FC2ブログ

「アウトレイジビヨンド」北野武

アウトレイジ

普通に楽しめる娯楽映画になっている。鶴田浩二と高倉健の任侠映画、そして実録風ドキュメントタッチの迫力満点『仁義なき戦い』に続いて、北野武流の暴力団抗争映画が出来上がった感じだ。

今回は映像よりも音を効果的に使っている。音を先行させたり、台詞先行で展開している箇所がいくつもある。そして監督本人も語っているように言葉の暴力、罵りあいの映画だ。笑ってしまうほどの関東・関西ヤクザの罵りあいが展開される。北野武のいつもの映画よりも圧倒的に台詞が多い。説明なしの映像ではなく、カットの切り替えしがあり、台詞の対決で物語は丁寧に作られている。

組織をうまく利用しようとする小賢しいマル暴刑事の小日向文世が主役級の扱いだ。さらに前作でビートたけしを裏切り、のし上がった知恵モノの小心ヤクザ・加瀬亮の空回りのわめきぶりも目立つ。だからこそ、彼の死に方はこの作品で最も特徴的だ。そして重鎮の関西系ヤクザ、西田敏行、塩見三省も迫力満点。前作同様の直情的チンピラの中野英雄、そして抗争に引きずりこまれていくビートたけし。そんな役者たちの言葉の競演、掛け合いをひたすら楽しめばいい。三浦友和は今回は地味な役回り。いつも通り危ないチンピラ役の新井浩文の目つきがいい。小日向文世を冷めた目で見ている刑事・松重豊も重要な役回りだ。そして女優は一人も出てこないという徹底した男映画だ。

北野武は前作でも黒塗りの車を効果的に使っていたが、この作品も黒塗りの車と親分を待つ黒スーツの運転手たちに暴力組織を象徴させている。そしてビートたけしが乗る車だけがグレーなのだ。刑務所から出てきて(この刑務所の塀の場面は素晴らしい)暴力団抗争に全く興味がないと振る舞うビートたけし。味方を裏切り操ることが現代の暴力だという構図の中で、前近代的な親分=子分の絆を大事にしているのが中野英雄だ。ビートたけしと塩見三省が罵りあい、その場を収めるための中野英雄の壮絶な指切り場面がある。「計算」ではなく、異質な「情」が、ビートたけしを動かす。映画の中心ともいえる場面だ。

パチンコ屋の場面は、組織暴力に無関心だったビートたけしの個人的な決着である。前作で組織を解体させられたボスだったたけしは、今作では結局、組織の男ではなく個人のままである。中野英雄とは一緒にならない。だから、ラストも個人的な思いからの行為なのだ。

組織を利用しようとする暴力には、「計算」や「策略」しかない。そこでの死は、無意味な数でしかない。銃声とすでに殺された死体があるのみだ。一方、意味のある暴力には、北野武の演出が施される。その違いが面白い。


製作年 2012年
製作国 日本
配給 ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野
監督:北野武
プロデューサー:森昌行、吉田多喜男
脚本:北野武
撮影:柳島克己
照明:高屋齋
美術:磯田典宏
録音:久連石由文
衣装:黒澤和子
大友衣装:山本耀司
装飾:柴田博英
メイク:宮内三千代
編集:北野武、太田義則
音楽:鈴木慶一
音響効果:柴崎憲治
記録:吉田久美子
キャスト:ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁、田中哲司、名高達男、光石研

☆☆☆☆4
(ア)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 暴力 ☆☆☆☆4

「鍵泥棒のメソッド」内田けんじ

鍵

内田けんじは『運命じゃない人』が面白かった。観客をミスリードに導きながら、テンポよく騙されていく心地よさは『アフタースクール』でも健在だったが、今回の『鍵泥棒のメソッド』ではそういう観客を騙すどんでん返しはない。最初から仕掛けは提示される。金持ちのヤクザな便利屋と金のない売れない役者の人生が入れ替わる話だ。それに結婚することを決めた変な女、編集者の広末涼子が加わる。香川照之と堺雅人が芸達者に面白く演じている。それに素っ頓狂な計画立案女の広末涼子が加わり、十分面白くなる要素があるのに、なんだかテンポ感がないのだ。コメディとしての要素は十分揃っているのに、期待しすぎたのかやや肩透かしだった。



製作年 2012年
製作国 日本
配給 クロックワークス
上映時間 128分

監督:内田けんじ
エグゼクティブプロデューサー:藤本款和、田倉和利
プロデューサー:深瀬和美、赤城聡、大西洋志
脚本:内田けんじ
撮影:佐光朗
照明:加瀬弘行
録音:藤本賢一
美術:金勝浩一
編集:普嶋信一
音楽:田中ユウスケ
主題歌:吉井和哉
キャスト:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑤子

☆☆☆3
(カ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : コメディ ☆☆☆3

「夢売るふたり」西川美和

ユメ

なんとも複雑な思いにさせられる映画だ。とても共感もできないし、スカッともしない。結婚詐欺コメディでもないし、かといって犯罪悪女ものとも違う。人ってのは複雑だよねぇという映画だ。

松たか子は、『告白』で無表情で怖い女を演じたのに続いての悪い女の役である。ただこの映画の里子は、夫の貫也(阿部サダヲ)のことを思っている可愛い女という面もある。二人で切り盛りしていた居酒屋を火事で焼失し、健気にラーメン屋のバイトで意気消沈の夫を支える妻。健気ながんばり屋の妻に夫は逆にプレッシャーになっていく。ところが、夫がある女と浮気をしたことをキッカケに里子は変わる。この場面が何ともいい。札束をガスコンロで燃やしつつ、それを風呂場でぶちまける。素足で蛇口を動かして夫が入っているバスタブに熱い湯を入れ続ける。女は夫の性格を利用して、寂しい女たちを騙す結婚詐欺を思いつく場面だ。

西川美和という監督は、『蛇イチゴ』では香典泥棒を宮迫博之に演じさせ、『ディア・ドクター』では笑福亭鶴瓶にニセ医者をさせた。そして今回は結婚詐欺に阿部サダヲだ。いずれも情けないダメ男のお人好しぶりがなんとも哀れで巧みだ。セコい犯罪なのだ。本物になれないニセモノ。あるいは意図的ではなく、結果的にニセモノになっていく男たち。しかし、ニセ医者は現実でも事件になっているし、結婚詐欺は昔からの王道の犯罪だが、最近でも結婚したい寂しい女につけ込む事件は起きている。弁護士や医者を語るのではなく、優しく誠実に見える男が事件を起こしている。現実と妙にシンクロしているのが時代感覚をうまくとらえているのか。いずれにせよ、セコイ憎めない犯罪者がよく出てくる。この夫婦も犯罪者ではあるが、夫の阿部サダヲはバカな優しさだけが取り柄の単純な男だ。阿部サダヲにしかできない役かもしれない。

この映画で最も僕が驚いたのが、松たか子演じる里子が生理ナプキンを装着するシーンだ。こんなシーンいるの?と多くの女性が不快に思ったかもしれない。いや女性監督でしか描けない女の複雑な思いなのだろう。排卵するために毎月やってくる女性の宿命。少し前に彼女の自慰シーンもある。FAX音で中断され、ティッシュで拭くあたりまで描くのがまたリアルなのだけれど、夫を愛人とセックスさせておいて、彼女自身が複雑な思いを巡らす場面だ。この映画では、夫婦がセックスする場面はいっさいない。女の元から帰った夫と一緒に眠るシーンだけだ。この里子には、女性の性への憎悪や嫌悪があるのかもしれない。寂しい女を騙しつづけることの妻の怖さを夫は感じていくが、そこには妻・里子の複雑な思いがある。寂しさから愛の幻にすがりる女、そんな女の股ぐらに顔を突っ込む男、セックスでお互いに慰められる関係、そんな男女関係そのものへの復讐とも呼べるような愛憎。

ただ、女性ウエイトリフティング選手のエピソードは必要だったのかなと疑問に思う。この映画は少し長い。多くの出演者が次から次へと出て来るし、関係が広がり過ぎているような気がする。『蛇イチゴ』や『ゆれる』は家族や兄弟の狭い世界の映画だった。だから密度がとても濃かった。それが『ディア・ドクター』から広い関係の世界を描くようになり、この『夢売るふたり』も夫婦を描くには登場人物やエピソードが拡散しすぎじゃないだろうかと思った。愛人に突然死なれた鈴木砂羽、結婚願望の強い田中麗奈、そして風俗嬢の安藤玉恵、最後に子持ちの木村多江のエピソードで十分だったのではないか。純情な女で前向きな女の子のウエイトリフティング選手(江原由夏)まで騙すの?いう里子の悪意を描く意味はあったのだけれど、やや別の話になってしまったような気がした。いや、里子の悪意そのものが描けてはいない。頑張る前向きな彼女への冷ややかな思いがなければ、里子の思いは観客には届かず、ただただ宙を舞うばかりだ。里子自身にもわからない複雑な思い。もっともっと男と女の性と業のようなものへと降りていく映画になっていれば、もっと深みがあったはずだ。操る女と操られる男、その関係がどう捩じれていくのかがもっと見たかった。

いずれにせよヒューマンドラマのようでありながら単純な物語にせず、冷たく突き放し、悪意や復讐などの複雑で怖い部分も描きつつ人間を見つめる西川美和監督の視線の確かさは興味深いものがある。さらなる次回作が楽しみであることに変わりはない。

淡々とした音楽と時折挿入される街の風景がとても効果的に使われていた。


<追記>
西川美和のインタビュー記事を読むと、まず最初に「ラーメン屋のガラス越しの夫婦の目配せする場面が最初に浮かんだという。

最初はこういう映画を撮りたい、とふと浮かぶところからなんです。この映画でいうと、ラーメン屋の湯気がもうもうと立ち込めているなかで、かみさんが一生懸命仕事をしていて、表の戸口のガラス越しに旦那が女達からせしめてきたお金を見せて、お互いが目配せする、という絵がパッと浮かんだんです。これを映画にしよう、と。そんな風に、撮りたい絵が浮かぶのが最初で、そこから、どうやって、それを撮るために話を組み立てていくか、考えます。その画が映画のどこの位置に配置されるのかも含めて。


それを読んで思ったのですが、阿部サダヲ演じる夫はいつも自転車を乗り回していたなぁ、と。夜の商店街を夫婦で仲睦まじく二人乗りするシーンが最初に印象的に描かれます。交番の前で松たか子が降りたりして、まさに幸せそのものの自転車二人乗り。それが、阿部サダヲ一人でフラフラ乗り回すシーンが多くなり、女のところに行くのもいつも自転車。客に断られた風俗嬢まで後ろに二人乗りで乗せるシーンもあります。妻の松たか子はもう後ろにはいない。そう考えると、阿部サダヲは自転車でふらふらと女とのあいだを彷徨う男だった。夫婦の二人乗りの共有の自転車は、彼一人のものになっていった。別の女の家に向かうための自転車に。だから松たか子は、自転車には決して乗らない。最後に乗るものとして選んだのが、市場でのフォークリフトだった。


製作年 2012年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 137分
監督:西川美和
企画:佐々木史朗、川城和実、弘中謙、遊佐和彦
原案:西川美和
脚本:西川美和
撮影:柳島克己
照明:鈴木康介
録音:白取貢
美術:三ツ松けいこ
衣装:小林身和子
ヘアメイク:酒井夢月
編集:宮島竜治
音楽:モアリズム
キャスト:松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、木村多江、伊勢谷友介、古舘寛治、小林勝也、香川照之、笑福亭鶴瓶

☆☆☆☆4
(ユ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「かぞくのくに」ヤン・ヨンヒ

sub4_large.jpg

ドキュメンタリー出身の在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ監督が、自らの体験を題材に描いた初の劇映画。北朝鮮の「帰国事業」により日本と北朝鮮に別れて暮らしていた兄ソンホと妹リエ。病気療養のためソンホが25年ぶりに日本へ戻り、2人は再会を果たした。その兄が再び北朝鮮に帰るまでの家族の数日間の物語。

ドキュメンタリー出身監督らしく、手持ちのカメラで微妙に揺れながら、ワンカット長回しで人物を押さえようとしていて、やや見ずらい。いかにも低予算で撮られたという印象。それでもARATA改め井浦新が演じるソンホが急に北朝鮮に帰ることになって、京野ことみに別れを告げる夕景の川バックの俯瞰ショットは良かった。

監視役のヤン・イクチュンの存在が効果的だ。北朝鮮という国に翻弄された哀しい家族の悲劇だが、それだけで終わらせていない。「あなたもあなたの国も大嫌い」と妹のリエ(安藤サクラ)に罵られるも、そんな国・北朝鮮で生き続けなればいけない男ヤン・イクチュンの無言の苦悩…。北朝鮮の監視者も単なる悪者ではなく、生きることの不自由さを体現しており、物語に厚みを与えている。井浦新も寡黙なうちにも時折見せる苦しみや父への複雑な思いなどを好演。「あの国では何も考えちゃいけないんだ」というセリフも重みがあった。そして、この映画の印象を支えているのは、なんと言っても安藤サクラの好演だろう。気張らずに、兄への思いと「わからなさ」を等身大で演じている。

国に分断された家族の物語を、大げさな悲劇としてではなく、日常の延長として、ささやでそれぞれの苦しみを静かに、人物を限定して描いているところは好感が持てる。

製作年 2012年
製作国 日本
配給 スターサンズ
上映時間 100分

監督:ヤン・ヨンヒ
企画:河村光庸
エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
プロデューサー:佐藤順子越川道夫
原案:ヤン・ヨンヒ
脚本:ヤン・ヨンヒ
撮影:戸田義久
照明:山本浩資
音響:菊池信之
美術:丸尾知行
装飾:藤田徹
衣装:宮本まさ江
編集:菊井貴繁
音楽:岩代太郎
キャスト:安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュン、京野ことみ、大森立嗣、宮崎美子、津嘉山正種

☆☆☆☆4
(カ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 社会派 ☆☆☆☆4

「グスコーブドリの伝記」 杉井ギサブロー

jp-pub-photomain-rev-gusuko_large.jpg

宮沢賢治の世界を自由に幻想的に映像化した作品。その美しき映像的世界を観ているだけでもなかなか楽しい。ますむらひろしのキャラクターデザインの猫で、『銀河鉄道の夜』をアニメ化したスタッフだ。このアニメ『銀河鉄道の夜』はとても素晴らしい作品で、僕は大好きなのだ。音楽を担当した細野晴臣の音楽もとにかくいい。そして
この作品も、最後の小田和正のエンディング・テーマは別にしても、小松亮太氏のバンドネオンはなかなかいい。

実は、私のペンネーム「ヒデヨシ」は、漫画家ますむらひろし氏の『アタゴオル・シリーズ』のデブ猫ヒデヨシに由来している。不思議な森に住むデブ猫ヒデヨシ。大好物の紅マグロにいつも夢中で、食欲の赴くままに盗みを働き、友人をも平気で裏切るけれども憎めない…、脳天気でお調子者で、好奇心旺盛で生命力に溢れているヒデヨシに私は憧れているのだ。この映画の中でも「赤ヒゲ」がヒデヨシ的キャラクターとして登場する。飢饉で損をした分を肥やしをたくさん入れて取り戻そうとする欲望いっぱいの山師だ。

もともとますむらひろし氏は、この『グスコーブドリの伝記』を漫画化している(1983年)。この映画を見た後に改めて読んでみたけれど、映画は漫画とも少し変えられている。妹のネリのエピソードの後日談などは削られている。原作もまた何度も改稿を加えられているそうだ。より幻想性が強い『ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記』から、『グスコンブドリの伝記』、そして『グスコーブドリの伝記』へと。 杉井ギサブロー氏は、それぞれの要素を映画に詰め込んだと語っている。なかでもブドリが夢を見る妖怪だらけの街や、てぐす糸を作る場面の森の幻想性、宮崎駿もビックリのクーボー大博士が乗る人力飛行船が飛び交うSF的な街など、映像がとにかく楽しい。原作の世界の幻想的美しさがより強調されている。

もともと宮沢賢治には、どうとでもとれるような幻想性、抽象性や遊びが多い。この作品は、賢治作品のなかでも社会的なメッセージの側面が強いが、映画では物語の骨格のみを残し、より自由に映像化している感じがする。

なんといっても東日本大震災を受けて、自然と人間の厳しい対峙が意識されたからこそ、このアニメが作られたのだろう。作品としてはとてもチャレンジだなぁと思う。分かりずらい抽象性・幻想性がいっぱいあることが、今の時代にどれだけ受け入れられるのか、ちょっと疑問もある。でもこの幻想性こそ、多くの子供たちに観てほしい作品である。

ブドリは、過酷な自然で家族が奪われ、喪失感の中で生きていく。それは震災後の東北のようでもある。そして、自然の中で生きること、食べること、農業の厳しさが描かれ、その自然と人間の共存を科学の力でブドリは何とかしようとする。ある意味、科学の力とは現代で言えば「原発」ではないか。ブドリは「イーハトーブ火山局」で、火山の力、地熱、炭酸ガスなどを使って、異常気象と飢饉から人々を救おうとする。そこでは「自然への敬意」をしっかり払いながら、科学への希望が描かれている。そして、「みんなの幸せのために」生きる賢治のテーマが描かれる。科学とはなんのためにあるのか?自然を知り、研究することは、どういうことなのか?人間に幸せをもたらすはずだった科学の力である「原発」の意味をあらためて考えさせられる。

しかし、何度も言うがそんなテーマ性より、このアニメの映像の幻想美にまず酔いしれてほしい。ここには自然そのものから感じる幻想的な美しさと自然と人間のやさしい調和があるのだ。戸惑うブドリを急がせ、駆り立て、追い込むオヤジたちが何人か登場するが、生きることは、そういう効率よりも大切なことがあるということを子供たちには感じてほしい。


製作年 2012年
製作国 日本
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 108分
監督 杉井ギサブロー
原作 宮沢賢治
監修 天沢退二郎
脚本 杉井ギサブロー
絵コンテ 杉井ギサブロー
キャラクター原案 ますむらひろし
作画監督 江口摩吏介
音楽 小松亮太
主題歌 小田和正
声の出演:小栗旬、忽那汐里、草刈民代、柄本明、佐々木蔵之介

☆☆☆☆4
(ク)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : アニメ

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カーペンター
ジョン・カサヴェテス
ジョン・フォード
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロバート・アルドリッチ
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今泉力哉
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
白石和彌
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
40位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2019年ベスト5
    「ジョーカー」
      「よこがお」
        「真実」
          「バーニング」
            「ブルーアワーにぶっ飛ばす」
              次点、「さよなら くちびる」

            2018年ベスト10
            <洋画>
              「スリー・ビルボード」
              「正しい日、間違えた日」(2015)
              「希望のかなた」
              「顔たち、ところどころ」
              「ラブレス」

            <日本映画>
              「万引き家族」
              「寝ても覚めても」
              「きみの鳥はうたえる」
              「モリがいる場所」
              「カメラを止めるな」


            2017年ベスト10
            <洋画>
              「パターソン」
              「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
              「誰のせいでもない」
              「ありがとう、トニー・エルドマン」
              「オン・ザ・ミルキー・ロード」
              「パーソナル・ショッパー」
              「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
              「マリアンヌ」
              「婚約者の友人」
              「セールスマン」

            <日本映画>
              「散歩する侵略者
            /予兆 散歩する侵略者」
            「三度目の殺人」
            「南瓜とマヨネーズ」
            「光(大森立嗣)」
            「息の跡」
            次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
            次点「幼な子われらに生まれ」
            次点「バンコクナイツ」


          2016年ベスト10
          <洋画>
            ダゲレオタイプの女
            マイ・ファニー・レディ
            キャロル
            シング・ストリート 未来へのうた
            リザとキツネと恋する死者たち
            グッバイ・サマー
            サウルの息子
            マジカル・ガール
            ブリッジ・オブ・スパイ
            手紙は憶えている
          <日本映画>
            淵に立つ
            クリーピー 偽りの隣人
            海よりもまだ深く
            ふきげんな過去
            SCOOP!
            永い言い訳
            オーバー・フェンス
            ディストラクション・ベイビーズ
            葛城事件
            湯を沸かすほどに熱い愛
            次点この世界の片隅に


          2015年ベスト10
          <洋画>
            やさしい女
            さよなら人類
            さらば、愛の言葉よ
            毛皮にヴィーナス
            雪の轍
            愛して飲んで歌って
            サンドラの週末
            サイの季節
            インヒアレント・ヴァイス
            ソニはご機嫌ななめ

          <日本映画>
            海街dairy
            岸辺の旅
            FOUJITA
            百円の恋
            この国の空


          2014年ベスト10
          <洋画>
            エレニの帰郷
            グランド・ブタペスト・ホテル
            罪の手ざわり
            ウルフ・オブ・ウォールストリート
            ジャージー・ボーイズ
            インサイド・ルーウィン・デイヴィス
            6才のボクが、大人になるまで。
            フランシス・ハ
            ウォールフラワー
            ある過去の行方

            <日本映画>
            そこのみにて光輝く
            ニシノユキヒコの恋と冒険
            紙の月
            Sventh Code
            私の男


              2013年映画ベスト5
          <洋画>
            1、「愛、アムール」
            2、「ホーリー・モーターズ」
            3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
            4、「いとしきエブリデイ」
            5、「ムーンライズ・キングダム」
            ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

            <日本映画>
            1、「共喰い」
            2、「さよなら渓谷」
            3、「恋の渦」
            4、「リアル 完全なる首長竜の日」
            5、「Playback」(2012年)


            2012年映画ベスト10
          <洋画>
          2、「少年と自転車」
          3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
          4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
          5、「きっと ここが帰る場所」
          6、「ドライヴ」
          7、「風にそよぐ草」
          8、「恋のロンドン狂騒曲」
          9、「おとなのけんか」
          10、「別離」
          次点 「裏切りのサーカス」
        番外
          「永遠の僕たち」
          「J・エドガー」
          「家族の庭」

        2、「かぞくのくに」
        3、「演劇1&2」
        4、「夢売るふたり」
        5、「アウトレイジビヨンド」
        番外 「ヒミズ」


      2011年映画ベスト10
      2,「愛の勝利を」
      3,「ブルーバレンタイン」
      4,「愛する人」
      5,「クリスマス・ストーリー」
      6,「トゥルー・グリット」
      7,「SOMEWHERE」
      8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
      9,「エリックを探して」
      10,「シリアスマン」
      次点,「エッセンシャル・キリング」

    2,「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター