「私とは、私とその環境である」 ゆるやかな共同体をいかに持つことが出来るか?

先日読んだ本の中で、スペインの哲学者ホセ・オルテガ・イ・ガゼットの「私とは、私とその環境である」という言葉が紹介されていた。

人は一人では生きていけない。家族を作り、部族を作り、集団をつくり、村や町をつくり、社会をつくり、国家という枠組みを作り、さまざまな枠組み、集団、共同体に帰属して生きている。個、「私」とは、環境から独立してあるわけではなく、環境とのかかわりにおいて規定されている。

ザックリ言ってしまうと、まわりが「私」を決め、つくる。他者の視線を介在させないと、「私」は存在しない。さまざまな「私」がある。家庭では、「父」であり、「夫」であり、「義父」でもあったりする。会社では「部長」だったり、部下だったり、仕事仲間から見られる「私」がいて、友人から見られる「私」、ゴルフやテニス仲間から見られる「私」もいる。あるいはここmixi仲間から見られる「私」もいる。さまざまな「私」がいるし、それもすべて含めての「私」であり、それぞれの見られ方が違っていても、みんな「私」である。

そのようにいろんな「私」を使い分けながら、人は生きている。それはさまざまな集団、共同体に帰属しているということである。そして、それぞれの共同体の中で、それぞれの役割がある。

「個の自由」というものが言われ出したのは、共同体や組織が個を束縛し、不自由な枠の中で閉じ込め、慣習や掟の中で個を圧迫する前近代を乗り越えようとした近代の言い回しである。たしかに、家父長制度や村落共同体の圧力が、個の自由を奪い、やってはいけないことが数多くあり、個が押しつぶされることも度々あった。そして、近代以降、共同体は次々と壊され、個の自由の時代が謳歌されるようになると、個はバラバラになり、それぞれが孤独になっていった。煩わしい親戚づきあいは極力避け、核家族化が進み、一方で、SNSでつながりを求め、別の共同体が作られるようにもなっていった。震災時には「絆」という言葉がもてはやされ、「つながり」こそが人を救うとでも言われるようになる。

個と集団、共同体の関わりは人間の宿命とも言うべき課題である。言うまでもなく、国家の名のもとに、生死の自由が奪われた時代もある。個が共同体とどのような関係を築いていけるかが永遠の課題と言ってもいい。

中島岳志が「ナナメの関係が作れる場所が必要だ」とどこかに書いていた。秋葉原事件の加藤被告のことを調べた中島氏は、加藤が「もう自分の居場所はどこにもない」と言っていたと指摘する。「居場所」とは、自分という存在を認めてもらう場所だ。彼は架空のSNSという空間でしか人との関係を築けなかった。

日本社会は、上司と部下、先輩と後輩、同級生といった縦横の関係がとても強い。それらとは違う「ナナメの関係」をたくさんつくっていくというのが、これからの共同体のあり方じゃないか・・・と中島岳志は提案する。

日本は特に同調圧力が強く、関係に縛られて身動きできなくなってしまうことがしばしば起きる。かつての前近代的家族や共同体がそうだったように、現代の学校のいじめでもそうだ。学校という閉鎖された「場」でしか、居場所を持てなかったら、学校でいじめられると、自分は全否定されてしまう。利害関係でがんじがらめにならない「ナナメの関係」、「ゆるやかな共同体」とでもいうべき居場所をいかにたくさん持つことが出来るかが大事なのだ。

「私」には、いろんな「場」があり、それぞれの「場」でいろんな「私」を人は演じている。それぞれの「場」で、いかに居心地のいい共同体をつくれるかが、人のしあわせ度なのかもしれない。家族や恋人と、会社で、学校で、友人仲間で、遊び仲間で、スポーツ仲間や趣味の仲間で。居心地のいい、がんじがらめにならない関係。自分のことを認めてくれて、共同体の仲間のことを大切に思える関係。それは、地域でも、サークルでもなんでもいいのだ。集団の大きさは関係ない。

私は昨日、テニス仲間とチーム戦を戦い、一緒に一喜一憂し、感動し、勝利のヨロコビを分かち合った。会社とは別のこういう仲間って、いいものだと思う。地位や上下関係のないテニスだけを通じた仲間。それは、日本ハム・ファイターズの優勝のヨロコビを地域のファンと分かち合うことも同じだ。孫の誕生を喜べる家族。映画の感動の共有。家族、地域、サークル、SNS、共同体。ささやかなことを共有し、さまざまな関係の中で「私」は形作られ、しあわせは増幅される。

一方で、共同体が閉鎖的な内社会性を高め、攻撃的排他性を持つことも事実である。日本の金メダル獲得に日本国民が熱狂するように、共同体のなかでの感情は関係を深めもするが、排他的攻撃性を強めることもある。ヘイトスピーチや戦争を持ち出すまでもなく、共同体は時に感情とともに暴走する。

出入り自由で気ままで居心地のいい、ゆるやかな共同体をいかに持つことが出来るか。閉鎖的にならずに、自由で気ままな共同体。それは「私」の充実とシアワセと大きく関わってくる要素でないかと思うのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
82位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター