「クリスマスストーリー」アルノー・デプレシャン

xmas.jpg

クリスマスに繰り広げられる心暖まる家族の愛の物語かと思いきや、全くさにあらず。フランス映画らしい個々人の強い自己主張がぶつかりあい、誰もが譲らず、親子といえども好き嫌いをはっきりと示すバラバラな親や子供達。一筋縄ではいかない家族の物語である。諍いのあった家族関係がクリスマスで集まり、母の病気をきっかけに和解するわけではなく、アメリカ映画的な安易なハッピーエンドや家族愛はここにはない。諍いを避け、調和を重んじる日本人には考えられない価値感だ。これほど勝手でストレートで、これほど自由なのがフランスの家族なのか…。確かに身内というものは、近いからこそ、こじれるとややこしいものだ。近いからこそ、許せなかったり、本当のことを言えなかったりもする…。

あらかじめ役立たずの烙印を押されて生まれてきてしまった次男・アンリ(マチュー・アマルリック)。長男ジョゼフの白血病を救うことが出来なかったばかりに。母ジュノン(カトリーヌ・ドヌーヴ)はハッキリと息子のことを嫌いだという。この屈折がアンリにも三男イヴァン(メルヴィル・プポー)にも影を落とす。それにしても長女エリザベート(アンヌ・コンシニ)は、なぜあれほどまでに弟のアンリを嫌うのか。借金の肩代わり問題や素行がだらしないとはいえ、家族から<追放>するまで嫌う理由がいまひとつ理解できない。映画の中ではハッキリと示されないのだ。病的なまでに弟アンリを嫌うエリザベートの憂鬱や怒りや悲しみは、精神的に不安定な息子ポールのことも受け入れられないようだ。親の悲しみは子供に伝染する。

ポールが鏡に向かって突然歪んだ笑顔を見せたりする場面の意図(狼の存在?)や、アンリがエリザベートに書いたカフカ的手紙の内容も観客にはわかないままだ。クリスマスの夜にエリザベートから手紙を突き返されてアンリは酔っ払い、2階の窓から降りる時は、そのまま死んでしまうのかと思った。しかし何事もなく、あれはなんだったんだろうと思う(観客を死へと惑わす罠?)。さらにクリスマスを祝わないユダヤ教のアンリの恋人フォニア(エマニュエル・ドゥヴォス)が帰る時に、ポールの手首に書いた印の意味はなんだったのか?(宗教的な意味?誰か教えて・・・)。フォニアのダビデの星のアクセサリーのアップや母ジュノンの「小さなユダヤ人」発言には、ユダヤ教とキリスト教の因縁・確執が示唆されているのか?美術館でのフォニアとジュノンとの出会いは、ヒッチコックの「めまい」のワンシーンのオマージュなのか?数々の引用や謎が謎として、あちこちに散りばめられている。

また、従兄弟のシモン(ローラン・カペリュート)の秘かな愛に気づいた三男イヴァンの妻シルヴィア(キアラ・マストロヤンニ…C・ドヌーヴとマルチェロ・マストロヤンニの娘!)のクリスマスの夜の展開も「えっ?そんな…」って感じでビックリだ。朝、ベッドでシモンと裸で寝ているところを夫に見られても平然としているのだ。性に対してもストレートなフランス人ならではの描写か?

なかなか理解しがたい複雑な家族関係。それぞれの思惑が複雑に絡み合い、家族はクリスマスを過ごし、母ジュノンの骨髄移植の日を迎える。ジャズ好きの夫アベル(ジャン=ポール・ルシヨン)の優しい存在感も忘れてはいけない。何せクリスマスの深夜4時に、テーブルの後片付けを一人しているようなお父さんなのだ。悲しむ娘のエリザベートにニーチェの「道徳の系譜」を朗読するシーンも印象的だ。

母ジュノンが、ジュゼフと同じ病気に侵され、骨髄移植が必要とされ、家族の中で適合する骨髄が、嫌っている息子のアンリとエリザベートの息子ポールだけ。さてどちらの骨髄を選ぶか?っていうのも感動物語ではなく、辛辣な物語の題材にしている。

ラスト、手術が終わり、コイントスをする息子アンリと母のジュノン。そして母の病気の回復を信じ、「息子が作る世界に生きよう」と息子を受け入れる決意をするエリザベート。少し家族の明るい未来が示唆される。

冒頭の死んだ長男ジョゼフの墓の前で、父アベルが「いまや自分が息子となる」というシーンを思い出す。父と息子の関係が逆転する。父は息子の死をその時から受け入れていたのだ。ジュノンとアンリ、そしてエリザベートとポールのねじれた親子関係はお互いを認め合うことが出来るのか・・・。

母は役立たずの息子の骨髄を体に入れて、同じ罪を背負うことになったのかもしれない。息子の死に対して無力だったという罪を。そして、エリザベートは息子ポールの精神の闇と一緒に生きてく決意をする。不幸にして、ねじれてしまった親子関係。お互いを拒否しあうことからではなく、認め合い、受け入れることからしか何も始まらないのだから。

英題: UN CONTE DE NOEL
製作年: 2008年
製作国: フランス
日本公開: 2010年11月20日
上映時間: 2時間30分
配給: ムヴィオラ
監督・脚本: アルノー・デプレシャン
製作: パスカル・コーシュトゥー
脚本: エマニュエル・ブルデュー
撮影: エリック・ゴーティエ
美術: ダン・ベヴァン
衣装: ナタリー・ラウール
編集: ロランス・ブリオー
音楽: グレゴワール・エッツェル
キャスト:カトリーヌ・ドヌーヴ、マチュー・アマルリック、アンヌ・コンシニ、メルヴィル・プポー、ジャン=ポール・ルシヨン、キアラ・マストロヤンニ、イポリット・ジラルド、ローラン・カペリュート、エマニュエル・ドゥヴォス

☆☆☆☆4
(ク)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 家族

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
56位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター