今年の大ヒット映画『シン・ゴジラ』と『君の名は。』に共通するもの

今年の大ヒット&話題映画といえばこの2作であるのは誰もが認めるところだろう。なぜこれほどまでに、この2作がヒットしたのか?あらためて考えてみた。

米大統領選のトランプ勝利でもわかるとおり、いま世界は、グローバル化、新自由主義が行き着くところまで行ってしまい、その競争と疲弊、国家を超えた大企業の富の独占と国内中間層の衰退、貧困層との格差の拡大、さらに移民流入によるに失業率の増加と国境を超えた難民の混乱など、人々はウンザリしている。トランプは「アメリカ第一主義」を掲げ、イギリスはドイツばかりが儲けているEUから離脱し、自国の利益を取り戻そうとしている。

日本の安倍首相は、アメリカ追随、新自由主義者であるが、一方で「日本を取り戻す」、「戦後レジーム」からの脱却、古き良き日本という国家を再構築しようとしている。

世界は今後ますます内向きへとシフトしていくだろう。そんななかでのこの二つの映画である。内向きな志向性が同じなのだ。

そして、3.11の震災後の日本の状況が二つとも大きな要素になっている。アメリカの9.11同時多発テロ、日本の3.11東北大震災と原発事故は、時代の空気を大きく変えた。いつ、何が起きるか分からないという感覚。それは最近の世界的な異常気象も関係している。

具体的にいうと、まず『シン・ゴジラ』だが、この映画は3.11原発事故の官僚や政府、東電などの混乱ぶりを戯画化しつつ、大都市東京へのゴジラ襲来というこの未曽有の危機を乗り越えていく物語だ。テンポもよく、良く出来た映画であることは、私はレビューでも書いた。しかし、図式的な映画であることは否めない。何よりも今の日本人の気持ちにフィットしたのは、自衛隊と日本の一部のオタク的知恵者たちが、力を結集して、アメリカの助けも、国連軍の力も借りずに自国に力で、ゴジラを凍結させるところまで成し遂げたことだ。現実のアメリカの属国であるという不甲斐ないさ、ジレンマを誰もが意識するようになってきた今の日本にあって、この映画を観ることで、多くの人が留飲を下げたのだ。凍結は問題の先送りであり、解決ではないけれど、とりあえず封じ込めることに成功したのだ。それは、原発事故をアンダーコントロールし、封じ込めたと思いたい日本人の気持ちにフィットしている。

もう一つ『君の名は。』の方だが、レビューでも書いた通り、(ここからネタバレになるので、未見の方は要注意です!)、彗星の落下による災害事故で一瞬にして消えたはずの村が、時空を超えた主人公たちの努力で、村民たちの避難誘導に成功し、実際には多くの死者が出たにもかかわらず、奇跡的に村が救われたことに歴史を改ざんし、事故を無かったことにする物語だ。そのように歴史を修正することで、出会えなかった運命的な男女が、出会えるというハッピーエンドを制作者は用意した。つまり、痛ましい震災の記憶、原発事故で村が消滅した忌まわしい記憶を和らげるために、この物語は機能している。そこまで意図的ではないにしても、結果的に3.11の傷を癒すための物語に思えるのだ。そして、日本古来のアニミズム的文化の尊さが語られ、自然と都市は美しく調和して描かれる。それぞれの良さを映画は語り、身体的な苦しみや悩み、人間関係の煩わしさよりもプラトニックな一方的な愛が描かれる。

やや強引な解釈だろうか。ただ、そんな今の日本人の傷跡や現実の厳しさ、未来の無さを一度忘れさせ、日本人としての誇りをくすぐりつつ、明るい希望を示す映画のように思えるのだ。それがいい悪いではなく、そういう傾向があったからこそ、この2作品はここまでヒットしたということではないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

ジム・ジャームッシュの映画と音楽の斬新さ

映画と音楽の関係をかんがえていると、いろいろ出てくるものですね~。
ほんとキリがない。

映画音楽としてヒットした名曲がたくさんありますね~。いまだに多くの泣かせのBGMでよく使われるのが、『ニューシネマ・パラダイス』ですね。この映画も、あの音楽がなければここまでヒットしなかったでしょうね。この音楽、西部劇などの音楽を数多く作っていたエンニオ・モリコーネなんですものね。才能というのものは、本当にすごいものです。
http://matome.naver.jp/odai/2141587560598131701

フェリーニだけではなく、『ゴッド・ファーザー』『太陽がいっぱい』などのニーノ・ロータにしても本当にすごい映画音楽の名曲の数々。
http://matome.naver.jp/odai/2141602625333129401

映画の出来よりも音楽が評価されたのは、坂本龍一の『戦場のメリークリスマス』。坂本龍一のシンプルな音楽センスは、映像とよく合います。

それで、わざわざ追記してまでアップしようと思ったのが、ジム・ジャームッシュです。
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』のジョン・ルーリーの音楽の使い方は衝撃でした。




そして、『ダウン・バイ・ロ―』のトム・ウェイツも最高です!この映画ですっかり私はトム・ウェイツのファンになってしまいましたね。オープニングの車窓からの移動撮影と音楽が最高にカッコ良かったですね~。映画にミュージックビデオの影響とかもこのあたりから出てきたんでしょうね。



好きな映画と音楽という意味では、ジャームッシュのことを書かないではいられなかったので。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

好きな日本映画と音楽

同じように日本映画と音楽について、好きなものを考えてみました。
ところが、日本映画となるとなかなかすぐに思い浮かびません。

黒澤明の映画は劇的なので、音楽が盛り上げていますね。早坂文雄、佐藤勝、武満徹などの映画音楽家の名前が浮かびます。

そう思っていろいろ考えてみると、いました、いました。日本映画音楽史上に燦然と輝く最高傑作は、伊福部昭の『ゴジラ』です!あの繰り返しの音楽は、もう耳にこびりついて忘れられません。伊福部昭は、アイヌの音楽にも造詣が深く、民族音楽的な土俗性がありますね。ものすごい才能のある人だったと思います。



う~ん、やっぱり凄いなぁ、この曲は。

ここからはかなり個人的な趣味嗜好の強い日本映画です。

原田芳雄の『竜馬暗殺』(黒木和雄監督)の音楽も忘れられない。




それから日活青春映画といえばこれ、『八月の濡れた砂』です。石川セリの歌は忘れられません。

(吉岡オサム作詞/むつひろし作曲)




ショーケンと桃井かおりの青春映画『青春の蹉跌』という名作(神代辰巳監督)があるんですが、その音楽が井上堯之。




井上堯之といえば、テレビドラマの『傷だらけの天使』も忘れがたい音楽です。




映画に戻ると、『宵待草』(神代辰巳)という映画では、映像に合わせてティンパンアレー(細野晴臣作曲)が一発録音で曲をつけたと聞いたことがあります。




大好きな細野晴臣といえば、アニメ『銀河鉄道の夜』のテーマ曲も好きです。




アニメといえば宮崎駿のアニメの完成度を高めた久石譲を存在は忘れてはならないでしょう。




それから伊丹十三の『マルサの女』の本多俊之のサックスも映画をぐいぐいと引っ張っていましたね。




やっぱりキリがないのでやめます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

好きな映画と音楽

私の好きな映画と音楽を集めてみました。最近はユーチューブでなんでもアップされているのですね。驚きです。
富田勲さんが亡くなられましたが、彼も多くの優れた映像楽曲を残されていますね。やっぱり才能なんですね。

まず、なんといっても大好きな映画『冒険者たち』。ジョアンナ・シムカス。憧れたなぁ。海での水葬シーンがせつないのです。そして大好きな映画になった理由の一つとしてのこの音楽。男二人(アラン・ドロンとリノ・バンチュラ)が大好きになったレティシア(ジョアンナ・シムカス)のテーマがありました。




もうひとつ大好きなのが、私のマイフェバリット映画、生涯ベストワンであり続けている『パリ・テキサス』のライ・クーダーのスチールギター。この映画も、この音楽が無かったら、これほど好きにはならなかったと思います。彼の孤独が見事に音楽で表現されています。




フェリーニ映画でなくてはならないのが、ニーノ・ロータの音楽。『道』の哀愁的な音楽も好きですが、『アマルコルド』の音楽の方がフェリーニらしいかな。





『死刑台のエレベーター』はマイルスの音楽が無かったら、あれほどの映画にはなっていなかったでしょうね。時代の才能が映像と音楽で出会いました。

 



映画音楽としては、『第三の男』のチターの調べは好きですが、個人的には『ルシアンの青春』というフランス映画のジャンゴ・ラインハルトのギターが大好きです。




ブリジッド・バルドーの歌が『私生活』という映画でありましたが、トリュフォーの『突然炎のごとく』のジャンヌ・モローの歌「つむじ風」も好きです。




女優の歌で言えば、有名なオードリー・ヘップバーンの『ティファニーで朝食を』の「ムーンリバー」も忘れがたいですね。




最後に、恋愛映画の最高峰『ベティ―・ブルー』もガブリエル・ヤレドのこの音楽があってこそだったなぁ。




キリがないので、このへんで。

あっ、最後に美人姉妹のミュージカル!妹カトリーヌ・ドヌーブと薄命の姉フランソワーズ・ドルレアックの『ロシュフォールの恋人たち』(ジャック・ドゥミ監督/ミシェル・ルグラン音楽)の素敵な歌と踊りをどうぞ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

各誌2014年ベストテンあれこれ

毎年お騒がせの「映画芸術」ベストテン、ワーストテン

【ベストテン】
1位 『海を感じる時』(監督/安藤 尋)
2位 『0、5ミリ』(監督/安藤桃子)
3位 『三里塚に生きる』(監督/大津幸四郎 代島治彦)
4位 『ドライブイン蒲生』(監督/たむらまさき)
5位 『劇場版 テレクラキャノンボール2013』(監督/カンパニー松尾)
6位 『こっぱみじん』(監督/田尻裕司)
6位 『水の声を聞く』(監督/山本政志)
8位 『ほとりの朔子』(監督/深田晃司)
9位 『色道四十八手 たからぶね』(監督/井川耕一郎)
9位 『まほろ駅前狂騒曲』(監督/大森立嗣)
*『こっぱみじん』『水の声を聞く』は同率6位
*『色道四十八手 たからぶね』『まほろ駅前狂騒曲』は同率9位

⇒相変わらずマイナーな映画が並んでいる。『0.5ミリ』『水の声を聞く』など見逃したのが残念。
札幌では観れない作品も多いなぁ。名匠カメラマンたむらまさき監督作品、若手の田尻、深田作品などが気になる。ピンク映画が2本入っていますね。
 『海を感じる時』は観ていて、丹念に作っているいい映画だとは思ったけど、そんなにベストワンになるほど良かったかぁ?まぁ、いつも意外な作品がベストワンになる映芸だから驚かないけど。
でも、考えてみたらこの作品は荒井晴彦脚本じゃないか!自分が編集長やっていて、自分が関わった映画がベストワンになるって、映画評論家投票者のなんらかのバイアスがかかっている感じがするなぁ。



【ワーストテン】
1位 『そこのみにて光輝く』(監督/呉美保)
2位 『渇き。』(監督/中島哲也)
2位 『ふしぎな岬の物語』(監督/成島 出)
2位 『私の男』(監督/熊切和嘉)
5位 『紙の月』(監督/吉田大八)
6位 『小さいおうち』(監督/山田洋次)
7位 『愛の渦』(監督/三浦大輔)
7位 『永遠の0』(監督/山崎 貴)
7位 『蜩ノ記』(監督/小泉堯史)
10位 『2つ目の窓』(監督/河瀨直美)
*『渇き。』『ふしぎな岬の物語』『私の男』は同率2位
*『愛の渦』『永遠の0』『蜩ノ記』は同率7位

⇒世間的に評価されている作品が並ぶいつもの天邪鬼ぶり。笑える。


おなじみ映画雑誌の良識派「キネマ旬報」の2014年ベストテン

【日本映画ベスト10】

1位:そこのみにて光輝く
2位:0・5ミリ
3位:紙の月
4位:野のなななのか
5位:ぼくたちの家族
6位:小さいおうち
7位:私の男
8位:百円の恋
9位:水の声を聞く
10位:ニシノユキヒコの恋と冒険
10位:蜩ノ記
(次点:WOOD JOB!~神去なあなあ日常~)

⇒大林の『野のなななのか』はやはり観るべきだったか。なんとなくベストテンは妥当な感じだけど。やはり「0.5ミリ」「水の声」が気になる。

【外国映画ベスト10】

1位:ジャージー・ボーイズ
2位:6才のボクが、大人になるまで。
3位:罪の手ざわり
4位:エレニの帰郷
5位:ブルージャスミン
6位:インターステラー
7位:リアリティのダンス
8位:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
9位:ウルフ・オブ・ウォールストリート
10位:ラッシュ/プライドと友情
(次点:アデル、ブルーは熱い色)

⇒『ジャージー・ボーイズ』がこんなに高評価にビックリ。確かに楽しめる作品だったけど。『りアリティのダンス』が入ったなぁ。『ウルフ』はもっと評価が上だと思ったけど。未見の『インタステラ―』はやっぱり評判いいのね。見なくちゃだな。

まぁ、ベストテンや映画賞なんてしょせんはお祭り。だからどうということはない。ただ見逃した作品が少し気になるので、参考のためアップしておく。

※気になった映画、ちょっと調べてみました。

『ほとりの咲子』
http://sakukofilm.com/index.html 深田晃司は平田オリザの劇団「青年団」」の演出家なのね。二階堂ふみ、古舘寛治はいい映画によく出ているなぁ。

『こっぱみじん』
http://koppamijin.com/ 田尻裕司監督は、ピンク出身なのね。脚本家の西田直子は映芸編集長の荒井晴彦門下なのね。ゲイのお話のようであります。

『水の声を聞く』
http://www.mizunokoe.asia/
ぼくは鬼才だと思う山本政志監督の待望の新作なり。新興宗教の話?村上淳が出てますね。

『ドライブイン蒲生』
http://drive-in-gamo.com/
染谷将太、黒川芽以、永瀬正敏。家族の話。伝説のカメラマンたむらまさき初監督作品。


わりと執筆者が信用できる映画雑誌&ネット nobodyの各氏の2014年ベスト
http://www.nobodymag.com/2014best/
このなかで未見の映画で気になったのは・・・

『プロミスト・ランド』ガス・ヴァン・サント
『自由が丘で』ホン・サンス
『ラッシュ/プライドと友情』ロン・ハワード
『やさしい人』ギヨーム・ブラック
『不気味なものの肌に触れる』濱口竜介

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
83位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター