ドラマ「カルテット」最終話

サンキュー!パセリ ありがとう!カルテット・ドーナツホール!

そんな風に言いたくなる幸福なドラマのエンディングだった。謎で始まり、謎に満ちた展開が続いたドラマは、最後まで謎を残したまま、「あとはお好きに想像してください」と言わんばかりに、カルテットの4人が道に迷いつつ演奏へと向かって行った。カルテット・ドーナツホールのワゴン車で、エンディングテーマの「大人の掟」を登場人物たちが幸せに満ちた表情で歌い、たとえガス欠で目的地にたどり着けなかったとしても、彼らは楽しそうだった。幸せそうだった。
 
唐揚げの横にいてスルーされる<パセリ>であろうと、3流音楽家たちの<煙>のような意味のない演奏だろうと、「私はここにいる」と主張すること、そして、誰に何を思われようとも、強い「思いは誰かに届く」と信じること、そんな人生肯定のドラマだった。

ドーナツの比喩的に使う小説家といえば村上春樹だ。彼の『羊をめぐる冒険』では、

「ドーナツの穴を空白として捉えるか、あるいは存在として捉えるかはあくまで形而上的な問題であって、それでドーナツの味が少しなりとも変わるわけではないのだ。」

という文章がある。

空白としてのドーナツホール(謎=嘘)を抱えた4人のメンバー。結局最後まで、彼女たちは謎のままだった。マキさんの義父殺しは、最後まで謎のままだったし、あの手紙の主も明かされないままドラマは終わった。それが「スッキリしない」という意見もあるが、そもそも「白黒ハッキリさせることにどれだけ意味がるのか?」を問い続けたドラマでもあったのだから、謎が謎のまま終わってもなんらおかしくないのだ。「自由を手にした僕らはグレー」なのだから。

そして、マキさんは「謎の美人ヴァイオリニスト」であることを逆に利用して、コンサートまで開いてしまった。疑惑の女として、メディアに叩かれようが、晒し者にされようが、彼女は「誰かに何かを届けたい」と思った。その強さはカルテット・ドーナツホールというメンバーと巡りあえたから。4人はその思いを響かせ合った。たとえ「煙」と酷評されようが、三流と言われようが、コンサートステージに空き缶が飛んでこようが、途中で客たちが帰えろうが、自らを信じて演奏し続けること。それこそが生きていくということだ。

冒頭は、第1話のマキさんがワゴン車に乗り込み、軽井沢の別荘にやってくるまでの一連のやりとりが、別の女性ヴァイオリニストで繰り返される。家森さんは女性とキスをするのではなく、犬とじゃれ合いつつ車に乗り込み、すずめちゃんは机の下で寝転がり、驚かれる。しかし、動物の衣装を着て演奏をすることになって、「第一ヴァイオリンはマキさんじゃなくてはならない」ことを3人は再確認する。繰り返される仮装。そして、マキさんを誘い出すために繰り返される路上演奏。繰り返される服の「ボーダーかぶり」。そして、ラストもまた「唐揚げとレモン」が繰り返される。大きな輪を描くように、「カルテット」はぐるっと元に戻った。しかし、一回りしたメンバーのつながりは、他者では代用のきかない「なくてはならない関係」になった。空白としてのドーナツの穴は、どうでもいいものになった。いや、4人を結びつける必要なつながりになった。

とてもレベルの高い素晴らしいドラマだった。視聴者がいろんなことを考え、自由に語りあえる余白がいっぱいあった。ありがとう。楽しい火曜の夜の時間でした。

<追記>
「死と乙女」をコンサートの一曲目にしたことをすずめちゃんに問われて、「こぼれたのかな」「内緒ね」と意味ありげに口紅をひきながら語ったマキさんのことをあらためて考えてみると、彼女の義父殺し(あるいは殺意)がハッキリしてきた。義父に虐待されて死神と格闘し、死の淵をさまよったマキさん。だからこそ、第1話のイッセー尾形の「余命9カ月のピアニスト」という嘘は許せなかった。あのマキさんの密告に、あの時ギョッとしたけれど、彼女の生きざまの強さは、ここからきていたのだと納得。だからこそ、すずめちゃんに、彼女が最後まで許せなかった父のいる「病院へ行かなくていい」と宣言できたのだろうし、何を言われようともコンサートを開催することが出来たのだ。その「おとなの秘密」(罪)をすずめちゃんと共有する物語でもあるのだ。どん底の哀しみを経験した者のみが持つ「強さ」。あのメイクルームでの二人の地獄を見てきた女性の目くばせと笑顔は、このドラマの中で最も恐ろしい場面かも知れない。そんな過去の罪=嘘をも前向きに肯定する物語でもあるのだ。
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ「カルテット」第9話

早乙女真紀は、「誰でもなかった」。存在そのものが嘘だった。カルテット・ドーナツホールのマキさんの穴はとてつもなく暗く深いものだった。

このドラマが凄いのは、本当も嘘もひっくるめて肯定しているところだ。本当の正しさだけが、正義でもないし、真実でもない。薄っぺらな正しさなんて、クソ食らえだ。本当と嘘は混じりあい、嘘から始まる本当もある。「好きはあふれ出てくるもの」というすずめちゃんの台詞は、嘘をつかざるをえない哀しみと嘘の中からあふれ出す本当があることを示している。

このドラマは、それぞれの嘘から始まった。お金をもらってマキさんに近づいたすずめちゃん、好きだという想いを隠して、偶然出会ったふりをした別府君。マキさんの夫から階段を突き落されたと聞いて、お金を強請ろうと妻であるマキさんに近づいた家森さん。夫の失踪を隠していたマキさん。嘘の出会いから始まった4人。しかし、いつしか4人は嘘から本当の関係になった。なくてはならない関係に。

家森さんが、ホッチキスはステイプラーであり、バンドエイドは絆創膏、ポストイットは付箋紙、タッパーはプラスチック製密封容器、ドラえもんは猫型ロボット…と正しく言いなおそうと提案するが、本当の名前にどこまで意味があるのかと問いかける。早乙女真紀がヤマモトアキコだったとしても、マキさんはマキさんではないか。名前とは何か、存在とは何か、本当とは何か、嘘の存在からあふれ出してくるものとは何か…。ドラマは私たちに、そんな問いを突き付ける。

唐揚げにレモンをかけたら、味は元に戻らないように、繰り返し「不可逆」と「巻戻し(やり直し)」を問い続けてきたこのドラマは、「人生のやり直しスイッチはもう押さない」と登場人物たちに宣言させる。彼らがお互いに出会えたから。

「真紀さんは奏者でしょ。音楽は戻らないよ。前に進むだけだよ。一緒。心が動いたら前に進む。好きになったとき、人って過去から前に進む。」

すずめちゃんの言葉は、「前へ進むこと」を強く宣言する。嘘で始まろうとも、ダマし合っていようとも、お互いの「心が動いたから」、過去に戻らず、前に進むしかないのだと。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ「カルテット」第8話

遅くなったが、『カルテット』第8話レビューです。#カルテット

氷上のワカサギ釣りから始まる第8話。「魚類をバカにしたからですよ」などと言い合いながら、いつかのカーリングゲームのように、ワカサギ釣りに興じる4人。そして、氷上に空いた4つの穴が画面に映し出される。「カルテット・ドーナツホール」の名前のように氷上の4つの穴は、それぞれの嘘・闇・欠陥などを象徴しているように見える。それでも視聴者はすでに、このカルテットの4人の共同生活が、それぞれにとって「ちょうどいい場所」になっており、それぞれの嘘や闇を補い合う幸福な関係であることを知っている。それは、マキさんが「早く帰りましょうよ」と先に行くのを追いかける3人のじゃれ合うような氷上での転倒(何話目かでの車にペンキで字を描いていた時の3人の転倒の繰り返し)でも表現されているし、いつも言い争っていた食事シーンは、マキさんの義母(もたいまさこ)の食事前の説教を、いたずらっ子のように彼女の目を盗んで4人が食べる場面でも表現されている。カルテットの4人はもう家族や兄妹以上の関係なのだ。視聴者はすでに、この4人が一緒に楽しく暮らせることを願ってやまなくなっている。

しかし、今回は共同生活の部外者から、指導や査定が入り、共同生活の危機が迫ってくる。まずは、義母(もたいまさこ)が4人の生活が荒れてだらしないことを非難し、別府君の弟は別荘売却話を進めつつ、カルテットメンバーたちがダメ人間であることを指摘する。第8話では、4人は非難し合うことなく、お互いを思い合う。別府君が作ったそばを、代わる代わる何の違和感もなく4人が食べる場面が象徴的に演出される。洗濯も食べ物もみんな一緒の共同生活。しかし、その共同生活が維持できなくなることを感じとったすずめちゃんは、自ら働き、自立しようと試みる。そして、自分が好きな別府君のマキさんへの片想いを叶えてあげようと必死になる。

「君の好きはどこ行くの」
「私の好きは、その辺にゴロゴロしてるっていうか寝っ転がってて、ちょっとだけ頑張るときってあるでしょ?…そういう時にその人がいつもちょっといるの。そしたらちょっと頑張れる。そういう、好きだってことを忘れるくらいの好き」
「まぶしいね」

すずめちゃんの「好きだってことを忘れるくらいの好き」な想いをミッキー・カーチス爺さんに語る場面は、せつない。白い服を着て無垢なる想いを語るすずめちゃん。マキさんは、別府君とのデートで、正反対の黒い服を着る。すずめちゃんの片想いと、別府君の片想い。あるいは、家森さんの片想い。それぞれの片想いがつながっていくも、マキさんは「4人で出会ったから」と今の4人との共同生活を恋よりも大事にする。そして「いま死んでもいいくらい」だと意味ありげに語る。

家森君は、すずめちゃんへの想いを、S「好きです」、A「ありがとう」、そして、SをなかったことにするためのJ「冗談ですよ」と、自らの想いをごまかす。その<S→A→J>は別府君でも繰り返される。なかったことに出来なくても、なかったことにしながら、生きていくせつなさ。「好きです」という直線的な想いは、ドーナツの円い調和をかき乱すからだ。

マキさんが別府君に、いつものレストランでの演奏場所を見ながら「ずっとここでもいい」と言う。別府君は、誰もが「向上心を持っている」わけでも、「競争している」わけでもないし、それぞれに「ちょうどいい場所」があるはずだと言う。「ちょうどいい」は、それぞれにある。誰もが「ちょうどいい場所」を探し求めて人生を歩み続けているのかもしれない。だけど、なかなかその「ちょうどいい」がわからない。「ちょうどいい」大きさ、場所にたどり着けない。

4人で食べた蕎麦は、後半の「たこ焼き」につながっていく。マキさんは「たこ焼き」をみんなで食べようと4つ買い、家森さんは「好きな人のために」一つ買って行った。「食べること」が思いをつなぐ。それぞれがそれぞれのことを思い合う第7話にあって、衝撃の刑事の言葉が激しい雨とともに最後に宣告される。マキさんは、「誰でもない」人・・・だと。

それぞれの一方的な想いと4人の共同生活への想い。4人にとっての「ちょうどいい場所」とは、どこなのか?想いはいつでもすれ違い、幸福な時間は長くは続かない。それでも「好きだって忘れるくらい好き」になれることがあれば、人は頑張れるのかもしれない。

次回は、夫の謎からマキさん自身の謎へ。ドーナツの大きな穴は、マキさん自身にあった。さてさて、どこまで穴は深いのか?

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ「カルテット」第7話

多くの人がネットで指摘しているようにマキマキは巻き戻って早乙女になった。不可逆と巻き戻しがテーマの第7話である。アリスちゃんの猛然とした車のバック運転の異様さに呆気にとられつつ、「唐揚げにレモンをかけることは、不可逆なんだ」と熱く語っていた家森君は、早乙女の名前に戻ったマキさんに「巻き戻ってません?」と何度も繰り返し、エンディングテーマが冒頭に流れた。

このドラマでは「食事シーン」が重要な役割を果たしていることにあらためて気づかされる。初回の「唐揚げにレモン問題」から始まり、2回目の「ブイヤベースと餃子問題」、さらに第3話のすずめちゃんとマキさんの「そば屋でのかつ丼」話、第6話ではマキさんと夫の幹生の鍋シーンで決定的な役割を果たした「鍋敷きになった詩集」問題もあった。そして、第6話の完結編ともいべき今回の第7話は、マキさんと夫が奇妙な再会を果たした後での食卓の「おでん」である。

今回は「おでん」のシーンが重要だった。「おでん」でご飯を食べられることに気づいた二人のヨロコビを語り合う微笑ましいシーンがまず描かれ、マキさんのカルテットメンバー話を受けて、幹生が自らの冒険物語を語り出そうとしたその瞬間、マキさんは「柚子胡椒」を取りに食卓を離れる。いい雰囲気で笑いあい、語り合っていた食卓での二人の会話。そして興に乗って自らの話を披露しようとした瞬間に、その話の腰を折って幹生の物語をさえぎられた。このとき、幹生は何かを悟った。「やはりダメだ」という二人の関係。さらにワインを飲むだとか、飲まないだとかの噛み合わないやりとりが繰り返されるが、不在の1年間の距離を埋めようとした二人の「おでん」の食卓での努力は、マキさんが「柚子胡椒」を取りに行った瞬間に消えた。

それくらい男女の関係は微妙なものなのだ。バスローブを露出狂のように開けて見せて驚かせる夫のギャグを、マキさんは別荘でカルテットメンバーに繰り返していた(第1話)。小声のマキさんに似合わぬその身振りに違和感を感じたものだが、それが今回、夫のネタであったことが示された。あれはマキさんの夫への愛だったのか。再び帰ってきた夫に、マキさんはリクエストする。バスローブの幹生の動作は繰り返され、二人の関係は巻き戻るかに見えた。あの頃のように・・・。ひょっとしたらやり直せたもしれない二人。しかし、「おでん」の食事の「柚子胡椒」のシーンで、決裂は決定的になった。それは最後の抱擁の拒否と握手、さらには詩集の暖炉での焼却というあまりにも変わり身の早い現実的なマキさんへとつながっていく。

カルテットのメンバーでの食事のシーンの言い争いは、微笑ましいものがある。それぞれがお互いの主張をぶつけ合う。些細なことながら、我慢できないことを。それが屈託のない関係というものである。食べながら涙を流すことも、感情をぶつけあうことも、共同生活においてはとても大切なことなのだ。そのことをこのドラマは語っている。だから、「唐揚げにレモンをかけること」、「大切な詩集を鍋敷きにされること」に抗議できない幹生は、話の腰を突然折られても、怒れないのだ。それを察することのでいないマキさんとはやっていけないと思ってしまう。夫婦の巻き戻しは不可能だった。どうしようもない不可逆な時間。

アリスちゃんの落下と気絶。死と間違われつつ物語が展開し、死んだふりをそのまま続けたアリスちゃんは、車を逆回転させ、猿探しに舞い戻る。不思議の国のアリスちゃんの迷走ぶりが今後もなかなか興味深いが、マキさんの夫問題は解決し、カルテットの4人の「片想い」の関係が今後の物語の興味へと移っていく。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ「カルテット」第6話

椎名林檎のエンディングテーマの歌詞♪おとなはヒ・ミ・ツを守る♪が妙にドラマにマッチしてきて、みぞみぞしますね~。

前回からの緩急のつけ方が素晴らしい展開です。

前回は、演奏の当てぶりをさせられ、「志のある三流は四流」と陰口を言われた4人は、路上ライブで夢のようなハーモニーを奏でたが、後半一気に急展開。すずめちゃんの嘘が発覚して、別荘を飛び出し、失踪した夫が現れて驚きのエンディングでした。

そして第6話は、4人が一度も一緒に登場しないバラバラな回。これまで毎回繰り広げられてきた4人のバカバカしい言い争いは、家森さんの10万円バイトのくだりと、レストランでの「猿の青いふぐり」話で、別のメンバーで視聴者をクスッと笑わせつつ、ドラマは一転して、夫婦のすれ違いの話に。別府君は停電で会社の倉庫に閉じ込め、家森さんは雪山で青いふぐりの猿探しという奇妙な展開で一人一人にさせ、義母とマキさん、すずめちゃんと夫(クドカン)幹生の組み合わせで夫婦の物語が進行する。

なぜ夫の幹生は失踪することになったのか、出会いから別れまで、それぞれの思いで語られる。それぞれの思いの食い違いが同時に語られることで、視聴者は二人の思いを一瞬にして感じ取れる見事な構成。前回聞き取れなかった4人の同時しゃべりは、今回はわかりやすく機能する。

ヴァイオリンを弾く美女で、何を考えているの変らないミステリアスな女性に一目ぼれした夫は、妻にドキドキする恋人のような存在を求めていた。一方、妻は安心できる家庭を築きたかった。リアリストなマキさんは、自分の才能の限界を知り、ヴァイオリンより家庭を大切にした。ヴァイオリンを弾くマキさんに魅力を感じていた幹生は、何度も弾くことを薦めるが、マキさんは「家事することが私のやりたかったことだ」と言って、すれ違っていく。大好きな映画のDVDはまったく理解されず、プレゼントした詩集は鍋敷きにされ、夫の「大切なもの」は、妻にやり過ごされていく。ささいなすれ違いはどこの夫婦にもあること。価値観をすべて共有することなんてできないのは当たり前。しかし、夢見るオタク的な気の小さな夫の幹生は、妻に何も言えず、「唐揚げにレモンをかけること」さえ、笑って受け入れ、文句を言えない。妻はマイペースで、夫の我慢に気づかない。すれ違いは積み重なり、妻は「愛しているけど好きじゃない」存在になり、妻は「夫婦って、別れられる家族」なんだと思うようになる。リアリストの女性と夢見る子供の男性の食い違いは、男女のドラマの基本ですね。

そんな小心者の夫の幹生だが、金がなくなりコンビニ強盗に入る暴力性も描きつつ、ラストは一気に再びサスペンスへと持っていく。夫が現れたことで、マキさんの夫殺しのサスペンスは消滅したかと思いきや、新たなサスペンスが次回以降に展開されるのだ。ネットでも評判になっていたが、マキさんの何気ない夫への一言「「2階から落ちて死ぬ人もいるんだから」という台詞がラストの衝撃のカットへとつながっていく。緩から急への展開が見事で、毎回毎回、違う面白さを堪能させてくれるドラマだ。

「マキちゃんのヴァイオリン」と必死にアリスから守ろうとする幹生が、なんだかせつない。「おとなはヒ・ミ・ツを守る」のだろうか。次週以降の展開もますます楽しみ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
49位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター