FC2ブログ

「クレイジー・ハート」 スコット・クーパー

kureiji-.jpg

好ましい映画である。人生を慈しむことを感じさせてくれるいい映画だ。
いたって地味な映画である。アクションも銃撃戦も劇的な展開もない。落ちぶれたシンガーの話である。でも僕はこういう映画が好きだ。

広大な何もないテキサスの大地。どこまでもまっすぐな道。こういう世界の果てのような荒涼とした風景と彷徨う人間の映画が好きなのだと思う。大好きな「パリ・テキサス」も何もない荒野を彷徨う男の物語だった。

落ちぶれたシンガーが田舎の町にやってくる。何百キロも車で走ってやっとたどり着いたライブ会場は、場末の寂れたボウリング場。こんなところで演奏するのか…と愚痴りながら、かつての人気カントリー・シンガーは、無一文で酒も買えない。昔からファンだったという店主の好意で酒になんとありつける。しかし、夜のステージは最悪。酔いどれて演奏途中で吐きながら、まともに歌も唄えない。こんな風にして始まる落ちぶれ男のシンガー、ジェフ・ブリッジスがなんともいい感じなのだ。

相手役のマギー・ギレンホールもいいし、かつての弟子の人気シンガー、コリン・ファレルもいい感じだ。とにかく登場人物が少ないのがいい。果てしない大地と孤独に生きる男と女。そんなアメリカのスケール感がとてもいいのだ。奇をてらうことなく、とても丁寧に描き上げたスコット・クーパー監督のデビュー作。こういう良心的なアメリカ映画が僕は好きだ。


原題:Crazy Heart
監督・脚本:スコット・クーパー
製作:ロバート・デュバル、ロブ・カーライナー、ジュディ・カイロ、T=ボーン・バーネット
製作総指揮:ジェフ・ブリッジス、マイケル・A・シンプソン、エリック・ブレナー、レスリー・ベルツバーグ
原作:トーマス・コッブ
撮影:バリー・マーコウィッツ
編集:ジョン・アクセルラッド
音楽:スティーブン・ブルトン、T=ボーン・バーネット
製作国:2009年アメリカ映画
上映時間:111分

キャスト:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュバル、コリン・ファレル、トム・バウアー、ジェームズ・キーン、ウィリアム・マルケス、ライアン・ビンガム、ポール・ハーマン、リック・ダイアル、ジャック・ネイション

☆☆☆☆4
(ク)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 音楽

「シャーロック・ホームズ」 ガイ・リッチー

090806_sherlockholmes_main.jpg

なかなか魅力的なホームズ像を作り上げたと言える娯楽作。アクティブで実験精神と科学的好奇心に富む変人・ホームズ。ワトソンが訪れるたびに変な実験を怪しげな部屋で繰り返しているホームズはなかなか興味深い魅力的な人物だ。それに比べワトソン医師役のジュード・ロウはやや影が薄い。ただ、二人寄り添うようにして悪に立ち向かう2ショットは、ガイ・リッチーが子供の頃大好きで影響を受けたという「明日に向かって撃て!」のブッチ(ポール・ニューマン)とサンダンス(ロバート・レッドフォード)をなんとなく思い出す。

時代は19世紀末、産業革命を経て近代へ突き進むイギリスにあって、悪魔的な呪術を駆使する男・ブラックウッド卿(マーク・ストロング)とシャーロック・ホームズ&ワトソンが、科学的観察力・推理力で対決する話。悪魔的な呪術に隠されていた科学的詐術を暴き、二人はアクティブに突き進む。謎の女アイリーン(レイチェル・アクアダムス)とホームズとの微妙な関係も絡まりながら、テンポのいい演出で世紀末の不安と混沌としたイギリスを描いている。

ガイ・リッチーはデビュー作「ロック、ストック&トゥ・スモーキング・バレルズ」という快作があったが、あの映画は痛快で素晴らしかった。この映画も、ハイスピード撮影による小気味いいテンポを挿入しながら、アクションと推理という娯楽作品を撮りあげた。

ただ悪役のブラックウッド卿(マーク・ストロング)に魅力がない。この手の対決モノが基本的に面白いと思えない僕には、悪役が魅力的かどうかが映画の面白さになるのだが、その点が何より物足りない。まぁ、この映画は、新しい武闘派のホームズ像を楽しみつつ、ロバート・ダウニーJr.&ジュード・ロウの魅力を感じればいいのかもしれない。
最初から、続編を前提にこの作品は作られています。これを観て、次回作を楽しみにする方もいることでしょう。商売上手です。企画不足のこの映画界にあって、この古典的なヒーローを新しいスターで再創造することで、安心して観れる娯楽作品が誕生したということでしょう。


監督:ガイ・リッチー
脚本: マイケル・ロバート・ジョンソン、アンソニー・ペッカム、サイモン・キンバーグ
撮影: フィリップ・ルースロ
美術: サラ・グリーンウッド
音楽: ハンス・ジマー
出演: ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ケリー・ライリー
製作国: 2009年アメリカ映画

☆☆2
(シ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : エンターテイメント

「フローズン・リバー」 コートニー・ハント

152609_1.jpg

「フローズン・リバー」、凍った川。それは心も凍りつく冷たさのなかで生きる二人の母親の物語。カナダ国境に近い白人女性と先住民モホーク族の女性。まず白人女性レイ(メリッサ・レオ)のシワだらけの涙の顔がアップになる。疲れた中年女性の残酷な現実が映し出される。夫はギャンブル好きで、クリスマス前に失踪した。もう一人の先住民族の女性ライラ(ミスティ・アップハム)の夫は、何かの事故で今も凍った川の底だ。二人の母親にとって、希望は子供たちだけ。この不在の二人の夫を一切画面に出さなかったところが巧い。あくまでも物語は残された二人の女性=母親なのだ。失踪した夫からの電話を待つ妻が、留守番電話のメッセージを吹き込むシーンが切ない。

映画は、凍った川を車で渡るシーンが効果的に使われている。それは、紙一重の人生。ギリギリのところで生きている切なさ、辛さ。渡らないと生きてはいけない。渡っても冷たい川底が待っているかもしれない。その厳しさの中で、二人の女性はいがみ合い、敵対し合い、同じような境遇の中で次第に心を通わせていく。

雪や氷に閉ざされた世界の人間を描いた「ファーゴ」という傑作があったが、その作品にも通じる佳作だ。凍った川や寒さが象徴的に彼女たちの人生を閉ざしている。だから、凍った川に置き去りにされた赤ちゃんは、彼女たちの子供そのものなのだ。その子供を闇の中で必死に探し、連れ戻したことで彼女たちの希望は未来へとつながっていく。冷たい閉ざされた森で、白人女性のレイは、ライラのために引き返す。こんな寒い冷たい厳しい世界だからこそ、人は誰かの助けが必要なのだ。ささやかなぬくもりが愛しいのだ。

ラストの回転木馬の子供たちは、そのぬくもりそのものなのだ。その回転木馬は、息子が父からもらったガスバーナーで修理したもの。あれだけ母は、ガスバーナーを使うことを嫌っていたけど。息子の小さな犯罪が、おばあさんに許されるラストも巧い。銃も犯罪もガスバーナーも、怒りも悲しみも優しさも、すべてはめぐりめぐって還ってくる。つながっていく。無駄のないいい脚本です。

彼女の留守番電話に、失踪した夫から電話でメッセージは残されるのでしょうか?余韻のあるラストです。
とても力のある女性監督です。


原題:Frozen River
監督・脚本:コートニー・ハント
撮影:リード・モラノ
美術:インバル・ウェインバーグ
音楽:ピーター・ゴラブ
キャスト
メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット、マイケル・オキーフ、マーク・ブーン・Jr.、マイケル・オキーフ、ジェイ・クレイツ、ディラン・カルソナ、マイケル・スカイ
製作国:2008年アメリカ映画

☆☆☆☆☆5
(フ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生

「NINE」 ロブ・マーシャル

1007706_01.jpg

言うまでもないことだが、「81/2」とは別の映画である。ミュージカルである。歌と踊りを楽しむがこの映画の見方だ。それと女たちの華麗なる競演に目を奪われればよい。ペネロペ・クルスの妖艶な踊りに、マリオン・コティヤールの愛らしさに、ニコール・キッドマンの美しさに。または、ダニエル・デイ=ルイスの渋い色男ぶりを楽しめばよし。ブロードウェイのミュージカルを観たかったなぁ、きっと、その方が楽しめたような気がした。ファギーの「ビー・イタリアン」の歌とステージが圧巻でした。

Be Italian

物語はフェリーニの「81/2」をかなりコンパクトにギュッと詰め込んだ形で、ほとんと同じシチュエーションや台詞がそのまま使われているのでちょっとビックリ。一方で、グイドの幻想的な混乱ぶりがなくなり、より現実的な妻と愛人の三角関係の男女の愛の物語にしてしまった感じ。フェリーニの映画監督という職業への自らの自己批評、皮肉や諧謔的なものがなくなって、物語にあるのは9歳の少年のままで、女に母性と逃げ場を求め続けていくイタリア男の幼稚性があるのみ。まぁ色男で才能があるから、まわりの女はほっとかない。だからこそ、いろいろ揉めるし、映画は始まらない。母も含めた美しき女性たちに囲まれて、愛を見失い、才能も枯渇して、自己を見失う哀れなイタリア男の物語だ。

妻のマリオン・コティヤールは、とても可愛らしかったが、「81/2」のアヌーク・エーメの知的美人のカッコ良さには比べものにならない。少年の頃の性の憧れ娼婦・サラギーナ役のファギーに至っては、フェリーニ的世界とは全く別もの。ミューズのクラウディア・カルディナーレもニコール・キッドマンと比べてもなぁ…。衣裳係役のジュディ・デンチは存在感がありました。

それにしてもイタリア男って、マンマをいつまでも慕うマザコンで、美人と見れば声をかけずにはおかない色男で、それでも家族をとても大切にする憎めない男って、イメージがありますね~。実際はどうなんだろう???

華やかなステージの部分が、見所です。

脚本のアンソニー・ミンゲラは、「ニューヨーク、アイラブユー」でいい脚本を書いていましたね~。映画は彼に捧ぐという追悼の字幕がありました。

原題: Nine
監督: ロブ・マーシャル
原案: アーサー・コピット
原作戯曲: マーク・フラッティ
脚本: アンソニー・ミンゲラ、マイケル・トルキン
撮影: ディオン・ビーブ
音楽: モーリー・イェストン 
美術: ジョン・マイヤー
振付: ジョン・デルーカ、ロブ・マーシャル

キャスト
ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン

製作国: 2009年アメリカ・イタリア合作映画
☆☆2
(ナ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ミュージカル

「ニューヨーク、アイラブユー」

100227ny-love.jpg

「パリ、ジュテーム」に比べるとややエピソードのバラエティさがない感じ。それでもそれぞれの短いエピソードをうまくつなぎ合わせて、流れで見せている。街には様々な人生があり、様々な人々がすれ違い、を交わし、ジグゾーパズルのように組み合わされている。この手の街のオムニバス映画といえば、なんと言ってもジム・ジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット」の各都市のタクシー話が忘れられない。

印象的だったエピソードは、シェーカル・カプール監督の老いたオペラ歌手がホテルに死ににやってくる話だ。幻想的な美しさと死の影。足の不自由なホテルマンは一体何だったのか?その謎の余韻が残る作品だった。

ファティ・アキン監督の醤油で絵を描く画家と中国人女性のエピソードも印象的。イーサン・ホークが早口でマギー・Qを口説くところも笑える。同じようにタバコを小道具に使ったクリス・クーパーとロビン・ライトペンの男と女の性のエピソードも洒落ている。ラストの老夫婦のエピソードは微笑ましく、全体をうまくまとめている。

全体的に軽いタッチのエピソードの積み重ねで、物足りない面もあるが、街の物語として気楽に観れる作品だ。

監督:岩井俊二、ナタリー・ポートマン、シェカール・カプール、ファティ・アキン、ミーラー・ナーイル、チアン・ウェン、ブレット・ラトナー、イヴァン・アタル、アレン・ヒューズ、ジョシュア・マーストン、ランディ・バルスマイヤー
プロデューサー:エマニュエル・ベンビイ、マリーナ・グラシック

出演:オーランド・ブルーム、ナタリー・ポートマン、クリスティーナ・リッチ、シャイア・ラブーフ、イーサン・ホーク、アンディ・ガルシア、ヘイデン・クリステンセン、レイチェル・ビルソン、ブレイク・ライブリー 、マギー・Q、ロビン・ライト・ペン、ジェームズ・カーン、ジョン・ハート、ジャスティン・バーサ

原題:New York, I Love You/2009年 アメリカ

☆☆☆3
(ニ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag :

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2018年ベスト10
<洋画>
    「スリー・ビルボード」
    「正しい日、間違えた日」(2015)
    「希望のかなた」
    「顔たち、ところどころ」
    「ラブレス」

<日本映画>
    「万引き家族」
    「寝ても覚めても」
    「きみの鳥はうたえる」
    「モリがいる場所」
    「カメラを止めるな」


2017年ベスト10
<洋画>
    「パターソン」
    「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
    「誰のせいでもない」
    「ありがとう、トニー・エルドマン」
    「オン・ザ・ミルキー・ロード」
    「パーソナル・ショッパー」
    「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
    「マリアンヌ」
    「婚約者の友人」
    「セールスマン」

<日本映画>
    「散歩する侵略者
/予兆 散歩する侵略者」
    「三度目の殺人」
    「南瓜とマヨネーズ」
    「光(大森立嗣)」
    「息の跡」
    次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
    次点「幼な子われらに生まれ」
    次点「バンコクナイツ」


2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター