「なぜローカル経済から日本は甦るのか」冨山和彦(PHP新書)

9784569819419.jpg

グローバル経済圏とローカル経済圏は全く経済法則が違う。だからグローバル企業のための経済政策一辺倒では、日本全体は豊かにならないという本だ。なるほど、そうか、と合点がいく部分がかなりあった。

日本のGDPと雇用のおよそ7割を占めるのは、製造業ではなくサービス産業なのだ。しかも、サービス産業の大半は、世界で勝負するようなグローバル企業ではなく、国内各地域産業の小さなマーケットで勝負するローカル企業なのだ。しかし、日本の経済政策、産業政策、労働政策は、グローバル経済企業を想定して考えられている。そして、基本的に人が余っている前提で構築され、失業者を減らし雇用を支えるかが問題とされている。しかし、いま人類史上初の少子高齢化起因による人手不足は、地方経済から始まっている。人余りの状況から、劇的に人不足の状況に、課題先進国と言われる日本は直面しているのだ。

産業再生機構に参画し、JAL再生タスクフォースのメンバーも務め、オムロンというグローバル企業の社外取締役であり、一方、みちのりホールディングスというローカルな地方公共交通の運営会社を経営している著者が、グローバル(G)とローカル(L)という二つの現場に携わって、それぞれの経済特性の違いを考え、全く別の政策が必要だという結論に至った。

加工貿易立国モデルによって、日本の経済成長は成し遂げられ、日本人の所得を倍増させた。そして19070年代に入り、中央と地方の産業地域の格差が顕在化すると、田中角栄が列島改造計画のもと日本型所得の再分配政策が始まった。道路や新幹線を地方に通し、工場を建て、積極的な公共投資を行ない、地域の雇用が促進され、生活水準が全体的に高まった。

しかし、東西冷戦が終結し、バブル経済が崩壊すると、産業のグローバル化が一気に進み、日本の産業モデルは各国がやり始め、多種多様な人が参入し、日本から中産階級労働者がいなくなっていった。製造産業の空洞化である。一方、労働集約型の小売りや交通、物流、宿泊、社会福祉などの対面によるサービス産業が増え、低賃金で非正規雇用も多いサービス産業が大半を占めるようになった。「コト」に関わる生産と消費である。製造業など「モノ」に関わる産業、自動車、電機、医薬品などの資本集約型の産業は、グローバル化していく中で、どんどん本社機能や研究開発だけを日本に残し、海外に工場を移転していった。グローバル経済圏とローカル経済圏の二つの世界は、どんどん遊離していき、グローバル企業が儲かれば、ローカル経済も豊かになるというトリクルダウン効果は全くなくなってきたのだ。

上場企業の経済活動は日本のGDPの30パーセント程度にしかすぎず、雇用はさらに少なく、企業数に至っては数パーセントしかない。経済学の新古典派に人々も社会民主主義派の人々もは、グローバル経済圏での企業の活動、雇用問題、派遣問題のことばかり議論する。多くの人々の頭の中は、いまだに昭和40年代の加工貿易立国の日本なのである。グローバルで活躍する大手製造業と残りの7割のサービス産業との間に連関はなくなっているのだ。

リーマンショックが大手製造業が大きな打撃を受ける中でも、ローカル経済圏は大きな影響を受けなかった。リーマンショックになっても、バスには乗らなければいけないし、買物にも行かなければならないし、病院にも行かなければならない。多少節約することはあっても、日々の買い物が大きくなくなるわけではない。

「Gの世界」と「Lの世界」は全く違う経済法則で動いていると著者は指摘し、だからこそアベノミクスのような同じ経済政策でうまくいくわけがないと断言するのだ。グローバルな日本企業が競争に勝っても、国内に大量の雇用を生むわけではない。海外に製造を依存している限り、日本のGDPには一銭もカウントされない。GDPや雇用の7割を占めるローカル経済圏の産業は、不完全な競争の世界であり、「密度の経済性」こそが大事になってくる。グローバルに拡大するよりも、地域における密度を高める方が経済的に儲かるのだ。対面でサービスを提供している限り、グローバル経済圏のような空洞化は起きないし、あくまでも労働集約型産業なのだ。グローバル経済圏で規制緩和をして生産効率を上げても、グローバル経済圏とローカル経済圏の格差が広がってしまうだけなのだ。ローカル企業が大企業の下請けメーカーだった時代ではもうない。だからグローバル経済圏、ローカル経済圏のそれぞれがガンバって生産性を上げるしかないのだ。それぞれのやり方で。

グローバル経済圏でグローバル企業が勝ち抜くためには、世界一を目指すプレイヤーになること。中途半端は意味がない。規制緩和、法人税の引き下げ、Gモードの高度人材を呼び込み、世界トップモデルの教育環境、本社力強化とダイバーシティ(多様性)、世界基準の会計ルールなど、グローバル経済圏は全て世界基準に合わせることだ。日本人だけでなく、あらゆる国の人たちが創業しやすい環境、トップレベルの技術と人材の交流などが必要。厳しい競争の中で新陳代謝を繰り返し、勝ち続けるしか意味がない世界なのだ。

一方、ローカル経済圏は、不完全競争の状況下なので、単純に生産性が競争優位を決めるわけではない。企業の代謝が起きにくく、放置すると生産性の高い企業と低い企業が両方とも残ってしまう。地域への密着と密度こそがポイントなのだ。そんななかで著者は、ローカル経済圏の処方箋として「穏やかな退出と集約化」が必要だと説く。

「地方は人手が余っていて、仕事がなくて悲惨だ」と言われたりもするが、その段階はとっくに過ぎている。地方の方が高齢化が進み、生産労働人口も地方から減り始めている。一方、地方のサービス産業の需要は、供給の減少と比べて同じペースで減少することはない。サービス産業の需要の担い手は、高齢者中心になっていく。需要はそれなりにありつつ、構造的に労働力が不足する時代に入った。だから、生産性の低い企業には、穏やかに退出してもらい、事業と雇用を生産性の高い企業に滑らかに集約すべきだと主張する。

その退出を促すためには、生産性の高い企業が最低賃金を上げること。ブラック企業は圧倒的にサービス産業に多い。中小企業を潰さないことが、人手余りの時代の社会政策だった。しかし、今は人手不足の時代だ。雇用環境を整え、それが出来ない企業は退出してもらうのだ。そして必要のない規制を緩和し、賢い規制(スマートレギュレーション)で、集約化を進めるべきだという。ただ、退出には自己破産する必要のない個人保証制度にするなど、地方の人々の生活を奪わない仕組みづくりも必要だ。中小企業が生き延びられる融資制度を転換し、「転業支援金」や「事業譲渡促進支援金」などを支給をしつつ、穏やかな退出を促すべき。失業については、対企業ではなく、直接個人に対して職業あっせんなどのセーフティネット、公的支援を整えるべき。

そして地方をコンパクトシティ化して、集約化を図る。高齢者が車を使わずに公共交通機関で生活できるように駅前商店街を復活させ、病院や介護施設を駅周辺に集積させていく。効率的な公共サービスと高度消費構造を集約化させてつくること。

そして地域住民との「共創」関係の構築、地域に生かされている企業としての責任、地域の持続可能性(サスティナビリティ)にコミットすること。グローバル企業にありがちな「自己変革をして成長することで、世界に飛躍し、豊かな未来を創る」なんて言っても、ローカル企業の従業員にはピンとこない。地域住民から感謝され、社会的意味合いを持つことで使命感や誇りを持つこと。自分の仕事に矜持を持てることこそが、ローカル経済圏では必要なのだ。

女性の雇用問題も、一流企業でバリバリ働く女性は、女性人口のわずか0.1パーセントにも満たない。ほとんどはローカル経済圏で、無理なく子育てしながら年収800万程度の世帯収入で夫と一緒に生きていける就労環境を作っていくことこそ必要なのだ。日本の家庭モデルは、Lの世界の住人を軸に構想していくべきだ。

「モノ」の消費市場の成熟と「コト」消費の本格化の流れの中で、「G」か「L」かの二者択一ではなく、連関はしないが「G」も「L」もそれぞれの経済戦略で、労働生産性をあげ、新陳代謝を促していくことこそ必要だと著者は主張している。Gの世界では自由競争の促進でややラディカルに、Lの世界では上手な政府介入を絡ませて穏やかな退出促進で行うべきだという話だ。

ローカル経済圏の集約化と穏やかな退出がうまく出来るのか、コンパクトシティづくりへの移行の仕方、限界集落の高齢者が移動できるのか、地方の小さな自治体が消滅していいのか、など様々な問題があるのは事実だが、ローカル経済圏のあり方こそもっと議論すべき時代に来ているのだろう。グローバル企業の競争環境を整えることも大事だが、それはあくまでも一部の企業のこと。製造業やIT企業など、世界と戦える大企業には頑張ってもらうことも必要だろう。しかし、GDPや雇用など、国民の暮らし全体に還元されるものではない。やれるところはやってもらうとして、流通やサービス産業などほとんどの日本国民が携わっている労働集約型のローカル経済圏のあり方について、もっともっと考えていかなければいけない。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
111位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター