「シリアスマン」 コーエン兄弟

E1298622919015_4.jpg


「あなたに起きることすべてをあるがままに受け入れなさい」ラビ

ユダヤのフォークロアの「Dybbuk」(悪霊)にもとづく寸劇が冒頭でイーディシュ語で語られる。悪霊にとり憑かれた物語。コーエン兄弟の作品の登場人物たちは、これまでも雪だるま式に不運に見舞われ、転がり落ちて行く人々が多かった。それはみんな、悪霊にとり憑かれた人たちなのかもしれないと思えてくる。

そして時代は1967年代のアメリカのミッドウエスタン、ミネソタのユダヤ系の学校でのヘブライ教室へと移る。授業中にジェファーソン・エアプレインの「Somebody to Love」を聴いている少年はひょっとしたらジョエル&イーサン・コーエンたちだったのかもしれない。

そう、これはユダヤ人コミィニティの狭い共同体が描かれる映画だ。われわれが窺い知るのことない特殊なコミュニティ。コーエン兄弟の出自そのものであるこのアメリカの田舎の閉鎖的ユダヤ人コミュニティ。好きも嫌いも、浸透も反発も含めて、これがコーエン兄弟が育った環境なのだろう。ヘブライ語の授業に子ども達は退屈しきっている。ロックや西部劇に子ども達は夢中であり、マリファナを吸い、けっして敬虔なユダヤ教徒ではない。それでもカリスマ的なラビ(僧侶)たちが共同体には存在し、成人式を受ける子どもをユダヤ社会のみんなが祝福する。

無宗教的世界に生きる我々日本人には、とっつきずらい映画である。だから公開が1年も遅れたのだろう。ユダヤ的コミュニティやユダヤ教について、よく知らない私もわからないところがたくさんある。それでも、この奇妙でなんの解決もされないまま投げ出される不幸の数々の滑稽さに、共感できるところがいろいろあって僕は面白かった。


途中、歯医者の話が出てくる。歯の裏側にヘブライ文字で「助けて」というメッセージを見つけるという話である。冒頭の悪霊のエピソードと同様に、なにもその意味は説明されない。ラビからその話を聞いた大学教授ラリー・ゴプニック(マイケル・スタールバーグ)も「だからどうしたの?」と訪ねるが、ラビは「それだけだ」と答えるのみ。エピソードの意味は何もない。冒頭の「あなたに起きることすべてをあるがままに受け入れなさい」という言葉を思い出す。どんな理不尽で不条理で不思議なことが起きようとも、「受け入れる」しかないのだ。東欧の同じユダヤ人作家のカフカの『変身』のザムザのように。

落第の韓国人の学生から賄賂をもらって拒否すると父親に訴えられると言われ、ユダヤ人嫌いの狩りの好きな隣人とのトラブルが起こり、ラリーの兄アーサー(リチャード・カインド)は変態の引きこもりで、ギャンブルによって警察沙汰になる。子供達も好き勝手で家庭はバラバラだ。あげくに妻に突然離婚を言い出され、相手は友人のサイ・エイブルマン(フレッド・メラメッド)。ラリーはなぜか家を出てホテル住まいを強いられる。交通事故まで起きて、なんでこんなに真面目に生きているのに、不運が次々と襲い掛かるのだ?とラリーは思う。そりゃそうだろう…。

主人公のラリーは物理学者であり、「シュレティンガーの猫」の量子力学の不確定性原理の授業をする。「観測されるまであらゆる確率は不確定」なのであり、その不確定性のパラドックスの中で我々は生きている。兄のアーサーはユダヤ人が得意な数字で何かを解釈し、未来を予測しようとしている。カバラ数秘術みたいなものなのか?それでギャンブルをしてお金を手に入れたりしちゃいます。いずれにせよ、この不可解な世の中を、何らかの形で解釈しようとしているのです。

しかし、世界の不可解さを何一つ解釈などできはしない。数学でも物理でも神秘思想でも。すべては「神の御心のままに」なのか。我々は「あるがままに受け入れる」しかないのか?

ラリーは最後に、ワイロの見返りとして落第が決まった生徒の成績に手を加える。運命に自ら手を加えるのだ。イヴがヘビにそそのかされて禁断の実を食べてしまった原罪と同じようにそれは罪なのか。ラスト、暗い空に巨大竜巻が迫り、健康診断の結果の悪い知らせのようなものが入って映画は終わる…。


宗教という共同体で救われるかどうかは分らない。ユダヤ教の教えが語るように「神の御心のままに」受け入れることができるのか?この映画では答えはない。ただ悪霊にとり憑かれたように、不運が次々と襲いかかってくるだけだ。

人生はいつだって理解不能の出来事の連続だし、解決など簡単にできはしない。笑うしかない不運もあるだろう。理不尽に問い詰められたり、友や妻に裏切られたり、事故にあったり…。それでもあるがままに受け入れて生きるしかないのだ。今回の震災だってきっとそうなのだ。われわれは、受け入れて前に進むしかない。不正をせずに。理解不能なこの世の中であろうとも。何かのメッセージを受け取り、生きて行くのだ。よりましな暮らしになるように。



製作年 2009年
製作国 米
原題 A SERIOUS MAN
監督・脚本・プロデューサー: ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン
撮影監督: ロジャー・ディーキンス
音楽: カーター・バーウェル
キャスト:マイケル・スタールバーグ、リチャード・カインド、フレッド・メラメッド、サリ・レニック、アーロン・ウルフ、ジェシカ・マクマヌス、アダム・アーキン

☆☆☆☆4
(シ)

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
116位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター