「ガルシアの首」サム・ペキンパー

ガルシア

男臭いサム・ペキンパーの映画のなかで『砂漠の流れ者』と同じくらい好きな映画がこの『ガルシアの首』だ。かつて中学生くらいの頃、映画館で公開時に観たのだが、久しぶりに再見した。うん、渋いねェ~。腐りかけた生首とのロードムービー。死臭に満ちた旅だ。これは、トミー・リー・ジョーンズが監督した『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』とよく似ている。あれは友の死体を引きずって、友の故郷まで行く話だったが、きっとこの『ガルシアの首』へのオマージュを込めた作品だったのだろう。

前半は、ガルシアの首に賞金がかけられ、男たちがガルシアを探す場面から始まる。酒場でこの話を聞いたピアノ弾きのウォーレン・オーツは、ガルシアが恋人のあばずれシンガーの元カレだったことを知る。しかも彼は事故ですでに死んでいる。ガルシアの故郷である墓地まで行って首を墓場から掘り出しに行く旅が映画の前半だ。ただの金目当ての旅。しかし、それは恋人と新たな生活を始めるための旅でもあった。

あばずれシンガーのイゼラ・ベガは、『砂漠の流れ者』の売春婦、ステラ・スティーブンスと似ている。酒場で歌い、いろんな男たちと楽しみ、その場限りで生きてきた彼女は、メキシコの道端の木の下で、ウォーレン・オーツから未来の生活を語られ、涙する。しかし、ピクニック気分の野営で、チンピラのバイク野郎に絡まれ、犯されそうになることで、夢ある未来への旅は、地獄へと下降する旅へと変わる。そして、男が墓地でガルシアの首を斬首しようとする場面で、哀れにも彼女は殺されてしまうのだ。そして、彼女は首のないガルシアの死体とともに、その場所に残される。「こいつと一緒がいいのかよ」と男に言われ・・・。

ウォーレン・オーツは、死んだガルシアに嫉妬しつつ、彼の首と旅をする。女を介した男二人のシンパシー。腐っていくガルシアの首は、次第に彼にとっての相棒となる。賞金のかかったガルシアの首をめぐっての追手との銃撃戦。旅の途中、ハエがたかるガルシアの首に話しかけ続けるウォーレン・オーツ。

この死の匂いに満ちたメキシコの土埃が立ちのぼる男臭い映画は、わびしくてやるせなくていいのだ。トップシーンの美しい水辺の女性の幸福感、木の下で恋を語る孤独な男女の束の間の安らぎ、そして徹底して荒野を走り続けるしかない荒んだ孤独感や虚無感、そして失った愛と傍らの死。メキシコの乾いた風土がとても効果的で、僕の大好きなロードムービーである。

『砂漠の流れ者』レビュー
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』レビュー

原題:Bring Me the Head of Alfredo Garcia
製作年:1974年
製作国:アメリカ
配給:ユナイト映画
監督:サム・ペキンパー
脚本:ゴードン・ドーソン、サム・ペキンパー
製作総指揮:ヘルムート・ダンティーネ
製作:マーティン・バウム
撮影:アレックス・フィリップス・Jr.
編集:ガース・クレーヴン
キャスト:ウォーレン・オーツ、イゼラ・ベガ、ギグ・ヤング、ロバート・ウェッバー、ヘルムート・ダンティーネ、エミリオ・フェルナンデス、 クリス・クリストファーソン


☆☆☆☆☆5
(カ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 西部劇 ☆☆☆☆☆5

「ブギーナイツ」ポール・トーマス・アンダーソン

img_1.jpg

「ザ・マスター」「 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「パンチドランク・ラブ」「 マグノリア」など寡作ながら重厚な問題作を撮りつづけているポール・トーマス・アンダーソンの初期作品。70年代から80年にかけてのアメリカのポルノ映画界の話で、これはいたって単純なストーリー。親にも認めてもらえない鬱屈した青年が自らの巨根(35センチのビッグサイズ!ボカシで見えないが、何度も映像表現される過激さ)を武器に、ポルノ映画界でスターにのし上がっていく成功物語が前半部。ここまでは巨根描写以外は普通な感じ。ポール・トーマス・アンダーソンの真骨頂はここからだ。スターになって勘違いしだした男が、拾ってくれた監督ジャック(バート・レイノルズ)とケンカ別れをし、自分だけの力で生きようとするのだが、何をやっても上手くいかない。下手くそな唄を歌ってレコードデビューしようとして出来なくて、ヤクにはまり、昔のように自らの巨根で小銭をもらおうとして殴られて惨めな姿に。ついにはヤクがらみの詐欺、現金強奪を企むが、イカれたヤク中毒の男にマグナムをぶっ放されて銃撃戦に巻き込まれ堕ちるところまで堕ちていく(このシーンのイカレかたもすごい)。一方、ポルノ映画界の関係者はことごとく一般社会から差別される現実。そして、ポルノ映画界にもビデオ時代の波が押し寄せて、時代に翻弄される映画人たちも描かれる。後半の暴力描写の破滅感がなんともすさまじい。

特に面白いのが、映画からビデオの世界に転身したジャックの取材クルーが、高級車の車内で通行人の男を引き入れて女とやらせてしまう撮影の場面だ。プロたちが共同作業で夢を作リあげていく映画(ポルノ映画でも同じことだ)とは違って、ビデオはリアリティが勝負。そこには現実のなまなましさが介入し、プロ意識のない素人を使っての撮影が多くなる。高級車内のセックス撮影は、素人の男のおかげでメチャクチャになり、ポルノ映画のプロたちも現実の苦々しさを味わう羽目になる。

ポール・トーマス・アンダーソンの映画の特徴として、ドラッグとセックスがいつも描かれる。それは人間の欲望を描きたいからだ。そして権力や暴力、さらに金や宗教もたびたび登場する。そこでは集団を率いるボスやカリスマが描かれ、その中での権力の確執も大きなテーマだ。この映画では、映画監督のジャックと成りあがりスターになったダーク・ディガー(マーク・ウォールバーグ)との物語が主軸で、や力の誇示や嫉妬や欲望や差別が彼らを取り巻く人々も含めて群像劇として描かれるのだ。80年になるニューイヤーパーティーでセックス狂いの妻を銃殺するシーンも脇役のエピソードながら強烈だ。ポルノの俳優だと差別され続けた黒人が、ドーナッツ屋で事件に巻き込まれるエピソードのシーンも秀逸だ(タランティーノの映画のようだ)。脇役のストーリーなど群像劇として立体的に映画を組み立てられるところがこの監督の凄いところだ。冒頭のシーンなど、長めのワンカットが度々使われる映像表現も面白い。

まぁ、アメリカ映画界にとって異色な存在であるポール・トーマス・アンダーソンのと権力を扱ったヘンな映画である。そもそも巨根思想そのものが男社会の歪んだ権力意識の表れなのだと思うけどね。先日亡くなった名優、フィリップ・シーモア・ホフマンが若い!

原題:Boogie Nights
製作年:1997年
製作国:アメリカ
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
製作総指揮:ローレンス・ゴードン
製作ロイド・レビン、ポール・トーマス・アンダーソン
キャスト:マーク・ウォールバーグ、バート・レイノルズ、ジュリアン・ムーア、ヘザー・グラハム、ジョン・C・ライリー、 フィリップ・シーモア・ホフマン、アルフレッド・モリナー

☆☆☆☆4
(フ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : ☆☆☆☆4

「ライフ・アクアティック」ウェス・アンダーソン

lifeaquatic01.jpg

まさにウェス・アンダーソン節全開の笑えて楽しい初期作品。「ムーンライズ・キングダム」や「グランド・ブタペスト・ホテル」、「ファンタスティック Mr. Fox」 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」など、彼のすべての特徴が出ている作品。少年的な冒険性、キッチュな美術的センス、海洋生物へのロマンチシズム、特異で個性的なキャラクター造型、家族やチーム(仲間)への愛、親子の葛藤、空間(部屋)へのこだわり、乗り物への偏愛などなど。まだシンメトリーな映像表現の徹底ぶりには到っていないものの、登場人物がカメラ正面を向いて喋ったり、上の宣材写真のような正面向きに配置される映像など、映像表現の特徴は随所に出ている。

これは海洋冒険映画づくりをしている海洋冒険チームの物語だ。伝説の冒険家スティーブ・ズィスーは、まさに少年そのもの。まるで「冒険ごっこ」、「映画作りごっこ」をしているような楽しい映画だ。とぼけたビル・マーレイがまさにハマり役。赤い帽子もチームの制服やマークもいかにもウェス・アンダーソン演出だ。ボーイスカウト的なのだ。そしてリアリティはなく、すべてが作りモノ的楽しさだ。ウェス・アンダーソンにとって、映画づくりそのものがクラブ活動の延長のような遊びなのだろう。それぞれのキャラがとにかく楽しい。


原題:The Life Aquatic with Steve Zissou
製作年:2004年
製作国:アメリカ
配給:ブエナビスタ
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、ノア・バームバック
撮影:ロバート・D・イェーマン
美術:マーク・フリードバーグ
音楽:マーク・マザースボウ
音楽監修:ランドール・ポスター
アニメーション:ヘンリー・セリック
キャスト:ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、ケイト・ブランシェット、アンジェリカ・ヒューストン、ウィレム・デフォー
ジェフ・ゴールドブラム、マイケル・ガンボン、バッド・コート、ノア・テイラー、セウ・ジョルジ

☆☆☆☆4
(ラ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 冒険 ☆☆☆☆4

「天才マックスの世界」ウェス・アンダーソン

51WWP9VQC8L__SL245_.jpg

ウェス・アンダーソン監督の2作目の長編作品。邦題にある「天才マックス」(原題はラシュモアという学校名)と言いながらも、勉強の天才児の話ではない。彼は勉強ではなく、さまざまな課外活動に勤しみ、ハードな舞台演劇の脚本を書く才能を持ち合わせている男の子。ある意味、ウェス・アンダーソンの自伝的世界かもしれない。奇妙で個性的なキャラクターが続々出てくるあたりは、後のウェス・アンダーソン監督作品に通じるが、ストーリーはやや散漫な感じでまとまりがない。ただ、ちょっとハートウォーミングなキュンとくる感じは共通している。

マックスの年上の未亡人、クロス先生(オリヴィア・ウィリアムズ)への初恋と、工場の経営者のオヤジ、ハーマン(ビル・マーレイ)との友情の物語。15歳の少年と年の離れた未亡人美人先生とオヤジとの恋と友情の三角関係という訳だ。そういう意味では早熟な15歳。そして親との葛藤や失われた母を乗り越える物語でもある。飄々としたビル・マーレイがまたとぼけていていい。

会話のテンポや間合いが作り出す奇妙な可笑しさ、そして淡々と左右対称に切り取る独特の映像。ラストのベトナム戦争を描いたド派手な演劇など、ウェス・アンダーソンの映画はどこか現実離れした寓意性があって、ある意味で演劇的だ。作りものめいた虚構性は、ラストの爆薬ボンボンと爆発せながらベトナム戦争を学校の舞台でやっちゃったり、恋のために学校のグラウンドに水族館を作ろうとしたりする大袈裟な虚構性にも表れている。その虚構性の末の大団円。恋と友情、その情熱さえあればなんでもできちゃうという訳だ。


原題:Rushmore
製作年:1998年
製作国:アメリカ
監督:ウェス・アンダーソン
製作:バリー・メンデル、ポール・シフ
脚本:ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソン
撮影:ロブ・イェーマン
美術:デビッド・ワスコ
音楽:マーク・マザースボウ
キャスト:ジェイソン・シュワルツマン 、オリビア・ウィリアムズ、ビル・マーレイ、ブライアン・コックス、シーモア・カッセル、メイソン・ギャンブル

☆☆☆☆4
(テ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 青春 ☆☆☆☆4

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」ウェス・アンダーソン

The-Royal-Tenenbaums-ben-stiller-590270_1024_768.jpg

「グランド・ブダペスト・ホテル」「ムーンライズ・キングダム」「ファンタスティック Mr.FOX」「ダージリン急行」とチャーミングな映像感覚で最近すっかり注目されている監督ウェス・アンダーソンの初期の話題作を見る。

この映画を見ると、ウェス・アンダーソンは同じ映画を撮りつづけているんだなと思った。ウェス・アンダーソン特有の映像空間、個性的な人物たち、そして寓話的物語、その寓話的物語に込められている愛と家族の再生。

これは、テネンバウム家の家族の物語である。子供3人は全員天才児といった特異なキャラクター造りもウェス・アンダーソンお得意だ。ナレーションを駆使しながら、寓話的に一気に家族の人生が語られる。ある架空な家族のお話というわけだ。リアリティよりもおとぎ話のような寓話性が特徴だ。それは最新作「グランド・ブダペスト・ホテル」も「ムーンライズ・キングダム」も同じだった。「グランド・ブダペスト・ホテル」は、ホテルを舞台にした物語だったが、これもテネンバウム家を舞台にした物語だ。

本作は、地方都市の名家の栄光と没落を描いたオーソン・ウェルズの『偉大なるアンバーソン家の人々』にインスパイアされた作品なんだそうだ。脳天気なオヤジのロイヤル(ジーン・ハックマン)は、まるで家族のことなんか考えていない自分勝手な男。考古学者である妻エセル(アンジェリカ・ヒューストン)を何年もほったらかしにしておきながら、妻が黒人の会計士(ダニー・グローヴァー)と結婚しそうになり、金もなくなってホテルを追い出されそうになるや、自ら余命数カ月のガンだと嘘を言って、家族の元に戻り、妻の結婚を邪魔をし、家族再生を試みるのだ。なんとも勝手な話である。だけど、その脳天気さがいいのだ。長男チャス(ベン・スティラー)とそっくりな孫たちと一緒に子供のように遊ぶ場面がまたお茶目で楽しい。

3人の子供はいずれも天才児だが、物語はその天才児が20年たって、自分を持て余している時代を描いているところが面白い。長男のチャス(ベン・スティラー)は10代そこそこで金融ビジネスマン&発明家として大成功、長女で養女のマーゴ(グウィネス・パルトロー)は12歳で劇作家デビュー、次男のリッチー(ルーク・ウィルソン)はテニスプレイヤーとして将来を渇望されていた。それが、今はそれぞれ人生の壁にぶち当たっている。そこには、人間関係を上手く作れない子供たち3人がいる。他人との距離感というようなものを。

ウェス・アンダーソンが好きな舞台というのがある。建物、ホテル、屋敷、部屋(特に狭い部屋)、テントの中の密室空間、エレベーターの中、窓、墓地・・・などなど。彼の登場人物たちにとって、パーソナルな居心地のいい空間というものがとても大事なのだ。この映画では、父・ロイヤルはホテルの一室を借りて住んでいるし、3人の子供たちの部屋はそれぞれ個性的だ。さらに長女のマーゴは夫(ビル・マーレイ)と暮らしながらうまくいかず、なぜかバスルームに閉じこもる。その個室からいかに出て、他者と関わりを持てるのようになるのか。その関係づくりの基礎となるのが、家族という単位であり、愛と距離感なのかもしれない。そのことを軽いコメディータッチで、滑稽に楽しく描くのがウェス・アンダーソンなのだ。


原題:The Royal Tenenbaums
製作年:2001年
製作国:アメリカ
配給:ブエナビスタ
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソン
製作総指揮:ラッド・シモンズ、オーウェン・ウィルソン
製作:ウェス・アンダーソン、バリー・メンデル、スコット・ルーディン
撮影:ロバート・イェーマン
キャスト:ジーン・ハックマン、アンジェリカ・ヒューストン、ベン・スティラー 、グウィネス・パルトロウ、ルーク・ウィルソン
オーウェン・ウィルソン、ダニー・グローバー、ビル・マーレイ

☆☆☆☆4
(サ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 家族 ☆☆☆☆4

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
109位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター