FC2ブログ

「青春放課後」 里見弴、小津安二郎脚本

小津の幻のテレビドラマ。放送された年の12月に小津は没した。遺作となった脚本らしい。小津がもっと生きていたら、テレビドラマを撮ったかもしれない。小津の世界はテレビドラマが似合う。なんといっても台詞のやり取りに庶民の哀感があるからだ。派手なアクションは必要ない。

このドラマは芝居のシーンは全部セット。ロケ撮影はない(町のネオンとか風景のみ)。基本的に板付きの座り芝居であり、歩くなど動き芝居はほとんどない。演出は小津安二郎ではないため、画面構成やカメラ割りに小津的様式美はない。それでも小津的世界が十分表れている。

適齢期を過ぎようとする現代的な娘に小林千登勢。酒も飲むし、活動的で好奇心も旺盛。学生時代、京都で遊んだ男たち(宮口精二、北竜二)にとって、小林千登勢はひょっとしたら娘かもしれない存在。そんな曖昧な関係の中、小林千登勢はオジ様たちがいる東京に出てくる。母が持ってくる縁談話にもウンザリしており、新しい出会いも求めている彼女の東京での数日間の物語だ。小林千登勢がちょっと思いを寄せる北竜二の秘書に佐田啓二。三宅邦子や杉村春子のおば様たちが、若い小林千登勢をたしなめる。

京都の小料理屋、旅館の部屋。そして東京のバー、宮口精ニの家の台所や茶の間、北竜二の家の居間や玄関、友人のアパートの部屋などでのやり取りが全てだ。六本木のラーメン屋や赤坂の高級旅館も出てくる。台詞のやり取りが淡々と進むが、そこに人間たちの心の機微が映し出される。遠い青春への郷愁と老いを迎えた現在の悪友との語らい。婚期を過ぎた女性の結婚への思いや放課後、校庭に一人取り残されたような寂寥。高齢期を迎えた女性たちの若い女性への憧れと嫉妬。登場人物たちの間で、激しい葛藤はない。佐田啓二と出会うタイミングがずれてしまった小林千登勢は、人生の虚無を感じつつ、京都へ戻る。悪友たちは、娘かも知れない小林千登勢に接しながら、「お前の娘にしては上出来だ」と笑いあう。善人というわけではない。男は女が好きで、女も男に関心を持ち、男も女も若さへの郷愁と憧れや嫉妬を持つ。ちょっとした隠し事があり、狡さもある。それぞれの思いを抱えながら生きている人間たちを静かに包み込むように描いているのは、やはり小津的世界そのものと言えるだろう。


1963年3月21日 NHK 
放送時間 88分
演出:畑中庸生
脚本:里見弴,小津安二郎
音楽:斎藤高順
キャスト:小林千登勢,佐田啓二,宮口精二,三宅邦子,北竜二,杉村春子,西口紀代子,環三千世,高橋幸治,稲野和子,マイク・ダニーン,藤代佳子,南美江

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

豪華客船と映画 海に浮かぶ夢の島

イタリアで豪華客船の座礁事故がありました。船長のあまりにも無責任で情けないマザコン男ぶりが話題になっていますが、豪華客船は考えてみれば富と夢の象徴なんですよね。豪華客船と映画の関係についていろいろと思い出してみました。


豪華客船の映画として有名なのが『タイタニック』であり、『ポセイドン・アドベンチャー』あたりの沈没パニックものだろう。

しかし、僕にとっては豪華客船ものと言えば、ロマン・ポランスキーの『赤い航路』という官能的な映画が忘れられない。車椅子の男と美しい女の夫婦が、船上でであった夫婦に二人の赤裸々な性の過去の物語を語り出すという映画だ。

『ゴダールのソシアリスム』というゴダールの最新作が、今回座礁したものと同じ船コスタ・コンコルディア号が撮影されていた。予告編だけでもカッコイイので貼っておこう。
『ゴダールのソシアリスム」予告編

ユーロの今の危機と重ね合わせると、なんだかあまりにも象徴的で皮肉ですね。

フェリーニが、『そして船が行く』や『アマルコルド』で豪華客船を使っている。特に『アマルコルド』で、夜に住民たちが沖合いの光り輝く豪華客船をボートに乗って迎えに行くシーンがある。それはまるで海に浮かぶ光り輝く夢そのものとして描かれていた。
img_956195_28877008_13.jpg


『海の上のピアニスト』なんて映画もありましたね。船で一生を暮らした男。マリリン・モンローが船の上で金持ちの男を探す『紳士は金髪がお好き』なんていうコメディー映画も思い出します。船の上は逃げようのない限定された空間なんですね。ヴェルナー・ヘルツォークは、『フィツカラルド』で、妄想に取り憑かれたオペラ好きの実業家が、巨大な船で山を越えるとんでもない映画をつくりました。

豪華客船には、富の繁栄の象徴があり、あるときは陸の人間が眺める夢そのものであり、また船室ごとの身分差や格差が描かれ、海上に浮かぶ一つの町であり、そんな夢の島と沈没の悲劇も描かれる。『飢餓海峡』という青函連絡船が印象的に使われている日本映画も思い出しました。

昔から豪華客船は、映画にとっては欠かせないドラマの舞台なのですね。人生とは旅そのものだからかもしれません。

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

視線の物語

男は女を見る。女は男に見られる。カメラはその視線を切り返す。見る男の顔、男の視線としての女。そして再び見る男。そのカットバックによって映画は作られるといっても過言ではない。映画とは視線の物語である。

視線を扱った映画を数え上げたらきりがない。アルフレッド・ヒッチコックは視線をサスペンスの道具立てにした。『裏窓』は覗きから犯罪を目撃してしまう物語だし、その影響を受けた「覗き」の映画は数多くある。

先日ヒッチコックの『めまい』を観た。まさしく視線の映画だ。『めまい』では、死んだはずの女が再び男の前に現われ、男は死んだ女のイメージをその女に追い求める。最近観た『シルビアのいる街で』は、フランスの古都ストラスブールの街を昔出会った女を求めて、男の視線がさ迷う映画だった。視線がさ迷うという意味で、ヒッチコックの『めまい』を髣髴とさせる。『めまい』のジェームズ・スチュアートは、自分のせいで死んでしまった女、キム・ノヴャクの幻影を探し続ける。金髪の髪型、グレーのスーツ姿の服装。それはイメージに捉われた囚人のようだ。『シルビアのいる街で』の男もまたそんなイメージの囚人なのだ。

『トリコロール三部作』などで有名なクシシュトフ・キェシロフスキ監督もまた覗きの視線を多用していたように思う。『愛に関する短いフィルム』は、望遠鏡で女を覗き続けるという<見ること>の愛を描いた映画だった。

有名な江戸川乱歩の『屋根裏の散歩者』もまた天井裏から覗き見する男の話だし、最近の日本映画で『乱暴と待機』もまた浅野忠信が屋根裏から秘かに女の生活を覗き続けていた。パトリス・ルコントの『仕立て屋の恋』も隣りの美女を覗く中年男の映画だったよなぁ。思いつくままに数えるだけでも、そんな視線の映画はゾロゾロある。

こんな風に男は女を覗き続ける。あるいは男は女を見続ける。愛とエロスの視線。男は見る動物なのだ。それは女が見ることとどこか違う。そして女は男の視線を惑わす。化粧や髪型や服装を変えて。いつだって変幻自在なのが女なのだ。

男は視線のイメージのいつしか囚われ人となるのだ。視線の奴隷となるのだ。視線とはイメージだ。イメージがいつだって人間を束縛する。そして男はいつでもそのイメージに裏切られることになるのだ。なぜなら、見ることの存在そのものと化した時、その主体は透明化=幻想化する。幻想化しないで見ることなど、誰にもできはしない。特に男はその傾向が強いような気がするのだ。そのことを映画は、何度も何度も繰り返し描き続けているような気がする。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2009年映画館で観た映画

2009年映画館で観た映画を書き出してみた。


画家と庭師とカンパーニュ
ブロークン・イングリッシュ
エレジー
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
英国王 給仕人に乾杯!
チェンジリング
少年メリケンサック(日本)
そして、私たちは愛に帰る
ノン子 36歳(家事手伝い)(日本)
ロルナの祈り
PARIS (パリ)
シリアの花嫁
愛のむきだし(日本)
ホノカアボーイ(日本)
ロシュフォールの恋人たち デジタルリマスター版
懺悔(ざんげ)
ミルク
グラン・トリノ
スラムドッグ$ミリオネア
ゼラチンシルバーLOVE(日本)
鈍獣(日本)
夏時間の庭
ウルトラミラクルラブストーリー(日本)
インスタント沼(日本)
ガマの油(日本)
レイチェルの結婚
ウェディング・ベルを鳴らせ!
レスラー
それでも恋するバルセロナ
路上のソリスト
ディア・ドクター(日本)
愛を読むひと
サガン-悲しみよ こんにちは-
サンシャイン・クリーニング
人生に乾杯!
チェチェンへ アレクサンドラの旅
宇宙(そら)へ。
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語
扉をたたく人
南極料理人(日本)
真夏の夜の夢(日本)
リミッツ・オブ・コントロール
幸せはシャンソニア劇場から
空気人形(日本)
あの日、欲望の大地で
私の中のあなた
パイレーツ・ロック
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
ファッションが教えてくれること
イングロリアス・バスターズ
脳内ニューヨーク
あがた森魚ややデラックス(日本)
戦場でワルツを

合計   53本
日本映画 14本
外国映画 39本


まぁ今年は観た方である。
仕事がそんなにメチャクチャ忙しくなかったせいか…。

これ以外にDVDもそれなりに観ている。
映画には、旧作や地方なので2008年公開ものも含まれている。
とりあず、自分のメモのために列挙した。
ベスト10などは、来年になってから決めよう。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

私の映画史・・・好きな映画のこと

映画を見始めたのは、中学生の頃、テレビからだった。

僕が最初にショックを受けたのは、アメリカンユーシネマと言われる作品たち。「俺たちに明日はない」の衝撃のラスト。インポのダメ男のアンチヒーロー。ハッピーエンドと違う予定調和ではないラスト。「真夜中のカウボーイ」の楽園のマイアミ目指したバスの中で、ション便を漏らしながら死んじゃうネズミのダスティン・ホフマン。「スケアクロウ」や「イージーライダー」などの作品は、これまでのヒーロー像とは違う身近な弱さを抱えたリアリティと衝撃を感じた。

それから好きになった映画は、ロベール・アンリコのフランス映画「冒険者たち」。アラン・ドロンとリノ・バンチュラとジョアンナ・シムカスの男2人と女1人のトライアングルの恋愛冒険映画だ。海に沈む財宝をめぐるロマンチックな映画で、美しくせつない音楽がいつまでも忘れられない。男2人と女1人のトライアングル恋愛モノは常套手段だが、僕の中では一番ロマンチックで好きな映画だ。

中学生から高校生にかけて、池袋文芸座や高田の馬場パール座、銀座並木座、上板橋東映・・・いろんな名画座で映画を見まくった。古い日本映画もいっぱい観た。藤田敏八監督の「8月の濡れた砂」という青春映画の傑作がある。石川セリのテーマ曲とともに忘れられない1本でもある。原田芳雄が大好きで「龍馬暗殺」という黒木和雄の映画も好きな作品だ。当時、ATGと言われるアート的な作品も数多く上映され、吉田喜重、羽二進や篠田正浩、大島渚の初期の映画も瑞々しくて良かったなぁ。演劇畑の寺山修司の「田園に死す」も忘れられない。鈴木清順の斬新な映像感覚や神代辰巳のねちっこい演出の「赤い髪の女」も好きだ。虚と実の狭間を描いた今村昌平の「人間蒸発」や「赤い殺意」も斬新だった。新しい時代とともに登場した「青春の殺人者」の長谷川和彦や「台風クラブ」相米慎二、黒沢清や青山真治の「ユリイカ」、是枝裕和の「誰も知らない」など、新しい日本映画も観続けてきた。勿論、古い日本映画・小津安二郎の作品も

一方、ヨーロッパ映画は、ベルナルド・ベルドリッチの「暗殺の森」、ルキノ・ヴィスコンティの「地獄に堕ちた勇者ども」といったファシズムを描いた映画から、フェデリコ・フェリーニの「道」や「アマルコルド」などの独特の世界観を持った作品群も夢中で観続けた。ミケランジェロ・アントニオーニの愛の不毛3部作もたまらない。J=L・ゴダールをはじめトリュフォーやアラン・レネ、エリック・ロメールなどのフランス・ヌーヴェルバーグも夢中になって観た。

イタリアやフランス以外のヨーロッパで好きな映画もたくさんある。ヴィクトル・エリセの「ミツバチのささやき」の火と闇は永遠の美しさだ。「エル・スール」も大好きな作品。そのほかギリシアのテオ・アンゲロプロスの「旅芸人の記録」にも驚いたし、近作「エレ二の旅」もその世界観は健在だった。圧倒的な映像力を持つロシアのアンドレ・タルコフスキーも凄い。「鏡」は永遠の傑作だろう。最近では、エミール・クストリッツァの「アンダーグラウンド」が面白い。フィンランドのアキ・カウリスマキの淡々とした世界も大好きだ。

アメリカ映画では、ジム・ジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」は衝撃だった。あの独特の間は、これまでのアメリカ映画にはなかったセンスだ。コーエン兄弟やタランティーノなど新しい作家も台頭しているけれど、ジャームッシュの衝撃には及ばない。

僕の一番好きな映画作家は、前回も書いたように「パリ、テキサス」のヴィム・ヴェンダースだと思うが、あとはジム・ジャームッシュとヴィクトル・エリセあたりになるかなぁ。

時代とともに映画は変わっていく。でも時代を超えて輝き続ける映画もある。映画における一瞬の光と闇の明滅に閉じ込められた幻想は、僕たちに無限の夢と旅と物語を見せてくれる。誰もがこの限られた現実の世界で、そんな無限の映画という幻想世界に惹かれ、夢を見るために、闇に足を運び続けるのだ。




好きな映画たち・・・ ☆☆☆☆☆☆6~☆☆☆☆☆☆☆7

「パリ、テキサス」「ミツバチのささやき」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ダウン・バイ・ロー」「冒険者たち」「ベティー・ブルー」「バッファロー’66」「インディア・ソング」「鏡」「暗殺の森」「灰とダイヤモンド」「赤い砂漠」「太陽はひとりぼっち」「情事」「道」「アマルコルド」「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」「はなればなれに」「不思議惑星キン・ザ・ザ」「都会のアリス」「ことの次第」「エル・スール」「ナイト・オン・ザ・プラネット」「水の中のナイフ」「大人はわかってくれない」「突然炎のごとく」「死刑台のエレベーター」「鬼火」「緑の光線」「髪結いの亭主」「アメリ」「トト・ザ・ヒーロー」「ポンヌフの恋人」「コントラクトキラー」「マッチ工場の少女」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「「バグダット・カフェ」「ブルーベルベット」「レザボア・ドッグス」「真夜中のカウボーイ」「スケアクロウ」「こわれゆく女」「シーズ・ソー・ラヴリー」「フール・フォア・ラブ」「旅芸人の記録」「ノスタルジア」「鏡」・・・

「殺しの烙印」「竜馬暗殺」「台風クラブ」「ションベン・ライダー」「祭りの準備」「人間蒸発」「赤い殺意」「東京物語」「田園に死す」「八月の濡れた砂」「宵待草」「赤い髪の女」「無能の人」「PICNIC」「幻の光」「誰も知らない」「ユリイカ」「地球交響曲ガイヤシンフォニー第三番」「銀河鉄道の夜」「天空の城ラピュタ」・・・

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カーペンター
ジョン・カサヴェテス
ジョン・フォード
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロバート・アルドリッチ
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今泉力哉
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
白石和彌
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
40位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2019年ベスト5
    「ジョーカー」
      「よこがお」
        「真実」
          「バーニング」
            「ブルーアワーにぶっ飛ばす」
              次点、「さよなら くちびる」

            2018年ベスト10
            <洋画>
              「スリー・ビルボード」
              「正しい日、間違えた日」(2015)
              「希望のかなた」
              「顔たち、ところどころ」
              「ラブレス」

            <日本映画>
              「万引き家族」
              「寝ても覚めても」
              「きみの鳥はうたえる」
              「モリがいる場所」
              「カメラを止めるな」


            2017年ベスト10
            <洋画>
              「パターソン」
              「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
              「誰のせいでもない」
              「ありがとう、トニー・エルドマン」
              「オン・ザ・ミルキー・ロード」
              「パーソナル・ショッパー」
              「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
              「マリアンヌ」
              「婚約者の友人」
              「セールスマン」

            <日本映画>
              「散歩する侵略者
            /予兆 散歩する侵略者」
            「三度目の殺人」
            「南瓜とマヨネーズ」
            「光(大森立嗣)」
            「息の跡」
            次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
            次点「幼な子われらに生まれ」
            次点「バンコクナイツ」


          2016年ベスト10
          <洋画>
            ダゲレオタイプの女
            マイ・ファニー・レディ
            キャロル
            シング・ストリート 未来へのうた
            リザとキツネと恋する死者たち
            グッバイ・サマー
            サウルの息子
            マジカル・ガール
            ブリッジ・オブ・スパイ
            手紙は憶えている
          <日本映画>
            淵に立つ
            クリーピー 偽りの隣人
            海よりもまだ深く
            ふきげんな過去
            SCOOP!
            永い言い訳
            オーバー・フェンス
            ディストラクション・ベイビーズ
            葛城事件
            湯を沸かすほどに熱い愛
            次点この世界の片隅に


          2015年ベスト10
          <洋画>
            やさしい女
            さよなら人類
            さらば、愛の言葉よ
            毛皮にヴィーナス
            雪の轍
            愛して飲んで歌って
            サンドラの週末
            サイの季節
            インヒアレント・ヴァイス
            ソニはご機嫌ななめ

          <日本映画>
            海街dairy
            岸辺の旅
            FOUJITA
            百円の恋
            この国の空


          2014年ベスト10
          <洋画>
            エレニの帰郷
            グランド・ブタペスト・ホテル
            罪の手ざわり
            ウルフ・オブ・ウォールストリート
            ジャージー・ボーイズ
            インサイド・ルーウィン・デイヴィス
            6才のボクが、大人になるまで。
            フランシス・ハ
            ウォールフラワー
            ある過去の行方

            <日本映画>
            そこのみにて光輝く
            ニシノユキヒコの恋と冒険
            紙の月
            Sventh Code
            私の男


              2013年映画ベスト5
          <洋画>
            1、「愛、アムール」
            2、「ホーリー・モーターズ」
            3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
            4、「いとしきエブリデイ」
            5、「ムーンライズ・キングダム」
            ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

            <日本映画>
            1、「共喰い」
            2、「さよなら渓谷」
            3、「恋の渦」
            4、「リアル 完全なる首長竜の日」
            5、「Playback」(2012年)


            2012年映画ベスト10
          <洋画>
          2、「少年と自転車」
          3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
          4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
          5、「きっと ここが帰る場所」
          6、「ドライヴ」
          7、「風にそよぐ草」
          8、「恋のロンドン狂騒曲」
          9、「おとなのけんか」
          10、「別離」
          次点 「裏切りのサーカス」
        番外
          「永遠の僕たち」
          「J・エドガー」
          「家族の庭」

        2、「かぞくのくに」
        3、「演劇1&2」
        4、「夢売るふたり」
        5、「アウトレイジビヨンド」
        番外 「ヒミズ」


      2011年映画ベスト10
      2,「愛の勝利を」
      3,「ブルーバレンタイン」
      4,「愛する人」
      5,「クリスマス・ストーリー」
      6,「トゥルー・グリット」
      7,「SOMEWHERE」
      8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
      9,「エリックを探して」
      10,「シリアスマン」
      次点,「エッセンシャル・キリング」

    2,「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター