「カフェ・ソサエティ」ウディ・アレン

カフェ

1930年代ハリウッド黄金時代を背景に、きらびやかな社交界(カフェ・ソサエティ)に身を置くことになった青年の恋や人生を描いたロマンティック・コメディ。まずなによりも、ハリウッドの社交界のきらびやかさや女優たちの美しき衣装を楽しめばいい。ウディ・アレンのナレーションでテンポよく展開されるストーリー。そして美しき女優たち。ちょっとほろ苦い大人の恋の物語である。ズブズブと目先の欲望に溺れていく不愉快な不倫映画になっていないところがいい。恋のワクワク感とちょっとビターな人生の皮肉が味わえる。

ニューヨークから出てきたイモ臭い青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)の役回りはいつものウディ・アレンだ。そして、プールのある豪邸で繰り広げられるパーティーや美女たちが華やかに描かれる一方、ちょっとしたたかで個性的なボビーのユダヤ人家族が描かれるのが面白い。ハリウッドのショービジネスで成功した叔父(スティーブ・カレル)や、暗黒街のギャングになる兄。虚飾のショービジネスと裏社会で成功したユダヤ人がサラリと描かれる。

叔父と人関係にあり、ボビーが恋する秘書のヴエロニカにクリステン・スチュワート。皮肉な恋の三角関係がまず描かれる。ヴェロニカとの結婚を諦め、ハリウッドのゴシップや自慢話に嫌気がしてニューヨークに戻り、ギャングの兄のナイトクラブの支配人となり、店を成功させ、そこで出会ったのが、もう一人のヴェロニカ、ブレイク・ライブリー。ひとりの男とふたりのヴェロニカ。後半は、再び、最初に恋したヴェロニカと再会し、ボビーの気持ちが揺れ動く。

ストーリーはたいしたことはない。華やかな世界の虚飾性とその裏側のシンプルな恋心。この映画は、そんな皮肉な恋物語をただただ楽しめばいいのだ。


作品データ
原題 Cafe Society
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 96分
監督:ウディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、スティーブン・テネンバウム、エドワード・ワルソン
製作総指揮:アダム・B・スターン、マーク・I・スターン、ロナルド・L・シェ
脚本:ウディ・アレン
撮影:ビットリオ・ストラーロ
美術:サント・ロカスト
衣装:スージー・ベンジンガー
編集:アリサ・レプセルター
ナレーション:ウディ・アレン
キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー、スティーブ・カレル、コリー・ストール、パーカー・ポージー、ケン・ストット、ジーニー・バーリン、サリ・レニック、スティーブン・クンケン、アンナ・キャンプ、キャット・エドモンソン

☆☆☆☆4
(カ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆4

「台北ストーリー」エドワード・ヤン

taipei.jpg

エドワード・ヤンの1985年長編2作目。台湾での公開時に4日間で上映打ち切りとなり、日本では公開されないまままだった。エドワード・ヤン生誕70年、没後10年となる2017年に、マーティン・スコセッシによって4Kデジタルリストア版で修復され、劇場初公開が実現した。

あらゆる面で完成された『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』に比べると、やや荒削りな部分もあるが、随所に映像センスがキラリと光るシーンがいっぱい。『恐怖分子』もスタイリッシュで素晴らしい映画だったが、やはりエドワード・ヤン監督作品は全部観たいと思った。

「アメリカだって、万能薬じゃない。儚い夢さ」と女に言う男は、野球少年の栄光の過去から離れられない。女は「すべては変った。あなたは置き去りよ」と男に言う。いつまでも踏ん切りがつかずに台北でぐずぐずしている男。そして過去の友人と関わりあい、トラブルに巻き込まれていく。一方、未来へ向いて進もうとする女は、男とアメリカへの移住を持ちかける。恋人たちのすれ違いの映画である。しかし、劇的な展開があるわけではなく、ストーリー的にはまったりとして淀んでいる。前半はやや退屈だ。しかし後半はどんどん引き込まれていく。アメリカ・日本・中国・台湾。どこへ行くことも出来ず、台北でもうまくいかずに距離が少しずつ離れていく男と女。そして衝撃のラスト。

冒頭は新しい部屋を見る男女のシルエットから始まる。家具をどこに置くかなど、女は希望に満ちている。一方、男は「内装に金がかかりそうだ」と言い、バットの素振りをしつつどこか投げやりだ。アメリカの大リーグやニュース、日本のカラオケやCM、広島戦の野球中継、巨大な富士フィルムの電飾看板も登場する(この巨大電飾看板の前でのシルエットシーンも素晴らしい!)。アメリカや日本の文化が流れ込み、経済成長しつつ変貌する台北。成功したものもいるが、男のアリョンは昔ながらの布問屋で働き、パッとしない。野球仲間の友人も妻に逃げられ、子供を抱えて貧困そのもの。一方、女のアジンは不動産会社で働くバリバリのキャリアウーマンであり、アメリカ移住を夢み、ディスコで仲間と遊び続けている。バイクで台湾総統府の夜のイルミネーションを疾走する場面も象徴的で美しい。女性のアジンは変りつつある台湾そのものであり、男のアリョンは、変わらない古くからある台湾でもある。

二人の距離は埋まらない。「変わること」も「変らないこと」もどちらにも「万能薬」などないのだ。その空虚感・閉塞感のようなものが、ラストの悲劇とともに、救急車で運ばれるアリョンの姿がロングショットの映像で描かれる。タバコをふかしながら警官と談笑する救急隊員。オープニングと同じように、新しいビルで事業を始めるパートナーの夢を聞くアジン。時代の変化が二人を飲み込んでいく。

主演した盟友ホウ・シャオシェンは、既に「風櫃(フンクイ)の少年」「冬冬の夏休み」などを発表していた有名監督だったが、エドワード・ヤンのために自宅を抵当に入れてまで製作費を捻出し、完成へとこぎつけたと言われている。奇跡的な成り立ちで完成した台北の街の変化そのものを映画にした台湾ニューシネマである。


原題 青梅竹馬 Taipei Story
製作年 1985年
製作国 台湾
配給 オリオフィルムズ
上映時間 119分
監督:エドワード・ヤン
製作:ホウ・シャオシエン
脚本:エドワード・ヤン、チュー・ティエンウェン、ホウ・シャオシェン
撮影:ヤン・ウェイハン
音楽:ヨーヨー・マ
キャスト:ツァイ・チン、ホウ・シャオシエン、ウー・ニェンツェン、クー・イーチェン、リン・シュウレイ、クー・スーユン、ウー・ヘイナン、
メイ・ファン、チェン・シューファン、ライ・ダーナン

☆☆☆☆☆5
(タ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 ☆☆☆☆☆5

「火花」 又吉直樹(文春文庫)

芥川賞受賞作が文庫本になっていたので読んでみた。悪くない。なるほどよく出来ている。自分にはないものを持っている先輩への思い。そして、先輩の彼女の母性への感謝。漫才(笑い)への純粋な思考など、何者にもなりえない中途半端さを無理せず書いている印象。自分の立ち位置に近い世界を、素直にしかし凡庸でもなく、丁寧にそれぞれの心情や描写の工夫など、読んでいて厭味がない。次回作も読んでみようと思った。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」リチャード・リンクレイター

eburi.jpg


リチャード・リンクレイターは『6才のボクが、大人になるまで。』が面白かった。ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマだった。一方、ジャック・ブラック主演の学園ものの快作『スクールオブ・ロック』のような作品もある。この映画はどちらかというと、『スクール・オブ・ロック』の学園ものに近い青春グラフティだ。バカバカしいほどだ。まぁ、このバカバカしさこそが若者の特権であり、この時期にしかできないことなのだ。だから、このバカさ加減こそ愛すべきかけがえのない時間とも言えるだろう。

ただ、どうにもくだfらない。大学野球部の寮に入部して、大学が始まるまでの数日間のドタバタを描いているのだが、この体育会系ノリにどうにもついていけなかった。私自身、高校時代は野球部に身を置き、大学時代はそれとは正反対の映画や演劇の世界にドップリと浸かった者だから、体育会系的なノリはよく理解している。理不尽な上下関係や体力自慢や勝負ごとにこだわる単純さ。考えていることは、力比べと性欲のことばかり。大学時代のナンパばかりしていた同級生に辟易していたもので、女のケツばかり追いかけている彼らの単純さは、わかるけれど、あんまり面白くは観れなかった。

まぁ、登場人物たちはそれぞれ個性的に描かれ、面白おかしくオトナの入り口に立つ青春群像は描かれている。それだけの単純で痛快な映画だ。淡い恋心も懐かしくもある。


原題 Everybody Wants Some
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 117分
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター
撮影:シェーン・F・ケリー
美術:ブルース・カーティス
音楽監修:ランドール・ポスター、メーガン・カリアー
キャスト:ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ、グレン・パウエル、ワイアット・ラッセル、オースティン・アメリオ

☆☆☆3
(エ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 青春 ☆☆☆3

「バンコクナイツ」富田克也

バンコク


地方都市、甲府の在日のブラジル移民が多い無国籍的田舎を描いた意欲作『サウダーヂ』が面白かったので、このタイの日本人相手の歓楽街を描いた『バンコクナイツ』も観てみた。3時間2分の超大作。長い。スケールも大きい。映画に収まりきれていない印象。映画でまとめようとしていないのかもしれない。それくらい捉えどころのない映画だ。

タイの地方イサーンから出稼ぎに来ている風俗街で働く女性ラック(スベンジャ・ポンコン)。今は人気店のトップまで上りつめた。ヒモの日本人男性ピン(伊藤仁)を連れ回し、贅沢な生活を送る一方で、故郷の家族に仕送りをしていた。ある晩、ラックはかつての恋人である元自衛隊員オザワ(富田克也)と5年ぶりに再会する。オザワは、今では日本を捨てバンコクで根無し草のようにネットゲームで小銭を稼ぐしかない沈没組。

誰も知った役者は出ていない。タイの歓楽街はきらびやかだ。とくに女の子を選ぶため、ひな壇のようにタイ女性がスラッと並んでいる場面は壮観でさえある。こういう場所にもちろん行ったことはないが、こういうものなのだろう。実際にバンコクで働く風俗嬢を俳優に起用したらしい。タニヤ通りってう街が舞台なのだが、日本人の観光客や駐在員向けの、いわば高級な歓楽街だそうだ。日本人たちが次々とタイ女たちを買いにやって来る。しかし、映画はセックス描写はほとんどない。エロい映画ではないのだ。タイの女性たちを商売のネタにしている日本人たち。客たちも含め、実にくだらない人間が集まっている。日本では居場所を失った者たち。そして、日本人の高齢者向けにタイ現地妻つき高級介護コンドミニアムの新たな商売を画策しているグループ。性欲と拝金主義。おぞましい現代がここにある。

しかし、映画は中盤から後半にかけて一転する。元自衛隊の上官の命令で、ラオスに視察に行けと命じられたオザワは、元恋人のラックとともに彼女の田舎町ノンカーイに旅に出る。性と欲望のバンコクから自然と家族の田舎へ。映画はロードムービーのような展開になる。その森の描かれ方が魅力的なのだ。神秘的な闇。虫の声と月明かり。そこでオザワは現地の幽霊に出会い、「ここがあなたの故郷となる」と告げられる。あるいは森の中を走る幻の兵士たちにも遭遇する。オザワはラックとここに暮らすことを提案する。ラックの母は薬物中毒になっており、ラックのお金で建てた新しい家では、ラックの妹を虐待している。母はラックのことを金づるとしか認めていない。オザワは、ラックに待っていてくれと告げ、ラオスへと向かう。

ラオスではオザワは、謎の戦闘集団とトラブルになるが、やがて共に行動し、ベトナム戦争の傷跡のような砲撃跡の穴を見る。ラオスでラックと連絡を断ち、一人旅をするオザワ。再びノンカーイに戻るも、ラックはすでにバンコクに戻っており、再びバンコクで再会したラックとオザワは思い出の島に旅に出る。そこで海に入り自殺しようとするラックをオザワは助けるが、ラックはオザワの元を去る。オザワは最後に拳銃を購入するのだが、それを使う場面はない。オザワはバンコクで客の呼び込みをやっていて、ラックはノンカーイでHIVにかかって知り合いの赤ちゃんを抱いている場面で終わる。

なんとも最後の方はよくわからない。拳銃が何を意味にするのか。ラックは何を思ってオザワの元を去ったのか?本当に自殺しようとしていたのか?オザワのことを愛していたのか?オザワは何を思って、再びバンコクで働き始めたのか?桃源郷とはどこにあるのか?

バンコクの歓楽街の下世話さと田舎町の森の神秘さの対比。戦争の傷痕と記憶。そして現地の音楽も効果的に使われている。くだらない下世話な現実から抜け出そうとするタイ女性と日本人。各地を彷徨う根無し草のような日本人男と現実的にお金を稼ぎ、母のための家を建て、友人の子どもを育てるタイ女性。物語を描くことがやりたかったのではないのだろう。尻切れトンボのようなストーリーには、消化不良な後味がある。一方で、なんだか人間の底知れない愚かさと世界の懐の深さのようなものを感じられる奇妙な映画だ。


製作年 2016年
製作国 日本・フランス・タイ・ラオス合作
配給 空族
上映時間 182分
監督:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:向山正洋、古屋卓麿
照明:向山正洋、古屋卓麿
録音:山崎巌、YOUNG-G
音楽:スラチャイ・ジャンティマトン、アンカナーン・クンチャイ
キャスト:スベンジャ・ポンコン、スナン・プーウィセット、チュティパー・ポンピアン、タンヤラット・コンプー、サリンヤー・ヨンサワット、
富田克也、伊藤仁、長瀬伸輔、アピチャ・サランチョル、川瀬陽太、菅野太郎、村田進二

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 社会 ☆☆☆☆4

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター