「楽隊のうさぎ」鈴木卓爾

うさぎ

ういういしい学園青春映画だ。演技経験のある人もない人も、吹奏楽経験のある人もない人も、一つの映画という虚構に
関わっているその姿が感動的なのだ。映画に関わることは、吹奏楽という音を通じてひつとの音楽(物語)を作り出す作業とも重なるし、虚構でありながらドキュメンタリーのような映画なのだ。それぞれの演技は決して巧くはない。プロの役者たちじゃないのだから当然だ。楽器の演奏だって、決してうまいわけじゃない。だけど、台詞にもあったように、うまい演奏が決して人を感動させる音楽を生み出せるわけじゃない。下手な演奏でも人を感動させることは出来る。テクニックだけではない、その思いや姿勢に人は心を打たれたりする。この映画はそんな映画だ。

鈴木卓爾監督は、カット尻の間合いを大切にしていた。台詞を言った後の顔やたたずまい、そこに台詞だけではない子供たちの真実が写っている。つまりお芝居の虚構の世界だけではない瞬間が見えてくる。物語を説明するためのだけに、台詞や芝居があるのではない。子供たちの佇まいのすべてが、人に何かを感じさせてくれるのだ。その演出を根気よく、丁寧にやっているような気がした。

小さなアラというか、演技の失敗というか残念なところはいっぱいある。タイトルになっている「うさぎ」の存在は微妙な感じだった。しかし、その中途半端ささえ、どこか印象に残る。決して巧いわけじゃないのだけれど、懐かしくういういしくて、学園祭のような、やったことに意味があるような映画。演技することそのものが意識されて、いい映画だったと思えるのだ。



製作年:2013年
製作国:日本
配給:太秦、シネマ・シンジケート
上映時間:97分
監督 鈴木卓爾
エグゼクティヴプロデューサー 榎本雅之
企画・プロデュース 越川道夫
プロデューサー 小林三四郎 財前健一郎 多井久晃
原作 中沢けい
脚本 大石三知子
音楽監督 磯田健一郎
撮影 戸田義久
照明 山本浩資
美術 平井淳郎
キャスト:川崎航星、井手しあん、ニキ前川、鶴見紗綾、佐藤菜月、秋口響哉
宮崎将、山田真歩、寺十吾、小梅、徳井優、井浦新、鈴木砂羽

☆☆☆☆4
(カ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 ☆☆☆☆4

「そして父になる」是枝裕和

そして父

重い映画だ。観客に重い問いを投げかけるだけで、解決もハッピーエンドもオチもない。こんな人生の重い問いに誰が応えられるというのだろう。参考文献となったノンフィクション「ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年」の原作者やモデルとなった方から、映画に対する不満が表明され、話題になっているようだが、そりゃそうだろう。現実の葛藤はこんなものではないのは容易に想像できる。もっとキツく過酷な人生であり、この苦しみや葛藤は簡単に解決されるものではない。だから映画では、看護師の悪意という「悪者」を設定することで、フィクションとして成立させ(現実はどうだったのか知らないけれど)、未熟な仕事人間の個人主義的サラリーマンが家族の中で「父になる」という成長物語として描いて見せた。もっとキツく激しい映画にもできたろうが、是枝は静かに二つの家族をただ見守る映画にした。それぐらい重い悲劇的な運命であり、安易に解決しえぬものにしたのは、逆に良かったと思う。

都会と田舎の二つの家を行ったり来たりする意味では、是枝監督の近作TVドラマ『ゴーイング マイ ホーム』と似ている。『ゴーイング マイ ホーム』は、都会でCM制作会社に務める良多(阿部寛)が、父(同じ夏八木勲!)の病を契機に故郷に帰り、家族や人生を見つめ直すホームドラマだ。いわば東京から田舎へ、競争社会から地域の共同体へ、都会の核家族から故郷の(疑似)大家族へと移動し、その間を行きつ戻りつしながら家族や人生を見直す話だった。そして、この『そして父になる』は建設会社のエリートサラリーマン福山雅治が、子供の取り違え事件をきっかけに、高層マンションの自宅と群馬の小さな電気店家族の家を往復しつつ、父になっていく物語だ。そこには、個人主義の競争社会からの離脱、核家族から(疑似)大家族へ、都会から田舎(自然)へという是枝自身の時代のテーマ性が共通している。いわゆる競争社会での経済成長よりも、自然との関係や家族の絆を見直し、自分自身や人生をもう一度見つめ直すという今の時代の要請のようなものが感じられる。

人間が作った研究所の森で「セミが羽化するまで15年かかりました」という台詞が出てくる。家族を取り換えて、新しい家のルールを作ったところで、子供は簡単にそんなルールに馴染めない。人為的に作り上げられた制度や社会に対する違和や抵抗、自然の世界はそんな単純で人間に都合のいいものではない。子供が新たな環境で育つにはそれだけ時間がかかるということだ。時間というものの重みをないがしろにしてはいけない。それは理屈や血筋や遺伝子では測れぬものである。

ラストの福山雅治と息子との再会、父に見放された傷ついた息子の頑なさとその息子を追いかけながら謝る父。並行して隔たった道を歩くシーンは『パリ・テキサス』を思い出した。息子の学校の帰り道、父のトラヴィスが迎えに行き、道路を隔てて父と息子がお互いに距離を持ちながら歩くシーンがある。親子の距離感が描かれる僕の大好きなシーンなのだが、ちょっとそんな場面を思い出した。

二つの家族の単純な対比(都会と田舎、上流階級と庶民派)、やや出来過ぎのリリー・フランキーと真木よう子のあたたかな電気店家族など、やや定型でもの足りないところもあるが、教訓めいた結論を導き出さず、人間を見守る視線の確かさが映画の質を支えている。何よりも是枝得意の子供たちの演出、その自然な振る舞いが注目だし、役者陣の演技のさりげなさも観ていて見応えがある。真木よう子のウィンクはチャーミングだったなぁ。尾野真千子は、もっと病的にノイローゼになるのかと思ったが、映画は福山雅治を孤立化させる方向に進み、二人の母親同士の河原での抱擁がせつなかった。

個人的には『奇跡』のあざとさよりも好きな映画だった。『誰も知らない』という傑作を別にすれば、大家族映画として『歩いても 歩いても』が素晴らしかった。是枝はずっと家族の息苦しさから脱け出した孤独な個人主義(離婚、家族解体)と、その先の疑似家族のような共同体の可能性を模索をしているように思える。

同時期に公開された『凶悪』のリリー・フランキーとの演技の振れ幅が話題になっているが、この映画の彼もいい。偶然だが、電気店というところに妙な共通はあるけれど、いかにもいそうなオヤジだ。ある意味理想的な父親像だが、もっとろくでなしでもよかったかなぁ。


製作年 2013年
製作国 日本
配給 ギャガ
上映時間 120分
監督:是枝裕和
製作:亀山千広、畠中達郎、依田巽
脚本:是枝裕和
撮影:瀧本幹也
キャスト:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、ピエール瀧、高橋和也、田中哲司、井浦新

☆☆☆☆4
(ソ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 家族 ☆☆☆☆4

「凶悪」白石和彌

凶悪
(C)2013「凶悪」製作委員会

高齢者が次々と殺されていく。「世間は長い不況だけど、我々はバブルだ」「金を生む錬金術」と老人ホームを見ながらうそぶく先生と呼ばれる男、木村を演じるリリー・フランキーが見事だ。本業が役者ではないのに、今や、すっかり役者の貫録だ。残酷なサディスト。ニコニコ笑い、子供のようにはしゃぎながら、残酷な行為を嬉々としてやる男。このニコニコぶりが怖い。一方で、「ぶっこんでやる!」と野獣なように凶暴なピエール瀧。この二人の演技を見るだけで十分価値のある映画だが、展開としては物足りない。

物語として繰り返しが多く、謎解きサスペンスでもなく、展開に驚きがない。老人をいたぶる描写が残酷で、肉の切断場面とクリスマスパーティーで肉を食べるシーンが繋がるグロテスクさもあるが、人間の闇の怖さが迫ってこない。いちばん怖かったのは電気屋の爺さん(ジジ・ぶぅ)を殺すように依頼する家族だ。爺さんの妻役の白川和子が一番怖かった。

誰にでも残酷な人殺しを他人事のように楽しむ毒がある。そして、人を殺したくなるような悪意もある。記者の山田孝之が事件の真相を暴いていくうちに殺人鬼の木村を許せないと思い、「俺を一番殺したがているのは…」と木村に指差される場面があるが、それほどドキッっとしない。たぶん、彼の内面の闇についての描写が弱いのかもしれない。彼の歪んだ怒りが見えない。母の介護問題での妻との衝突。そんな高齢化社会と老人殺しが結びつけられているのだが、なんだかとってつけたような感じなのだ。この妻の義母への暴力描写や記者の苦悩の描き方が物足りないのかもしれない。ただの物語の進行役にしかなっていない。親しい者を殺してしまいたくなるほど、人間は残酷になり、追い詰められる。その闇こそが一番怖いのだ。

そして、人は「あいつは生きる価値がない」と思えるほど傲慢なのだ。高齢化社会でじいさん、ばあさんばかりが増えてくる時代にあって、心理的老人殺しはすでにあちこちで始まっているのかもしれない。

監督の白石和彌は、故・若松孝二を師事していたらしい。


製作年 2013年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 128分
映倫区分 R15+
監督:白石和彌
製作総指揮:鳥羽乾二郎、十二村幹男
原作:「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)
脚本:高橋泉、白石和彌
撮影:今井孝博
照明:水野研一
美術:今村力
音楽:安川午朗
キャスト:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白川和子、吉村実子、小林且弥、斉藤悠、米村亮太朗、松岡依都美、ジジ・ぶぅ

☆☆☆3
(キ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 暴力 ☆☆☆3

「恋の渦」大根仁

恋の渦
(C)2013 シネマ☆インパクト

映画comより。

山本政志監督がプロデュースする実践映画塾「シネマ☆インパクト」の第3弾で製作された5作品の1つ。『モテキ』(2011)でブレイクした大根仁監督の長編映画第2作。06年に上演された劇団ポツドールの三浦大輔による同名戯曲で、本音と嘘が入り混じった男女6人の恋をめぐる室内劇を映画化した。13年3月、「シネマ☆インパクト」第3弾のCプログラムとして上映され、大きな反響を呼んだことから、同年7月に単体の劇場公開作品としてレイトショー公開。


この映画は面白い。なんといっても役者の存在感に現代の若者そのものと感じられるリアリティがあるし、それをたった4つの部屋だけ、外ロケいっさいナシで描いてしまった「モテキ」の大根仁演出の巧みさと、演劇界のホープ三浦大輔の性愛と暴力が炸裂するくんずほぐれつの若者群像劇が見事だ。

僕が三浦大輔という名前を知ったのは、『演技者。』というフジテレビの深夜番組であった。若手の演劇関係者の世界観をジャニーズのタレントでテレビドラマ化するというもので、本谷有希子やケラリーノ・サンドロヴィッチや松尾スズキやマキノノゾミ、長塚圭史、赤堀雅秋、宮沢章夫、上田誠(ヨーロッパ企画)、前田司郎など錚々たるメンバーの演劇作品がドラマ化されていた。そのなかに劇団「ポツドール」の三浦大輔の名前があった。かなり激しい群像劇だった印象がある。その演劇作品の多くを『演技者。』で演出していたディレクターに大根仁がいた。その後、三浦大輔は「愛の渦」で第50回岸田國士戯曲賞を受賞し、大根仁は『モテキ』で大ブレイクした。三浦大輔はすでに『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(2010年)で映画デビューしているし、自作を監督した『愛の渦』は来年4月公開予定だ。劇団ポツドールの舞台は一度も観たことはないのだが、WOWOWかなにかで舞台を映像化したものを見たことがある。舞台上でカップルがセックスする場面もあり、こんな露骨な演劇もあるのかと驚いたものだ。

三浦大輔のテーマは性愛の群像劇が多い。人間の欲望や暴力や嘘や虚栄などが赤裸々に描かれるのだ。だから、彼の世界は醜い人間の現実を見せられるようで、少し気持ちが悪くなる。露悪的な不快感。未熟なみっともなさ。この映画もまさに、そんな未熟な若者たちの嘘と現実だ。

最初の場面、ある部屋に続々と集まってくる男女。会話が同時進行で入り乱れ、描写も複層的でその演出がうまい。一つの物語を進行させるのではなく、ゲームに興じる男女、男と女の出会いをからかう男たち、女子たちのトーク、孤立している女性などが描かれ、それが見事なテンポで展開される。

そして、時間経過が示され、その夜のそれぞれの部屋での3組のカップルと二人の男の部屋が映し出される。観客はようやくそれぞれのカップルの関係を知る。電話やメールがそれぞれの関係でやり取りされつつ、同時進行で物語が展開する。主人公的な人間がいるわけではなく、あくまでも群像劇なのだ。4組のカップルとある女にバカみたいに夢中になる男。そのぞれのカップルの関係の変化が時間経過とともに描かれる。それが、4つの部屋だけの撮影で展開されるのだ。夜のコンビニに買い物に行くのも、外の場面は描かれず、部屋で待つ男のみが描かれるのだ。

かなりの実験作であるにもかかわらず、会話にリアリティがあり、役者たちも有名な人が登場していないだけに、主役も脇役もなく、みんなが並列で均等なのだ。それが余計にどこにでもいそうな若者たちに見え、リアリティを増している。そんな未熟で他者に依存しがちで、孤独で虚栄心ばかり強い若者たちの<熱>が充満している映画だ。

製作年 2013年
製作国 日本
配給 シネマ☆インパクト
日本初公開 2013年3月30日
上映時間 140分
監督:大根仁
原作:三浦大輔
脚本:三浦大輔
制作:山本政志
撮影:大関泰幸、高木風太、大根仁
キャスト:新倉健太、若井尚子、柴田千紘、後藤ユウミ、松澤匠、上田祐揮、澤村大輔、圓谷健太、國武綾、鎌滝博秋、杉尾真理子、広瀬登紀江

☆☆☆☆4
(コ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 ☆☆☆☆4

「地獄でなぜ悪い」園子温

地獄

僕が園子温の才能に驚いたのは『紀子の食卓』だった。カルトと自殺サークルとレンタル家族という恐ろしき家族崩壊の物語。まさに現代の得体の知れなさを描いた衝撃作だった。今という時代を強烈に感じた。そして『愛のむきだし』のカルト宗教とエロ。『冷たい熱帯魚』では猟奇殺人の狂気の暴力と性愛を描いた。『ヒミズ』では東北大震災直後に現地に行き撮影を始め、やはり家族の絶望と狂気と愛と希望を描いた。未見だが『恋の罪』はまさに性愛と暴力、『希望の国』では原発事故の問題まで取り上げた。そして、このハチャメチャなヤクザ・ムービー『地獄でなぜ悪い』だ。映画の手法は様々だ。現実そのものから題材をとりつつ、暴力や狂気や破壊を描いた重苦しい破滅的映画もあれば、この作品のように笑いと悪ふざけの虚構をとことん追求した映画もある。いつでも彼の映画に言えることは、その<過剰さ>だ。暴力も狂気もエロもとにかく過激で過剰な表現を演出する。刺激に満ちている。それは、大地震や原発事故や猟奇殺人やカルト宗教など現実に起きている過激で刺激的なことを映画にしてしまう意味では、一貫している。それは、この映画の中で映画オタクたちがヤクザの抗争そのものを映画にしながら、自らマシンガンをぶっ放しつつカメラを回し続ける姿に重なる。過激な現実を題材にし、物語を作り、カメラを回し続けること。それが彼のやり方だ。映画という虚構でこの現実と格闘しているのだ。過激な現実と。それはいつも刺激を求めているようにも見える。その過剰さに、僕は時々ついていけなくなる。疲れてしまうのだ。もっと静かな抑えた演出が基本的に好きなのだ。

もちろん、この映画はたわいもない悪ふざけのような笑いの映画だ。スプラッター的描写はあるが、決して怖くはない。暴力も劇画的と言うかマンガじみている。こんなバカバカしいことを真剣に作る監督もあまりいない。いわゆる映画オタクたちの映画愛だ。

それはたとえば、ミシェル・ゴンドリーの映画オタクたちの夢の映画『僕らの未来へ逆回転』のようでもあるし、映画オタクそのもののクエンティン・タランティーノの暴力映画のようでもある。世代的には、やはりタランティーノに近いような気がする。映画についての映画であるならば、かつてフェリーニの『81/2』があったし、ゴダールの『軽蔑』もあるし、トリュフォーの『アメリカの夜』やヴェンダースの『ことの次第』などもある。最近作でも、レオス・カラックスが『ホーリー・モーターズ』もあった。または虚構と現実の境界の曖昧さを描いた映画に今村昌平の『人間蒸発』なんていう映画もあった。映画はいつも映画の嘘を映画にしてきた。映画の虚構そのものを。あるいは映画への愛を。ただ園子温のその映画愛は、どこかバカバカしく、とことん嘘くさい。

1970年代、映画撮影所システムが崩壊し、8ミリなど自主製作映画が脚光を浴びはじめ、自ら仲間たちとの映画作りを通じて映画愛を表明してきた映画監督も多い。大林宣彦をはじめ、森田芳光、大森一樹、井筒和幸、矢口史靖、黒沢清など数え上げればキリがない。園子温もそんな一人である。だから、映画が撮りたくて撮りたくてしょうがなかったこの長谷川博己演じる映画オタクの青年もまた園子温そのものと言えるのだろう。この映画という虚構世界にのめり込んでいき、現実よりも虚構世界を愛するようになると、現実が見えなくなり虚構の毒に染まっていく。そんな自分自身の自己批評もこの映画には込められている。ただ、その映画愛の幼稚さがなんともついていけない。これは園子温の『愛のむきだし』でもあったパンチラ盗撮に情熱を燃やす幼稚さと同じだ。この感覚がどうにも僕にはついていけない。世代の違いなのだろうか。くだらなすぎるのだ。幼すぎるというか、マンガ的すぎるというか、その幼稚さが笑えないのだ。

ただ國村隼や堤真一などの芸達者な俳優たちのおバカなヤクザたちには笑える。映画オタクたちを出さずに、ヤクザたちだけの愛妻出所のための娘主演の映画作りのお話なら、もっと面白かったのになぁと思うのだ。


製作年 2013年
製作国 日本
配給 キングレコード、ティ・ジョイ
上映時間 129分
映倫区分 PG12
監督:園子温
脚本:園子温
撮影:山本英夫
照明:小野晃
録音:小宮元
美術:稲垣尚夫
編集:伊藤潤一
キャスト:國村隼、堤真一、二階堂ふみ、友近、長谷川博己、星野源、坂口拓、成海璃子

☆☆☆☆4
(シ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : コメディ ☆☆☆☆4

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター