演劇 五反田団「pion」  前田司郎 作・演出

2016_gotandadan_hp-316x447.jpg

五反田団「pion」前田司郎 作・演出 キャスト:鮎川桃果、黒田大輔、前田司郎   札幌シアターZOO

2015年に「記憶の化け物」という題で初演されたものの再演。札幌では初公演。男と女、そして獣との奇妙な三角関係を描く。前田司郎は劇団「五反田団」を主宰し、劇作家、演出家、俳優として活躍する一方で、09年には『夏の水の半魚人』で三島由紀夫賞も受賞し、小説家としても注目されているマルチな才能の持ち主。僕はNHKBSドラマ『徒歩7分』(向田邦子賞受賞)を見て面白かったし、『横道世之介』(2012年、脚本)、『ふきげんな過去』(2016年、脚本・監督)のどちらの映画も面白かったので、ずっと彼の芝居を観てみたかったのだ。

だから楽しみにしていた。それにしてもシュールな不思議な童話みたいな芝居だ。『ふきげんな過去』でも巨大なワニが出てくるし、この芝居は未知の生物パイオンpionときた。ライオンlionならぬpion。動物が好きなんだなぁ。pionはライオンより強いらしいが、まぁ象徴としての獣である。

舞台は檻を表すジャングルジムとベッドだけのセット。最初は男が女に言い寄っている。女は男に言い寄られて、困っている。断っても断っても、男は言葉の限りを尽くして、「君を幸せにする」と語り続ける。まさに屁理屈の塊り。男の強引さに言い寄られるまま二人は動物園でデートをするが、女は動物園でpionという獣に恋をする。そして獣と一緒に暮らし始めるのだ。

男も女も屁理屈の塊りのような言い合いである。それが笑える。理屈でがんじがらめになっている人間の滑稽さが表現されている。そんな女が獣に恋をする。理屈(理性)とは正反対の野獣性への憧れ。直観の一目ぼれ。しかし、そんな女もpionと暮らすうちに、pionを人間化しようとする。言葉を教え、過去とか未来とか人間にしか持っていない時間の感覚を獣に教える。「今日は私の誕生日なの」と。記憶の積み重ねとして存在している人間と、現在しかない獣。女は獣に憧れつつも、獣を人間化させようとする矛盾。女は理屈から逃れられない。次第に、女は獣に復讐されていく。

暗がりの部屋に監禁され、女は人間から獣にさせられて、ドロネズミの子を宿し、ドロネズミの王の嫁にさせられそうになる。女を監禁したのは、女に言い寄った男の元彼女が獣になったpionの妻であった。pionは一夫多妻制であったことを女は知る。しかし、女はそのpionの妻を突き落として殺す。pionは獣の皮を脱ぎ捨て、すでに人間化していて、「このままではドロネズミと戦争になるから、女の腹の子を王に渡して和平交渉するしかない」と言う。人間的な策略と交渉。女はそれを拒否して、pionの元を去る。動物飼育員になってまで女につきまとっていた男は女の後を追うが、女は相変わらず相手にしない。

人間、獣、女、男、理屈、欲望、生殖、嫉妬、結婚、愛、過去と未来・・・。理屈から逃れられない人間が獣に恋をし、獣をも人間化しようとして、獣に復讐される話なのか?女は獣の子を宿し、母なる別の生き物になった。恋とか愛とかとは別の次元を生きていくようでもある。男は獣性を持ちつつ、争いのことばかりを考え、いつまでも現在を追いかけるだけである。理屈での自己正当化。女の方が直観のまま生き、未知なる子供を宿し、理屈とは別の未来を体現しているのかもしれない。


news_thumb_kimottama_H1.jpg

「肝っ玉おっ母とその子どもたち」 ベルトルト・ブレヒト 作
  翻 訳 岩淵達治
  演 出 斎藤歩
  キャスト 櫻井幸絵、斎藤 歩、宮田圭子、佐藤健一、山本菜穂、高子未来、市川 薫、納谷真大(イレブンナイン)、彦素由幸、小佐部明広(劇団アトリエ)、西田 薫、福士恵二、伊東 潤(劇団東京乾電池)、山田百次(劇団野の上・青年団リンク ホエイ)
  会 場 サンピアザ劇場

ブレヒトの戦争を舞台にした音楽劇。17世紀のヨーロッパにおける30年戦争と呼ばれる長い長い戦争があった。子供たちを戦争に取られたくないと思いながらも、次々と死なせてしまい、幌馬車を生活拠点にしてたくましく生きる肝っ玉母さん。

戦争があると物資がなくなり、物が売れる。戦争を糧にして商売をしている母。戦争が終わり平和になると、品物が売れず商売が成り立たなくなってしまう。忌まわしき戦争が、実は経済に役立っているという皮肉をブレヒトはよくわかっていた。過酷な中でもたくましく生きる人生。単純な反戦演劇ではない。平和の中で格差が広がる今という時代にあって、戦争とともに生きた人々のたくましさに我々は何を考えればいいのか?
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

演劇「夕空はれて」別役実×ケラリーノ・サンドロヴィッチ

hareteA.jpg

青山劇場、青山円形劇場が今年いっぱいで閉館するという。特に青山円形劇場は、円形の舞台を客席がぐるっと取り囲むユニークな劇場だ。これまでさまざまな劇作家、演出家がこの劇場に挑んできた。イキのいい小劇場劇団がここで多くの公演を行った。まったく閉館するのは残念であり、日本の演劇界にとって大きな損失でしかない。国の文化政策のあり方をあらためて疑う。こんなことでは、いつになっても文化的豊かな国に日本はなれない。いや、豊かだった日本の文化は衰退する一方だ。文化的拠点となる劇場こそ大事にしなくてどうするのだ!

そんな青山円形劇場のファイナル記念公演を観ることが出来た。友人が演劇プロデューサーをしていて、幸運にもタイミングよく上京した折に観れたのだ。別役実が病気のため新作が上演できず、急きょ1985年の戯曲をやることになったそうだ。1960年代後半から活躍しているあの不条理演劇の第一人者、別役実の戯曲を演劇界の今や大御所の演出家ケラが演出するというとびきり贅沢な作品だ。

ある町にやってくる男(仲村トオル)。そして町の人々の奇妙な話。別役実的四隅の古い電信柱と電燈、そして円く置かれたいくつかの椅子、そして天井につるされた檻。とても抽象的な舞台だ。虎やライオンや熊といろいろな呼称で呼ばれる危険なものに噛まれる死の恐怖。一昨日は男が噛み殺され、昨夜はここにいる男の耳が齧られたと言う。今夜は誰が噛まれるのか。逃げ出した危険な野獣?犠牲者はまるで神?悪魔への生け贄のようでもあり、今夜も誰かの死が暗示される。

円形劇場に並べられた椅子のまわりを、ぐるぐるぐるぐると役者たちも舞台もまわり、言葉もぐるぐると繰り返される。繰り返されながら、町の人たちとこの旅のセールスマンの言葉が食い違い、ズレていき、意味が伝わらない。町の人たちの言葉に共通する暗黙の了解。ここには日本特有のムラ社会がある。共同体内部だけに伝わる約束事や言葉。部外者は理解できない。そして、知らないうちに罠に嵌められていく。そのズレとディスコミュニケーションが不条理の喜劇でもあり、恐怖でもある。

意味不明ともいえる同義反復の台詞のうちに、ズレていく意味。その言葉のリズム。台詞のやり取りがとにかく面白い。
観客は旅の男、セールスマンの仲村トオルとともに、この奇妙な町の人たちのやり取りに引き込まれていく。虎やライオンや熊と呼ばれる危険なものを見る羽目になる。噛まれたくないのに噛まれたいのか。言葉を裏切る欲望。この危険なものは、なんにでも置き換えられる。国家、共同幻想、共同体、法や掟や風習など見えないもの、あるいは私の幻想。そしてその犠牲者は生け贄であり、移民であり、異端者や犯罪者などのマイノリティたちであり、排除し抹殺すべき何か。

牧歌的で懐かしいハーモニカの調べと捕まえられる禍々しい生け贄。音と音、声と声が反響し、ずれていく。言葉は世界をすべて表したものではない。世界と言葉はずれていく。共同体から排除する暴力。知らなううちに。まさにこれは秘密保護法の世界だ。知らないうちに誰かが罠にはめられていく。町を秩序を守るために。悪意はなくても。その暗黙の了解、同調圧力が怖い。いくら弁明し、釈明しようとも、信じてもらえない。言葉が無意味になっていく。伝えられない思い。すれ違う感情。

町の人たちを演じる役者たちの独特の間合いや台詞回しが笑える。別役戯曲を喜劇として作りたいというケラの演出は成功していると思う。仲村トオルはもっとはじけていい。緒川たまきは声がいい。奥菜恵は、フェリーニの「道」のジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)を思い出した。道化のメイク。哀れな生け贄だ。



★青山演劇フェスティバル SPECIAL
~サヨナラの向こう側 2014~
青山円形劇場プロデュース
「夕空はれて ~よくかきくうきゃく~」

作:別役実/潤色・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
◆出演:仲村トオル マギー 山崎一 
奥菜恵 緒川たまき 池谷のぶえ 犬山イヌコ

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

演劇「て」 劇団ハイバイ 岩井秀人

て

注目の若手の演劇人の芝居が札幌であるというので行ってきた。
岩井秀人作・演出、劇団「ハイバイ」の「て」という作品だ。ホームページによる岩井秀人の紹介は以下の通り。

2003 年ハイバイを結成。
2007 年より青年団演出部に所属。
東京であり東京でない小金井の持つ「大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線」を武器に、家族、引きこもり、集団と個人、個人の自意識の渦、等々についての描写を続けている注目の劇団ハイバイの主宰。2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞、2013年「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」「おねがい放課後」「て」。


青年団出身ということで、僕は平田オリザの影響をなんとなくなく感じた。現代口語演劇風にあり、役者の台詞回しは、いたって静かで日常的だ。声を張り上げてツバ飛ばしながら早口でまくしたてるようなことはしない。始まりも静かだ。もちろん、喧嘩などで大声で怒鳴り合う場面はあるが、基本的に日常的な立ち振る舞い。そして、登場人物たちが並列的なのだ。主役のキャラクターが強くあって、それを軸に見せていくのではなく、あくまでも人間と人間の<関係>を重視する。誰と誰が会話する時に、人はどういう変化が起きて来るか。相対する人によって人は変わる。そのことに敏感なのだ。だから、登場人物たちの重要度も同じぐらいなのだ。会話が並列的、同時進行的な演出もあったり、中断という手法があったりする(冒頭の葬儀の場面など)。
そして何よりもこの「て」で特徴的なのは、物語を2回演じるということだ。視点を変えて2周まわるような演劇。観客と観客を向かい合わせに座らせ、その間にステージがあり、1回目と2回目は位置を反転させて演じられる。

この作品は、ひきこもりの経験もある岩井秀人氏の自伝的体験に基づいたものだそうで、本人いわく、75%程度は自分の家族で実際に起きた現実らしい。それもちょっと驚いたけれど。認知症の祖母の死をきっかけに、バラバラだった家族が集まる2日ぐらいの出来事だ。

時間の使い方が面白い。葬儀の場面から始まって、前日の祖母の家に家族が集まってくる場面へと移る。最初は、次男の視点で物語が展開する。再び葬儀のシーンとなり、続いて母の視点で同じ時間(物語)が繰り返される。次男から見た兄と、母から見た兄は当然、描かれ方も違っており、そんな視点によるズレがこの演劇の面白さだ。父の理不尽な暴力とそれぞれの家族の受け止め方。そして家族がもう一度集まることへのそれぞれの思い。みんなそれぞれの物語があるということだ。

ここであらためて描かれるのは、関係や視点によって見方が違うということだ。真実は一つではなく、視点の数だけ真実はある。絶対的な視点を相対化する作業が行われている。それは、かつての演劇とは明らかに違う。変わってきている。主役のキャラクターや独特の世界観を創出し、グイグイとその独特の世界観に観客を誘うタイプの演劇ではない。観客に一度信じ込ませた嘘を、もう一度裏返して、別の嘘を提示する。強引に不思議なる迷宮の世界へ誘うのではなく、あくまでも多面的であり、理性的で相対的なのだ。唐十郎とも寺山修司とも別役実とも清水邦夫も野田秀樹とも北村想ともつかこうへいとも違う。やはり平田オリザ以降の世代という感じがする。

これは、先日観た映画、三宅唱の「Playback」の描かれ方とも共通する。信じ込ませた嘘を相対化させて、ズラすことで客を迷宮に誘うのだ。時間が繰り返されるという手法が同じだったので、ある種の世代的傾向と言えるのかもしれない。彼らは<大きな嘘(幻想)>を信じられなくなった世代なのかもしれない。そこが面白かった。


【作・演出】岩井秀人
【出演】岩井秀人、上田遥、永井若葉、平原テツ、青野竜平、奥田洋平、佐久間麻由、高橋周平、富川一人、用松亮、小熊ヒデジ、猪股俊明

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

演劇「白い巨塔」東京セレソンデラックス

41d4d4ad-s.jpg

東京セレソンデラックス解散公演は、『わらいのまち』と同じようなワンシチュエーションのドタバタ勘違いコメディ。ある病院のロビーで繰り広げられるそれぞれの勘違いが複雑に絡み合い笑いを誘う。なによりも解散公演ということで出演者が楽しそうに演じているのが見ていても楽しい。アドリブで宅間孝行にいじめられる金田明夫。アドリブを言わせて劇を壊しつつ、役者の素の表情を楽しむ笑い。フーテンの寅さん的な風来坊の宅間孝行は、いつも通りの役回り。政治家の代議士と秘書が出てくるのも前回の『わらいのまち』と似ている。親方の勘違いやプロポーズの勘違いなど、誤解が誤解を呼ぶところも同じだ。

東京セレソンデラックスは、これで3回目だが、やっぱり最初に観た『くちづけ』が一番衝撃的で面白かった。
公演最後に客席と一体となった歌とダンスで盛り上がったのも肩の凝らないエンターテインメント芝居を目指している宅間孝行らしい演出だった。

東京セレソンデラックス解散公演
『笑う巨塔』

作・演出・出演◇宅間孝行
◇芦名星 斎藤工/松本明子 デビット伊東/石井愃一 藤吉久美子/金田明夫 ほか

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

演劇「わらいのまち」東京セレソンデラックス

演劇の感想である。札幌で芝居を観ることは少ない。地元の劇団公演をたまに観ることはあるくらいで、なかなか東京の注目されている劇団が札幌で公演する機会は少ない。まことに残念なことである。だから今回のような実力派劇団が札幌で公演してくれることはうれしい。

東京セレソンデラックスは、去年初めて観た。「泣ける劇団」として人気だという噂を聞いて「くちづけ」という芝居を観た。その巧さに驚いた。知的障害者という難しいテーマを扱いながら、お涙頂戴ではなく見事な笑いと涙の芝居として成立しているのだ。知的障害者として描かれる人間がとても魅力的で、その距離感が実に素晴らしいのだ。僕は、宅間孝行は「フーテンの寅さんだ」と思った。道化者としてまわりに笑いを提供しつつ、親子の人情話で泣かせる物語、そして役者としての力量とチャーミングさ、そのテクニックは見事だった。

そして今回は「わらいのまち」。「笑い」に徹したノンストップコメディだという。またしても「寅さん」だった。三谷幸喜的なワンシチュエーションのドタバタ劇と山田洋次の「寅さん」の人情話がミックスされたような舞台。

寂れた田舎町の温泉旅館のロビーが舞台である。この舞台の一幕だけで、ここまでのシチュエーションコメディが書けてしまう宅間孝行の才能はこれからもっと注目されるだろう。東京セレソンDXは、かつてTBSドラマで「歌姫」がドラマ化され話題になったようだが、僕は残念ながらそのドラマは見なかった。

登場人物のすべてのキャラクターをそれぞれ見事に物語を作りつつ、次々と起こる勘違いから話がややこしくなっていく人物模様のドタバタ劇。三谷幸喜もこのようなシチュエーションコメディが巧いが、この田舎の温泉町の人々の勘違い振りぶりは笑える。「あの男が帰ってくる!」という騒動から始まるところは「寅さん」とおんなじ。ところが「あの男」は、それほど恐れるほどの凶悪者ではなく、ただの気のいいアンちゃん。前半こそ、展開がややもったりとした印象だったが、後半になるにつれて笑いの渦に引き込まれ、一気に最後まで飽きさせることなく引っ張ってくれた。老若男女、演劇ファンだろうが演劇を観たことがなかろうが、どんな人でも楽しめる一級品のエンターテインメント芝居になっている。

演劇には、毒のある芝居や社会性やメッセージ性があったり、祝祭的だったり、挑発的なものや観念的だったりするさまざまな芝居がある。僕もこれまで様々な芝居を観てきた。どちらかというと「なんだろうこれは?」と驚かされたり、考えさせられたりする芝居を多く観てきた。

ただ東京セレソンデラックスは、徹底したエンターテイメントだ。観客を笑わせ、泣かせることに徹している。そこがこの劇団を誰にでも勧められる所以である。

作・演出 宅間孝行
キャスト 宅間孝行、岡田義徳、田畑智子、柴田理恵、片桐仁ほか

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
40位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター