「脳内ニューヨーク」チャーリー・カウフマン

091113no-ny.jpg

ぐるぐるぐるぐる堂々巡り。頭なのかでまわるよまわる。あてどもない妄想やら畏れやら死への不安やら孤独や寂しさや愛やら迷いやらなにやらかにやらと、人の頭の中はぐるぐるめぐる。

これは、痛快さも爆発もサスペンスもカタルシスも感動も涙も何もない。停滞と混乱の映画だ。哲学的な知的な映画ともいえるが、なんだこれは?面白くない!と思う人も多いのではないか。なんだかわからないからだ。何を伝えたいのか?何を描きたかったのか?わからないのだ。そのわからなさこそが、この映画の楽しみなのだが…。

いや、これはそんな混乱そのものが、人間だよと伝えている映画でもある。そこには人間の深みがあるというよりは、ただただ混乱と寂しさと孤独と死への畏れがあるのだ。

あの快作「マルコビッチの穴」で驚くべき奇妙な脳への旅で脚本家デビューし、スパイク・ジョーンズと続けて組んで「アダプテーション」では書けない脚本家の混乱をコミカルに描き、ミシェル・ゴンドリーとは脳の記憶と恋の物語をロマンチックに描いて見せた脚本家チャーリー・カウフマンの初監督作品。

彼がいつも描いてきたのは、現実と虚構が入り乱れる脳と認識と現実の世界だ。そしてそれはモノを創造し、虚構を作り出す芸術家の混乱でもあった。恋もまた脳が物語を作りだすという意味では、同じ世界だ。人は現実を脳で認識する。脳で認識した世界が現実であるが、それは妄想なのか虚構なのか。現実そのものと認識した世界は現実と微妙に食い違う。他人の脳の中や認識は別だったりもするのだから。だから人の気持ちはわからない。

この映画は劇作家が自分の人生を芝居にしてしまおうという話だ。巨大な自意識。拡大する自我。そして自分を役者が演じているうちに、虚構が現実となり、現実を追い越していく。自分をずっと観察してきたという奇妙な男も登場し、自我は分裂していくかのようだ。かくして現実と虚構は入り交り、自分の存在自体が虚構化していく。自分は誰でもあり、誰でもない誰かとなる。そして、ラストでは演出家であることをやめて、役者として虚構の中に入り込んでしまう。だから最後は、虚構なのか現実なのか、もはや観客にはわからない。いやいや、そもそも子供のお尻から緑のウンチが出てきたり、現実そのものが虚構めいていたではないか。妻のミニチュアアートの展覧会が、拡大鏡のメガネをかけて、作品を観るのも象徴的だ。極小の世界から見える世界。舞台としての虚構のニューヨークから見えるニューヨーク。

自分の人生を舞台化しようと考えてみたら、自分をどう客観化するだろう?自分が思い描いた他者は、いつしか自分の思惑を超えて、別の人格を持ち、自分もまた別の人間になるような気がする。いつだって、自分を完璧に思い描くことなんてできやしない。描いた瞬間から、裏切られ、自分はいったい何者だろう?とわからなくなる。この映画を作ったチャーリー・カウフマンだって、なにもわかってやしないのだ。ただただ、虚構の世界と死への畏れと不安ばかりがあるのだ。

そもそもこの原題「Synecdoche」とは、「全体をあらわす個/個が全体をあらわしていること/特殊にして全体」といった意味らしい。部分と全体。セットとリアル。虚構と現実。ラストのあの廃墟は、虚構なのか?現実なのか?恋人のヘイゼルの燃えている家は何の隠喩なのか?ニューヨークといえば、あの9.11とも関係あるのか?
部分と全体の入れ子構造は、虚構と現実との関係でもあるし、生と死の入れ子構造であるのかもしれない。この世界には至る所に<死>が見え隠れしていたりするのだ。死への畏れの中で、いかにこの訳のわからない自分のことを理解してくれる存在に出会えるのか?そんな通じ合える心の愛しさを大切に思った。

「その土曜日、7時58分」「パイレーツ・ロック」とフィリップ・シーモア・ホフマンの存在感がこのところ際立つ。もう一度観てみたい映画だ。

原題:Synecdoche, New York
監督・脚本:チャーリー・カウフマン
製作:スパイク・ジョーンズ、アンソニー・ブレグマン、シドニー・キンメル、チャーリー・カウフマン
撮影:ブルース・トール、レイ・アンジェリク、フレデリック・エルムズ
美術:マーク・フリードバーグ
音楽:ジョン・ブライオン
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、サマンサ・モートン、ミシェル・ウィリアムズ、キャサリン・キーナー、エミリー・ワトソン
製作国:2008年アメリカ映画

☆☆☆☆4
(ノ)
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

tag : 人生

「イングロリアス・バスターズ」クエンティン・タランティーノ

mo7012.jpg

タランティーノはやっぱり変態だ。秘密をわかっていながら、ゆっくりゆっくり笑いながらいたぶる感じ。
いやらしく、もったいぶりながら・・・。彼の映画の登場人物たちの無用とも言えるほどのおしゃべりの長いシーンは、計算されつくした強度を持つのだ。その磁場の作り方こそ、彼が只者ではない点だ。安易な場面展開などしないのだ。ゆっくりゆっくり笑いながら、冗談を言いながら、いたぶっていくのだ・・・。

この映画の最初のナチスのユダヤハンターのハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)が、ユダヤ人をかくまっている農場主をじわじわと追い詰めるシーンとその台詞の巧みさにまず引き込まれる。ミルクを2杯も飲んでみたり、とにかくいやらしいのだ。

そして、この映画の真骨頂は派手な映画館のラストシーンではない。地下の居酒屋の長い長いシーンだ。居酒屋でドイツ将校がおかしなアクセントのドイツ語を聞き逃さずに、じわじわとドイツ人じゃないことを突き止める会話劇の緊張感は凄い。酒を勧めたり、ゲームをしたりと、笑いながら、じわじわといたぶるように追い込んでいくこのシーンの強度。タランティーノの変態ぶりが見事に発揮されている。

考えてみると、各言語を実にうまく使っているのだ。最初のユダヤハンターのシーンでは、フランス語と英語を、居酒屋のシーンではドイツ語の訛りの癖を、そして映画館に潜入したシーンでは、ドイツ語とイタリア語を。ドイツ語、フランス語、英語、イタリア語。言葉の壁が重要なサスペンスの要素になっているのだ。

クリストフ・ヴァルツとメラニー・ロランが再会して、彼が彼女にミルクを勧めるシーンも見事。全てを知っているのか、知らないのか・・・、最初のシーンと同じようにナチには似合わないミルクをうまく使っていますね。

頭の皮を剥いだり、バットで撲殺したり、額に印をつけたり、お決まりの暴力描写には、いつもついていけないのだが、タランティーノの会話劇の面白さは、最初の『レザボア・ドッグス』から変わっていない。ストーリーと直接関係ないともいえるどうでもいい会話のディティールにこそ、彼の映画の面白さがあるのだ。

2時間45分という長さを感じさせない力技です。スクリーンで燃えるメラニー・ロランの笑顔がなんだかスクリーンの裏側で笑っているタランティーノに見えてきた。

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット/メラニー・ロラン/クリストフ・ヴァルツ/ダニエル・ブリュール/イーライ・ロス/ダイアン・クルーガー/ジュリー・ドレフュス

☆☆☆☆4
(イ)

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

tag : 戦争

「ファッションが教えてくれること」

20090806009fl00009viewrsz150x.jpg

『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われるアナ・ウィンターの実像に迫るドキュメンタリー。アメリカ版「ヴォーグ」誌の名物編集長。まさにカリスマ編集長であるアナ・ウィンターの言うことは絶対だ。誰も逆らえない。ファッション業界をリードしてきた彼女の周辺を丹念に追いかけている。9月号は秋のファッション特大号。その締め切りまでの数か月。現場はピリピリだ。スタッフの誰もが彼女に気を遣っているのがよくわかる。こんな現場では仕事はしたくないなぁ。ストレスがたまってさぞかし大変だろうと思う。

そんなスタッフの中で、唯一彼女への文句をつぶやく女性クリエイティブ・ディレクターのグレイス。アナとグレイスの確執を軸にドキュメンタリーは進行していく。グレイスが撮影した写真が次々とアナによってボツになっていく過程。グレイスはアナには直接文句は言わない。しかし、この写真をボツにするアナのセンスが信じられない!と憤る。しかし、グレイスは自分の立場をわきまえつつ、仕事を続ける。パリでの仕事で二人がエレベーターに何も言わずに乗る場面はちょっとスリリングだ。あくまでもセンスがものをいう世界。上に立つ者のセンスが絶対なのだ。

トップの位置を守り続けるアナもまた、誰にも弱みや迷いを見せられない。だから自分の唯一の弱点だと言う娘といるときの表情は、やわらかい。

こんな二人は確執はどこの世界でもあるようなことだ。センスが違うからこそ、お互いをパートナーとして認め合っている信頼関係・・・これがないとやっぱり仕事は一緒に続けられない。アナにとって、グレイスの存在がとても大きいことが最後によくわかる。どんな才能があろうが、人をうまく使わないと成功はしない。新しいデザイナーの発掘、信頼できるスタッフ、そして瞬発的な判断力と時代を見つめるセンス。どんな世界でも、いつだってギリギリのバランスの上に成り立っているのだ。

彼女の娘がこの華麗なる夢の世界であるファッション界を仕事に選ばずに、法律の勉強をしているあたりが賢明で面白い。


原題: THE SEPTEMBER ISSUE
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
監督・エグゼクティブプロデューサー: R・J・カトラー
プロデューサー: エリザ・ハインドマーチ / サディア・シェパード
キャスト:アナ・ウィンター、グレイス・コディントン

☆☆☆3
(フ)

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

tag : ドキュメンタリー

「THIS IS IT」マイケル・ジャクソン

7a33f56a.jpg

死んで伝説になったマイケル・ジャクソン。キング・オブ・ポップという名称がふさわしい稀代のエンターティナーだ。美容整形、尋常性白斑症、少年への性的虐待疑惑、金銭トラブル・・・。真実のほどは分らないが彼の人生そのものに数々のゴシップがつきまとっていた。少年時代からスターであった彼は、いつだって特別な存在であったろう。誰を信じればいいのか?誰とつながることができるのか?孤独と神経症的不安を抱えながら、彼は踊り歌い続けたのだと思う。

7月のロンドン公演のためのリハーサル映像でつづられたこの追悼フィルムは、MJが優れたアーティストであったことを改めて示す。誰もが彼と関われることに、興奮し、喜びを感じ、アーティストとして尊敬している。MJ中心にスタッフ・出演者たちがまとまっているその光景は、とても幸福なリハーサル風景だ。あえてそういう部分だけで構成されたのだろうとも想像できるが、そこには現実に細かな指示をおくり、演出をし、メッセージを伝えようとするMJの真摯なアーティストとしての姿がある。あらゆる人々に愛を伝えようとする彼の歌と踊りは、やっぱり一級品である。

優れたアーティストであることと、倫理観や優れた人間性であることは全く別のことだと思う。彼がどういう人間であったのか、僕は知らない。いい奴だったのかもしれないし、気難しい変人だったのかもしれない。そんなことはどうでもいいのだ。久々に復活を果たそうと、ここまでコンサートの準備を完成させていながら、直前に逝ってしまった彼は、人生のおける数々のゴシップなどどうでもよくなるほどの圧倒的な存在感を残した。数々のヒット曲と人々を熱狂させた踊りと高音の美しい声を残して・・・。それだけで、いいのだ。

あのコンサートに関わっていたすべてのスタッフ、選ばれたダンサーやミュージシャンたちのことを思うと、さぞかし無念で残念でならないだろう。

原題:This is It
監督:ケニー・オルテガ
プロデューサー:ランディ・フィリップス
音楽:マイケル・ビアーデン
振り付け:トラビス・ペイン
製作国:2009年アメリカ映画

☆☆☆3
(テ)

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

tag : 音楽

「私の中のあなた」ニック・カサヴェテス

6ef6e4a1.jpg

泣かせる映画は、あまり好きではない。だから病気モノというのは、あまり好きではない。なんだかズルいという気がしてしまうのだ。それに、泣ける映画がいい映画とも思わない。ほとんどの泣ける映画は、みんな泣きたいために映画を観に行っている。そこには、予定調和の涙しかない。予定調和の笑いがあるとの同じように。泣くために、泣かせるために作られる映画、映画の宣伝で「泣けました」とそれが感動的であったかのようにPRされる・・・そんな映画が大嫌いだ。

だから、泣くことを売り物にしている映画はあまり観たくない。そんな術中にまんまとハマりたくないし、そんな風な映画で泣きたくもない。たいていは、病気や運命づけられた「死」をモチーフに、その運命にあらがいながらも、前向きに生きようとしたり、死を迎える人々が描かれる。安っぽく「死」を扱う映画がイヤなのだ。

インディーズ映画の父、ジョン・カサヴェテスの息子、ニック・カサヴェテスのこの作品。僕は彼が父の脚本で撮った「シーズ・ソー・ラヴリー」は痛々しい愛を描いた傑作だと思っているが、実はほかにあまり観ていない。「きみに読む物語」も観てない。だから彼に才能があるかどうかはわからない。でもこの作品は、なかなかうまいと思った。しかし、妹のゾエ・カサヴェテスが撮った「ブロークン・イングリッシュ」は、凡庸な出来で、がっかりだったなぁ。



さてさて、それでこの映画。難病ものである。やたらと泣けてくる映画だ。泣かせる映画は、あまり好きでないと言いながらも、いい映画だった。泣かせようとするわざとらし意図があまり感じられない泣けてくる映画である。この映画は設定を考え付いた時点で、ほとんど成功していると思う。原作とは違うらしいのだが、とても巧い設定だと思う。そして、この映画は、子供たちが何よりも素晴らしい。スキンヘッドの白血病の少女・ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)がいい。妹のアナ(アビゲイル・ブレスリン)もいい。脇の大人たちも好演してて、せつない。

ちょっと気に入らなかったのが、ケイトが恋をするエピソードがややご都合主義的だったことか。妹の物語から姉の物語、そして恋物語、最期は母と姉の物語というように物語のテーマが次々と移っていくのだが、恋物語は唐突に始まり唐突に終わる。エピソード自体はとても感動的で、美しくダンスパーティーで着飾ったケイトのシーンは、やはり泣けてくるのだが、それでも全体の中で、家族をの物語を描くために奉仕するエピソードでしかなく、あれでは彼が可哀そうだ。

この映画の主題は、言うまでもなく母とケイトの物語だ。病気ととことん戦う母と静かに「死」を受け入れたいというケイト。現代医学が突き当たっている生きることとは何か?なんのために生き、なんのために「死」を乗り越え、生き続けるか?というとても今日的な主題が描かれている。それと当時に、誰のために戦ってるのか分らなくなってしまう家族の問題でもある。いつだって、人の「死」はその人の「死」でしかない。分身のようの思える家族であっても、娘の「生」と「死」は、娘のものであり、母(キャメロン・ディアス)の「生」と「死」ではない。人は他人の人生を生きられない。自分の人生しか生きられない。同じように、他人の死を死ねないのだから。「どう生きるか」は「どう死ぬか」でもある。そのことを決められるのは、その人でしかありえない。そんな母の迷いと混乱をうまく描いている。自分のために娘を「生かす」のではない。生きてるのは、ケイトであり、アナなのだ。だから母と娘が、お互いの心をさらしあった後に眠るシーンは美しい。ベッドでの上からの俯瞰ショットは見事な終わらせ方だった。

そして、「死」はただそれだけの意味しかない。そこに意味づけするのは、いつだって生きているものたちの物語。ラストの妹アナのナレーションがいい。「死」はただそれだけ。意味はない。そして、ケイトは、青空になった。

原題:My Sister's keeper
監督:ニック・カサヴェテス監督
出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ポールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デッカー、ジョーン・キューザック、エヴァン・エリングソン、デヴィッド・ソーントン

☆☆☆☆4

(ワ)

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

tag : 家族

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
82位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター