「騎士団長殺し」村上春樹

屋根裏の絵画「騎士団長殺し」の発見、みみずく、深夜の鈴の音、穴=石室、免色渉、雨田具彦の謎、「ドン・ジョバンニ」、古いオペラのレコード、絵画教室の人妻、白いスバル・フォレスターの男、女の首を絞めるセックス、免色渉の豪華な屋敷、免色のオフィスでのセックス、13歳の美少女秋川まりえ、12歳で死んだ妹コミチ、ウィーンでのナチ高官暗殺未遂事件、南京事件、雨田継彦の屋根裏での自殺、イデアとしての騎士団長、顔なが、二重メタファー、夢魔としての柚とのセックス、生まれてくる柚子のお腹のコドモ、etc・・・。

村上春樹は、ある意味で同じ小説を書き続けている作家である。同じ構造といっていいかもしれない。大切なもの、その存在の喪失感、不在感から主人公は逃れられず(妹コミチの死、妻の柚の喪失)、そんな主人公の身の回りに謎の人物が現れ(免色渉の肖像画の依頼、白いスバル・フォレスターの男)、事件が起こり(深夜の鈴の音、石室、イデアとしての騎士団長の登場、秋川まりえの失踪)、その謎をめぐってサスペンスが物語を駆動する。

現実世界との裂け目、それは穴や井戸だったり、高速道路の非常階段だったり、森だったりする(今回は屋根裏と石室の穴)。そんな現実の裂け目としての入り口からパラレルワールド的な異世界への冒険が始まる。異世界の不思議な存在、メタファー的な存在が現れ、主人公はその奇妙なものたちと会話をしつつ、旅を続ける。羊博士、影、やみくろ、リトル・ピープル、そして騎士団長。そこには、冥界めぐりのテーマがあり、死の世界があり、時空を超えた歴史や戦争の記憶などがあり、現実世界に何らかの影響を及ぼす異世界の旅となるのだ。

村上春樹の短編で『かえるくん、東京を救う』というものがある。東京を大地震から救うために、かえるくんとともに地下にもぐり、眠りから目覚めてしまった怒るみみずくんを鎮める物語である。言うまでもなく、かえるくんは、無意識下の想像上のメタファーであり、その異世界(地下)での旅と冒険が、大地震から現実世界を救うという寓話である。まさに村上春樹の典型的な構造だ。

村上春樹のあらゆる異世界での旅と冒険は、現実の何かを変え、あるいは自分を変え、何かを救う(今回は失踪した秋川まりえを)。村上春樹の物語とは、現実とパラレルに存在している異世界での旅と冒険活劇と言えるだろう。そして、そこには奇妙な異世界のメタファー的存在が暗躍する。『羊めぐる冒険』も『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』も『ねじまき鳥クロニクル』も、『1Q84』も。そして、その異世界は、個人の意識下を超えて、過去の事件や歴史ともつながっている。邪悪なる暴力や歴史的事件。満州のノモンハン事件や、今回で言えば南京事件やナチスが跋扈するウィーンとつながる。あるいは新興宗教的な団体などが暗躍する。個人の意識下に眠る邪悪なる暴力性は、過去の人類の邪悪なる暴力的な事件や戦争とつながっていく。

さらに、村上春樹の小説がベストセラーになる要素の一つにセックス描写があると僕は睨んでいる。かなり具体的でリアルなセックス描写が小説序盤に展開され、多くの読者はその文学的な美しくも露骨なセックス描写に惹きつけられていく。代表作の『ノルウェイの森』がそうだし、この『騎士団長殺し』でも、妻と別れた後でつきあうことになる人妻たちとのセックス交流。あるいは、旅先での一夜限りの暴力的なセックス。そして、妻の柚との夢の中での夢魔としてのセックス。この小説で特徴的なのは、これまで描いてきた快楽や結びつき、エロスとしてのセックスから、子供が生まれる、子孫を残すという意味でのセックスが描かれるところにある。色を持たない免色さんという謎の人物が、女性と別れる前にオフィスで過激に行われたセックスは、女性による子供を残すためのセックスだった。免色は、そのセックスで出来たかもしれない女の子(秋川まりえ)のことを、自分の子供かもしれないと思い、その存在に憑りつかれていく。あるいは、この「私」もまた同じように、夢の中での柚とのセックスで出来たかもしれない子供の存在を確信する。現実ではあり得ないことも、夢の世界が現実を凌駕する。ラストのところで、そんな子供のことを、「私」は免色とは違うと語る。

なぜなら私には信じる力が具わっているからだ。どのように狭くて暗い場所に入れられても、どのように荒ぶる荒野に身を置かれても、どこかに私を導いてくれるものがいると、私には率直に信じることができるからだ。

それが、異界との旅を通じて「私」が学びとったものごとだった、と。

想像力を信じること。目に見えないことを描くこと。「言葉にできないのだとしたら、それを絵にすればいいじゃないか」と友人の雨田政彦に言われ、「無から何かを創りあげることではあらない。今そこにあるものの中から、正しいものを見つけ出すことなのだ。目に見えることだけが、現実だとは限らない」と騎士団長からも言われる。表象そのものが真実であり、その表象をそのまま呑み込んで、描くこと。何かに導かれながら。

つまり、これは「表現のあり方について」の小説論でもある。<肖像画を描くこと=小説を書くこと>であり、音楽⇒絵画⇒小説の表現の違いこそあれ、通じるものがある。何かを表現することとは、何かに導かれるようにして描くこと。自発的自己表現の発露ではないということだ。そして、それは大いなる力のようなもの。それは目に見えないものを描く(書く)ことであり、簡単に言葉にすることが出来ないことを描くこと。顔のない男の肖像画を描くこと。あるいは、いつか自らの内なる暴力性とでも呼ぶべき「白いスバル・フォレスターの男」の絵を完成させること。描くことで何かを乗り越えようとすること。あるいは雨田具彦のようにある事件への抑えられない思いを絵を通じて描き、鎮めること。

村上春樹の面白さは、謎の異世界に滑り込んでいくサスペンス的な冒険活劇にある。そういう意味では、この小説は、雨田具彦の病室で繰り広げられた「騎士団長殺し」までがピークで、それ以降の地下の世界に潜り込んだ「私」の孤独な旅は、モノローグが多くなり、活劇としてのダイナミズムが失われていく。「イデアとしての父親殺し」で何かが成し遂げられ、抽象的な地下世界の旅はそれほど危機的でもなく、あまり面白くない。それは空白の4日間のまりえの免色邸への潜入もそうだ。だから、柚の子供を受け容れる「私」の成長譚として機能したこの壮大な物語も、やや単調な後半で物足りないものを感じた。

秋川まりえと妹のコミチの二重性の描かれ方が少し弱かったのか、彼女を救う旅の動機づけが弱く感じられてしまった。村上春樹的道具立て満載のこの小説、いつも通りに面白くもあり、物足りなくもありという感じでしょうか。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

ドラマ「カルテット」最終話

サンキュー!パセリ ありがとう!カルテット・ドーナツホール!

そんな風に言いたくなる幸福なドラマのエンディングだった。謎で始まり、謎に満ちた展開が続いたドラマは、最後まで謎を残したまま、「あとはお好きに想像してください」と言わんばかりに、カルテットの4人が道に迷いつつ演奏へと向かって行った。カルテット・ドーナツホールのワゴン車で、エンディングテーマの「大人の掟」を登場人物たちが幸せに満ちた表情で歌い、たとえガス欠で目的地にたどり着けなかったとしても、彼らは楽しそうだった。幸せそうだった。
 
唐揚げの横にいてスルーされる<パセリ>であろうと、3流音楽家たちの<煙>のような意味のない演奏だろうと、「私はここにいる」と主張すること、そして、誰に何を思われようとも、強い「思いは誰かに届く」と信じること、そんな人生肯定のドラマだった。

ドーナツの比喩的に使う小説家といえば村上春樹だ。彼の『羊をめぐる冒険』では、

「ドーナツの穴を空白として捉えるか、あるいは存在として捉えるかはあくまで形而上的な問題であって、それでドーナツの味が少しなりとも変わるわけではないのだ。」

という文章がある。

空白としてのドーナツホール(謎=嘘)を抱えた4人のメンバー。結局最後まで、彼女たちは謎のままだった。マキさんの義父殺しは、最後まで謎のままだったし、あの手紙の主も明かされないままドラマは終わった。それが「スッキリしない」という意見もあるが、そもそも「白黒ハッキリさせることにどれだけ意味がるのか?」を問い続けたドラマでもあったのだから、謎が謎のまま終わってもなんらおかしくないのだ。「自由を手にした僕らはグレー」なのだから。

そして、マキさんは「謎の美人ヴァイオリニスト」であることを逆に利用して、コンサートまで開いてしまった。疑惑の女として、メディアに叩かれようが、晒し者にされようが、彼女は「誰かに何かを届けたい」と思った。その強さはカルテット・ドーナツホールというメンバーと巡りあえたから。4人はその思いを響かせ合った。たとえ「煙」と酷評されようが、三流と言われようが、コンサートステージに空き缶が飛んでこようが、途中で客たちが帰えろうが、自らを信じて演奏し続けること。それこそが生きていくということだ。

冒頭は、第1話のマキさんがワゴン車に乗り込み、軽井沢の別荘にやってくるまでの一連のやりとりが、別の女性ヴァイオリニストで繰り返される。家森さんは女性とキスをするのではなく、犬とじゃれ合いつつ車に乗り込み、すずめちゃんは机の下で寝転がり、驚かれる。しかし、動物の衣装を着て演奏をすることになって、「第一ヴァイオリンはマキさんじゃなくてはならない」ことを3人は再確認する。繰り返される仮装。そして、マキさんを誘い出すために繰り返される路上演奏。繰り返される服の「ボーダーかぶり」。そして、ラストもまた「唐揚げとレモン」が繰り返される。大きな輪を描くように、「カルテット」はぐるっと元に戻った。しかし、一回りしたメンバーのつながりは、他者では代用のきかない「なくてはならない関係」になった。空白としてのドーナツの穴は、どうでもいいものになった。いや、4人を結びつける必要なつながりになった。

とてもレベルの高い素晴らしいドラマだった。視聴者がいろんなことを考え、自由に語りあえる余白がいっぱいあった。ありがとう。楽しい火曜の夜の時間でした。

<追記>
「死と乙女」をコンサートの一曲目にしたことをすずめちゃんに問われて、「こぼれたのかな」「内緒ね」と意味ありげに口紅をひきながら語ったマキさんのことをあらためて考えてみると、彼女の義父殺し(あるいは殺意)がハッキリしてきた。義父に虐待されて死神と格闘し、死の淵をさまよったマキさん。だからこそ、第1話のイッセー尾形の「余命9カ月のピアニスト」という嘘は許せなかった。あのマキさんの密告に、あの時ギョッとしたけれど、彼女の生きざまの強さは、ここからきていたのだと納得。だからこそ、すずめちゃんに、彼女が最後まで許せなかった父のいる「病院へ行かなくていい」と宣言できたのだろうし、何を言われようともコンサートを開催することが出来たのだ。その「おとなの秘密」(罪)をすずめちゃんと共有する物語でもあるのだ。どん底の哀しみを経験した者のみが持つ「強さ」。あのメイクルームでの二人の地獄を見てきた女性の目くばせと笑顔は、このドラマの中で最も恐ろしい場面かも知れない。そんな過去の罪=嘘をも前向きに肯定する物語でもあるのだ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」モーガン・ネビル

20170106_1414365.jpg

世界的チェリストのヨーヨー・マに密着した幸福な音楽ドキュメンタリー音楽には国境もなく、ジャンルを越境し、あらゆる民族的アイデンティティがつながり合い、文化が交錯する。ヨーヨー・マが結成したシルクロード・アンサンブルは、中国の琵琶奏者、イランのケマンチェの名手、スペインのバグパイプ(ガイタ)奏者、シリアのクラリネット奏者、日本の尺八奏者・・・。人生、政治的背景、文化的土壌などさまざまな異なる事情を抱えたミュージシャンたちが紹介され、共に演奏する。その幸福感たるや、見ているだけで楽しくなる。そこには、ヨーヨー・マの人間的包容力があり、それぞれの文化的・音楽的魅力と誇りがある。中国の片田舎の人形劇団のおじいさんたちも良かったなぁ。東西や時代を超えていい音楽はいいし、言語を超えた世界共通語でもある一方、まったく違う各地の音楽もある。これら、土地それぞれの古くからある文化的・音楽的多様性こそが、この地球の財産なのだとあらためて思う。この多様性を次世代に繋いでいくことこそ、必要なのだ。

ヨーヨー・マの幼少期の貴重な映像やインタビュー、そして世界各地の豊富な映像と音楽。音楽を奏でている人たちの喜びにあふれた魅力的な表情。贅沢なドキュメンタリーだ。


原題 The Music of Strangers
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 コムストック・グループ
上映時間 95分
監督:モーガン・ネビル
製作:モーガン・ネビル、ケイトリン・ロジャース
撮影:グレアム・ウィロビー
編集:ジェイソン・ゼルデス、ヘレン・カーンズ
キャスト:ヨーヨー・マ、ジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ケイハン・カルホール、梅崎康二郎、ボビー・マクファーリン、キナン・アズメ、ウー・マン、クリスティーナ・パト、ウー・タン

☆☆☆☆4
(ヨ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : ドキュメンタリー 音楽 ☆☆☆☆4

ドラマ「カルテット」第9話

早乙女真紀は、「誰でもなかった」。存在そのものが嘘だった。カルテット・ドーナツホールのマキさんの穴はとてつもなく暗く深いものだった。

このドラマが凄いのは、本当も嘘もひっくるめて肯定しているところだ。本当の正しさだけが、正義でもないし、真実でもない。薄っぺらな正しさなんて、クソ食らえだ。本当と嘘は混じりあい、嘘から始まる本当もある。「好きはあふれ出てくるもの」というすずめちゃんの台詞は、嘘をつかざるをえない哀しみと嘘の中からあふれ出す本当があることを示している。

このドラマは、それぞれの嘘から始まった。お金をもらってマキさんに近づいたすずめちゃん、好きだという想いを隠して、偶然出会ったふりをした別府君。マキさんの夫から階段を突き落されたと聞いて、お金を強請ろうと妻であるマキさんに近づいた家森さん。夫の失踪を隠していたマキさん。嘘の出会いから始まった4人。しかし、いつしか4人は嘘から本当の関係になった。なくてはならない関係に。

家森さんが、ホッチキスはステイプラーであり、バンドエイドは絆創膏、ポストイットは付箋紙、タッパーはプラスチック製密封容器、ドラえもんは猫型ロボット…と正しく言いなおそうと提案するが、本当の名前にどこまで意味があるのかと問いかける。早乙女真紀がヤマモトアキコだったとしても、マキさんはマキさんではないか。名前とは何か、存在とは何か、本当とは何か、嘘の存在からあふれ出してくるものとは何か…。ドラマは私たちに、そんな問いを突き付ける。

唐揚げにレモンをかけたら、味は元に戻らないように、繰り返し「不可逆」と「巻戻し(やり直し)」を問い続けてきたこのドラマは、「人生のやり直しスイッチはもう押さない」と登場人物たちに宣言させる。彼らがお互いに出会えたから。

「真紀さんは奏者でしょ。音楽は戻らないよ。前に進むだけだよ。一緒。心が動いたら前に進む。好きになったとき、人って過去から前に進む。」

すずめちゃんの言葉は、「前へ進むこと」を強く宣言する。嘘で始まろうとも、ダマし合っていようとも、お互いの「心が動いたから」、過去に戻らず、前に進むしかないのだと。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「忍びの国」和田竜 (新潮文庫)

忍びの国


『のぼうの城』、『村上海賊の娘』など時代劇の活劇描写が上手い和田竜。大野智主演で映画化されることが決まっているので、読んでみた。

なるほど、楽しめる。忍者と言えば、白戸三平の『忍者武芸帳 影丸伝』『サスケ』『カムイ伝』などが思い出され、特にTVアニメの『サスケ』には、その忍者の変幻自在ぶりに子供心ながらワクワクしたものだ。忍者とスパイは子供にとっては憧れの存在だった。

和田竜の小説は、映像が目に浮かぶような描写なのだ。とても活劇的で映画的。だから映画化がすぐ思い浮かぶ。それぞれの登場人物たちのキャラクター造型と構成がうまいのだ。

この小説は、4人の騎馬武者が、伊勢の国の支配者、北畠具教の暗殺に向かう場面から始まる。織田信長の次男、信雄とその家臣、日置大膳、長野左京亮、柘植三郎佐衛門。しかも、日置大膳、長野左京亮は、殺しに行く北畠具教の元家臣。敵と味方が時代の変化とともに入れ替わる戦国時代の複雑さ、それぞれの思惑が絡まり合う中で戦いが展開されていく。そして、織田信長が登場して、次男の信雄を黙殺する場面で、偉大なる父親を持つ次男のコンプレックスなども描かれる。

物語は、天下統一を推し進める信長が「安易に攻め入るな」と忠告した忍びの国である伊賀の国へ、自らの誇りと意地をかけて伊賀征伐を目論む織田信雄率いる織田軍と、無頼な地侍たち、忍びの者たちの戦いの物語である。忍びの世界の極悪非道ぶりを、「あいつらは人間ではない」と見限って、織田軍に加わった元伊賀忍者、柘植三郎佐衛門や下山平兵衛の恨みも描かれ、戦いは因縁めいてくる。伊賀の国では、忍びの技が冴えわたる天下無敵の忍者、無門、その無門が想いを寄せる女・お国、さらに後の石川五右衛門となる文吾など、忍びの者たちが山々や森や土の中や木々の上、そして城の天井裏や屋敷を駆け巡るのだ。

忍者がいかに情け容赦なく残酷で個人主義的で、掟などない無法者たちであることがこの小説では強調される。武士とは一線を画した秘術の数々。武士たちはならず者の忍びを見下している。騙すことが忍者の技に通じるため、武士道的な主従関係など無視。己の技のため、そして銭のために活躍するのが忍者なのだ。今の時代で言えば、共同体に属するのではなく、グローバル自由主義的個人主義者だ。自己利益のみ追求し、損得勘定だけで動く金銭至上主義者。義理や人情など一切関係ない。人を騙しながら技を磨き、生き延びて報酬を得る。そんな情け無用な男が、ある女性を好きになることで守るべき存在が生まれる。忍びの世界の無頼者の魅力が描かれる一方で、守るべき存在がいるという共同性の価値も描かれている。主従関係の忠義を重んじる武士の世界と、そんな縦割りのしがらみから自由に動き回る忍者たち。どちらにも美徳はあり、どちらにも醜悪さがある。

「天正伊賀の乱」の史実を参考にして描かれたエンタメ忍者時代劇。さてさて、この小説がどんな風に映画化されるのかも楽しみなところだ。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

Yasuo  K   ( ヒデヨシ)

Author:Yasuo K  ( ヒデヨシ)
札幌でテレビの仕事をしている
オヤジです。
映画にまつわる雑文です。
2006年からの映画レビュー。
それから、本の感想を少し。


twitter 719hideyosi

最新記事
お気に入り度
テレビドラマ「カルテット」
映画あいうえお順
カテゴリ
映画ジャンル&☆ランク
映画監督別
アキ・カウリスマキ
アラン・レネ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
アルフレッド・ヒッチコック
アンドレイ・タルコフスキー
イエジー・スコリモフスキ
イザベル・コイシェ
ウェス・アンダーソン
ウディ・アレン
ヴィム・ヴェンダース
エドワード・ヤン
エミール・クストリッツァ
エリック・ロメール
オーソン・ウェルズ
ガス・ヴァン・サント
ギジェルモ・アリアガ
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
グザヴィエ・ドラン
コーエン兄弟
サム・ペキンパー
シドニー・ルメット
ジム・ジャームッシュ
ジャック・ロジエ
ジャン=リュック・ゴダール
ジョン・カサヴェテス
タヴィアーニ兄弟
ダルデンヌ兄弟
テオ・アンゲロプロス
テリー・ギリアム
ニキータ・ミハルコフ
ニコラス・レイ
パトリス・ル・コント
ハワード・ホークス
ビリー・ワイルダー
フェデリコ・フェリーニ
ファティ・アキン
フランソワ・オゾン
フランソワ・トリュフォー
ペドロ・アルモドバル
ポール・トーマス・アンダーソン
マイケル・ウィンターボトム
ミヒャエル・ハネケ
ラース・フォン・トリアー
ロバート・アルトマン
ロベール・ブレッソン
ロマン・ポランスキー

青山真治
今村昌平
犬童一心
石井裕也
大森立嗣
小津安二郎
北野武
宮藤官九郎
熊切和嘉
神代辰巳
黒沢清
是枝裕和
鈴木清順
園子温
成瀬巳喜男
西川美和
濱口竜介
深田晃司
藤田敏八
前田司郎
三木聡
山下敦弘
吉田喜重
読書感想・作家別
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
56位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
映画ベスト10 2009~2016年
2016年ベスト10
<洋画>
    ダゲレオタイプの女
    マイ・ファニー・レディ
    キャロル
    シング・ストリート 未来へのうた
    リザとキツネと恋する死者たち
    グッバイ・サマー
    サウルの息子
    マジカル・ガール
    ブリッジ・オブ・スパイ
    手紙は憶えている
<日本映画>
    淵に立つ
    クリーピー 偽りの隣人
    海よりもまだ深く
    ふきげんな過去
    SCOOP!
    永い言い訳
    オーバー・フェンス
    ディストラクション・ベイビーズ
    葛城事件
    湯を沸かすほどに熱い愛
    次点この世界の片隅に


2015年ベスト10
<洋画>
    やさしい女
    さよなら人類
    さらば、愛の言葉よ
    毛皮にヴィーナス
    雪の轍
    愛して飲んで歌って
    サンドラの週末
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ソニはご機嫌ななめ

<日本映画>
    海街dairy
    岸辺の旅
    FOUJITA
    百円の恋
    この国の空


2014年ベスト10
<洋画>
    エレニの帰郷
    グランド・ブタペスト・ホテル
    罪の手ざわり
    ウルフ・オブ・ウォールストリート
    ジャージー・ボーイズ
    インサイド・ルーウィン・デイヴィス
    6才のボクが、大人になるまで。
    フランシス・ハ
    ウォールフラワー
    ある過去の行方

    <日本映画>
    そこのみにて光輝く
    ニシノユキヒコの恋と冒険
    紙の月
    Sventh Code
    私の男


      2013年映画ベスト5
<洋画>
    1、「愛、アムール」
    2、「ホーリー・モーターズ」
    3、「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
    4、「いとしきエブリデイ」
    5、「ムーンライズ・キングダム」
    ※番外「カリフォルニア・ドールズ」(1981年)

    <日本映画>
    1、「共喰い」
    2、「さよなら渓谷」
    3、「恋の渦」
    4、「リアル 完全なる首長竜の日」
    5、「Playback」(2012年)


    2012年映画ベスト10
<洋画>
    2、「少年と自転車」
    3、「Pina ピナ・バウシュ 躍り続けるいのち」
    4、「ライク・サムワン・イン・ラブ」
    5、「きっと ここが帰る場所」
    6、「ドライヴ」
    7、「風にそよぐ草」
    8、「恋のロンドン狂騒曲」
    9、「おとなのけんか」
    10、「別離」
    次点 「裏切りのサーカス」
番外
    「永遠の僕たち」
    「J・エドガー」
    「家族の庭」

    3、「演劇1&2」
    4、「夢売るふたり」
    5、「アウトレイジビヨンド」
    番外 「ヒミズ」


2011年映画ベスト10
    3,「ブルーバレンタイン」
    4,「愛する人」
    5,「クリスマス・ストーリー」
    6,「トゥルー・グリット」
    7,「SOMEWHERE」
    8,「さすらいの女神(ディーバ)たち」
    9,「エリックを探して」
    10,「シリアスマン」
    次点,「エッセンシャル・キリング」

    3,「あぜ道のダンディ」
    4,「マイ・バック・ページ」
    5,「冷たい熱帯魚」

    2010年映画ベスト10
    3、フローズン・リバー
    4、アンナと過ごした4日間(2008)
    5、Babble/バブル(2005)
    6、パリ20区、僕たちのクラス
    7、クレイジー・ハート
    8、ずっとあなたを愛してる
    9、千年の祈り
    10、シルビアのいる街で
    次点、闇の列車、光の旅

    3、川の底からこんにちは
    4、さんかく
    5、ノルウェイの森
    次点、乱暴と待機


2009年映画ベスト10
    3、リミッツ・オブ・コントロール
    4、あの日、欲望の大地で
    5、人生に乾杯!
    6、ウェディング・ベルを鳴らせ!
    7、チェンジリング
    8、ロルナの祈り
    9、レスラー
    10、夏時間の庭

<日本映画>
    1、ディア・ドクター
    2、空気人形
    3、ウルトラミラクルラブストーリー
    4、インスタント沼
    5、ノン子36歳(家事手伝い)
検索フォーム
ブックマーク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター