「さくら」西加奈子 (小学館文庫)

519FWabL+SL__SL250_.jpg

感動的だけど怖い話だ。これは幸福な家族がちょっとした不運な事故で天国から地獄へと堕ちていってしまう悲劇と再生を描いているのではない。家族というものが持っているやっかいさ、密度についての小説なのだ。前半部の幸せいっぱいの家族の物語は、誰もが羨むほどの幸せ物語だ。美人の母、優しい父、誰もが羨望の目線を向ける美青年で完璧なスーパーヒーローの長男・一。そして兄と比べられ続ける凡庸な主人公の次男・薫。さらに超美少女の変わり者の長女ミキ。そして犬のサクラ。5人と一匹の家族の仲の良さと幸せぶりは、これ以上ないくらい羨ましがられる家族像だ。しかし、その親密な家族像に大きな落とし穴がある。

仲が良すぎるというのも困ったものなのだ。家族だけで幸せが成立してしまう閉鎖的な密度。そこに他者は介入できない。妹のミキはお兄ちゃんがいるだけで幸せであり、お兄ちゃんの後ばかり追いかけている。弟もまた兄を追いかけ、犬のサクラとともに家族一緒にいられることが何よりも幸せだ。それのどこがいけないのだろうか?後半の長男の事故が不運なだけなのかもしれない。神様の悪送球?そこから歯車が狂うようにいろいろ狂っていったのかもしれない。しかし、家族の親密な幸せの密度には、あらかじめ不幸の芽があったような気がする。

人はいずれ家族に秘密を持ち、家族の中の世界から、外の世界へと出ていくべきなのだ。この家族では、長男は順調に成長していった。近所の友達とフェラーリごっこなどに興じ、恋人とセックスをし、外の世界を獲得していった。問題はその兄に依存しきっている弟と妹だ。特に妹ミキの兄への近親相姦的親密さは危険なものだった。家族は誰にとっても最初の恋人だ。父や母が子供にとって最初の恋人であり、その愛は兄や姉であったりもする。そんな愛が次第に外の世界の他者へと思いの対象が移っていくものだ。その家族愛を相対化し、どこまで離れ自立していけるかが成長でもあるはずだ。この家族はそのタイミングを失ってしまった。ミキには不幸なことに、男の子ではなく、薫さんという同性愛者の女性が友達になる。外の世界との接点は、家族からの自立ではなく、別の形で閉じられていた。

この小説はそんな家族の厄介さと同時に、偏見的な異端への世間の冷たい目というものが描かれる。人と違うということだけで特別な目で見られる世間。日本的同調社会。同性愛者への偏見、美男、美女への羨望と嫉妬。それは子供の頃の障碍者へ向けた好奇心と恐怖の対象としてのイタズラや差別とも通じるものだ(「フェラーリごっこ」)。兄は自ら交通事故に遭って、羨ましがられる世界から「フェラーリ」の障碍者として疎まれる世界へと堕ちていってしまった。自分が「フェラーリ」みたいに忌み嫌われ、蔑まれる目で見られる屈辱。神様からの悪送球をもう打ち返せないとギブアップ宣言してしまう。兄の恋人・矢嶋さんへの妹ミキの嫉妬は尋常なものではなかった。その歪な愛を抱える哀しみと苦しみ。それは父のことを好きだった同性愛者サキコさんでも描かれている。

他者の存在が人間の成長にとっていかに大切かに気づかされる。それは家族では担えないものなのだ。家族は他者ではない。あくまでも絶対的な味方なのだ。兄には恋人の矢嶋さんがいた。弟にはゲンカンがいた。ミキには薫さんがいたのだけれど、同性の薫さんは兄への思いを断ち切る存在にはならなかった。家族の仲が良すぎると、結局そこから離れられないのだ。マザコンもファザコンも、シスコンもブラザーコンも、みんなその最初の恋人から離れられなくなる不幸だ。他者が家族の愛の親密さを解体させ、個々人を成長させる。だから家族は厄介なのだ。家族は近すぎて、愛は憎悪に変わり、適切な距離を作れなくなるのだ。自立=成長とともに持てるようになる両親や兄弟姉妹との適度な距離。その家族との適度な距離を見つけることに誰もが格闘する。家族愛が強いこの長谷川家族は、外へと出ていくことができなかった。なんとも家族というのは面倒くさく、居心地のいいものだけに、厄介なのだ。

ラストのサクラの病気のために一家が車で大晦日に激走するシーンは、とても素晴らしい。道路という道路を走り抜いた父、食べることに逃げ続けた母、家を出ていった薫、隠した手紙のことを告白したミキ。それぞれのトラウマを抱え、苦しみながらも先へ進もうとする疾走感。悪送球を投げる神様ではなく、どんなボールでも受け止めてくれる神様の存在に薫は気づく。ミキは車の中でつぶやく。

「うち、もし、もし好きな人出来たらな、」「好きやって、言う。迷わんと言う。あんな、好きやて言う。だってな、その人、いつまでおれるか分からんやろ?いつまでおれるか分からん、な。好きになったら、好きっていう。そんでな、そんで、その人もうちのこと好きやったらな、ありがとうって言ってな、それで、セックスする。」

こんな風に哀しみから抜け出すようにミキは未来を語る。そのシーンが素晴らしい。関西弁がこの小説が特にいい。サクラの花びらをつけて長谷川家にやってきた犬のサクラは、そこにいるだけで家族を安心させる。それはもうまるで何でも受け止めてくれる神様のような存在なのだ。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
111位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター