「婚約者の友人」フランソワ・オゾン

婚約者

フランソワ・オゾンの新作は、どうしても観たくなってしまう。フランソワ・オゾンの企みに、いつも騙されたくなるのだ。人間観察がシニカルで、決して安易なハッピーエンドにはしない。皮肉を込めた登場人物への眼差しは、微妙な距離感があって、そこが面白いのだ。人間の面白さを冷静に見つめている。

さて新作は、モノクロとカラーを織り交ぜた1919年、ドイツが舞台のドイツとフランスが戦火を交えた時代の映画だ。エルンスト・ルビッチの『私の殺した男』(未見)の原作としても知られるモウリス・ロスタンの戯曲を大胆に翻案してオリジナルストーリーとして昇華させたそうだ。

ミステリー仕立てになっているので、多くを語れないのだが、モノクロ画面がまず美しい。フランスとの戦争に行ったドイツ人婚約者を失った女性アンナ(パウラ・ベーア)の視点を中心に映画は描かれる。その婚約者の墓に、花を手向け、涙を流しているフランス人青年がいた。彼は、婚約者フランツの友人なのか?アドリアン(ピエール・ニネ)と名乗る美青年は何者なのか?という謎を軸に物語が展開していく。

フランス軍に息子を奪われた両親の思い、あるいはフランスへの敵意を持っているドイツ人たち。一方、フランツという婚約者は、フランス詩人ヴェルレーヌが好きで、アンナとはリルケの詩集を買い求めに来ていた本屋で出会ったというエピソードも紹介される。フランスとドイツ。隣り合う国同士で、文化的な接点もありながらも、戦場で戦わなければならない隣国の兵士たちの理不尽さ。
アンナはフランスに戻ったアドリアンを探しに、ドイツからフランスに向かう。そのフランスで見る戦争直後の傷ついた兵士たち、あるいは慰霊を目的にカフェで歌われるフランス国歌。最後にアンナを待ち受けていた試練。婚約者の失った哀しみと同時に、謎の男アドリアンへ惹かれる自分との葛藤、そしてその思いを吹っ切ってまでやってきたフランスでの現実。オゾンの企みに、観客は人生の皮肉を感じる。時間のちょっとしたズレ。すれ違い。運命に皮肉。

哀しみに沈んだモノクロ画面から、カラー画面に代わる瞬間の心が色づいていくような浮き立つ感覚。その映像が見事だ。アンナがフランスの旅の途中で、乗った列車の向かいの席の恋人たちとの姿とか、最後のパーティー場面の残酷さ、駅での別れのシーンなど、アンナのせつない気持ちが伝わってくる。フランソワ・オゾンの映画にあっては、男は美しく描かれもするが、どこか身勝手な印象がいつも残る。


原題 Frantz
製作年 2016年
製作国 フランス・ドイツ合作
配給 ロングライド
上映時間 113分
監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン
撮影:パスカル・マルティ
美術:ミシェル・バルテレミ
衣装:パスカリーヌ・シャバンヌ
音楽:フィリップ・ロンビ
キャスト:ピエール・ニネ、パウラ・ベーア、エルンスト・ストッツナー、アントン・フォン・ルケ、マリー・グルーバー、シリエル・クレール、ヨハン・フォン・ビューロー、アリス・ド・ランクザン

☆☆☆☆4
(コ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 戦争 サスペンス ☆☆☆☆4

「甘き人生」マルコ・ベロッキオ

甘き人生

イタリア人にとって母親の存在は大きい。フェリーニの女性崇拝も、ある種のマザコンであり、そのマザコンであることを隠そうともせずに、男性たちはマンマを追い求め、女性のなかにマンマ像を探す。カトリックの聖母マリア信仰のせいなのか、男性には誰でもその傾向があるが、イタリアは文化として母親第一主義である。たぶん。

それでこの映画であるが、息子が小さい頃に亡くした母を追い求める話である。母親との甘美な想い出だけを大切に抱えつつ、母親がなぜ突然、自分の前からいなくなったのか少年には理解できない。「死んだ」と父親から説明されても信じない。家で葬儀も行われるのだが、棺桶の中には母はいないと訴える。少年にとって、母の不在を埋めるために助けを求めたのは、テレビの恐怖ドラマで母と一緒に見たベルファゴールという怪人である。幻のベルファゴールだけを心の支えとし、少年は孤独に生きる。父親からは、母の死は心筋梗塞だったと伝えられ、なんとか受け入れようとするが、友達には母はニューヨークにいると嘘をついたりする。そして少年は友達の母にも母の幻を求める。そんな少年がいつしか大人になり、心を閉ざしながら孤独に生き、やがてパートナーを見つける。父が死に、かつて住んでいた家を整理することになって、母のアルバムをめくりつつ、伯母に母の死の真相を聞くという物語だ。

落下という垂直運動が映画の大きなモチーフになっている。水泳の高跳び込みをテレビで見て少年が真似をし、最後の方でパートナーがプールで高飛び込みをするのをただ見つめる場面がある。あるいは科学の重力の教科書を読んでいて、父のナポレオンの胸像をアパートの上から落としてしまう場面。「人を殺す気か」と父から怒られるが、母の不在とともに少年の孤独は癒されぬままだ。そんな落下のモチーフが最後に母の死の真相とともに明らかにされる。

少年が立ち直るきっかけになったのは、父に連れて行ってもらった目の前のスタジアムで行われていた地元のトリノのサッカーチームの応援だった。少年はサッカーに夢中になり、いつしか母の死を心の底に閉じ込めていく。サッカージャーナリストから新聞記者になった少年は、「母親の憎み、母なんていなければいいのに」という新聞の人生相談の投書に回答する文章を書く。今まで閉ざしていた母への思い、を素直に書いたその文章が世間で大きな話題なる。母への思いこそが、人生のすべてであるかのような。

母の死についての真相も、ミステリアスな展開なので、もっと複雑なものなのかと思ったら、単純なものだった。それではなぜ母は少年を見捨てたのか、今ひとつ腑に落ちない。母が何を考えていたか、その悩みの深さは描かれない。あくまでも、少年の目を通した母像だ。橋の上から花束を落とす母。バスの窓の外をぼーっと見続けていた母。家の中でかくれんぼをして、見つからなくて不安になり、隠れていた段ボール箱の中に一緒に入った甘美な思い出。少年の一方通行的な美しき母への思いを、ヨーロッパ的な陰影ある光と影の映像で綴った映画。


原題 Fai bei sogni
製作年 2016年
製作国 イタリア
配給 彩プロ
上映時間 130分
監督:マルコ・ベロッキオ
原作:マッシモ・グラメッリーニ
脚本:バリア・サンテッラ、エドゥアルド・アルビナティ、マルコ・ベロッキオ
撮影:ダニエーレ・チプリ
美術:マルコ・デンティチ
音楽:カルロ・クリベッリ
キャスト:バレリオ・マスタンドレア、ベレニス・ベジョ、バルバラ・ロンキ、グイド・カプリーノ、ニコロ・カブラスマッシモ、ダリオ・デル・ペーロ、ロベルト・ヘルリッカ、ファブリツィオ・ジフーニ、エマニュエル・ドゥボス

☆☆☆3
(ア)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆3

「オン・ザ・ミルキー・ロード」エミール・クストリッツァ

milky.jpg

今年は、是枝裕和、黒沢清、ジム・ジャームッシュの新作が次々と観れて、9年ぶりのエミール・クストリッツァの新作まで観れるなんて、なんと幸福な年だろう。

とにかく、観ているだけで楽しい。

ハヤブサ、ガチョウの群れ、豚、ロバ、蛇、蝶、そして羊の群れ・・・。動物たちが主役なのか?とでも言えそうなほど次々と画面を横切り、占拠する。エミール・クストリッツァにおいて、動物たちは大事な大事な脇役である。登場人物たちとともにいつもあり、時に運命のように彼を助ける。それは、人はいつも自然=世界とともにあるという彼の世界観でもある。さらに望遠鏡のレンズの目線もクストリッツァのいつもの道具立てだ。人の好奇心は、遠くを覗き見ることから始まる。美女の行動や蛇がミルクを飲む場面を。線路やトンネルなどもいつものように登場するが、描かれるのは、戦争という究極の暴力とそのなかで発揮される生へのエネルギーとだ。

さらに、クストリッツァお得意の上下運動が躍動的に展開される。今回は殺人時計の振り子の上下運動から始まり、井戸に隠れて落下と上昇で逃亡し、大きな木から空へと幻想的に飛翔する。そして、水の中への潜水、滝での落下の逃避行。最後は地雷によって空に浮きあがり、彼女は天空から彼が運んだ敷き詰められた石を見守る。羊の群れの場面といい、ラストの石を敷き詰めた俯瞰の視線といい、天上や鳥の目線は彼の映画の時空を超えたスケール感だ。戦火の銃弾をロバとともに掻い潜り、将軍の特殊部隊、黒服の追手から二人で逃げ続ける横への移動を、上下の運動に転換することで、生と死のダイナミズムが生まれる。エミール・クストリッツァの圧倒的なエネルギーは、そうした登場人物たちの運動によって生まれ、賑やかなバルカン半島の音楽とともに歌い踊り、人間の躍動との賛歌は描かれる。

エミール・クストリッツァ(62歳)自身が演じている戦火の中のミルク配達人の略歴はハッキリ描かれない。精神病院にも入っていたこともある、銃弾も気にせずロバで移動するちょっとおかしな男。そのミルク配達人が謎めいた美女と恋に落ちる。ローマからセルビア人の父を捜しに来て戦争に巻き込まれ、今は多国籍軍の将校に見染められて追われ、逃げている絶世の美女にモニカ・ベルッチ。彼女も52歳だという。人生の苦労や厳しさを乗り越えて年齢を重ねた二人が恋をする。彼を慕うもう一人の女、スロボダ・ミチャロヴィッチの豊満なる姿態や若さも美しいが、映画は歳を重ねた二人の圧倒的な逃避行と究極のラブストーリーへと昇華していく。戦争からへ。人間はどこまでも逞しく自由だ。そして強く美しい。エミール・クストリッツァの映画はそんな力を私たちに与えてくれる。

原題 On the Milky Road
製作年 2016年
製作国 セルビア・イギリス・アメリカ合作
配給 ファントム・フィルム
上映時間 125分
監督:エミール・クストリッツァ
脚本:エミール・クストリッツァ
撮影:ゴラン・ボラレビッチ、マルタン・セク
編集:スベトリク・ミカ・ザイッチ
音楽:ストリボール・クストリッツァ
キャスト:エミール・クストリッツァ、モニカ・ベルッチ、プレグラグ・ミキ・マノジョロビッチ、スロボダ・ミチャロビッチ

☆☆☆☆4
(オ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 戦争 ファンタジー ☆☆☆☆4

「ありがとう、トニ・エルドマン」マーレン・アーデ

トニ・エルドマン

第69回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。ドイツで大ヒットを記録したという父と娘のヒューマンドラマ。

親子というものは、なんと面倒くさく、厄介で、温かいものなのか。キャリアウーマンで、なんでも完璧にこなすデキる女である娘に、父は「幸せなのか?」と問いかける。仕事に追いかけられ、人生を楽しむ余裕がないように見えたからだ。そんな娘と対照的な父親は、いつもイタズラが大好きな子供のようなキャラクター。「ユーモアを忘れるな」と娘の仕事関係の人間に忠告する場面があるが、父親にとって「ユーモア」こそが、人生の楽しみなのかもしれない。人を笑わせたり、喜ばせたりする遊び心。ブーブークッションで娘を子供のころから笑わせ続けてきたのだろう。そんな父親は、娘が大人になっても変らない。冗談を言い、娘を笑わせようとするが、娘はそんな父親を見るたびに、苛立ち、鬱陶しくてしょうがない。仕事で成功することに、心のすべてが支配され、父親のユーモアを受け容れる余裕がないからだ。

父親が娘の誕生日パーティーで、毛だらけの化け物の仮装をして現れる場面がいい。壊れかけていた娘の心は、かつての父と娘に戻り、化け物の仮装の父に抱きつく。父のくだらないお節介は、本当に厄介でしつこい。その鬱陶しさこそが、父のであり、親子の関係なのだ。音楽をほとんど使わず、しつこい父親の娘へのつきまといに、やや長いかなとも思うが、父親役のペーター・シモニスチェクがいい味を出している。


原題 Toni Erdmann
製作年 2016年
製作国 ドイツ・オーストリア合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 162分
監督:マーレン・アーデ
脚本:マーレン・アーデ
撮影:パトリック・オルト
美術:ジルケ・フィッシャー
編集:ハンケ・パープリース
キャスト:ペーター・シモニスチェク、サンドラ・フラー、ミヒャエル・ビッテンボルン、トーマス・ロイブル、トリスタン・ピュッター、ハデビック・ミニス、ルーシー・ラッセル、イングリッド・ビス、ブラド・イバノフ、ビクトリア・コチアシュ

☆☆☆☆4
(ア)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆☆4

「午後8時の訪問者」ダルデンヌ兄弟

午後8時

ダルデンヌ兄弟は、現実的に厳しい状況の中に登場人物を置く。その厳しい状況で犯す過ち、犯罪や偽り、あるいは失業など、登場人物たちがその状況を克服するための行為を追いかける。どのように心理的に葛藤し、悩み、苦しみ、罪悪感を感じ、そこから抜け出せるか、その心理サスペンスを描く。しかも淡々と手持ちカメラでその人物を執拗に追いかけるのだ。客観的なドラマとしてではなく、ドキュメンタリーのように、ある人物を追い続ける。貧しさから赤ちゃんを売る『ある子供』でも、移民の偽装結婚を描いた『ロルナの祈り』でも、孤独な少年と疑似家族を描いた『少年と自転車』でも、失業の現実と職場の仲間との葛藤を描いた『サンドラの週末』でも、手法は同じだ。

この映画はサスペンスのような日本タイトルとポスターイメージになっているが、決してサスペンス映画ではない。人を助ける使命のある女医が、診療時間が終わった午後8時に、診療所の扉を開けなかったばかりに、ひとりの女性を見殺しにしてしまったという物語である。女医は、自らの行為の後悔と良心の呵責から、被害者である女性の身元を探ろうとし、さまざまな真実が明らかになっていく。ちょっと危険な目にも合うが、この女医は強い意志の下に行動する。その動機が、「あの時、扉を開けなかったから」というだけで、ここまで行動するのか?という疑問は少しある。やや強引な感じもする。静かに女医の気持ちにカメラが寄り添いつつ、辛抱強く被害者と、彼女と関わった人々の秘密を明らかにしていく。そして、自らの言葉で傷つけてしまった研修医の青年をも立ち直らせようとする。

音楽は一切なし。当然、サスペンス的娯楽的要素はない。近作『サンドラの週末』でも同じだった。そういう娯楽性を求めると、ちょっとしんどい映画だ。だけど、人間というものの心理の深みを見つめようとするダルデンヌ兄弟の仕事ぶりには、やはり敬意を持ってしまう。人間の罪深さを、いつでもやさしく見つめ続けているのだ。

冒頭、患者の気持ちに同調し過ぎる研修医の青年に、医者としての威厳を示すように、「診療時間が終わったのだから扉を開ける必要はない」とキッパリと言い、これから移る予定の大きな病院の歓迎パーティーに出る女医ジェニーは、仕事とプライベイトのけじめをつけるタイプのようだった。挨拶の途中でかかってきた携帯電話には出ない。しかし、事件が起きた後、彼女はあらゆる場面で中断させられる。携帯電話に、次々と診療所にやってくるドアフォンの音に。遂には診療所に寝泊まりまでするようになるのだ。

扉が開けられず殺された黒人女性は、ヨーロッパから締め出された移民を象徴しているのかもしれない。自分たちの都合で、扉を開けないことは、移民を受け入れず、ヨーロッパから締め出す行為と重なる。

いつだって、誰だって、自分が大切だし、むやみに人を傷つけたくはない。それでも、さまざまな瞬間で、自分のことよりも大切にしなければいけないことはあり、人を追い出し、傷つけ、締め出してしまう間違いも犯すこともある。問題は、そのような過ちをしてしまったあとに、どう自分と向き合い、どう悩むかなのかもしれない。そんなことをダルデンヌ兄弟はいつも私たちに静かに問いかけてくる。

原題:La fille inconnue
製作年:2016年
製作国:ベルギー・フランス合作
配給:ビターズ・エンド
上映時間:106分
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、 リュック・ダルデンヌ
製作:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ、ドゥニ・フロイド
製作総指揮:デルフィーヌ・トムソン
脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
撮影:アラン・マルクーン
美術:イゴール・ガブリエル
衣装:マイラ・ラメダン・レビ
編集:マリー=エレーヌ・ドゾ
キャスト:アデル・エネル、オリビエ・ボノー、ジェレミー・レニエ、オリビエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネ

☆☆☆☆4
(ゴ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
60位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター