「リアリティのダンス」アレハンドロ・ホドロフスキー

BsgbRK8IUAE2Q-X.jpg

1920年代の軍事政権下にあったチリの田舎町を舞台に、幼少期のホドロフスキーと権威的な父親、息子を自身の父親の生まれ変わりだと信じるオペラ歌手の母親との暮らしや、ロシア系ユダヤ人であるがゆえに学校でいじめられて苦しんだ逸話などを、チリの鮮やかな風景と、現実と空想が交錯した幻想的な映像で描く。(映画.com解説より)

アレハンドロ・ホドロフスキーの伝説的カルトムービー「エル・トポ」を観たときはぶっ飛んだ。とんでもない過激でメチャクチャでエネルギッシュで暴力的で、宗教と権力と性とエロス…。フリークスが続々登場し、幻想的カオス的映画だった。1970年代の時代のエネルギーのようなものが詰まっていた。「もしフェリーニが西部劇を撮り、クロサワがイエス・キリストを撮ったら、こうなっただろう」と言われたそうだ。「エル・トポ」は今観ても衝撃的な映画だ。
「エル・トポ」レビュー

松岡正剛がボドルフスキーの自伝的原作「リアリティのダンス」のレビューを書いていて読んだのだが、ボドルフスキーという男は過激なパフォーマーなのかもしれない。彼の肩書きは、演出家、マリオネット制作者、詩人、ハプナー、映画監督、劇作家、演劇者、役者、パントマイマー、彫刻家、タロット占い師、舞台美術家、劇団リーダー、サイコセラピスト、サイコマジシャン、バンドデシネ作家、アニメーター‥‥など。まさに異能なヘンな男だ。松岡正剛に言わせれば、「土方巽も寺山修司も鈴木忠志も、いやいや多くの前衛たちは、ある意味ではホドロフスキーの後塵を拝したのである。」ということになる。「エル・トポ」が公開されて、ジョン・レノンが作品と次回の興行権を45万ドルで買い取ったという噂もあるそうで、多くの前衛アーティストが彼の影響を大きく受けたと思われる。
松岡正剛の千夜千冊「リアリティのダンス」

さて85歳にもなったアレハンドロ・ホドロフスキーは、自分の自伝的原作をもとに軍事政権下にあったチリの田舎町を舞台に、暴君的な父との子供時代の葛藤、ユダヤ人としていじめられた過去の物語が描かれ、後半は暴君だった父親の大統領暗殺の企てと、その魂の遍歴が中心になってくる。巨乳でオペラ歌手のように歌って話す母親や手足を事故で亡くした者たちや怪しげな行者や小人、ペストの病に侵された群衆など、異形なものたちが次々と現れる。さらにエロ・グロ・ナンセンスてんこ盛りだ。病に侵され痙攣する父親に母親が跨り、小便(聖水)をかけて奇跡が起きるなど、もうやりたい放題。

しかしストーリーはいたって単純。共産主義者でありながら強権的な父親は、女の子のような息子を強くしようと暴力的に振る舞う。父の暴力の痛みに耐える息子。そんな父親は、スターリンやチリの軍事政権の独裁者と同じであることに気づく魂の遍歴の旅。いたって図式的で単純なのだ。「エル・トポ」のカオスに比べれば物足りない。派手で過激な幻想シーンはいろいろあるのだけれど、まぁそれだけだ。ただ、このサイコマジシャンとも言うべきアレハンドロ・ホドロフスキーという男の人生は興味深い。


原題:La danza de la realidad
製作年:2013年
製作国:チリ・フランス合作
配給:アップリンク
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
製作:ミシェル・セドゥー、モイゼス・コシオ、アレハンドロ・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー
キャスト:ブロンティス・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、イェレミアス・ハースコビッツ、アレハンドロ・ホドロフスキー、バスティアン・ボーデンホーファー、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー

☆☆☆☆4
(リ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 幻想 ☆☆☆☆4

「ハンナ・アーレント」マルガレーテ・フォン・トロッタ

アーレント

強い女性だ。「思考すること」をし続けた女性。感情の同調圧力に屈することなく、冷静に「悪」を考えた。彼女はイスラエルに住むユダヤ人の友に、「同胞を愛せないのか?」と聞かれ、「ユダヤ人を愛することはできない。私が愛するのは、身近な友たちや夫だけだ」と答える。ユダヤ人としてナチに殺されそうになったにも関わらず、彼女は冷静にアイヒマンというSSのナチ戦犯の裁判を傍聴し、「凡庸な悪」について思考する。

「思考すること」とは、あらゆるバイアスを取り除こうと努力しながら、客観的になろうとすることである。人間の思考には、必ずバイアスがかかる。民族、国家、ルサンチマン、感情、歴史、階級、宗教、男女、環境、親子関係、家族などあるゆるものが思考に影響を及ぼし、誰もが客観的ではいられない。「純粋客観」など有り得ない。神のみぞ知るだ。人の思考とは、とりあえずのものでしかなく、正義や法など、社会を効率よく運用するための、その時代が要請するとりあえずの規範でしかない。絶対の規範などありえない。ただ、思考すること、自分の考えやバイヤスを離れて客観的になろうとすることが、より意見や宗教などの価値観の違う人々、民族を理解することにつながるのだ。ハンナは、被害者であるユダヤ人というバイアスを越えて、ナチ戦犯のアイヒマンを理解しようとした。命令に従っただけの凡庸な役人に過ぎなかった男。思考しなかったことで、人類史上まれにみる凶悪な犯罪に荷担してしまったことを、彼女は見抜いた。「凡庸な悪」とは、思考停止状態で命令に従うことを言う。

もちろん、アイヒマンの超国家的犯罪が「凡庸な悪」という言葉で片付けられるべきではない。人類史上稀にみる凶悪な民族差別に加担した責任は、凡庸なレベルではない。多くの人々(特にユダヤ人国家であるイスラエルの人々)が、凶暴で残忍なナチ戦犯としてアイヒマンを処罰したがっていた。彼女もまた同じだろう。しかし、裁判を傍聴して実際のアイヒマンを見たハンナ・アーレントは、そのあまりの普通さに愕然とした。残忍なる悪の権化たる凶悪さ、怪物ぶりを彼に感じなかった。その官僚的な凡庸さに愕然としたのだろう。その驚きが、大きな波紋を呼ぶ表現になってしまった。処罰したいという民族感情を逆なでする冷静な表現になってしまったのだ。そのような時代の感情の同調圧力もまた怖いものだということをこの映画は示している。民族のルサンチマンを超えて、冷静であろうとすることに彼女は心を砕いた。

映画は、タバコを吸い続ける身振りにハンア・アーレントという女性を描こうとした。タバコを吸い、寝転がりながら思考し、夫と口づけを交わし、考え方が違っていても、友情や愛情を持つことができる冷静さを持つ女性。彼女にとって、意見が違っても、愛する友は友なのである。しかし、多くの人々は、感情が思考を優先させてしまう。ユダヤ人としての恨み、憎しみが思考を停止させてしまう。ユダヤ人は被害者であり、決して加害者であった悪に加担したユダヤ人は認められないのだ。タバコを吸う身振りは、彼女の生きるスタイルであり、冷静さを保とうとする小道具だったのかもしれない。自己防衛も含めた「自分」を保持するために、彼女はタバコを手放せなかったように思えてくる。


原題 Hannah Arendt
製作年 2012年
製作国 ドイツ・ルクセンブルク・フランス合作
配給 セテラ・インターナショナル
上映時間 114分
監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
製作:ベティーナ・ブロケンパー、ヨハネス・レキシン
脚本:マルガレーテ・フォン・トロッタ、パメラ・カッツ
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ
美術:フォルカー・シェイファ
編集:ベッティナ・ベーラー
音楽:アンドレ・マーゲンターラー
キャスト:バルバラ・スコバ、アクセル・ミルベルク、ジャネット・マクティア、ユリア・イェンチ、ウルリッヒ・ノエテン、ミヒャエル・デーゲン

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 歴史上人物 ☆☆☆☆4

「鑑定士と顔のない依頼人」ジュゼッペ・トルナトーレ

鑑定士

この映画について書くとネタバレになってしまうので、あまり書けないのだが、一方的に覗くこと、見続けることは、視る主体の特権性、優位性がある。彼はこれまであらゆる名画の美女たちを特権的に見続けてきた。その秘かに覗くこと、視ることの興奮が描かれている。視る男が視られることの居心地の悪さを感じつつ、再び隠れて覗いて視る男になった時のスリリングさは映画の一番の見どころだ。その特権的な視点が、秘かに入念に覗かれ続けてきたことで、一気に瓦解する映画でもある。

なんだかよくわからないか。そのぐらい映画について語ることができない映画だ。騙し映画と言えば「スティング」というアメリカ映画もあったが、映画の虚構性をとことん利用して観客を欺く手口である。まぁ、途中からだんだんわかってくるのですが、それでも楽しめます。

覗かれていた男が、覗く側にまわった時に聞いたあの電話の謎を、彼が一度も疑問に思わなかったのは、ちょっと不可解。恋するゆえの相手の美しさに目を奪われ、聴覚よりも視覚が優ったということなのか。

原題:La migliore offerta
製作年:2013年
製作国:イタリア
配給:ギャガ
上映時間:131分
監督: ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本: ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影: ファビオ・ザマリオン
美術: マウリツィオ・サバティーニ
衣装: マウリツィオ・ミレノッティ
編集: マッシモ・クアッリア
音楽: エンニオ・モリコーネ
キャスト:ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルビア・ホークス、ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン、ダーモット・クロウリー

☆☆☆☆4
(カ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ミステリー ☆☆☆☆4

「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」ジム・ジャームッシュ

onlylovers_03.jpg

この映画のことをなんと語ればいいのだろう。いつも通りクールでカッコイイ。こんなクールな吸血鬼、ジム・ジャームッシュでしか描けない。十分楽しめました。吸血鬼モノとしては、最近では『僕のエリ 200歳の少女』が美しく哀しき怪物の運命を描いていたけれど、このクールな吸血鬼アダムとイヴは、そんな哀しみさえ感じさせないエレガントさなのだ。
「僕のエリ 200歳の少女』レビュー

『ナルニア物語』でも氷のような「白の魔女」を演じているティルダ・スウィントンは、まさに美しき魔女の吸血鬼にピッタリだし、トム・ヒドルストンのアンダーグラウンドなロックミュージシャン吸血鬼もカッコイイ。サングラスと皮手袋、そして青白い顔。血のカクテルグラスを恍惚と飲み干す仕草や、赤く染まった牙のような歯。そして二人は体を寄せ合って眠る。何度も死と再生を繰り返すかのように。

デトロイトの夜が美しい。滅びゆく廃墟のような街。吸血鬼夫婦は夜のゴーストタウンをドライブする。その夜の流れる風景。あるいは、イヴはモロッコのタンジールの迷路のような路地を歩く。妖しく美しき路地の迷宮。この映画は、滅びゆく芸術や文化や街や物語への郷愁と愛なのか…。

エリザベス朝の戯曲家であるクリストファー・マーロウを名乗る吸血鬼作家(ジョン・ハート)は、ウィリアム・シェイクスピアの「ハムレット」の真の作者でもあるらしいし、そもそもアダムとイブという名前からして人類創世記の物語の名前なのだ。幾世紀もの時代を吸血鬼として生き延びてきたフィクションとしての男と女。アンダーグラウンドで葬送曲ロックを発表し続ける謎のミュージシャンのアダムは、かつてはシューベルトの曲も作ったというからお笑いだ。冗談のようなフィクションを生きた芸術を愛する吸血鬼たち。ミュージシャンのアダムは年代物のギターを愛し、妹エヴァ(ア・ワシコウスカ)が起こした騒ぎで壊れたギターを愛おしく眺めたりする。アナログ的な手触りこそ、愛してやまない気高き男。そもそも始まりは、レコード盤の回転だった。回り続ける幾世紀の間に、人間たちはゾンビのように破壊の限りを尽くし、水や血を汚していった。そして、選ばれし高貴な吸血鬼たちが、芸術を生みだし、文化を支え続けてきたという笑えるような倒錯した物語。

これは吸血鬼ものというスタイルを借りてきただけのジャームッシュの時代をめぐる旅なのかもしれない。愚かなゾンビたちによって失われつつある時代への愛を込めた音楽と文学の旅…。前作『リミッツ・オブ・コントロール』が殺し屋が世界の悪と戦うサスペンス風の衣をまとった空白の旅であったように。あるいは、『ブロークン・フラワーズ』は恋愛仕立ての過去への旅であったように。

「リミッツ・オブ・コントロール」レビュー
「ブロークン・フラワーズ」レビュー

アダムは木製の銃弾を用意する。自殺願望のあるロマンチストの吸血鬼。しかし、死ぬことなどできない。デトロイトの夜からモロッコのタンジールにたどり着いた二人は、現代の高貴な吸血鬼から再び過去の姿へと戻っていくのだ。

夜の2つの街がとにかく美しい。そこで死と再生のダンスを踊るかのような男と女の静かな旅を見て、愚かで騒がしきゾンビたちであるわれわれは何を思うのだろうか。


原題:Only Lovers Left Alive
製作年:2013年
製作国:アメリカ・イギリス・ドイツ合作
配給:ロングライド
上映時間:123分
監督:ジム・ジャームッシュ
製作:ジェレミー・トーマス、ラインハルト・ブルンディヒ
脚本:ジム・ジャームッシュ
撮影:ヨリック・ル・ソー
美術:マルコ・ビットナー・ロッサー
衣装:ビナ・ダイヘレル
編集:アフォンソ・ゴンサウベス
音楽:ジョゼフ・バン・ビセム
キャスト:トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハート、アントン・イェルチン、ジェフリー・ライト

☆☆☆☆☆5
(オ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 幻想 ☆☆☆☆☆5

「遥かなる勝利へ」ニキータ・ミハルコフ

勝利へ

「太陽に灼かれて」(1994)「戦火のナージャ」(2010)に続いて3部作の完結編。ロシア革命の英雄から反革命の政治犯の汚名を着せられたコトフ大佐(ニキータ・ミハルコフ)の波乱に満ちた人生。彼の恋敵であり秘密警察でもあった因縁の相手ドミートリ(オレグ・メンシコフ)、そして愛する妻のマルーシャと愛娘ナーシャ(ナージャ・ミハルコフ)の物語がついに完結する。監督自らがコトフを演じ、実の娘にナーシャを演じさせたまさにニキータ・ミハルコフの集大成とも言える映画だ。

前2作を観ている以上、これは観ないわけにはいかないではないか。年末の多忙の中、何とか観てきた。
なんと言っても「太陽に灼かれて」は時代に翻弄される男と女、家族を描いた美しき傑作だった。
「太陽に灼かれて」レビュー

まだ小さくて可愛かったニキータ・ミハルコフの愛娘が成長して、看護師になって戦場で苦闘する姿を描いた「戦火のナージャ」。これでも映画は完結しなかった。
「戦火のナージャ」レビュー

そして「太陽に灼かれて」から19年の歳月をかけて完成させた完結編は、戦争映画大作であり、ヒューマンドラマとして十分見応えがある。ラストは「奇跡」が起きる。

冒頭の「蚊」の視点の描写から始まり、レコードの上のネズミなど、人間とともに生きるモノたちが描かれる。音楽は彼の映画にあっては欠かせない要素だ。いつものドミートリのピアノ演奏や戦場でのアコーディオンも効果的な使われる。空襲の戦火の中での奇跡の出産や愛妻に旅立たれた失意のコトフが出くわした駅前での結婚式の盛り上がりなど、どんな状況下でもヨロコビとともに生きる人間賛歌が躍動的に描かれる。そして、ラストのコトフと市民兵たちの戦場での奇跡と悲劇…。

映画の中で僕が一番面白いと思った場面は、死んだと家族に思われていたコトフが家に帰ってくる場面だ。コトフの姿を見て戸惑う親戚たち。元妻マルーシャの複雑な感情。赤ちゃんも生まれて家族とともに幸福に暮らす現実。そこに戻ってきた過去の亡霊。連れてきたドミートリが弾くピアノとともに、それぞれの感情が複雑に絡まり合い、とても興味深い再会のシーンになっている。単純にはいかない人生の皮肉。これこそ、ニキータ・ミハルコフの人間洞察だ。

「太陽に灼かれて」の後日談をなんとか終わらせないと決着がつかなかったのだろう。スターリン体制とともに戦争と時代に翻弄されてきた男とその家族の数奇な運命が、壮大なスケールで描かれている。ロシア的群像劇が得意なニキータ・ミハルコフの執念の3部作完結編だ。

原題 Utomlennye solntsem 2
製作年 2011年
製作国 ロシア
配給 コムストック・グループ、ツイン
上映時間 150分
監督:ニキータ・ミハルコフ
製作:ニキータ・ミハルコフ、レオニド・ベレシュチャギン
撮影:ウラジスラフ・オペリアンツ
美術:ウラジミール・アロニン
音楽:エドゥアルド・アルテミエフ
キャスト:ニキータ・ミハルコフ、オレグ・メンシコフ、ナージャ・ミハルコフ

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 戦争

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
116位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター