「皆殺しの天使」ルイス・ブニュエル

皆殺し
(C)1991 Video Mercury Films

1962年のメキシコ時代の作品。久しぶりに観なおしたのだが、過激で危険な映画史上に残る不条理映画だ。ブニュエルの晩年の『ブルジョワジーの密かな愉しみ』をもう一度観たくなった。ジャン・ルノアールの『ゲームの規則』やフェリーニの『甘い生活』など上流階級の人々の享楽のパーティーを描いた数多くの傑作があるが、これは屋敷という場所=空間にこだわった映画である。

原案は『プロビデンシア(神 意 =節理)通りの遭難者たち』というものであったらしい。そう、彼らは遭難者なのだ。迷える羊たち。幻想の囚われ人たち。

ある夜、お屋敷で晩餐会が開かれるが、使用人たちが次々と屋敷を去っていく。理由ははっきりしない。料理人たちも料理は出来ているからと言って、お客さんたちが次々と訪れている隙間に屋敷を逃げ出す。まるで、その夜何かが起きることを予感するかのように。

屋敷の主人が、お客さんのコートを預かるために、何度も使用人の名を呼ぶが、誰も出てこない。その描写が2度繰り返される。やがて、晩餐が始まり、主人の乾杯の挨拶もあるが、これもなぜか2度繰り返される。2回目の挨拶は誰も聞いていない。食事が終わって、お客たちはピアノのある部屋に移り、ピアノの演奏を聴いている。その演奏が終わって、そろそろお開きにしようかという頃になっても、誰も帰ろうとしない。みんながそれぞれにソファや絨毯で眠りにつく。しだいに、誰もその部屋から出られないことがわかってくる。なんの物理的障害などないのに、なぜか一歩も部屋の外に出られない。やがて、何日も同じ状態が続き、髪や衣服も乱れ、水も食べ物も何もない状態が続き、病気の者が死んだりもする。あるいは、クローゼットで心中する二人も出てくる。空腹で紙を食べたり、花瓶の水を飲もうとしたり、幻覚で切り離された手を見たり、誰かが夜這いをしたと騒ぎが起きたり、いろいろと騒動が起きてくる。壁の中の水道管を壊して、直接、水を飲み、部屋に入ってきた羊を殺して、家具の端材で火を起こして、肉を焼いて食べたりもする。まさに上流階級の紳士淑女たちのサバイバルだ。屋敷の外では、帰って来ない家族たちが集まり、警察などが屋敷を取り囲み中の様子を探ろうとしている。しかし、なぜか誰も屋敷の中には入れない。まさに不条理な設定。理由は何も示されない。屋敷の中で飼われていたクマも登場するが、クマは屋敷から出ていけるのだった。

ラストは同じ動作が同じシチュエーションでみんなが再現・反復することによって、なぜか屋敷から出られないという呪縛が解ける。しかし、生き残った客たちが教会で感謝のミサをしたあとで、再び教会に閉じ込められる呪縛が暗示される。教会の外では鐘が鳴り響き、銃声と悲鳴が聞こえ、町では騒乱が起きている。そして羊の群れが教会に入っていく場面で映画は終わるのだ。

解釈はなんとでもできるだろう。ブルジョワ階級への皮肉や批判、共通の幻想の呪縛、宗教への懐疑、スペインのフランコ体制へ批判。日常の反復。性と聖と暴力。シュルレアリスト、ルイス・ブニュエルの撹乱と悪意とユーモア。人々はかくも愚かであり、迷いに満ち、何かに呪われて囚われの身となる。なんとも不思議な挑発的な映画である。ルイス・ブニュエルの異才ぶりは、映画史に燦然と輝き続ける。



原題 El angel exterminador
製作年 1962年
製作国 メキシコ
配給 アイ・ヴィー・シー
日本初公開 1981年8月1日
上映時間 95分
監督:ルイス・ブニュエル
製作:グスタボ・アラトリステ
原案:ルイス・ブニュエル、ルイス・アルコリサ
脚本:ルイス・ブニュエル
撮影:ガブリエル・フィゲロア
美術:ヘスス・ブラーチョ
音楽:ラウル・ラビスタ
キャスト:シルビア・ピナル、エンリケ・ランバル、ジャクリーヌ・アンデーレ、ホセ・バビエラ、アウグスト・ベネディ、ルイス・ベリスタイン、アントニオ・ブラボ、クラウディオ・ブルック、セサル・デル・カンポ、ロサ・エレナ・ドゥルヘル、ルーシー・ガラルドー、エンリケ・ガルシア・アルバレス

☆☆☆☆☆5
(ミ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 幻想 ミステリー ☆☆☆☆☆5

「50年後のボクたちは」ファティ・アキン

50年後
(C)2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH

ファティ・アキン監督との相性はいい。『そして、私たちは愛に帰る』も『愛より強く』も『ソウル・キッチン』も『消えた声が、その名を呼ぶ』も面白かった。トルコからの移民の両親のもとにドイツで生まれたファテイ・アキンは、国や文化の違いの中で生きる家族を多く描いてきたが、これはよくある少年たちのひと夏の青春冒険物語である。最近では、ミシェル・ゴンドリーの『グッバイ、サマー』があった。家のような改造車で少年二人が旅をする、ひと夏のロードムービーだった。これもまた、少年二人が車で旅をする夏休みロードムービーである。

憧れの彼女から誕生日パーティーに誘われなかった傷心のマイク。アル中の母と若い女と浮気をする父。そんなとき、ロシアからやってきた風変わりな転校生チックが盗んだ車を無免許運転して、彼の家に誘いに来る。クラスから変わり者として相手にされない二人。そんな二人が憧れの彼女のパーティーに乗り込み、アッと言わせて、旅に出る。様々な出会いと逃走、そしてイザという小汚い格好の女の子との出会い。50年後に同じ場所で再会することを約束する3人。青春である。14歳でしか体験できないひと夏の成長物語。映画の定番テーマであるが、誰もが懐かしく甘酸っぱくなる14歳の物語だ。


原題 Tschick
製作年 2016年
製作国 ドイツ
配給 ビターズ・エンド
上映時間 93分
監督:ファティ・アキン
製作:マルコ・メーリッツ
原作:ボルフガング・ヘルンドルフ
脚本:ファティ・アキン、ラース・フーブリヒ、ハーク・ボーム
撮影:ライナー・クラウスマン
美術:ジェニー・レースラー
音楽:ビンス・ポープ
キャスト:トリスタン・ゲーベル、アナンド・バトビレグ・チョローンバータル、メルセデス・ミュラー、アニャ・シュナイダー、ウーベ・ボーム


☆☆☆☆4
(コ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 冒険 ☆☆☆☆4

「映画 夜空はいつも最高密度の青色だ」石井裕也

夜空
(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

これがキネ旬のベスト1か?とも思うが、良く出来た映画であるのは間違いない。若い二人の閉塞感が大袈裟な物語ではなく、日常を見つめる中で描かれている。「何か嫌な予感がする」という漠然とした不安。東日本大震災、原発事故を経て、若い二人に未来の希望はない。広がる所得格差、新宿や渋谷での雑踏と孤独、スマホばかり見つめる人たち、腰を痛めて失業する先輩(田中哲司)や仕事仲間の突然死(松田龍平)・・・などなど、決して明るい未来は描かれない。「生」よりも「死」の気配が満ちている日常。

どこにでもいそうな石橋静河がいい。美人でもなくブスでもなく、昼は看護師、夜はガールズバーで働き、失業中のパチンコ三昧の父のために実家に仕送りをする。工事現場で働く池松壮亮と同じく、どこか無表情で不機嫌。誰かと仲がいいわけでもなく、楽しそうでもない。無口と過剰な饒舌さは、二人とも共通しており、その不器用な人との関係は、いつでもしっくりこない。石橋静河の母は田舎で自殺したことがほのめかされ、彼女が働く病院は死といつも隣りあわせだ。日常の死。死の哀しみもすぐに忘れてしまう。そして池松壮亮の先輩は突然死し、隣のインテリ老人も孤独死して腐乱死体で発見される。道端の子犬は保健所に送られ、殺される。殺された犬の火葬場の煙が空に立ち昇り、桜の花びらが舞うアニメが挿入される。世界に「死」は満ちており、その「嫌な予感がする死」の気配から、逃れることはできない。

象徴的に街頭で歌う女が登場し、東京の孤独を歌い、「ガンバレ」と呼びかける。池松壮亮の閉ざされた半分だけの視界。彼が彼女のもとに唯一本気になって走る場面がいい。田中哲司が片想いのコンビニのおねぇちゃんのもとに浮かれて走るように、どうなるか分からないけれど「走ってみること」、結果など気にせず動いてみること、やってみること、そのことが唯一の希望なのだと映画は語っている。わかりきった閉ざされた未来でも、まずは「走ってみること」、「一緒にいること」からしか何も始まらない。町を漂流する二人の単純な恋映画になっていないところがいい。あくまでも孤独と閉塞感の中からしか、浮き上がることなどできない。明るい未来などどこにもないけれども、昨日よりましな朝を二人で迎えられれば、この街で生きていくこともなんとかできる・・・そんな映画だ。


製作年 2017年
製作国 日本
配給 東京テアトル、リトルモア
上映時間 108分
監督:石井裕也
原作:最果タヒ
脚本:石井裕也
プロデューサー:有賀高俊、土井智生、五箇公貴
撮影:鎌苅洋一
照明:宮尾康史
美術:渡辺大智
編集:普嶋信一
音楽:渡邊崇
キャスト:石橋静河、池松壮亮、松田龍平、市川実日子、田中哲司、佐藤玲玲、三浦貴大

(ヨ)
☆☆☆☆4

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 人生 ☆☆☆☆4

「人生フルーツ」伏原健之

去年からずっと話題だった「人生フルーツ」をやっと見た。日本映画専門チャンネルでの放送録画だ。ここ数年、立て続けにドキュメンタリーの秀作を発表し続け、テレビドキュメンタリーから映画館での上映へ、という流れを実現させた東海テレビの作品。一度映画館で観ようと思ったら、行列ができていて、入れなかった経験がある。年配のお客さんがビッシリだった。ロングラン上映も続いていたのだが、上映時間がうまく合わず、家での視聴となった。おかげで、夫婦一緒に見れたのは良かった。

なるほど。被写体が魅力的なご夫婦だ。このドキュメンタリーがここまで人気となったのは、このご夫婦の魅力に尽きる。名古屋郊外のニュータウンを設計した建築家、津端修一さん(90歳)と、その奥様、津端英子さん(87歳)。お二人の生き方、その人柄、お二人ともいい笑顔だ。人生を自分たちなりに、ゆっくりと愉しもうとする姿。数々のフルーツに野菜の自家菜園。自ら植えた雑木林と二人の家。菜園の手作りのプレート、自家製燻製に、鳥の水飲み場まで、スローライフそのものの二人の暮らし。

何度か繰り返される樹木希林のナレーション、「風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり。人生フルーツ」という言葉にある通り、二人の暮らしは、「こつこと、ゆっくり」と、時をかさねる。枯葉を堆肥にし、畑にまき、収穫の時を待つ。津端修一さんが作る可愛らしい黄色いプレートや旗、飛行機の風車や夫婦の似顔絵など、細部が人生の愉しみに満ちている。ゆっくりと季節がめぐり、野菜やフルーツの収穫後は丁寧な作業を経て、二人のご馳走となる。障子の張替えや、孫のためのドールハウス作りなど、出来ることはみんな自分たちでやる。顔なじみの八百屋さんや魚屋さんなどマメにハガキを書き、信用したものだけを買う。

ナレーションが少なく、構成も見事だ。彼らの暮らしに寄り添うように、カメラはじっと静かに二人を見つめ続ける。娘さんや孫など二人以外は、一切登場させない(孫は声のみ出演)。近所の人がちょこっと出てくる程度だ。お金をかけたものではない贅沢な時間、贅沢な暮らし。こつこつ、自分たちでやることが、いかに豊かで満ち足りたものか。とても真似できないけれど、羨ましい限りである。

 『家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない』 ――ル・コルビュジエ
 『すべての答えは、偉大なる自然のなかにある』――アントニ・ガウディ
 『ながく生きるほど、人生はより美しくなる』――フランク・ロイド・ライト

これらの言葉を実践した二人の暮らしは、唐突に終わりを告げる。津端修一さんの眠るような安らかな死。誰もがこんな死に方をしたいと思うだろう。庭で畑作業をして、休んだまま、そのまま起きなかったという。カメラは、その津端修一さんの安らかな死顔を捉える。このドキュメンタリーの優れたところは、そこで終わらないところだ。一人残された奥様の姿を、カメラは撮り続ける。毎朝、亡き夫のために朝ごはんを用意して、遺影の前に供え、自分はパンで朝食をとる。夫ともに今も生きている津端英子さん。それでも一人でテレビを見ている英子さんの姿はせつない。

そんな彼女のもとに、夫が最後にやった仕事、九州の精神科クリニックの建築設計の経過報告がなされる。番組は、自然とともに人はゆっくりと暮らすべきだという津端修一さんの考え方を、その病院建設のエピソードを通じて描く。津端修一さんにとっての家、建物は思想そのものだ。「ゆっくり、こつこつ」。丁寧に生きていくことの大切さ、豊かさを、私たちに教えてくれる。すばらしい作品だ。



製作年 2016年
製作国 日本
配給 東海テレビ放送
上映時間 91分
監督:伏原健之
プロデューサー:阿武野勝彦
撮影:村田敦崇
編集:奥田繁
音楽:村井秀清
音楽プロデューサー:岡田こずえ
ナレーション:樹木希林
キャスト:津端修一、津端英子

☆☆☆☆☆5
(シ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : ドキュメンタリー 人生 家族 ☆☆☆☆☆5

「何者」三浦大輔

就職活動を舞台にした「何者」にもなれない若者たちの中途半端さの自意識を描いた映画。ツイッターに自らの状況を書き込むことの自意識が皮肉を込めて描かれる。評論家でしかない者たち。何一つ自分の言葉や思いを相手にぶつけることができずに、ネットで書き込むことで欲望を発散する。行動して傷つくことも、相手と格闘することもない。決して交わることのない思い。誰も信じない寂しさ。就職活動という競争社会での疑心暗鬼、猜疑心や嫉妬。演劇畑の三浦大輔が演劇的な手法を使って、自意識過剰の佐藤健演じる青年の孤独と寂しさ、その周辺の若者たちも同じように相手と格闘できずに、孤独で寂しいことを描いている。現代的ではあるが、映画としては物足りない。


製作年 2016年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 97分
監督:三浦大輔
原作:朝井リョウ
脚本:三浦大輔
企画:川村元気
撮影:相馬大輔
照明:佐藤浩太
美術:小島伸介
音楽:中田ヤスタカ
キャスト:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之

☆☆☆3
(ナ)

テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

tag : 青春 人生 ☆☆☆3

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
103位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2017年ベスト10
<洋画>
    「パターソン」
    「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
    「誰のせいでもない」
    「ありがとう、トニー・エルドマン」
    「オン・ザ・ミルキー・ロード」
    「パーソナル・ショッパー」
    「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
    「マリアンヌ」
    「婚約者の友人」
    「セールスマン」

<日本映画>
    「散歩する侵略者
/予兆 散歩する侵略者」
    「三度目の殺人」
    「南瓜とマヨネーズ」
    「光(大森立嗣)」
    「息の跡」
    次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
    次点「幼な子われらに生まれ」
    次点「バンコクナイツ」


2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター