「バンコクナイツ」富田克也

バンコク


地方都市、甲府の在日のブラジル移民が多い無国籍的田舎を描いた意欲作『サウダーヂ』が面白かったので、このタイの日本人相手の歓楽街を描いた『バンコクナイツ』も観てみた。3時間2分の超大作。長い。スケールも大きい。映画に収まりきれていない印象。映画でまとめようとしていないのかもしれない。それくらい捉えどころのない映画だ。

タイの地方イサーンから出稼ぎに来ている風俗街で働く女性ラック(スベンジャ・ポンコン)。今は人気店のトップまで上りつめた。ヒモの日本人男性ピン(伊藤仁)を連れ回し、贅沢な生活を送る一方で、故郷の家族に仕送りをしていた。ある晩、ラックはかつての恋人である元自衛隊員オザワ(富田克也)と5年ぶりに再会する。オザワは、今では日本を捨てバンコクで根無し草のようにネットゲームで小銭を稼ぐしかない沈没組。

誰も知った役者は出ていない。タイの歓楽街はきらびやかだ。とくに女の子を選ぶため、ひな壇のようにタイ女性がスラッと並んでいる場面は壮観でさえある。こういう場所にもちろん行ったことはないが、こういうものなのだろう。実際にバンコクで働く風俗嬢を俳優に起用したらしい。タニヤ通りってう街が舞台なのだが、日本人の観光客や駐在員向けの、いわば高級な歓楽街だそうだ。日本人たちが次々とタイ女たちを買いにやって来る。しかし、映画はセックス描写はほとんどない。エロい映画ではないのだ。タイの女性たちを商売のネタにしている日本人たち。客たちも含め、実にくだらない人間が集まっている。日本では居場所を失った者たち。そして、日本人の高齢者向けにタイ現地妻つき高級介護コンドミニアムの新たな商売を画策しているグループ。性欲と拝金主義。おぞましい現代がここにある。

しかし、映画は中盤から後半にかけて一転する。元自衛隊の上官の命令で、ラオスに視察に行けと命じられたオザワは、元恋人のラックとともに彼女の田舎町ノンカーイに旅に出る。性と欲望のバンコクから自然と家族の田舎へ。映画はロードムービーのような展開になる。その森の描かれ方が魅力的なのだ。神秘的な闇。虫の声と月明かり。そこでオザワは現地の幽霊に出会い、「ここがあなたの故郷となる」と告げられる。あるいは森の中を走る幻の兵士たちにも遭遇する。オザワはラックとここに暮らすことを提案する。ラックの母は薬物中毒になっており、ラックのお金で建てた新しい家では、ラックの妹を虐待している。母はラックのことを金づるとしか認めていない。オザワは、ラックに待っていてくれと告げ、ラオスへと向かう。

ラオスではオザワは、謎の戦闘集団とトラブルになるが、やがて共に行動し、ベトナム戦争の傷跡のような砲撃跡の穴を見る。ラオスでラックと連絡を断ち、一人旅をするオザワ。再びノンカーイに戻るも、ラックはすでにバンコクに戻っており、再びバンコクで再会したラックとオザワは思い出の島に旅に出る。そこで海に入り自殺しようとするラックをオザワは助けるが、ラックはオザワの元を去る。オザワは最後に拳銃を購入するのだが、それを使う場面はない。オザワはバンコクで客の呼び込みをやっていて、ラックはノンカーイでHIVにかかって知り合いの赤ちゃんを抱いている場面で終わる。

なんとも最後の方はよくわからない。拳銃が何を意味にするのか。ラックは何を思ってオザワの元を去ったのか?本当に自殺しようとしていたのか?オザワのことを愛していたのか?オザワは何を思って、再びバンコクで働き始めたのか?桃源郷とはどこにあるのか?

バンコクの歓楽街の下世話さと田舎町の森の神秘さの対比。戦争の傷痕と記憶。そして現地の音楽も効果的に使われている。くだらない下世話な現実から抜け出そうとするタイ女性と日本人。各地を彷徨う根無し草のような日本人男と現実的にお金を稼ぎ、母のための家を建て、友人の子どもを育てるタイ女性。物語を描くことがやりたかったのではないのだろう。尻切れトンボのようなストーリーには、消化不良な後味がある。一方で、なんだか人間の底知れない愚かさと世界の懐の深さのようなものを感じられる奇妙な映画だ。


製作年 2016年
製作国 日本・フランス・タイ・ラオス合作
配給 空族
上映時間 182分
監督:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:向山正洋、古屋卓麿
照明:向山正洋、古屋卓麿
録音:山崎巌、YOUNG-G
音楽:スラチャイ・ジャンティマトン、アンカナーン・クンチャイ
キャスト:スベンジャ・ポンコン、スナン・プーウィセット、チュティパー・ポンピアン、タンヤラット・コンプー、サリンヤー・ヨンサワット、
富田克也、伊藤仁、長瀬伸輔、アピチャ・サランチョル、川瀬陽太、菅野太郎、村田進二

☆☆☆☆4
(ハ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 社会 ☆☆☆☆4

「女が眠る時」ウェイン・ワン

『スモーク』、『千年の祈り』が面白かったウェイン・ワン監督。丁寧に静かにドラマを演出する佇まいが好きだ。それで、この映画をなんとなく見てみた。

なんだかよくわからない映画だ。最後までしっくりこない。よく言えば、観客に考えさせ、預ける映画になっているのだが、それにしてもわからな過ぎだ。そもそも、作家の男(西島秀俊)が、なぜあれほど、年老いた男・佐原(ビートたけし)と若い女・美樹(忽那汐里)から目が離せなくなるのかが分からない。倦怠期を迎えた編集者の妻(小山田サユリ)の一言で、作家としての好奇心に火をつけられたということしか考えられないのだが、唐突過ぎる。若い女の美しさに目が離せなくなったのかもしれないが、残念ながらこの映画で、忽那汐里はそれほど官能的でもエロチックでも蠱惑的でもない。初老の佐原が、眠る彼女を見続け、撮影し続けるのだが、それもいま一つ理解できない。官能のミューズである忽那汐里の描かれ方の物足りなさがすべてなのかもしれない。

だから、佐原と美樹の関係がどんな成り立ちだったのかへの想像も、ラストの美樹の失踪も、あまり興味を掻き立てられない。だから、西島秀俊の執拗な二人への監視もピンとこないのだ。ストーカー的視線のドラマなのだが、官能的じゃないので、ぼやけた感じしかなかった。


製作年 2016年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 103分
監督:ウェイン・ワン
原作:ハビエル・マリアス
脚本:マイケル・レイ、シンホ・リー、砂田麻美
日本語脚本協力:砂田麻美
撮影:鍋島淳裕
キャスト:ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリ、リリー・フランキー、新井浩文、渡辺真起子

☆☆☆3
(ネ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ☆☆☆3

「この世界の片隅に」片渕須直

この世界の

主人公のすずの声を演じたのん(元能年玲奈)がいい。すずと一体化したようなほんわかとしたキャラクターが、この戦時下の中で活きている。やや受け身でおっとりしてどんくさい少女すず。見染められて広島から軍港の街、呉へお嫁に来ても、その家の住所すらわからない。それでも前向きに明るく生きるすず。その普通に生きることの尊さをこのアニメは見つめている。

青い空も雲も白波の兎が走る海も、街も、トンボやチョウチョやアリなどの虫たち、シラサギなどの鳥たち…。すべての生き物たちが、普通に生きていること。食糧不足でなにも食べるものがなく、戦争で空襲が激しくなるなかでも、必死に明るく普通に笑って生きようとしていること。そのことを丹念に愛おしく描いている。すずは絵が上手い。そこにいないお母さんやスイカやキャラメルなど手に入らない食べ物を絵に描くことで、人を勇気づける。絵にはそれだけの力がある、アニメにもそれだけの力があることを教えてくれる。

死に遅れた水兵の同級生は、呉に寄港した時すずを訪ねてきて、「すずは普通でいいなぁ」と何度もつぶやくところがせつない。夜の同級生とのシーンや、夫とのやりとりもいい。空襲のさなか、空を飛ぶシラサギに「そっちに行ってはいけん」とすずが走るところはなんだか泣けてくる。

観客は広島の原爆のことをよくわかっているだけに、そのことを直接描かなくても、十分その恐ろしさは伝わる。いや、丹念に日常生活の細部を描き、原爆を直接に描かないことで、余計にその現実の重みが伝わってくる。この映画を観ると、『君の名は』の消えた村をファンタジーで甦らせててしまう安易さ、軽さを感じてしまう。大きな出来事を劇的に描かなくても、細部を丹念に描くことで見えてくる哀しみや愛おしさがある。

戦後、焼け跡の広島で、すずは多くの人に間違って声をかけられる。「みんなが誰かを亡くして、みんなが誰かを探している」とモノローグが入る。そして、広島で周作と再会し、最初の二人の出会いのエピソードが明かされる。周作に「すずさんはそのホクロがあるから、いつでも見つけられる。」と言われる。「この世界の片隅に、うちを見つけてくれてありがとう」と周作に言うすず。人と人との出会いは、奇跡的なものであり、それをかけがえのないものにするかどうかは、その人次第なのかもしれない。


製作年 2016年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 126分
監督:片渕須直
原作:こうの史代
脚本:片渕須直
企画:丸山正雄
プロデューサー:真木太郎
音楽:コトリンゴ
アニメーション制作:MAPPA
声の出演:のん、細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山剛志、津田真澄、京田尚子

☆☆☆☆4
(コ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : アニメ 戦争 ☆☆☆☆4

「湯を沸かすほどの熱い愛」中野量太

湯

評判の映画で、宮沢りえが好演しているのだろうし、予告編を観ただけでも面白そうだなとは思いつつ、病気もの、死を宣告されてのお涙頂戴的な展開が鼻につきそうで、観るのを後回しにしてきた。ちょっと時間が出来て、いいタイミングで近くでやっていたので観た。

なるほど。いい映画だ。脚本は単なる病気モノにしないために、ひねっていて清々しく観ることが出来た。ガンを宣告されて、お母さんの宮沢りえが死ぬ家族の話なんだけれど、家族の描き方がなかなか面白い。そして、誰もが認めるところであろうが、女優宮沢りえがいなければ成立しなかった映画である。前回の『紙の月』も見事だったけれど、この双葉という女性の魅力、存在感は、宮沢りえが演じることで、ここまで輝いたと言えるだろう。

ネタバレになるのであまり書けないのだが、単なる家族の物語になっていないところがいい。是枝監督もずっと追求し続けている「家族とは何か?」というテーマを、中野量太監督なりに考えて作っている。家族として一緒にいるとはどういうことなのか?親子と何か?支え合うこととは?なぜ人は人を支えたくなるのか?

この映画の最後の方で、探偵の男の台詞もあるが、「誰かに何かをしてあげたいという気持ちは、それ以上のことを自分がされているから」なのだ。この双葉という女性の魅力は、まわりの人々に厳しく接しつつも、惜しみなくを与えているからだ。だからみんな「双葉さんのために何かしたくなる」。彼女の魅力を伝えるためのさまざまなエピソードが、次々と展開されていくのだが、旅先で出会った男、松坂桃李との短いエピソードもいい。冴えないけれど、なぜか憎めないオダギリジョーはいつも通りだし、銭湯という設定もうまくハマった。たぶんラストシーンを最初に思いついて、この物語を書いたのではないだろうか。しゃぶしゃぶを食べたくなった。


製作年 2016年
製作国 日本
配給 クロックワークス
上映時間 125分
監督:中野量太
脚本:中野量太
エグゼクティブプロデューサー:藤本款、福田一平
プロデューサー:深瀬和美、若林雄介
撮影:池内義浩
照明:谷本幸治
美術:黒川通利
音楽:渡邊崇
主題歌:きのこ帝国
キャスト:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼、篠原ゆき子、駿河太郎

☆☆☆☆4
(ユ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 家族 ☆☆☆☆4

「アズミ・ハルコは行方不明」松居大悟

GSM-XLBf.jpg

前作『私たちのハァハァ』の評判が良くて観れずに気になっていた若手の注目監督、松居大悟監督の新作を観てきました。もともとの原作がこうなのか、映画での脚本・編集でこうなったのか不明だが、時間軸をいじくりまわしている。それが見ずらいと言う人もいるだろうが、なんだかわからんけれどどんどんテンポで描写していく展開は面白かった。蒼井優のアズミ・ハルコの話。それから、成人式を迎えた20歳前後の高畑充希のアイナ、ユキオ(大賀)、学(葉山奨之)の3人の物語。その2つの物語が軸となり、随所にJKの少女ギャング団が登場する。

前半のなんだかわからない編集のテンポはグイグイと観客を引っ張っていく。無表情にタバコをふかすアズミ・ハルコ、圧倒的な躍動感と騒々しさでオヤジたちをボコボコにする女子高生たち、あるいは映画館でバカ騒ぎする女子高生、さらに成人式に派手な着物と化粧姿でバカっぽく登場するアイナ・・・。しだいに観客は、アズミ・ハルコを見ながら、タイトルにあるようにこの女は、いつ失踪するのか、なぜいなくなるのか気にしながら見ることになる。そして、アイナと再会した同級生のユキオ、学たちが、街中の壁に行方不明のポスターになっているアズミ・ハルコのグラフィックアートの落書きを繰り返す。この2つの物語にアズ・ミハルコが失踪する前と後の時間経過があることがわかるのだ。本物とグラフィックアートで複製される2つのアズミ・ハルコ。時間が過去と未来が入り乱れて、ぐちゃぐちゃと展開する。その2つの物語の合間に、女子高生たちの男への復讐と呼ばれる暴力が描写される。

これは、どこにでもある地方都市の息苦しい閉塞感とその息苦しさの中で居場所を失う女たちへのメッセージが描かれている。部屋着のような恰好でアズミ・ハルコが車で近くのドラッグストアでトイレットペーパーを買いに行くと、同級生に会ってしまうような狭い街。同級生の話はすぐに伝わり、成人式や誰かの結婚式では、誰と誰がつきあって別れたとか、そんなくだらない噂話ばかりだ。アズミ・ハルコの家は祖母が認知症で、その介護でヒステリーを起こす母、無関心な父という最悪な環境、職場もセクハラの社長と専務が言いたい放題。無気力・無表情なアズミ・ハルコは再会した幼なじみとセックスをする。

一方、恋人のいないアイナは人恋しくてたまらない。再会した同級生ユキオとすぐにくっつき、煩わしいほどつきまとう。うんざりするユキオと同じく同級生の学は二人でグラフィック・アートに夢中になる。男との距離感をつかめないアイナはアズミ・ハルコより一回り下の世代で、性格は正反対。暑苦しいほどの密着とよそよそしい無表情。しかし、二人とも次第に男を愛するようになるも、男にとっては都合のいい性の相手でしかなく、飽きて捨てられる。そんな寂しく居場所のない二人の女の復讐をするかのように、女子高生たちは威勢よくオヤジ狩りを繰り返し、暴れまわる。

ラストの女子高生たちの映画館での反乱は、絵空事のイメージでしかないが、作者も映画制作者も若き女子高生たちの活力に希望を持っているのか。それとも、若いうちは集団のパワーで押しきれても、成人して一人一人になると、男に貢ぎ、ダマされ、セクハラ、パワハラの社会の中で、押し潰されて孤独になっていくのが女性の姿なのか。そんな地方都市で閉塞する女性たちに、「行方不明になれ!」、そしてくだらない男たちに、幸せになって見返してやれ!とメッセージを発する。「幸福に暮らすことが 最高の復讐」とスペインのことわざだを持ち出し、傷心のアイナに亡霊のようなアズミ・ハルコが夜の遊園地で語りかける。

つまり、若いうちは躍動できても、社会で生き、男とつきあい、家庭や職場で抑圧されていく女性たちへの応援歌である。タバコの煙とともに失踪するアズミ・ハルコは、そうした閉塞感から、「女たちよ!抜け出せ」と呼びかけるメッセージの象徴である。町中のイメージとして氾濫するアズミ・ハルコは、イコンとなって女たちの幸運の守り神になる。

テンポ感があって面白く見れたけれど、驚くほどの才能が感じられる映画ではなかった。蒼井優はいつもどおり、高畑充希は瞬発力がある。太賀がなかなか面白い役者になってきた。


製作年 2016年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 100分
監督:松居大悟
原作:山内マリコ
脚本:瀬戸山美咲
プロデューサー:枝見洋子
共同プロデューサー:平野宏治、深瀬和美
撮影:塩谷大樹
照明:西田まさちお
美術:高橋達也
編集:小原聡子
音楽:環ROY
主題歌:チャットモンチー
キャスト:蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、菊池亜希子、山田真歩、落合モトキ、芹那、花影香音、柳憂怜、
国広富之、加瀬亮

☆☆☆3
(ア)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 人生 ☆☆☆3

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
82位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター