FC2ブログ

「バイス」アダム・マッケイ

まだ存命中の実在の政治家をブラックコメディとして描けるアメリカという国の底力をあらためて感じる映画。政治家に忖度しまくる日本では考えられない。こういう映画を作れないということは、文化的成熟度、自由度が日本ではまだ育っていないということだろう。9.11後、アメリカをイラク戦争に導いたとされる副大統領、悪名高きディック・チェイニー。クリスチャン・ベールが、体重を20キロ増やして臨んだと言われている。

チェイニー副大統領が、ジョージ・W・ブッシュ大統領を影で操り、情報から予算から実務をすべて掌握していたということらしい。ジョージ・W・ブッシュ大統領を演じたサム・ロックウェルが、バカっぽく演じているところが笑える。

チェイニーは、大学を中退し、酒癖の悪いうだつの上がらない青年に過ぎなかったのが、後に妻となった上昇志向の強い才女である恋人リンに導かれるように、次第に政治の世界で頭角を現していく。政治家ドナルド・ラムズフェルドとの出会いが大きかったようだ。権力の魅力に惹きつけられるように、権力に媚びながら次第にチェイニーは力を手に入れていく。まさにチェイニーの成長物語でもあるのだ。ラムズフェルドに「(政治の)理念は?」とチェイニーが尋ねると、笑い声しか返ってこないところも風刺が効いている。ラムズフェルドにしても、チェイニーにしても、「政治理念など二の次なのだ」とばかりに、何も「信念」のようなものは描かれない。あるのは権力欲と上昇志向のみ。演説は下手くそで、妻の魅力を利用しながら、経験を積み上げ、まわりの人々を操り、策略家としてのし上がっていく。

一方で、チェイニーの家族愛は描かれ、娘が同性愛者であることで政治的損得との葛藤が描かれている。南部の共和党支持者たちの保守的な家族観と異質な娘の同性愛は、チェイニーのアキレス腱となるが、政治よりも娘への愛を優先させる父親像もしっかりと描いている。単なる悪辣な愚か者として描いている訳でもないのだ。ちゃんと人間ドラマという側面もある。

テンポの良いアダム・マッケイの風刺を効いた演出は、エンタメとして楽しめる。実物そっくりに演じる俳優たちを楽しみつつ、政治家たちの身勝手な乱暴さ、その内幕ものに寒気がする。どこまでが真実で、フィクションでどのように膨らませてあるのかわからないが、政治の世界もまた愚かな人間たちのドラマであることを教えてくれる。こんなことで、多くの人々が一瞬のうちに死んでいく世界の馬鹿らしさを感じる。


原題:Vice
製作年:2018年
制作国:アメリカ
配給:ロングライド
上映時間:132分
監督:アダム・マッケイ
製作:ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クレイマー、
ウィル・フェレル
キャスト:クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル
、サム・ロックウェル、タイラー・ペリー

☆☆☆3
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 社会派 コメディ ☆☆☆3

「さざなみのよる」木皿泉(河出書房新社)

※木皿泉とは、1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻・鹿年季子(めがときこ)による夫婦脚本家。初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、「野ブタ。をプロデュース」、「Q10」、「富士ファミリー」など。初の小説「昨夜のカレー、明日のパン」は2014年本屋大賞2位。

「小国ナスミ、享年43歳」。この小国ナスミという女性の死をめぐるそれぞれの物語。これが泣けてくるのです。地下鉄の通勤時に、お店で、ボロボロとおじさんが涙を流しながら読んでいる。恥ずかしいったらありゃしない。だけど、泣けてきちゃうんです。歳をとって涙もろくなったものだ。それでも、「死ぬこともそんなに悪いことでもないのかも」なんて気にもなってくる。いや、「自分は彼女(小国ナスミ)のように、みんなの心の中に居続けるような生き方をしているだろうか、誰かに何かを伝えているだろうか」と、疑わしくもなってきてしまうのです。

基本は、小国ナスミの家族の物語です。ナスミは、姉の鷹子との小さい頃の姉妹喧嘩を思い出しながら、「お姉ちゃん、死ぬときは、負けも勝ちも、もうどうでもよくなるんだよ。知ってた?」と思いながら、姉との遊びの思い出(想像の井戸にどちらの石が先に落ちるかを競うゲーム)で、自分が先に死ぬことで姉との約束、「ぽちゃん」と小さくつぶやいて死んでいく。

姉の鷹子は、妹のナスミが「死ぬのはいいんだけど、連載漫画の続きが読めないのが、くやしい」と言っていたのを思い出し、妹の死の枕元で、漫画の最新号を読み続ける。

「おんばざらだるまきりくそわか」という楽になる呪文を妹の月美は唱え、「生きとし生けるもののなかに、自分も入っていることの幸せ」をナスミから教えらる。夫の日出夫は、自分のことを「キ」という字に喩えていたナスミとの思い出と、「と」みたいな人と結婚したらいいよ、とのナスミの携帯動画メッセージに涙する。そのほか、母からのダイヤモンドの贈り物の話は、ナスミの涙となり、死後の目となる。

それぞれのナスミという女性をめぐるエピソードは、本当にいい。生きることは、寂しくて孤独で一人だと思っても、誰かとともに生きることであり、死ぬこともまた、誰かとともにあり続けることである。誰かからの思いは、別の誰かに伝わり、つながっていく。さざなみのように。そして、哀しみの涙は、ダイヤモンドになり、死者の目となり、時には「折れた歯」さえも誰かの宝物になる。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

「サンセット」ネメシュ・ラースロー

カンヌ国際映画祭グランプリを獲ったデビュー作「サウルの息子」に続いて
ネメシュ・ラースロー監督2作目。アウシュビッツの息詰まる閉鎖性は、手持ちのカメラによる視写界深度の浅い特殊な撮影手法により描かれていた。ある人物だけにピントを合わせ、背景はボカシて、客観描写がないのだ。その主観カメラだけで映画は展開されるため、閉鎖的だし、息が詰まる。今回も同じだった。
その手法が正直成功しているとは思えなかった。全体像が見えずらいだけだった。

1913年、ブダペスト。第1次世界大戦前、ヨーロッパ、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めた時代。ある女性イリスはレイター帽子店で働くためにやってきた。映画は、このイリス(ユリ・ヤカブ)という女性に寄り添うようにしてカメラを回し続ける。セットで当時の帽子店などを再現したということなのだが、背景となる
街並みや帽子店はボケて見えるだけ。カメラは街や他の人々ではなく、イリスだけを追い続ける。だから、観客はイリスの顔ばかり見させられる。客観描写がない。すべてイリスの目線を通じた主観の世界。

オーストリア皇太子も訪れるような華やかで憧れの場所に見えた帽子店。イリスの両親はかつてこの帽子店を営んでいた。しかし、代替わりになった現オーナー・ブリルは、裏でウィーンの王侯貴族に店の女性を捧げているらしい。
華やかな富裕層の高級帽子店、その裏側の闇。富裕貴族とプロレタリアアートの怒りと暴動。しかも、イリスには「兄」がいて、伯爵殺しの事件を起こし、今は行方不明だという。イリスは「兄」を探し続けるが「兄」にはなかなか会えない。

そもそも「兄」が本当にいるのかさえよくわからない。よくわからないように作ってあるのだ。それはあくまでもイリスの目から見た世界だから。「この場所を去れ」と何度言われても去らずに「兄」を探し続けるイリスの頑固さと芯の強さ。

画面の不自由さは、音が効果的でもある。画面のどこからともなく聞こえてくる声は臨場感のある演出だ。しかし、すべてこの手法ばかりだと、欲求不満と不可解さが募り、疲れてくる。

(ネタばれあり)

そして、ラスト。イリスとは何者だったのか?男装のイリス?「兄」とは?「兄」に自らを重ねていったのか?観客の想像に委ねられるわけだが、なんともキツネにつままれたような終わり方でした。

原題:Napszallta
製作年:2018年
製作国:ハンガリー・フランス合作
配給:ファインフィルムズ
上映時間:142分
監督:ネメシュ・ラースロー
製作:シポシュ・ガーボル、ライナ・ガーボル
脚本:クララ・ロワイエ、マシュー・タポニエ、ネメシュ・ラースロー
撮影:エルデーイ・マーチャーシュ
音楽:メリシュ・ラースロー
キャスト:ユリ・ヤカブ、ブラド・イバノフ、エベリン・ドボシュ、
マルチン・ツァルニク、モルナール・レべンテ、スザンネ・ベスト、
ナジュ・ジョールト、シャーンドル・ジョーテール

☆☆☆3
(サ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 歴史 幻想 ☆☆☆3

「バーニング 劇場版」イ・チャンドン

バーニング
(C)2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

NHKテレビ版が放送されたそうだが未見。村上春樹の『納屋を焼く』を原作に韓国で映画化されたという情報ぐらいしか知らないで観た。原作を読み直さないとわからないが、村上春樹的な消失、不在、パラレルワールド的な存在の曖昧さのテーマがしっかりと出ている。ただ、ラストはとても韓国映画的だ。個人的な好みで言うと、こういう形で決着をつけちゃうと、「存在の曖昧さ」というテーマが弱まって、村上春樹的な面白さが無くなる。貧困、格差、嫉妬、恨みのようなストレートな感情が噴き出してきてしまう。

北朝鮮の国境近いさびれた田舎の庭、美しい夕暮れの中でシン・ヘミ(チョン・ジョンソ)がシルエットで踊る場面(マイルス・デービスの『死刑台のエレベータ』のジャズが流れる)までの前半部が好きだ。男2人と女1人の鉄板の男女関係、トライアングルの物語なのだが、シン・ヘミ役のチョン・ジョソンが魅力的に描かれている。

「蜜柑むき」のパントマイムから始まって、姿を見せない猫の存在と不在、そしてシン・ヘミの語る子供の頃の「井戸の話」。どこまでが現実で、どこまでが作り話・フィクションなのか観客もわからなくなる。ギャツビーのような金持ちの遊び人ベン(スティーブン・ユァン)のビニールハウスを焼く話も、本当なのかどうかわからない。その物語に、イ・ジョンス(ユ・アイン)は振り回されていく。そもそもシン・ヘミの存在そのものが、フィクションのようだ。アフリカへの旅の話、現地の人々の踊りや消えてなくなりたいと思う孤独と涙。本当のことなのかも疑わしくなる。そして彼女は物語のように突然、消える。

登場人物の一人が途中で消える映画として思い出すのが、ミケランジェロ・アントニオーニの『情事』だ。地中海の無人島に遊びに行って、突然、一人の女性がいなくなるのだ。みんなでその女性を探すのだが、結局最後まで出てこない。謎は謎のまま、映画は終わる。

この映画は、シン・ヘミがいなくなってから、映画はサスペンス調になっていく。彼女はベンに殺されたのか?ビニールハウスを焼く話の信憑性とともに、イ・ジョンスは物語の謎に巻き込まれていく。車での尾行やビニールハウスを見回り続けたり、彼の混乱はラストへと繋がっていく。小説家のイ・ジョンスが物語の迷宮に入り込んでいく。境目が曖昧になる現実とフィクション。それぞれの存在自体もまた曖昧になっていく。、

韓国映画的味付けとして、ベンに代表される富裕層の豪邸と、光が射さないシン・ヘンミの部屋、そして北朝鮮国境近くの酪農をやっていた田舎の家が対照的に描かれる。ベンの周辺に集う男女たちとイ・ジョンスとの距離感。シン・ヘンミもまた借金を抱えて無一文だったらしい。韓国の現実の格差問題が背景として浮き彫りになってくる。そういう社会性が、村上春樹のこの原作とはずいぶんと違う。それが良かったのかどうかが評価の分かれるところかもしれない。

原題:Burning
製作年:2018年
製作国:韓国
配給:ツイン
上映時間:148分
監督:イ・チャンドン
製作:イ・ジュンドン、イ・チャンドン
原作:村上春樹
脚本:オ・ジョンミ、イ・チャンドン
撮影:ホン・ギョンピョ
美術:シン・ジョムヒ
音楽:モグ
キャスト:ユ・アイン(イ・ジョンス)、スティーブン・ユァン(ベン)、チョン・ジョンソ(シン・ヘミ)

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「運び屋」クリント・イーストウッド

運び屋
(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

身勝手に生きた爺さんの悔恨と赦しの物語です。イーストウッドも過激な暴走はあまりなく、年老いた穏やかさもあり、エンディングもやたらと幸福な感じです。やや物足りなさもあり、イーストウッドは、やはり『グラン・トリノ』がピークだったような気がします。

あの『グラン・トリノ』の延長のような頑固な爺さんが登場。朝鮮戦争で軍人として戦ったプライドを持ち、誰にも負けない強さと、孤高なマイペースさと、エエカッコしいで、人々から注目を集めるような存在でいたいという欲望もある。家族を顧みずに好き勝手に生きた。そのツケが老後にまわってくる。夢中になって取り組んだ花のリリー栽培もインターネット販売の台頭で落ち目となり、麻薬の運び屋となる男。それでもなんだかんだうまくやって、最後も妻の赦しももらい、・・・・・・。ちょっと目出度過ぎるんじゃないの、とも思うが、まわりを気にせずマイペースなイーストウッドの存在自体が観ていて楽しい。検問を突破して車を暴走させることもなく、麻薬組織と対決するでもなく、最後にちょこっと罪滅ぼしの雲隠れ。麻薬捜査官ブラッドリー・クーパーへの言葉が沁みる。

内田裕也が樹木希林の後を追うようにして亡くなったが、なんだか身勝手ぶりが、この爺さんと重なった。好き勝手やっても、最後に妻に愛されていたあたり、樹木希林と内田裕也の関係とダブって思えた。

ちなみに本作の娘役を演じたアリソン・イーストウッドは、実の娘なのだそうだ。
 
原題:The Mule
製作年:2018年
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:116分
監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:アーロン・L・ギルバート
原案:サム・ドルニック
脚本:ニック・シェンク
撮影:イブ・ベランジェ
美術:ケビン・イシオカ
音楽:アルトゥロ・サンドバル
キャスト:クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャト、ダイアン・ウィースト、
アンディ・ガルシア、イグナシオ・セリッチオ、アリソン・イーストウッド

☆☆☆☆4
(ハ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 人生 家族 ☆☆☆☆4

プロフィール

ヒデヨシ

Author:ヒデヨシ
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
ホン・サンス
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
瀬々敬久
園子温
冨永昌敬
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
62位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2017年
2018年ベスト10
<洋画>
    「スリー・ビルボード」
    「正しい日、間違えた日」(2015)
    「希望のかなた」
    「顔たち、ところどころ」
    「ラブレス」

<日本映画>
    「万引き家族」
    「寝ても覚めても」
    「きみの鳥はうたえる」
    「モリがいる場所」
    「カメラを止めるな」


2017年ベスト10
<洋画>
    「パターソン」
    「動くな!死ね!甦れ!」(1989)
    「誰のせいでもない」
    「ありがとう、トニー・エルドマン」
    「オン・ザ・ミルキー・ロード」
    「パーソナル・ショッパー」
    「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
    「マリアンヌ」
    「婚約者の友人」
    「セールスマン」

<日本映画>
    「散歩する侵略者
/予兆 散歩する侵略者」
    「三度目の殺人」
    「南瓜とマヨネーズ」
    「光(大森立嗣)」
    「息の跡」
    次点「彼女がその名を知らない鳥たち」
    次点「幼な子われらに生まれ」
    次点「バンコクナイツ」


2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター