「人生万歳!」ウディ・アレン

T0009346a.jpg

J=L・ゴダールのように徹底して映画の嘘を解体して観客を置いてきぼりにしてしまう映画監督もいれば、ウディ・アレンのように映画の嘘と戯れながら辛辣な皮肉と笑いで見事なエンターテインメント映画として成立させてしまう映画監督もいる。だから映画は面白い。

これはウディ・アレンらしい久々のウディ・アレン映画だ。近作を全部観ているわけではないけれど、最近の彼の映画の中ではとびきり面白い。少なくとも『それでも恋するバルセロナ』よりよっぽどいい。彼は40本の自薦6本のベストムービーに、『カメレオンマン』、『カイロの紫のバラ』、『夫たち、妻たち』、『ブロードウェイと銃弾』、『マッチポイント』、そして『それでも恋するバルセロナ』を挙げている。

40作品目となる『人生万歳!』は、久々にニューヨーク・マンハッタンを舞台としている。ウディ・アレンにとっては舞台の街もまた大事な登場人物である。そして、ウディ・アレンそのものといっていい自称天才の物理学者で皮肉屋で偏屈で人間嫌いのボリス役をラリー・デヴィッドが見事に演じ、南部から出てきた尺取虫の脳味噌と言われつつも、前向きで憎めないミューズを『レスラー』に娘役で出ていたエヴァン・レイチェル・ウッドが演じている。

冒頭、街角のカフェで雑談するオヤジたち、やがてカメラに向かって話しだす。向こうの大勢の観客たちを意識して。主役のボリスがさらに歩きだして一人でカメラに向かって滔々とこの世の愚かさを語り出すと、子供に「あの人、一人で喋っているよ」と突っ込ませる。いきなり映画の嘘を晒してしまう禁じ手を使いつつ、映画の物語の中でもたびたびボリスはカメラに向かって語り出す。ラストのそれぞれのカップルがめでたく収まるところに収まり、新年を祝うパーティーの大団円でもそれは繰り返される。「全体像を見渡せているのは私だけだ」と。このカメラに向かって語り出す手法は、かつてもウディ・アレンは『アニー・ホール』などでもやっている演出だ。映画の虚構性を物語の中で取り込んできた(『カイロの紫のバラ』)彼ならではの冷めた皮肉だ。観客は虚構が虚構であることを知らされつつも、ついつい楽しんでしまう。

そもそも映画の物語そのものがいたってご都合主義的なのだ。いきなりグラマラスな美女が、「今夜泊めてくれ」と孤独で偏屈な老人ボリスの元に突然姿を現すのだ。自殺未遂して離婚したあとに。「人生はなんでもありだ」というメッセージともに、なんでもありの物語展開。彼の2度の自殺未遂は、ありない幸運だし、娘メロディの出現ばかりではなく、母のパトリシア・クラークソンの成功物語と変貌ぶりや、浮気相手に愛想を尽かされ戻ってきた父のエド・ベグリー・Jrがゲイのカップルになってしまう展開などなど、もう笑えるご都合主義ばかり。人生は物語のように突然に恋が始まり、人間嫌いも愛を得る。かと思うと、破綻も突然やって来て、意外な出会いで才能が開花し、自分でも思ってもみない未来が待っていたりする。そんな寓話的な人生の真実を見事に笑えるご都合主義で、楽しく描いてみせる。

黒人やユダヤ差別社会を語り、自らの天才ぶりとまわりの低脳ぶりを嘲笑い、10段階基準で女性のルックスを採点し、愛なんて永遠じゃないと悟り、欲望とセックスを皮肉り、神さえも無意味だと放言するその皮肉と辛辣さ。人生の不幸を神の試練として祈る母に、無神論者ボリスに感化されたメロディが「お母さん、神様なんていないのよ。無があるだけよ。」と諭す場面をアメリカ人はどんな風に感じるのだろう。さらに、あらゆる偏見を嘲笑うかのように、ゲイカップルも2人の男性と1人の女性の共同生活も登場させて見せるのだ。もう笑うしかない展開の連続。

「この世はなんでもあり」、他人に迷惑さえかけなければ、運命を受け入れて、人生を全てを楽しめ!というこのおおらかさは、ウディ・アレンが老境の域に達した達観か。すがすがしく、楽しい映画だ。


英題: WHATEVER WORKS
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年12月11日
上映時間: 1時間31分
配給: アルバトロス・フィルム
監督・脚本: ウディ・アレン
撮影: ハリス・サヴィデス
編集: アリサ・レプセルター
衣装: スージー・ベイシンガー
美術: サント・ロカスト
製作: レッティ・アロンソン / スティーヴン・テネンバウム
キャスト:ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、エド・ベグリー・Jr、ヘンリー・カヴィル、コンリース・ヒル、マイケル・マッキーン

☆☆☆☆4
(シ)
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
85位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター