ドラマ「カルテット」第8話

遅くなったが、『カルテット』第8話レビューです。#カルテット

氷上のワカサギ釣りから始まる第8話。「魚類をバカにしたからですよ」などと言い合いながら、いつかのカーリングゲームのように、ワカサギ釣りに興じる4人。そして、氷上に空いた4つの穴が画面に映し出される。「カルテット・ドーナツホール」の名前のように氷上の4つの穴は、それぞれの嘘・闇・欠陥などを象徴しているように見える。それでも視聴者はすでに、このカルテットの4人の共同生活が、それぞれにとって「ちょうどいい場所」になっており、それぞれの嘘や闇を補い合う幸福な関係であることを知っている。それは、マキさんが「早く帰りましょうよ」と先に行くのを追いかける3人のじゃれ合うような氷上での転倒(何話目かでの車にペンキで字を描いていた時の3人の転倒の繰り返し)でも表現されているし、いつも言い争っていた食事シーンは、マキさんの義母(もたいまさこ)の食事前の説教を、いたずらっ子のように彼女の目を盗んで4人が食べる場面でも表現されている。カルテットの4人はもう家族や兄妹以上の関係なのだ。視聴者はすでに、この4人が一緒に楽しく暮らせることを願ってやまなくなっている。

しかし、今回は共同生活の部外者から、指導や査定が入り、共同生活の危機が迫ってくる。まずは、義母(もたいまさこ)が4人の生活が荒れてだらしないことを非難し、別府君の弟は別荘売却話を進めつつ、カルテットメンバーたちがダメ人間であることを指摘する。第8話では、4人は非難し合うことなく、お互いを思い合う。別府君が作ったそばを、代わる代わる何の違和感もなく4人が食べる場面が象徴的に演出される。洗濯も食べ物もみんな一緒の共同生活。しかし、その共同生活が維持できなくなることを感じとったすずめちゃんは、自ら働き、自立しようと試みる。そして、自分が好きな別府君のマキさんへの片想いを叶えてあげようと必死になる。

「君の好きはどこ行くの」
「私の好きは、その辺にゴロゴロしてるっていうか寝っ転がってて、ちょっとだけ頑張るときってあるでしょ?…そういう時にその人がいつもちょっといるの。そしたらちょっと頑張れる。そういう、好きだってことを忘れるくらいの好き」
「まぶしいね」

すずめちゃんの「好きだってことを忘れるくらいの好き」な想いをミッキー・カーチス爺さんに語る場面は、せつない。白い服を着て無垢なる想いを語るすずめちゃん。マキさんは、別府君とのデートで、正反対の黒い服を着る。すずめちゃんの片想いと、別府君の片想い。あるいは、家森さんの片想い。それぞれの片想いがつながっていくも、マキさんは「4人で出会ったから」と今の4人との共同生活を恋よりも大事にする。そして「いま死んでもいいくらい」だと意味ありげに語る。

家森君は、すずめちゃんへの想いを、S「好きです」、A「ありがとう」、そして、SをなかったことにするためのJ「冗談ですよ」と、自らの想いをごまかす。その<S→A→J>は別府君でも繰り返される。なかったことに出来なくても、なかったことにしながら、生きていくせつなさ。「好きです」という直線的な想いは、ドーナツの円い調和をかき乱すからだ。

マキさんが別府君に、いつものレストランでの演奏場所を見ながら「ずっとここでもいい」と言う。別府君は、誰もが「向上心を持っている」わけでも、「競争している」わけでもないし、それぞれに「ちょうどいい場所」があるはずだと言う。「ちょうどいい」は、それぞれにある。誰もが「ちょうどいい場所」を探し求めて人生を歩み続けているのかもしれない。だけど、なかなかその「ちょうどいい」がわからない。「ちょうどいい」大きさ、場所にたどり着けない。

4人で食べた蕎麦は、後半の「たこ焼き」につながっていく。マキさんは「たこ焼き」をみんなで食べようと4つ買い、家森さんは「好きな人のために」一つ買って行った。「食べること」が思いをつなぐ。それぞれがそれぞれのことを思い合う第7話にあって、衝撃の刑事の言葉が激しい雨とともに最後に宣告される。マキさんは、「誰でもない」人・・・だと。

それぞれの一方的な想いと4人の共同生活への想い。4人にとっての「ちょうどいい場所」とは、どこなのか?想いはいつでもすれ違い、幸福な時間は長くは続かない。それでも「好きだって忘れるくらい好き」になれることがあれば、人は頑張れるのかもしれない。

次回は、夫の謎からマキさん自身の謎へ。ドーナツの大きな穴は、マキさん自身にあった。さてさて、どこまで穴は深いのか?
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
60位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター