「こころ」夏目漱石

夏目漱石の「こころ」を語り合う番組を先日、NHKBSでやっていたのでたまたま見た(再放送)。「漱石 こころ 100年の秘密」というタイトルで、作家の高橋源一郎、評論家の関川夏央、国文学者の(東大教授)の小森陽一、脳科学者の中野信子、そして女優の鈴木杏だ。いろいろと考えさせられて面白かった。

「こころ」は、ちょっと前に新聞連載されていたので、あらためて読んだところだった。中学生の時読んで以来すっかり忘れていて、男女の恋と友情の三角関係の悩みという印象ぐらいしかなかった。だが、あらためて読んでみると、これがまるで面白くない。私も先生もKも、みんなぐだぐだ悩んでばかりで、そのちぐはぐな行動ぶりには読んでいてイライラするばかり。ちっとも展開はないし、何も死ぬこたぁないじゃないかとKの行動にも先生にも共感できなかった。しかも、その長い遺書。誰にも語らなかった秘密を、遺書という形で先生は「私」に示した。その過去の先生とKの物語と「私」と先生の物語。遺書では先生が私になる。なんだか、みんな直接ぶつかりあうことも語り合うこともせずに、いじいじと悩んでいるだけなのだ。これのどこが名作なのだ?と思った。

それでこの番組。まず、ずーっと不思議の思っていた「なぜ私は先生を慕っていたのか?」という疑問が少し解けてきた。最初の鎌倉の海での先生との出会いは、なかなか面白いのだが、不思議な感じがしていた。海にいた先生は西洋人と海水浴に来ている。なぜ私はそんな先生が気になるのか?番組では「危ない関係」を示唆していた。つまりホモセクシャルな関係という事だ。海水浴で出会うという場面がそもそのホモセクシャルだ。先生と私、そして先生とKもまたそういう男同士の好意が描かれているのかもしれない。そう思うと面白い。

さらに静という女性をめぐっての先生とKの関係が描かれているが、最初先生は、娘の静という女性にそんなに好意を抱いていない。ところがKという友人が同居して静を好きになった後に、先生は静を横取りする。そこには、嫉妬と競争と欲望がある。Kが好きなものを好きになる。Kと先生との関係がベースにあったから、ややこしい三角関係になる。男女の恋愛よりも、まずは男同士の関係が優先されている。あるいは、父の遺産を叔父に騙し取られたお金をめぐる人間不信と疑心暗鬼。人のものを奪うという資本主義的競争や策略。欲望にまみれた先生と欲望をコントロールできなかったK。

そもそも異性との恋愛行為は、この小説が書かれた大正3年当時、大流行だったという。北村透谷、島崎藤村を始め、恋愛小説は花盛り。西欧に近づくために、時代は恋愛ブームだったという。そんな風潮に漱石はやや懐疑的だったのかもしれない。欲を否定するストイックで求道者のようなKが恋愛のために自らを失う。そして先生が静と婚約したことを知ることによる自死。なんだか馬鹿だなぁと思うのだが、家族から独立した近代的個人の孤独があり、西欧の価値観に打ちのめされら日本的自意識がある。心中や殉死を肯定的にとらえる日本文化。もしかしたら同性愛的混乱。さらに、競争と駆け引きで友を殺してしまった西洋かぶれの知識人への批判もある。

そして先生は自らの罪と悔恨の末、自殺を覚悟し、妻にした静を託す相手として「私」を選んだ。先生と「私」の関係は、単なる師弟関係というよりはホモセクシャルな関係があるように思えてしまう。恋愛がおおっぴらに出来なかった時代、日本社会は男たちだけの共同体が社会のベースだった。ホモセクシャルな関係は、多くあったはずである(ホモソーシャル)。その概念があまりなかったために意識されなかっただけで。男社会の関係がまず前提にあり、そこに明治以降急速に男女の恋愛が大っぴらに介入してきた。西欧近代化の個人主義の孤独と日本的共同体的文化の間の軋轢こそ漱石が描き続けたテーマだ。

丸谷才一氏はこの「こころ」を漱石の兵役逃れの自己処罰の書だと評論した。夏目金之介は26歳のとき、日清戦争にともなう徴兵を逃れるため、北海道に戸籍を移し、兵役逃れをした。その自責の念と自己処罰が「こころ」のなかの先生に自殺をさせ、夏目金之助を小説の中で殺したのだ。明治天皇の崩御と乃木大将の殉死。それを追う形での先生の自殺。ちなみに乃木大将の妻は静子という名前で乃木希典とともに殉死した。「こころ」の先生の妻は静だ。この近似は、やはり意識されていたのだろう。静は死ぬことはなく、「私」と残りの人生を生きたのだろうか。それは描かれていない。ただ先生は静を「私」に託したような気もしてくる。つまり<先生-静-K>の三角関係が、<先生-静-私>の三角関係と相似になっているのだ。

明治と終わりとともに、自己の分身である先生を漱石は自己処罰として自殺させたのか?あるいは、西欧近代の個人主義の孤独と苦悩を暗示させたのか。現代の恋愛観では、とても理解できないまどるっこしい小説だ。Kの存在はあまりにも観念的である。高橋源一郎は、これは漱石の政治小説だと言っていた。Kのモデルは幸徳秋水とも考えられるという。

いずれにせよ奇妙な小説である。先生とK、先生と「私」にホモセクシャルな好意があるのか。先生はなぜ死なねばならなかったのか。そして「私」に何を託したのか?観念的で、「三四郎」や「坊ちゃん」や「吾輩は猫である」のようにキャラクター造型は活き活きとしていない。むしろに人間的に魅力がなく、つまらない。それでいて、いろいろと考えられる奇妙な小説であるのは間違いない。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター