエディット・ピアフと時代を象徴する音楽も次々と流れてくる。

物語は一人の人間の片割れのような双生児の男女の近親相姦的に3人目のアメリカ人が的に介入することで、3人の関係は嫉妬を伴った複雑なものとなる。一度は離れていくかに思えた双子の姉弟だが、嫉妬が再び双子のを観念的に昇華させる。それはラストの革命への政治参加への態度とも重なり合う。当時の毛沢東主義への傾倒が部屋の中でも表現され、テオとマシューの政治論争もあるが、3人は閉鎖的空間での的遊戯に行き詰まりイザベルは自殺を試みる。しかし、学生の投石で窓ガラスが割れ、3人は部屋から外へ、町へと出ていく。そしてイザベルとテオは火炎瓶を投げ、デモ隊の闘争に過激に参加していく。一方、マシューは一人だけ二人に背を向けて去っていく。青春期の危うさともろさ。観念と的エロス。それは政治的観念的革命の挫折を象徴しているような終わり方でもある。死は明示されず、痛切で劇的な展開はない。  

ベルナルド・ベルドルッチらしい耽美的な映画である。ルイ・ガレルの無垢さと惜しげもなく裸体をさらすエバ・グリーンの美しさ。全裸で室内でふざけ合うシーンがほとんどであり、『ラストタンゴ・イン・パリ』にも通じるが、1968年という革命とが交錯したあの時代へのオマージュのようにも感じられる。


2003年製作/117分/R15+
イギリス・フランス・イタリア合作
原題:The Dreamers
配給:日本ヘラルド映画 

監督:ベルナルド・ベルべドルッチ
原作・脚本:ギルバート・アデア
撮影:ファビオ・チャンケッティ
キャスト:マイケル・ピット、エバ・グリーン、ルイ・ガレル
 
☆☆☆☆4
(ト)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 青春 社会 ☆☆☆☆4

「まぼろしの市街戦」フィリップ・ド・ブロカ

子どもの頃のテレビの洋画劇場で見て以来、鮮烈な印象が残っていた映画。4Kデジタル修復版でリバイバル上映され、札幌にもやってきたので、懐かしくなって観に行く。

クレイジーな精神病患者たちが誰もいなくなった街に飛び出し、繰り広げる奇想天外なファンタジーである。

第1次世界大戦末期、敗走中のドイツ軍が、占拠したフランスの小さな町に時限爆弾を仕掛けて撤退した。街の人たちは、街全体が爆破されると知り、大慌てで逃げだし、街は無人となった。そこに進撃するイギリス軍、スコットランド軍の兵士が一人、爆弾解除を命じられて伝書鳩とともに
街にやってくる。そこで精神病院に迷い込み、居残っていた精神病患者たちに「王」として祀り上げられる。

街に出た患者たちによって、サーカスの動物たちは解放され、象やクマが街を歩き回り、思い思いの衣装で着飾った患者たちは、自由に夢想し、パーティーをしたり、司教や貴族になったり、売春館のマダムになったり、理容師やラグビー選手など、もうみんながみんな自由なのだ。

その衣装の色使いが美しい。そして、サーカスのような陽気で哀愁に満ちた音楽が場を盛り上げる(ジョルジュ・ドルリュー音楽)。電線をサーカスのように渡るコクリコの美しき純粋さは、フェリーニの『道』のジェルソミーナのようだ。

そう、この映画は美しきファンタジーであり、哀愁に満ちたサーカスであり、
夢のカーニバルなのだ。戦争が突然、休止状態となり、街はユートピアになる。
ドイツ軍とスコットランド軍が再び鉢合わせをして、銃撃戦となり、全員が死んでしまうというブラックユーモア。「いくら何でも芝居が過ぎる」と患者たちが呆れて、静かになる。争うことをやめない人間たちの愚かさこそが狂気で、精神病患者たちこそが、歓びを味わい、恋をし、音楽を
楽しみ、仲間とともに人生を愉しむ人間らしさそのものという逆転。

束の間の美しき夢として、いつまでも記憶に残る映画だろう。

原題:Le roi de coeur
製作年:1967年
製作国:フランス
配給:パンドラ
日本初公開:1967年12月16日
上映時間:102分
監督:フィリップ・ド・ブロカ
製作:フィリップ・ド・ブロカ、ミシェル・ド・ブロカ
原案:モーリス・ベッシー
脚本:ダニエル・ブーランジェ、フィリップ・ド・ブロカ
撮影:ピエール・ロム
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
キャスト:アラン・ベイツ、ピエール・ブラッスール、ジャン=クロード・ブリアリ、ジュヌビエーブ・ビヨルド

☆☆☆☆4
(マ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ファンタジー 戦争 ☆☆☆☆4

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
91位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2019年ベスト5
    「ジョーカー」
      「よこがお」
        「真実」
          「バーニング」
            「ブルーアワーにぶっ飛ばす」
              次点、「さよなら くちびる」

            2018年ベスト10
            <洋画>
              「スリー・ビルボード」
              「正しい日、間違えた日」(2015)
              「希望のかなた」
              「顔たち、ところどころ」
              「ラブレス」

            <日本映画>
              「万引き家族」
              「寝ても覚めても」
              「きみの鳥はうたえる」
              「モリがいる場所」
              「カメラを止めるな」


            2017年ベスト10
            <洋画>
              「パターソン」
              「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
              「誰のせいでもない」
              「ありがとう、トニー・エルドマン」
              「オン・ザ・ミルキー・ロード」
              「パーソナル・ショッパー」
              「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
              「マリアンヌ」
              「婚約者の友人」
              「セールスマン」

            <日本映画>
              「散歩する侵略者
            /予兆 散歩する侵略者」
            「三度目の殺人」
            「南瓜とマヨネーズ」
            「光(大森立嗣)」
            「息の跡」
            次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
            次点「幼な子われらに生まれ」
            次点「バンコクナイツ」


          2016年ベスト10
          <洋画>
            ダゲレオタイプの女
            マイ・ファニー・レディ
            キャロル
            シング・ストリート 未来へのうた
            リザとキツネと恋する死者たち
            グッバイ・サマー
            サウルの息子
            マジカル・ガール
            ブリッジ・オブ・スパイ
            手紙は憶えている
          <日本映画>
            淵に立つ
            クリーピー 偽りの隣人
            海よりもまだ深く
            ふきげんな過去
            SCOOP!
            永い言い訳
            オーバー・フェンス
            ディストラクション・ベイビーズ
            葛城事件
            湯を沸かすほどに熱い愛
            次点この世界の片隅に


          2015年ベスト10
          <洋画>
            やさしい女
            さよなら人類
            さらば、愛の言葉よ
            毛皮にヴィーナス
            雪の轍
            愛して飲んで歌って
            サンドラの週末
            サイの季節
            インヒアレント・ヴァイス
            ソニはご機嫌ななめ

          <日本映画>
            海街dairy
            岸辺の旅
            FOUJITA
            百円の恋
            この国の空


          2014年ベスト10
          <洋画>
            エレニの帰郷
            グランド・ブタペスト・ホテル
            罪の手ざわり
            ウルフ・オブ・ウォールストリート
            ジャージー・ボーイズ
            インサイド・ルーウィン・デイヴィス
            6才のボクが、大人になるまで。
            フランシス・ハ
            ウォールフラワー
            ある過去の行方

            <日本映画>
            そこのみにて光輝く
            ニシノユキヒコの恋と冒険
            紙の月
            Sventh Code
            私の男


              2013年映画ベスト5
          <洋画>
            1、「愛、アムール」
            2、「ホーリー・モーターズ」
            3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
            4、「いとしきエブリデイ」
            5、「ムーンライズ・キングダム」
            ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

            <日本映画>
            1、「共喰い」
            2、「さよなら渓谷」
            3、「恋の渦」
            4、「リアル 完全なる首長竜の日」
            5、「Playback」(2012年)


            2012年映画ベスト10
          <洋画>
          2、「少年と自転車」
          3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
          4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
          5、「きっと ここが帰る場所」
          6、「ドライヴ」
          7、「風にそよぐ草」
          8、「恋のロンドン狂騒曲」
          9、「おとなのけんか」
          10、「別離」
          次点 「裏切りのサーカス」
        番外
          「永遠の僕たち」
          「J・エドガー」
          「家族の庭」

        2、「かぞくのくに」
        3、「演劇1&2」
        4、「夢売るふたり」
        5、「アウトレイジビヨンド」
        番外 「ヒミズ」


      2011年映画ベスト10
      2,「愛の勝利を」
      3,「ブルーバレンタイン」
      4,「愛する人」
      5,「クリスマス・ストーリー」
      6,「トゥルー・グリット」
      7,「SOMEWHERE」
      8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
      9,「エリックを探して」
      10,「シリアスマン」
      次点,「エッセンシャル・キリング」

    2,「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター