「パターソン」ジム・ジャームッシュ

pata-sonn

なんと幸福な愛すべき映画だろう。ここには、ささやかな日常を大切に生きている人たちがいる。ちょっとした些細な世界の美しさや素晴らしさに心を響かせ、毎日、言葉をノートにペンで書きとめるバスの運転手。パターソンという町のパターソンという男。それは町そのものでもあり、誰でもない誰かでもあるだろう。

久しぶりにジム・ジャームッシュは、初期作品のようなシンプルな映画を撮った。規則正しい毎日のリズム、車窓や移動撮影。定点観測の様な同じような映像の繰り返し。朝、眠りから目を覚ますこと、食べること、会話をすること、バスを走らせること、乗客のとりとめのない会話を聞くこと、歩くこと、犬を散歩させること、バーで一杯のビールを飲むこと。その規則正しい繰り返し。

ジム・ジャームッシュの映像はリズムがある。音楽的な映画とも言える。それが初期作品から顕著だったが、その音楽的なリズムが再び甦ったような感じだ。パターソンの手書きの文字と繰り返される詩の朗読が、アクセントになりながら毎日のリズム、時間を刻んでいく。

谷川俊太郎がどこかのシンポジウムで、「詩は自己表現はない。自分の内側にあるものを表現するのではなく、世界の側にある豊かさや人間の複雑さに出会った驚きを記述するものだ」と語っていたのを是枝裕和監督はよく覚えていて、「自らの作品づくりの大切な指針になっている」と、是枝裕和対談集『世界のいまを考える2』(PHP文庫)のなかで書いている。

まさにパターソンもそれだと思った。「世界の側にある豊かさ」を書きとめること。そこには詩を誰かに評価してもらうとか、詩を出版して有名になりたいとかいうものは一切ない。ただただ、ノートに言葉を書きとめること。そのことが好きであり、そのことが彼にとっては大切な意味がある。だから、詩を書く少女との出会いがあり、最後の奇妙な日本人の詩人(永瀬正敏)のメッセージを聞くことができるのだ。この映画で、パターソン(無表情な淡々としたアダム・ドライバーがいい)は徹底して聞き役である。自ら多くを語らない。朝はバス会社の同僚の愚痴を聞き、家に帰ってくると愛する妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニが可愛らしい)の今日夢中になっていた話を聞き、バーでは、マスターの好きな人物たちの話や別れそうになっているカップルの話を聞く。詩を書くことは、そんなまわりの人たちの声を聞くことに似ていて、身の回りの何か、心の引っ掛かる何かに耳を傾けているようである。

個人的に好きなのは、朝の二人が起きるベッドの俯瞰の映像だ。光りが変化し、毎日二人の寝相も変化する。ポスタービジュアルにもなっているこのベッドの俯瞰映像こそ、日常の幸福そのものであり、彼らには一週間の中でちょっとした事件が起きたりするけれども、日常そのものに満足しているし、楽しみを見い出している。

これまでのジム・ジャームッシュの登場人物たちは、ストレンジャー、放浪者が多かった。不満や不足を抱えた社会からのはみ出し者。暗殺者や吸血鬼までいたけれど、基本的には社会に適応しきれない人間たちの孤独を描くことが多かったが、この作品では、ちゃんとした社会適応者である。ちょっと変わり者のバス運転手ではあるけれど、この夫婦の生活はとても微笑ましい。かつて時代の最先端の映画として若者たちに熱狂されたジム・ジャームッシュだが、これはどちらかというと成熟した映画であり、そこに彼の変化を感じる。しかし、スタイルやリズムは変っていない。

繰り返しのリズムの中で、ちょとした何か、変化のようなものが起きるが、日常は続いていくし、人間の不器用さや可笑しみ、哀しみがそこにある。そんなとちょっとしたことが静かにじんわりと伝わってくる映画だ。ジム・ジャームッシュの映画はやっぱり好きだなぁとあらためて思った。愛する人と一緒に過ごしたくなる映画だ。


原題 Paterson
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 118分
監督:ジム・ジャームッシュ
製作ジョシュア・アストラカン、カーター・ローガン
製作総指揮:オリバー・ジーモン、ダニエル・バウアー、ロン・ボズマン、ジャン・ラバディ
脚本:ジム・ジャームッシュ
撮影:フレデリック・エルムス
美術:マーク・フリードバーグ
衣装:キャサリン・ジョージ
編集:アフォンソ・ゴンサウベス
キャスト:アダム・ドライバー、ゴルシフテ・ファラハニ、バリー・シャバカ・ヘンリー、クリフ・スミス、チャステン・ハーモン、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、永瀬正敏、ネリーマーヴィン

☆☆☆☆☆5
(ハ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆☆☆5

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」ケネス・ロナーガン

マンチェスター

評判の映画ということで観に行った。なるほど、静かな抑えた演出の映画で好感が持てる人間ドラマに仕上がっている。描かないことで描こうとしている。決定的なドラマチックな場面は描かれない。過去に起きた悲しい出来事をめぐる喪失と再生の映画だ。

ボストン郊外で便利屋として暮らすリー(ケイシー・アフレック)は、どこか感情を抑圧して屈折して生きている。そこに兄の死を知らせる電話があり、故郷の街マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。映画は全体を通して寒々しい。ボストン郊外の雪と、海沿いの冬の故郷の街も灰色で色調は暗い。過去の映像は最初無造作に挿入されるので、少し混乱するが、次第にそのテンポにも慣れ、細かい説明は省かれるが、物語はいたって単純だ。

故郷に戻ってきたリーのことを街の人々が、「あの噂の男が帰ってきた」という風に白い目で見る描写があるので、どれだけの卑劣な犯罪行為をリーがかつてこの街でしたのだろうと思うのだが、それほどのことではない。「過去にいったい何があったのか?」という興味を引っ張るためのやや誇張した演出が感じられたが、それ以外は淡々と映画は進む。

時折、断片的に挿入される過去の様々なシーンが効果的。リーの家族、釣りから帰ってきたリーと病気の妻のランディ(ミシェル・ウィリアムズ)、そして可愛いい子どもたち。あるいは甥とパトリック(ルーカス・ヘッジズ)と釣りをするリーや、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の船上の3人。ジョーの心臓の病気が病院で告げられるシーンでは、その事実を受け止めきれないジョーの妻の行動は不自然で、アル中のようにだらしなく寝ている姿も描かれる。人のいいジョーの妻がなぜあそこまで壊れてしまったのかは、やや消化不良な印象が残った。

そして、あの悲しい出来事があった夜。深夜まで友達と酒を飲んで大騒ぎしているリーとヒステリックに怒る妻。しかし、決定的な場面は描かれない。その夜、彼がどんな風にして家を出たのか。あるいは、あの悲しい出来事の後で、妻のランディがリーを罵る修羅場は描かれない。どんなふうに夫婦が壊れていったのか?観客は想像するしかない。

そんな悲しい過去があったことで、人間的な感情を押し殺して生きて生きたリーが、甥のパトリックを後見人に兄の遺言で指名される。そして、叔父と甥の交流が始まる。死んだ兄からの弟と息子へのメッセージ。家族を失った弟、母と父を失って傷ついている息子。喪失の哀しみを抱えた二人の男が、次第に心を取り戻し、気持ちを通わせていく再生のドラマだ。ラストの現実的な選択。叔父と甥のボールを使ったやりとりはなかなかいい。ラストだけ冷たい冬の風景に、あたたかい光が射したように感じられた。


原題:Manchester by the Sea
製作年:2016年
製作国:アメリカ
配給:ビターズ・エンド、パルコ
上映時間:137分
監督:ケネス・ロナーガン
製作:ケネス・ロナーガン、キンバリー・スチュワード、マット・デイモン、クリス・ムーア、ローレン・ベック、ケビン・J・ウォルシュ
脚本:ケネス・ロナーガン
撮影:ジョディ・リー・ライプス
美術:ルース・デ・ヨンク
衣装:メリッサ・トス
編集:ジェニファー・レイム
音楽:レスリー・バーバー
キャスト:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード、C・J・ウィルソン、グレッチェン・モル、マシュー・ブロデリック、アンナ・バリシニコフ、ジョシュ・ハミルトン、テイト・ドノバン、スーザン・プルファー、
ロバート・セラ、トム・ケンプ

☆☆☆☆4
(マ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆☆4

「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」モーガン・ネビル

20170106_1414365.jpg

世界的チェリストのヨーヨー・マに密着した幸福な音楽ドキュメンタリー音楽には国境もなく、ジャンルを越境し、あらゆる民族的アイデンティティがつながり合い、文化が交錯する。ヨーヨー・マが結成したシルクロード・アンサンブルは、中国の琵琶奏者、イランのケマンチェの名手、スペインのバグパイプ(ガイタ)奏者、シリアのクラリネット奏者、日本の尺八奏者・・・。人生、政治的背景、文化的土壌などさまざまな異なる事情を抱えたミュージシャンたちが紹介され、共に演奏する。その幸福感たるや、見ているだけで楽しくなる。そこには、ヨーヨー・マの人間的包容力があり、それぞれの文化的・音楽的魅力と誇りがある。中国の片田舎の人形劇団のおじいさんたちも良かったなぁ。東西や時代を超えていい音楽はいいし、言語を超えた世界共通語でもある一方、まったく違う各地の音楽もある。これら、土地それぞれの古くからある文化的・音楽的多様性こそが、この地球の財産なのだとあらためて思う。この多様性を次世代に繋いでいくことこそ、必要なのだ。

ヨーヨー・マの幼少期の貴重な映像やインタビュー、そして世界各地の豊富な映像と音楽。音楽を奏でている人たちの喜びにあふれた魅力的な表情。贅沢なドキュメンタリーだ。


原題 The Music of Strangers
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 コムストック・グループ
上映時間 95分
監督:モーガン・ネビル
製作:モーガン・ネビル、ケイトリン・ロジャース
撮影:グレアム・ウィロビー
編集:ジェイソン・ゼルデス、ヘレン・カーンズ
キャスト:ヨーヨー・マ、ジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ケイハン・カルホール、梅崎康二郎、ボビー・マクファーリン、キナン・アズメ、ウー・マン、クリスティーナ・パト、ウー・タン

☆☆☆☆4
(ヨ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ドキュメンタリー 音楽 ☆☆☆☆4

「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル

ララランド

数々のアカデミー賞候補となり、作品賞の発表間違いも話題になったが、結局、チェゼル監督の監督賞と、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した・・・という話題作なので、観ておこうと思ったのだが、ふ~~~ん、脚本がイマイチだなぁ~という感想。ミュージカルということで、単純に楽しみたいと思って行ったのだが。。。

冒頭は、長回しのワンカットで、渋滞の高速道路の車の上で繰り広げられる大人数のダンスシーン。この映画の中で、ダンスシーンは長回しワンカットが多用されている。それでこの高速道路の大エキストラのダンサーたちを動員したオープニングは、確かに派手で撮るのが大変だったろうなぁと思う。実際の高速道路でロケしているから、1日がかりの大ロケ―ションだったことだろう。だけど、まぁそれだけ。結局、予告編のダンスシーンを短く編集すると、カラフルで夢のように感じて面白そうに思えるが、それ以上ではなかった。

オーディションに落ちまくっている女優志望のエマ・ストーンが女友達に誘われてパーティーに行くシーンはなかなかいい。赤、黄色、青、グリーンのカラフルなドレスで踊る場面の色彩感覚は幸福感でいっぱいになる。さらに、エマ・ストーンがライアン・ゴズリングとパーティーで再会し、夜景の見える街灯の下で、突然タップシューズに履き替えて踊り出す。わざわざミュージカルの不自然さを見せることで、そのお約束を描きつつ、二人の恋のダンスが動き出す。レストランから流れる音楽キッカケで、『理由なき反抗』の映画館デートへとエマ・ストーンが走りだし、『理由なき反抗』でも使われたグリフィス天文台での夜のデート。映画の夢の中に二人の夢が重なり、恋が始まるウキウキ感が音楽とダンスとともに描かれる。このあたりまでは、ミュージカルとしてまだいい。

だけど映画中盤になると、なんだかもったりとしてきて、つまらなくなる。二人の夢が少しずつズレていく展開なのだが、そもそもライアン・コズリングの夢がよくわからない。モダンジャズやフリージャズへの傾倒が語られ、正統的ジャズの店を持つことを夢にしているのだが、彼が奏でるピアノはちっともモダンジャズではないし、商業的なバンドに不本意ながら加わることも、彼の目指す音楽がしっかり描かれていないだけに、今ひとつ葛藤になっていない。一方、エマ・ストーンはジャズ嫌いなのに、ジャズに惹かれていく過程もよくわからないし、女優志望の夢も、一人芝居の舞台への意気込みも中途半端だ。女優挫折の苦悩が弱いだけに、パリのおばさんのエピソードが語られ、オーディションで歌い出す場面も、昂揚感につながっていかない。つまり、物語の肝となる夢の強さと挫折、そして二人のすれ違いのドラマが曖昧なのだ。だから、「夢を捨てるな」というライアン・ゴズリングの車のクラクションもあまり感動できないし、踊りそのものに昂揚感が生まれないのだ。

このミュージカルの見せ場は、最後の「ありえたかもしれない二人の夢」がダンスで表現される場面だが、そのハリウッド的ミュージカルへのオマージュを込めた総天然色のダンスシーンも、恋愛ドラマとしてのせつなさがもの足りないため、総花的だ。

『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』などのフレンチミュージカルも思い出され、期待感もあっただけに、ちょっと物足りない作品だった。ジャズ云々はともかくとして、ミュージカルとしての音楽は良かったです。


原題 La La Land
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ、ポニーキャニオン
上映時間 128分
監督:デイミアン・チャゼル
脚本:デイミアン・チャゼル
撮影:リヌス・サンドグレン
美術:デビッド・ワスコ
衣装:メアリー・ゾフレス
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ
作詞:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール
エグゼクティブ音楽プロデューサー:マリウス・デ・ブリーズ
音楽監修:スティーブン・ギシュツキ
振付:マンディ・ムーア
キャスト:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジョシュ・ペンス、ジョン・レジェンド

☆☆☆3
(ラ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ミュージカル ☆☆☆3

「マリアンヌ」ロバート・ゼメキス

マリアンヌ

原題のALLEDは、似た者同士という意味があるらしい。スパイ同士である男女が結ばれたラブサスペンス。言うまでもなく、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの二人の心理戦のような役者冥利に尽きる映画。さらに美しい衣装とエレガントな着こなしは、古き良きアメリカ映画の伝統が生きている。名作『カサブランカ』へのオマージュというのも頷ける。完璧で美しき男女。

砂漠に降り立ったイギリス軍のカナダ人スパイのブラッド・ピットが、モロッコで夫婦を演じるために初めて出会ったのがマリアンヌ(マリオン・コティヤール)。フランスのレジスタンスのスパイであるマリアンヌの振る舞いは完璧であり、ブラッド・ピットのフランス語をケベック訛りがあると指摘する。モロッコの在フランス大使館におけるナチスの大使暗殺計画を実行するため、二人は銃の練習をし、死を覚悟する。暗殺前日の砂漠のシーンは美しい。車の中で二人がはじめて結ばれるシーンは、映画前半のハイライトだ。車の外で吹き荒れる砂埃と車の中で欲望が燃え上がる二人。それをカメラは車内では考えられない回転移動をしながら映し出す。おそらくスタジオのセットと砂漠のCG合成なのだろう。

大使暗殺場面でライフル銃をぶっ放して逃げる場面はまるで『俺たちに明日はない』のフェイ・ダナウェイとウォーレン・ベイティのようだ。このあっけなく成功した大使暗殺には裏があった。イギリスで結婚した二人には、その後、空襲下で女の子も生まれるが、マリアンヌはドイツの二重スパイとして疑われる。ここからは、ヒッチコック映画のようなサスペンス。最の妻がドイツのスパイなのか。自宅でのパーティー場面は後半の見どころだ。怪しげな妻に近づく宝石商。知りたくない妻の秘密を必死になって突き止めようとするブラッド・ピット。そしてラストの雨。車と飛行機、そして拳銃。

映画的幸福感に満ちた安心して観れる映画と言えるだろう。異国情緒、ラブストーリー、サスペンス、衣裳、戦争、スパイ、家庭、疑心暗鬼、と苦悩。ミステリアスな大きな瞳のマリオン・コティヤールはとにかく美しい。彼女にとってもっとも美しく撮られた映画だろう。


原題 Allied
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 東和ピクチャーズ
上映時間 124分
監督:ロバート・ゼメキス
製作:グレアム・キング、ロバート・ゼメキス、スティーブ・スターキー
脚本:スティーブン・ナイト
撮影:ドン・バージェス
美術:ゲイリー・フリーマン
衣装:ジョアンナ・ジョンストン
音楽:アラン・シルベストリ
キャスト:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー、リジー・キャプラン、マシュー・グード

☆☆☆3
(マ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : サスペンス ☆☆☆3

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
93位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター