「ザ・マスター」ポール・トーマス・アンダーソン

ザマスター

過剰と欠落。コインの裏表のように、二人の男は惹かれあう。新興宗教の教祖マスター(フィリップ・シーモア・ホフマン)と元海兵隊員でアルコール依存症で戦争のPTSDとなっている病的な男フレディ(ホアキン・フェニックス)。この二人を演じる役者が素晴らしい。とくに、いつもながらの圧倒的な存在感フィリップ・シーモア・ホフマンは凄い。ポール・トーマス・アンダーソン監督の前作『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の石油王のダニエル・デイ=ルイスも圧倒的な存在感だったが、マスターと呼ばれるこの男の強烈さこそ、矛盾に満ちた人間の欲望と存在の謎を体現している。彼は言う。「人間の全ての体験は記憶されており、その記憶を遡り"問題"と向き合うことで、精神的なトラウマを克服することが出来る」と。かつての記憶、前世の記憶と向き合うこと。そんな虚構世界に人を導くカリスマ性と詐欺性。一方で、病的で凶暴で性的トラウマを抱えた危ない男フレディに惹かれていく。この病の男をホアキン・フェニックスも好演している。

そして、映画全体を支配する圧倒的な映像の迫力。どのカットをとっても素晴らしい。船の甲板から撮影される海の白い波しぶき。人間の混沌を表すような映像が何度か挿入される。夜の船上パーティーの光の美しさや砂漠のオートバイの無意味な疾走。陰影のある人物のクローズアップ。毛皮を着て歩くモデルと暗室での密会、砂の女を抱く男や夫のマスターの性的処理をする妻の場面や女性たちがオールヌードになるパーティーの幻想などドキッとする映像が随所に挿入されている。

フレディが心の恋人ドリスを訪ねる場面がせつない。かつて16歳だったドリスは、23歳になって結婚していて不在だった。ドリスの母親との途切れ途切れの会話。この映画では、台詞そのものに意味があるのではなく、台詞と台詞の間合いや表情、佇まいにこそ、人間の真実があることを教えてくれる。人間そのものの矛盾や謎をまるごと描こうとするポール・トーマス・アンダーソン監督の描写力は、アメリカ映画界にあって特筆すべき存在であるのは間違いない。

<追記>
この映画について、どこまで語ることが意味があるのか。解釈とは、あくまでも一つの見方であって、それが全てではない。それだけ、この映画の奥行きや幅は広い。自在な解釈が成り立つ映画とも言えるだろう。

それで、もう少し突っ込んでこの映画を理解しようとした時に思ったのは、マスターとフレディの関係は惹かれあう男と男の関係なのかもしれないということだ。お互いに過剰さと欠落さを抱えたコインの裏と表のような二人は、実は似ているのかもしれない。支配し、コントロールしたいという思いと同時に、付き従いコントロールされたいという二重の思い。そんな似たような姿を二人はお互いに見たのかもしれない。しかし、マスターは新興宗教ザ・コーズの指導者であり、その作法に乗っ取りながら、フレディを救おうとする。壁と窓の往復のような洗脳的治療には、本来のマスターとフレディが求めた関係とは違う組織の論理が支配している。そして、この組織をコントロールしているのは、妻のペギー(エイミー・アダムス)なのかもしれない。夫のマスターをもコントロールしている妻の存在。だからこそ、マスターとフレディは教祖と信者という役割の中で、うまく関係を築けなかった。本来ならふざけ合い、身体をぶつけ合い、心を分かち合いたい存在なのに。

「君はマスターを必要としない世界最初の人間になる」とマスターはフレディに最後に告げるが、それはマスターからフレディへの愛の諦めの言葉のように思える。誰もが「マスター」を必要とするし、だれもが誰かをコントロールし、癒したいという願望を持っている。それが愛だとも言えるし、支配―被支配の関係にもなり得る。この映画は、惹かれあった二人の男たちが、支配―被支配という組織の中でうまく関係を保てなかった不幸な物語なのかもしれない。宗教と愛は分かちがたく、ぶつかり合う。
 

原題 The Master
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 138分
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
製作:ジョアン・セラー、ダニエル・ルピ、ポール・トーマス・アンダーソン、ミーガン・エリソン
製作総指揮:アダム・ソムナー、テッド・シッパー
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ミハイ・マライメア・Jr.
美術:ジャック・フィスク、デビッド・クランク
音楽:ジョニー・グリーンウッド
キャスト:ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ローラ・ダーン、アンビル・チルダース、ラミ・マレック、ジェシー・プレモンス、ケビン・J・オコナー、クリストファー・エバン・ウェルチ

☆☆☆☆4
(サ)
スポンサーサイト

テーマ : DVDレビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「ミッドナイト・イン・パリ」ウッディ・アレン

paris.jpg

やっと観ることができたウディ・アレンのパリの夜の夢。馬車のタイムマシンに乗って1920年代のパリへタイムスリップ。冴えない脚本家で小説を書いている男ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張に便乗してパリにやってきた。そして、深夜の鐘とともに現れた馬車に乗ると、そこは憧れの時代。F・スコット・フィッツジェラルド(トム・ヒドルストン)夫妻やアーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)、ピカソにその愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)、音楽家のコール・ポーター、T・S・エリオット、シュルレアリストのマン・レイにダリにルイス・ブニュエルまで出てくる。自分の小説を批評家ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)に読んでもらい、アドバイスまでもらうのだ。まさに夢の世界。

さらにピカソやヘミングウェイの恋の相手であるアドリアナと恋に落ち、夜のパリの街を歩くうちに彼女の憧れる19世紀末のベル・エポックの時代にまで遡り、ロートレックやゴーギャン、ドガにも会うのだ。

いつの時代も、現実は不満がいっぱい。自分は理解されない。そんなくだらない現実から逃れ、かつての時代を黄金時代と思い憧れる。黄金時代に生きていたらなぁと。しかし、ギルが憧れていた1920年代は、アドリアナにとっては退屈な時代で、彼女が憧れていたベル・エポックの時代を、ロートレックたちは退屈に思い、彼らはルネサンス時代に憧れる。ないものねだり。現実はくだらなくて、過去はいつだって輝いている。そんな夢の世界の限界を知り、現実の世界に舞い戻ったジルは、趣味の合わない婚約者やその両親たちに別れを告げる。

下世話で高慢で現実主義的な俗物をウディ・アレンは軽蔑する。彼らの描かれ方が辛辣だ。そして、芸術と文化の都、パリの夢に酔いしれるのだ。その喜びを味わえない奴はこの映画の良さはわからないだろうとばかりに。94分という長さがちょうどいい。つかの間の楽しいパリの夢をニヤニヤしながら堪能できる映画だ。

ルイス・ブニュエルに不条理に部屋から出られない映画『皆殺しの天使』のネタを提供する場面があって笑える。また見たくなった。



原題:Midnight in Paris
製作年:2011年
製作国:スペイン・アメリカ合作
上映時間:94分
配給:ロングライド
監督:ウッディ・アレン
脚本:ウッディ・アレン
撮影:ダリウス・コンジ
出演:オーウェン・ウィルソン、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、コリー・ストール、トム・ヒドルストン、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、ニーナ・アリアンダ、カート・フラー、レア・セドゥー

☆☆☆☆4
(ミ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「恋のロンドン狂騒曲」ウッディ・アレン

ロンドン

人生は無意味な空騒ぎに過ぎない…。ウッディ・アレンは達観したかのように、シェイクスピアの境地で登場人物たちを神のような立場で操り、恋の勘違いの魔法をかけて右往左往させる。その手腕はまさに達人の域に達した職人芸。かつてのような自意識の呪縛や哀感や艶めかしさもない。笑いと愛情をこめて突き離しながら、「バカだよね~」と描いている。そのバカさ加減、過ちに満ちた勘違いにこそ人間らしさがある…とでも言うように。

かつての狂気のレクター博士だったアンソニー・ホプキンスがかわいいバカな爺さんで笑える。ジェマ・ジョーンズの占いに洗脳されたお惚けばあさんぶりも楽しいし、窓の向こうの赤い服の女ばかり見ているジョシュ・ブローリンの哀れな自意識や、金髪美女ナオミ・ワッツのちょっとせつない恋の勘違いも巧い。

みんなこんな風にちょっと勘違いして、失敗して、回り道して、バカみたいに生きてるんだよなぁ~と自らのバカさ加減も許せるような気分になる楽しい映画でした。


原題 You Will Meet a Tall Dark Stranger
製作年 2010年
製作国 アメリカ・スペイン合作
配給 ロングライド
監督:ウッディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、スティーブン・テネンバウム、ハウメ・ロウレス
製作総指揮:ハビエル・メンデス
キャスト:ジョシュ・ブローリン、ナオミ・ワッツ、アンソニー・ホプキンス、ジェマ・ジョーンズ、アントニオ・バンデラスナ、フリーダ・ピント、ルーシー・パンチ

☆☆☆☆4
(コ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : コメディ

「プロメテウス」リドリー・スコット

prome_main01_large.jpg

SF映画の歴史的名作『ブレードランナー』ほか数々の大作を撮り続けている巨匠である。しかし、僕は彼の映画の熱心な観客ではない。あまり観ていないのだが、この『プロメテウス』が久々のリドリー・スコットの傑作だというある映画評を知って、珍しくこのメジャー超大作を観に行ったのだ。だけど、僕にはどうもピンとこなかった。超大作というよりも、どちらかと言えばB級ホラーの味わいである。それなりにはもちろん楽しめるのだが、とても傑作だとは思えなかった。まだ訳の分からない『ファウスト』のようなヨーロッパ映画のほうが、僕は魅力を感じてしまう。

それでも美術はなかなか素晴らしい。宇宙船の中も、未知の惑星での巨大な宇宙船の無機質なオブジェとか。映画は静かに始まる。古代の自然あふれる地球で、筋肉隆々の宇宙人が何かを飲みほし、巨大な滝壺の中に沈んでいく。人類の起源となるDNAが宇宙人から始まったとされるエピソードだ。人類起源の謎ともいうべき真実があっさり冒頭で示される。そして洞窟での壁画の発見とともに、人類の起源を探る惑星への旅が始まる。

宇宙船で一人、淡々と作業をこなすデヴィット(マイケル・ファスベンダー)が映画のキーとなる謎の男だ。後に彼は人間ではなくロボットであることが判明するのだけれど、近未来の無機的な感じがよく出ている。そして、続々と乗組員が永い眠りから覚めると、宇宙船の中は一気に人間臭くなる。この静から動への転換がいい。

そして、未知の惑星への到着と探索。静かなる墓場のような洞窟の遺跡。宇宙人の死体や無機的なモノたち。それがまた一転、液体が滲み出し、ネバネバしたものが出てきて、奇妙な生物が現れてくる。またしても静から動への転換。死んだとされていたモノが液体とともに蘇る。硬質な無機的なものからネバネバした粘着質な有機的なモノへ。映画の後半部は、かなりのドタバタ、宇宙生物との戦いが繰り広げられる。なかでもスーパーウーマンのノオミ・ラパスは大活躍だ。自ら宿した体内の異物を自動切開手術で取り除き、さらに宇宙人の謎に迫るために戦うのだ。無機的と言えば、シャーリーズ・セロン演じる宇宙船を仕切る女性監督官も無表情に好演。ロボットなのか人間なのかよくわからない。無機的なるモノと有機的なるモノ、静と動が交互に登場するあたりが映画の見どころと言えるのだろう。

ラストはややお笑い的な感じで、衝撃の結末があり、さらに続編を予感させる終わり方…。なんだか、続編への商売っ気がありありでいやだなぁ。この映画が、『エイリアン』とつながっているかどうか?もうずっと昔に見たので忘れてしまった。マニアたちには、その辺のつながり感がきっと面白いのだろう。いつか『エイリアン』を見直してみようと思う。でも、あまり映画的深みを感じないドタバタSF劇だったなぁ。ただ、ノオミ・ラパスが最後まで「十字架のネックレス」にこだわったように、人類の起源がたとえ宇宙人であろうとも、神が人類を創造したというキリスト教的世界観は揺らがないのだなと思った。


原題 Prometheus
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 124分

監督:リドリー・スコット
製作:リドリー・スコットデビッド・ガイラーウォルター・ヒル
製作総指揮:マイケル・コスティガンマーク・ハッファム、マイケル・エレンバーグ、デイモン・リンデロフ
脚本:ジョン・スパイツ、デイモン・リンデロフ
撮影:ダリウス・ウォルスキー
美術:アーサー・マックス
編集:ピエトロ・スカリア
衣装:ジャンティ・イェーツ
音楽:マルク・ストライテンフェルト
キャスト:ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース、イドリス・エルバ、ローガン・マーシャル=グリーン

☆☆☆3
(フ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : SF ☆☆☆3

「戦火の馬」スティーブン・スピルバーグ

wh_main_large.jpg

母馬から生まれる仔馬。そして少年アルバートと仔馬の出会いが美しいイギリスの田舎の風景とともに描かれる。この映画はジョーイと名付けられた馬の物語である。馬があくまでも主役だ。人間たちは脇役だ。

美しさに魅せられた父が思わず買ってしまった馬。だから、サラブレッドなのに農耕馬にさせられ、岩だらけの土を耕し働かされる。第一次世界大戦となりイギリスとドイツが戦争になると、今度は軍馬として戦場に駆り出され、ドイツ軍に突撃していく。一緒に速さを競った黒馬トップソーンと戦場の友のようにその後いつも一緒にいることになる。なんとか生き残り、ドイツ軍の馬となるが、若きドイツ兄弟兵士の脱走に利用され、兄弟は銃殺される。2頭の馬はフランスの風車小屋に匿われる。それをフランス農夫と若き娘が発見し、しばし馬を可愛がり世話をする。戦場ばかりの映画にあって、ホッとするシーンだ。しかし、再びドイツ軍がやってきてドイツ兵の手に渡る。そして過酷なほど重い大砲を運ばされ、黒馬のトップソーンは怪我をして殺されてしまう。戦車に追い立てられたジョーイは、ドイツ軍から逃げ出し、ひたすら戦場を走る。この馬の疾走場面が何とも美しく感動的だ。美しき馬は走るために存在する。ひたすら速く。

しかし、戦場の有刺鉄線が体に絡み付き動けなくなってしまう。ドイツ軍とイギリス軍がにらみ合う戦場の中間地帯で力尽きて倒れるジョーイ。この馬を救うためにドイツ軍、イギリス軍兵士が一人ずつやってきて、一時的停戦状態になる。やや図式的な設定だ。美しき馬は国家の対立も国境も越えるという訳だ。そして鉄線が解かれ、コイン・トスでイギリス軍に戻ってきたジョーイ。戦場で生き延びた奇跡の馬として。そんなジョーイも怪我をして殺されそうになるところを、従軍して怪我をしていた少年アルバートとの再会がクライマックスとなる。

ラスト、アルバートがジョーイにまたがって夕陽の丘をシルエットで、故郷の我が家に戻ってくるシーンは、まさに西部劇のラストだ。人と馬が一体化した美しさがそこにはある。『E.T』の少年とETが空を駆ける自転車のシーンのようでもある。

馬には、国籍も国境も関係ない。美しい馬は、だれが見ても美しく、誉めそやされ、大切にされる。経済も宗教も国家も、美しい馬の前では平等だ。宇宙人であった特別な存在「ET」がこの映画では「馬」なのである。特別な存在は、上下関係や対立関係を超えてしまうのだ。

戦争という過酷な時代において、馬はさまざまな人々の手に渡り、人々の心を慰め、癒し、友となる。この美しき馬は人々への「贈り物」なのだ。馬を通じた幸福な「贈与のつながり」がこの過酷な戦場で行われるのだ。父から息子のアルバートへ。そしてイギリス軍将校へ。さらに、ドイツ兵の若き兄弟、フランスの農夫の娘、ドイツ軍の馬好きの兵士、そして戦場で馬を有刺鉄線から解いてやる英独兵士、そして獣医やフランスの農夫を経て、再びアルバートもとへ。

ドイツ軍もイギリス軍も戦場も関係なく、馬は大地をひたすら疾走する。それが馬の美しさであり、本能だ。スピルバーグは、『激突』でデビューして以来、走り続ける疾走感を描いてきた。危機をくぐり抜け、戦いや友情や絆や勇気や愛とともに。そこには、ジョン・フォード以来のアメリカ西部劇の活劇の伝統が根付いている。西部劇といえば言うまでもなく、馬がその戦いの躍動感、疾走感を支えてきた。そんなアメリカ映画の原点に立ち返ったような馬へのオマージュを込めた映画だ。


原題 War Horse
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 147分
監督 スティーブン・スピルバーグ
原作 マイケル・モーパーゴ
脚本 リー・ホール、リチャード・カーティス
撮影 ヤヌス・カミンスキー
美術 リック・カーター
衣装 ジョアンナ・ジョンストン
編集 マイケル・カーン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
キャスト:ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ

☆☆☆☆4
(セ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 戦争

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター