FC2ブログ

「旅のおわり世界のはじまり」黒沢清

前田敦子の映画である。しかも「愛の讃歌」である。黒沢清の映画には、いつでも死の気配が満ちていた。不在や不安、世界の終わり的な終末観とでも呼べそうな気配が漂っていた。しかし、この映画は、「心の底から湧き上がる感情」につき動かされて、歌を唄うという新たな「世界の始まり」=生の物語である。なんともドキュメンタリードラマのようで、戸惑った。

前半はテレビ番組のロケクルーとレポーターの前田敦子の仕事ぶりが淡々と進行する。ディレクターの染谷将太やカメラマンの加瀬亮とレポーターの前田敦子の関係はいたってドライだ。無駄口をたたかず、プライベートにお互い立ち入らず、とても和やかな雰囲気とは言えないスタッフの空気。前田敦子は、一人でウズベキスタンの夜の街を食事の買い出しに出かける。車が行き交う道路を横切り、バスに乗り、暗くなった夜の路地を一人で歩く。素足を露出し、ウズベキスタンの男たちの好奇の目に晒されながら、会話を拒否し、ひとりで街をさまよう。

異国の地で言葉も分からないまま、孤独にレポーターの仕事をこなす。唯一、東京にいる恋人とのSNSでのやり取りが、自分を取り戻す時間である。料理ができていなくても、美味しそうに食べてレポートし、街の小さな遊園地で、何度も遊具に振り回されて吐きそうになりながらも、プロとして仕事を意地でも頑張る。

それが後半、別の顔を見せるようになる。飼われてつながれていたヤギを解放してから、自らの意思を示し始める。オペラ歌手の美しい歌声に導かれ、劇場に迷い込んで、舞台で自ら「愛の讃歌」を歌う幻想に立ち会う。そして、ミュージカルのオーディションを受ける夢を加瀬亮に語る。ロケは行き詰まり、ホテルの部屋で死んだように横たわる前田敦子。スタッフの指示に黙々と従っていたレポーター前田敦子は、、バザールで自らカメラを持ち、自分の興味で走り出す。スタッフのことなど置いてきぼりにして。しかし、ウズベキスタンの警官から、「あなたは、私たちのことをどれだけ知っているのですか」と問われる。知ろうとしなければ、コミュニケーションは成り立たない。自らの逃亡と拘束、恋人の危機を経て、前田敦子の内なる何かが動き出す。

ラスト、自分の分身ともいえる山の上のヤギを見つけて、彼女は突き動かされるように、歌を唄う。異国の果てで、「世界のはじまり」を実感する。

これは「自分探し」の物語なんだろうか。自分と世界の関係の物語だろうか。自らを解放するために、どれだけをし、路地に迷い、危険な道路を横断し、何かを求めて走り出せばいいのだろうか。黒沢清の映画としては、ちょっと肩透かしなものだった。『Seventh Code』の荒唐無稽な展開を期待していただけに、ちょっとまったりとしたテンポだった。なんだかの軽やかさがなかったな。


製作年 2019年
製作国 日本・ウズベキスタン・カタール合作
配給 東京テアトル、
上映時間 120分
監督:黒沢清
脚本:黒沢清
プロデューサー:水野詠子、ジェイソン・グレイ、西ヶ谷寿一
撮影:芦澤明子
美術:安宅紀史
編集:高橋幸一
音楽:林祐介
キャスト:前田敦子、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、加瀬亮

☆☆☆3
(タ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆3

「新聞記者」藤井道人

話題作である。観客も意外に入っているという。今年は政治を素材に扱った映画を観る機会が多い。「記者たち 衝撃と畏怖の真実」、「バイス」などのアメリカ映画に続いて日本で登場した本作は、東京新聞の名物記者・望月衣塑子の原案をもとに、実際の似たような事件がフィクションを交えて展開されている。加計学園の獣医学部新設問題、公文書改ざん、役人の自殺、前川喜平・元文部科学事務次官の「出会い系バー」報道、伊藤詩織のレイプ被害告発などなど。そして、内閣情報調査室の描かれ方はどこまでフィクションでどこまで真実なのか、興味深い。

「私たち、このままでいいんですか?」とシム・ウンギョン演じる吉岡記者が内閣情報調査室(内調)の官僚の松坂桃李に、つたないで日本語で迫る場面がある。「そんな言葉で、自分を納得させられるんですか?」と。そのまっすぐな視線と言葉がこの映画の基本スタンスだ。私たちに真摯に問いかける映画である。そして無表情に仕事に徹していた男が、上司の死をキッカケに、仕事に疑問を持ち始め、上司からの圧力と自らの信条や家族のことを思いながら未来を思い、板挟みに苦悩する姿が描かれる。

ストレートな映画ながら、映像はなかなかスタイリッシュだ。政治にはそれほど強い関心がなく、一度は断ったという藤井道人監督の映像センスが生きた感じだ。手持ちのヨリ中心のカメラは、しばしば揺れて見づらく不安定である。顔のアップ、手元などが効果的に挿入され、背景はボケたまま。セットや照明も工夫が凝らされている。内調の暗い室内、パソコンの液晶の光、そして真っ白で無機質な廊下で上司の田中哲司とすれ違う松坂桃李、レイプされた女性の記者会見でも暗い室内とパソコンの液晶画面の光が不気味に浮き上がる。

「この国の民主主義は形だけでいいんだ」と官僚(田中哲司)に言わせるのはやりすぎな感じで、自殺した神崎(高橋和也)の物語も強引な感じがする。家族や上司とのまっとうな思いと嘘を垂れ流す情報戦の闇というのは、いかにも善悪がはっきりしすぎていて単純だが、ラストはいい終わり方だと思う。横断歩道を挟んだそれぞれのつぶやき。ラストで懐柔されてしまうかのような弱さもまた人間なのだ。日本であまり作れなかった政治的映画がエンタメとして作られたことに意味があると思う。


製作年 2019年
製作国 日本
配給 スターサンズ、イオンエンターテイメント
上映時間 113分
監督:藤井道人
原案:望月衣塑子、河村光庸
脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
企画・製作:河村光庸
エグゼクティブプロデューサー:河村光庸、岡本東郎
撮影:今村圭佑
美術:津留啓亮
編集:古川達馬
音楽:岩代太郎
キャスト:シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司

☆☆☆☆4
(シ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 社会派 ☆☆☆☆4

「町田くんの世界」石井裕也

走り出すこと、思わず走り出してしまうこと、訳も分からずに、何も考えられずに走ること。そして、誰かを追いかけてしまうこと。そんな時を懐かしく思い出してしまう映画だ。

町田くんの存在そのものがファンタジーである。町田くんの走り方がまずヘンだ。前に進もうと走るのではなく、膝を高く上げて宙を飛ぼうとするかのような奇妙な走り方。そう、町田くんは宙を舞う。ジタバタと不器用に誰かを助けるために走っていた町田くんは、自らの思いのために宙を舞う。

新しい町田くんが誕生しようとしている時に、町田くんと猪原さんは走り、追いかけ、追いかけられ、逃げて、また追いかける。川べりの草むらで二人が走り回るシーンがいい。その訳の分からなさこそが、愛おしい。走らずにはいられない衝動こそが、かけがえのない時間なのだ。

石井裕也監督は、水や川が好きなのかもしれない。雨、プールに川辺・・・と、水が頻繁に登場する。満島ひかりと石井裕也監督の出世作の『川の底からこんにちは』でも、川が印象的に使われていた。今作でも、川辺とプールは、いつもの二人が過ごす場所であるし、二人が気持ちをぶつけ合う場所である。そして、雨は自分と向き合う時でもあり、素直に人に気持ちをぶつけるクライマックスの舞台となる。まるで、雨が降らなかったら、素直に気持ちをぶつけられないかのように、二人には雨が必要だった。

自分のことばかりのバラバラの時代だからこそ、町田くんのような誰かのために生きようとするファンタジー的存在が求められるのかもしれない。誰かのために何かをすることが、恥ずかしく、偽善的で、嘘くさく感じられ、怒りや毒や嘲笑や罵倒こそが、本当らしく感じる時代。恋の一生懸命さも、どこかファンタジーにしないと成立しないのかもしれない。主役の二人の不器用さと脇を固める役者陣の芸達者ぶりがいいバランスだ。前田敦子の毒舌ぶりも笑える。

それにしても学校のプールという場所は、相米慎二も岩井俊二も様々な映画監督たちが青春の舞台に使ってきた神聖なる場所なんだなぁ。リアリティなど何もない。馬鹿らしくコメディタッチの青春ファンタジーである。


製作年 2019年
製作国 日本
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 120分
監督:石井裕也
原作:安藤ゆき
脚本:石井裕也、片岡翔
企画:北島直明
プロデュース:北島直明
撮影:柳田裕男
美術:井上心平
編集:普嶋信一
音楽:河野丈洋
キャスト:細田佳央太、関水渚、岩田剛、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子

☆☆☆☆4
(マ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ファンタジー 青春 ☆☆☆☆4

「そらのレストラン」深川栄洋

そら
(C)2018「そらのレストラン」製作委員会

2か月も映画館で映画を観ていなかった。だから今年1作目の映画レビューである。映画ブログなのに、なんともなさけない。

さて、この「そらのレストラン」は、「しあわせのパン」、「ぶどうのなみだ」に続いて、北海道の食の映画3作目である。いずれも北海道の大泉洋が所属するプロダクション、クリエイティブオフィスキューの企画・製作映画である。3作とも大泉洋主演であり、北海道小麦を使ったパン、北海道のワイナリーに続いて、今度は道南・瀬棚町で自然派農業をやっている生産者たちをモデル(「やまの会」)にした、海のミネラルを含んだ草をたっぷり食べで放牧酪農で育った牛のチーズ、有機野菜、羊牧場などが食のテーマとしてある。前2作は、三島有紀子監督であったが、今作は深川栄洋監督。どういう事情だったのか分からないが、よりシンプルなつくりになっている。3作ともファンタジー映画だ。

北海道の美しい自然と大地、そして食、命のつながり。食と命、自然への感謝とそこで生きる人間のささやかな営み。幸福感にあふれた食を囲む姿は、悲劇にもサスペンスにも暴力的活劇にもなりずらい。ファンタジー的要素がどうしても入り込まざるを得ない気がする。やや前2作と比べると、ファンタジー色は薄まったような気もするが、UFOを呼び込む踊りなども描かれ、現実の厳しさより、夢のようなふわふわ感は、この映画でもある。美味しい食事と幸せな家族や仲間、そして美しい大地があれば、もうそれだけで幸福なのだから、そこからよっぽどの事件でも起きない限り、劇的な展開にはなりずらい。悪や暴力、毒が描きずらい。劇的な要素としては、「死」しかない。この映画では、仲間であり、師匠である男の死。これだけが唯一、劇的な要素である。

ホットミルク、ごつごつした野菜や甘いトマト、そして羊の香りがちゃんとあるマトンのお肉、そして美味しいチーズが何よりも味わいたくなる映画である。北海道の自然に囲まれながら。もうそれだけで、十分なのかもしれないが、映画としては、物語に意外性がなく、語り過ぎなところも多く、面白味に欠ける。劇的な要素が入れずらい以上、ほんわかと食と命の大切さを感じればそれでいいのかもしれないが、やはり物足りない。

「死」は、そこで終わりではなく、つないでいくもの。羊の命も、牛の命も、師匠の命も。次へ次へとつながり、つないでいく。そのことを忘れてはいけない。そのつながりを教えてくれるのが、自然であり、「場」であり、家族であり、仲間である。食と出会うことによって、人生が変わることがある。食は人生を支える。おいしい「食」を囲む幸せそうな人々の笑顔を見ながら、自らの「食」のあり方を考えてしまう。


製作年:2018年
製作国:日本
配給:東京テアトル
上映時間:126分
監督:深川栄洋
脚本:深川栄洋、土城温美
企画‣製作:伊藤亜由美
プロデュース:森谷雄
音楽:平井真美子
主題歌:スカート
キャスト:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、安藤玉恵、庄野凛、鈴井貴之、風吹ジュン、小日向文世

☆☆☆3
(ソ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆3

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2018年ベスト10
<洋画>
    「スリー・ビルボード」
    「正しい日、間違えた日」(2015)
    「希望のかなた」
    「顔たち、ところどころ」
    「ラブレス」

<日本映画>
    「万引き家族」
    「寝ても覚めても」
    「きみの鳥はうたえる」
    「モリがいる場所」
    「カメラを止めるな」


2017年ベスト10
<洋画>
    「パターソン」
    「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
    「誰のせいでもない」
    「ありがとう、トニー・エルドマン」
    「オン・ザ・ミルキー・ロード」
    「パーソナル・ショッパー」
    「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
    「マリアンヌ」
    「婚約者の友人」
    「セールスマン」

<日本映画>
    「散歩する侵略者
/予兆 散歩する侵略者」
    「三度目の殺人」
    「南瓜とマヨネーズ」
    「光(大森立嗣)」
    「息の跡」
    次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
    次点「幼な子われらに生まれ」
    次点「バンコクナイツ」


2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター